2013年11月10日

千早「……お母さん?」

初SSとなります。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1373289407

ガチャ


千早「おはようございます…」

春香「あっ!千早ちゃんおはよう!待ってたんだよ!」

千早「…?待ってた?」

春香「千早ちゃんにお客様だよ、お客様!」

千早「お客様?……っ!」

千種「久しぶりね、千早。」

千早「お母…さん…?


雪歩「どうぞ粗茶ですぅ」コトッ

千種「ありがとう。」

千早「で、何の用かしら…?」

千種「…貴方の様子が気になってね…また歌えるようになって良かったわ。」

千早「…そう…用はそれだけ?なら、見ての通り私はちゃんとやってるからご心配

なくお帰りください。」

春香「ちょ、ちょっと千早ちゃん!それはちょっとそっけなく無い?ほら、歌える

ようになったキッカケのあの絵もお母さんが持ってきてくれたんだし!」

千早「それについては感謝してるわ…でも、今更どうすれば…。とにかくもう帰っ

てちょうだい。」

春香「ま、まぁまぁ千早ちゃん。もうちょっと話してみようよ!」

千早「…どうしたのよ春香?いくらお人よしとは言え、やけに私たちの関係に突っ

込んでくるわね…」

春香「いやだって、結婚するならそこらへんもちゃんとしておきたいじゃない?」

千早「」

千種「あら、二人はそんな関係だったの」

千早「そんなわけないじゃない殴るわよ春香」ガッ

春香「殴ってから言わないでほしいかなーって」

千早「もう…いいから放っておいて…」

春香「ほっとかない!」

千早「!?」

春香「ほっとかないよ!だって私、千早ちゃんと結婚したいもん!」

千早「だからしないわよ!」

P「て言うか日本じゃどっちにしろ同性婚はできないだろ。」

春香「えっ!」

雪歩「まさか…っ!」

響「そんな…っ!」

貴音「面妖な…っ!」

美希「ミキ的にはハニーとだから関係ないな」

千早「どっから湧いて出た」
千種「…実はね、あなたにお願いがあって来たの」

千早「お願い?」

千種「ほら、私離婚してパート暮らしでしょう?それじゃやっぱり苦しいのよ…お金貸してくれないかしら?」

千早「バカじゃないの!?帰れよ!!」

千種「娘より胸はあるけどお金はないです。」

千早「いい度胸だ、屋上へ行こうか?久々にキレちまったよ…」

春香「お、落ち着いて千早ちゃん!!」

やよい「あ、あのー…千早さん。横からごめんなさいですけど。」

千早「高槻さん…?」

やよい「あのあの…私前に長介とケンカして長介が出て行った事あったじゃないで
すか。その時思ったんです…もし長介が事故で…あんなケンカした後でお別れした
らって…だから、その、なんて言えばいいか…うっ…」グスッ

春香「やよいちゃん大丈夫?はいティッシュ」

やよい「はい…ありがとうございます、大丈夫です。…だから家族はもっと仲良く
しなくちゃダメなんです。って…」

千早「高槻さんかわいい…(そうね、ごめんなさい高槻さん)」

千種「天使ね…(こんな小さい子にこんなこと言われるなんてダメね私)」

春香「本音と建前逆だよ二人共!」

響「やっぱり親子なんだな…」

貴音「面妖な」
春香「そ、そうだ!お義母さん!千早ちゃんの歌どうですか?」

千早「さり気にお義母さんって呼ぶのやめろや」

千種「そうそう、実は千早のCD買ってるのよ。本当に上手よね…」

千早「えっ…」

春香「ですよねですよね!あ、じゃあ千早ちゃんの歌何が好きですか!?」

千種「そうね…蒼い鳥や眠り姫…とかもちろん好きだけどやっぱり一番は…おはよう!!朝ごはんかしらね?」

千早「おかしくない!?」

春香「メカご飯」ボソッ

ドゴォ

春香「千早お姉ちゃん、顔はやめて欲しいっしょ→」

千種「あとはキラメキラリとか…」

千早「なんで高槻さんの歌ばっかなのよ!おかしいでしょ!!」

やよい「うぅ…千早さん、私の歌嫌いですか…?」

千早「あ、あぁいや、違うのよ高槻さん!単に私の持ち歌じゃないってだけで…高槻さんの
歌はとっても素敵で大好きよ!」

やよい「ほんとうですか…?」

千早「本当よ!とってもかわいいわ!」

やよい「えへへ…ありがとうございますー」ウッウー

千早「高槻さん…(結婚しましょ)」

春香「ちょ!千早ちゃん72言ってんの!!」

伊織「そうよ千早!勝手なこと言わないでよ!」バーン

雪歩「あぁまた増えましたぁ〜お茶の用意を…」

真「大丈夫、雪歩?手伝うよ!」

雪歩「はうぅ、真ちゃんありがとう〜」

伊織「やよいと結婚なんて私が許さないわ!」

千早「あら、なんで水瀬さんに許されないといけないのかしら?」

伊織「そっ!それは…!」カァァ

亜美「おやおやぁ〜?いおりん、何を恥ずかしがってるのですかな〜?」

真美「んっふっふ〜、YOU→言っちゃいなYO→!」

あずさ「あらあら〜」

伊織「んなっ…!!そ、そうよ!やよいと結婚するのはこのスーパーアイドル
水瀬伊織ちゃんなんだからね!」

やよい「うっうー!いおりちゃん!私、よくわかんないけどいおりちゃんと一緒だと嬉しいですー!」

伊織「っ!!と、当然よ!」カァァァ

千早「…くっ!」

小鳥「ピヨォォォォォ!!!」ブッバシャァァァァァ

亜美「あぁ→!」

真美「ついにピヨちゃんが逝っちゃったYO→!」

律子「うわっ!ちょっとこっちに鼻血飛ばさないでくださいよ!」
P「…て言うか、なんで皆事務所にいるんだ!?」

律子「はっ!なにやってんのアンタ達!!仕事遅れるわよ!はよ行けゴラァ!!」

<ワーキャーワッホイメンヨーナハイサーイウッウー バタバタバタ

千種「…千早」

千早「…何?急いでるんだけど」

千種「今日はいきなり押しかけてごめんなさいね。でも、皆いい子達ね。安心したわ。」

千種「仕事終わったら良かったら一緒に食事でもしましょう?」

千早「……考えとく」

千種「あなたのお金で」

春香「ワッホイ!!」

千早「ぶん殴るわよ!?」ガッ

千種「冗談よ、本当に様子を見に来ただけ…」

春香「痛ひ…」
―千早宅

千早「それで、お母さんったら…」

春香「ふふっ」

千早「どうしたの、春香?」

春香「だって千早ちゃん、嬉しそうだもん!」

千早「えっ…そうかしら…?」

春香「うん!良かったね!」

千早「っ…///」カァァ

春香「これで安心して結婚できるね、結婚!」

千早「もう終電ないけど春香はどうやって帰るのかしら?」

春香「あぁっ、追い出そうとしないで!なんでもするから!」

千早「…」

春香「なんでもするから!」チラッ

千早「さて、もう遅いし寝ようかしら」

春香「うがー!スルーするなんて酷いぞー!」

千早「言おうと思ってたけど全然似てないわよ」

春香「がーん…」
>>9
ありがとう!
そんなに長くないってか短いけど頑張る!
春香「あ、千早ちゃん。明日オフだよね?雪歩達と遊びに行くんだけど一緒にどう?」

千早「ごめん春香。明日はお母さんと約束してて…」

春香「えっ、そうなの?それなら仕方ないけど…一日で結構仲良くなったんだね?」

千早「ええ、お陰様で。お父さんも一緒なの。」

春香「おかしいでしょ!!」

千早「えっ?」

春香「いくらなんでも早いよ!千早ちゃん家の確執はそんなもんだったの!?」

千早「なんで私は怒られてるのかしら…」

春香「まぁ、いいか!これで結婚するのも早くなるし!」

千早「だから!……まったくそんな巫山戯たノリで言われるのは嫌なのに…」ボソ



春香「おやおやぁ〜?ボソッと72を言ったんですか〜?」

千早「よーし天海。春香チャレンジの時間だ。」

春香「あ、ごめん千早ちゃん。許して!」
>>13
結構ギャグやると中の人が出てきちゃいますw


さて、そろそろ終わります
春香「すぅ…すぅ…」

千早「はぁ…ようやく寝てくれたわね…あんなに一人で騒いで全くもう、こんな時間
じゃない。」

千早「…もうすぐオールスターライブ…来てくれるといいわね二人共。春香も、結構
感謝してるんだからちゃんと成功させるわよ?頑張りましょうね。」ナデリ

春香「んふ…千早ちゃん…うふふふふ」

千早「!?」

春香「千早ちゃんのデレと撫で撫でいただきましたー!わっほい!」

千早「春香っ…あなた起きて…!」

春香「寝たふりしてて正解だったねーんっふっふ→」

千早「〜〜〜〜!!///」

春香「ち・は・やちゃ〜ん!お楽しみはこれからえ”り”こ”!!」ドゴオ

千早「はよ寝ろ!!」

春香「あぁん…そんな、あなた様はいけずです…」

千早「だから似てねーーっつの!」

春香「うぅ……千早ちゃん」

千早「あ?」

春香「よかったね!本番がんばろーね!」

千早「……えぇ!」

春香「ふふ!じゃ、今度こそおやすみなさいだよ!」

千早「その前に春香は床に移動ね」

春香「ひど!」

千早「じゃあおやすみなさい」

春香「ヴァ〜…」


おわり
というわけで初SSでした。
最近アイマスにハマったのでおかしい点もあるかと思いますがご容赦くだしいw
楽しんでくれたかたありがとうございましたー

15:21│如月千早 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: