2013年11月10日

P「真はゴーカイイエローだよな」千早「確かに」

P「あの感じはヤバい」

千早「そうなると、ゴーカイピンクは萩原さんですか?」


P「いや、貴音だな」

千早「なるほど」

P「雪歩は献身的な一面があるからな。ゴーピンクかなぁ」

千早「ゴーゴーファイブの……。マツリはいいピンクですよね」

P「信じあうのが」

千早「家族です!」

真「……何の話ですか?」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1362046495


真『じゃあ、行くよタカネ!』

貴音『はい!』

真『ザンギャック! 悪いけど、ギンガマンのレンジャーキー、返してもらうよ!』

貴音『それをあなた方に渡すわけにはいきません!』

真・貴音『ゴーカイチェンジ!』

P「……な?」

千早「これはなかなか……」

真「ボク、ゴーカイジャーっぽいんですか」

P「真はボウケンブルーも似合うな」

真「あ、高き冒険者! 見てましたよボウケンジャー!」ガシッ

千早「真美はイエローですね!」



P「じゃあ、チーフは千早だよな」

千早「わ、私ですか?」

P「うん」

千早『これは……プレシャスね』

真美『よーし、早く保護し……うわぁ!』

真『真美っ! くっ……ネガティブとはいえ、可愛い女の子に手出しするのは、関心しないなぁ』

千早『ブルー、追いかけるわよ! ……レディ!』ピピッ

真『りょーかいっ!』

千早・真『ボウケンジャー、スタートアップ!』



千早「確かにこれは……」

真「シルバーは美希だね!」

P「美希が野菜かじるのか……」

真「またはイエローをやよい、ピンクを伊織にすれば……」

真『ボウケンフォーメーションでフィニッシュだ!』

やよい『伊織ちゃん、いくよ!』

伊織『ええ、イエ……やよい!』

美希『デコちゃんがやよいを名前で……よーし! ネガティブ、覚悟するのー!』

千早「最高……鼻血が」



真「ボク、ゴセイジャーまで見てましたよ!」

P「よし、ゴーカイとゴーバスターズを見るといい」

千早「ゴセイジャーなら、レッドは当然高槻さんよね」

P「天知博士は小鳥さんだな」

小鳥「ピヨッ!?」

P「うあっ! 小鳥さん、ずっとそこに!?」

小鳥「いましたよ!」

P「すいません、すぐ仕事するん」

小鳥「私はゴセイブルーでしょうっ!」バンッ

P「えっ」



やよい『こんなの、間違ってます! 護星天使同士で傷つけあうなんてっ』

小鳥『……やよいちゃん、もうなにを言ってもしかたないわ。倒すしかない』ガーチャ

真『遺言は終わりかい?』

やよい・小鳥『天装っ!』チェンジ ゴセイジャー

小鳥「ほら」

真「なんでボクがブラジラなんですか!」

千早「でも、スカイック高槻さんは……とても可愛いわ」

やよい「……あのー、私はシンケンイエローみたいな役がいいかなーって」

小鳥「きゃあ! や、やよいちゃん、いつからそこに!?」

やよい「小鳥さんがハカセってところですよー」



P「ほう」

真『ねーハカセ、ご飯まだー?』

小鳥『待ってよっ、タカネちゃんみたいに手伝えばいいでしょっ』

P「小鳥さんがハカセか……」

小鳥「そっちじゃありません!」

真「ん?」

千早「ゴーカイグリーンのあだ名よ」

真「なるほど」



やよい『殿様のお役にたてるように、がんばります!』

P「これは外道衆滅びますわ」

小鳥「滅びますピヨ」

真・千早「滅びますね」

ガチャ

響「たっだいまー!」

春香「ただいまでーす」

P「おかえりー」

響「みんな集まって何の話?」

真「……響はなんだろ?」

千早「我那覇さんは、多分イエローバスターね」



響『悪いけど、シャットダウンさせてもらうぞ!』

イッツモーフィンターイム

響『レッツ、モーフィン!』

小鳥「なら、ヒロム君とリュウさんも決めないとね!」

真「ゴーバスターズか、見ようかな?」

P「ヒロム、つまりレッドバスターは……千早」

千早「私ですか?」

P「そしてブルーバスターは律子だ」

響「……春香、ここはどこだっけ?」

春香「765プロのはずなんだけどねぇ」



小鳥『サヴァ?』

律子『エンター!』

響『うがーっ! 鯖は関係ないだろ!』

律子『鯖じゃないわ、サヴァ……』

千早『エンター! あなたを、絶対にシャットダウンする!』

イッツモーフィンターイム

千早・律子・響『レッツ、モーフィン!』

P「すばらしい」

小鳥「ちょ、ちょ、ちょい!」

やよい「チョロいよちぇんじーざーわーるどっ♪」



小鳥「可愛いけど違うのよやよいちゃん!」

P「どうかしましたか?」

小鳥「どうして私が悪役なんですか!」

P「アイドルに悪役やらせるわけにも……」

千早「でも、765ーバスターズ、一番現実味があります!」

春香「うう、話についていけない……」

真「ボク、デカレンジャーとかもやってみたいな」

春香「……響ちゃん、全然話についていけないよね、あはは」ヒソヒソ

響「あっ、自分見てたぞ!」

春香「裏切りもの!?」



春香『アリエナイザー!』

亜美『行くよはるるん、アイボー!』

伊織『相棒って呼ばないで!』

雪歩『みんな、ロボの準備は終わったよ!』

春香『ありがとう、雪歩! エマージェンシー!』

春香・亜美・伊織『デカレンジャー!』

響「ってことだよね!」

春香「混乱してきた……」

P「雪歩がスワンさんか。えらいぞ、響」ナデナデ

響「えへへー」



千早「プロデューサー、キョウリュウジャーはどうでしょう?」

P「あー、それまだ見てないんだよな。2話まで録画してあるけど」

小鳥「……事務所のテレビにありますけど、みんなで見ます?」

真「キョウリュウジャーって?」

千早「先週から始まった戦隊よ」

春香「ヒーローを765メンバーに置き換えたらって話なんだね、やっと分かった」

響「事務所のテレビで録画してたのか……」

やよい「私、弟と見てますよー」

千早「高槻さん! バモラムーチョ!」サッ

やよい「バモラムーチョですー!」サッ

春香「千早ちゃん!?」

小鳥「再生っ!」ピッ


春香「戦隊のオーディション、受けてみようかな〜」

響「転ぶヒーローはちょっと……」

P「なるほど、ゴーバスターズとは路線を変えてきたな。やはり昨年の」

真「リサーチしてる……。でもかっこいいなあ、こういうの! やってみたいなぁ! ピンク!」

小鳥「真ちゃんはブラックとかなんじゃあ……」

P「よし! 脳内キャスティング完了だ!」

響『自分のことはキングって呼んでいいぞ!』

伊織『私、もう守られなくても戦えるわ!』

やよい『家族は力の源ですー!』

『ブレイブ・イン!』



響「やったー! じ、自分赤色だぞ!」

やよい「私は青です、千早さん!」

千早「良かったわね、高槻さん!」

春香「あっ、あのっ、プロデューサーさん! わた」

P「なんか、いけそうだな! そういう仕事も取るか!」

春香「プロデューサーさん、わた」

ガチャ

真美「ハロハロ→!」

亜美「あれ? みんな集まってなにかやってますなぁ!」

P「次は、ひとりずつキャスティングしてみるか」



P「亜美と真美両方ならば、間違いなくマジレンジャーの敵、ナイとメア」

響「知ってる!」

真「吸血鬼のやつですね!」

真美『魔法使いなんて倒すの簡単だよ、ねー!』

亜美『ねー!』

千早「それじゃあ、二人が融合した後のバンキュリアは、四条さんですね」

春香「神は私に戦隊を見ろと言っている……」

真美「センタイ?」

亜美「兄ちゃんのこと?」

千早「それはヘンタイよ」

P「おい」



P「亜美は……姫レッドとか」

真「シンケンジャーですね!」

亜美「?」

千早「侍戦隊シンケンジャーには、男と女の赤がいるのよ」

響「へぇ」

P「……あとハリケンブルーとかも似合いそうだな」

真美「?」

響「見てた見てた! 赤が俳優の塩谷しゅ……」

千早「二股とか言わないの、我那覇さん」

響「言ってないよ!」



亜美『双海家第765代当主、双海亜美! 一筆奏上っ!』

響『殿! どういうことなんだ!?』

千早「おぉー」

響「いま、自分がいたぞ……?」

P「またはこうだ」

亜美『ジャカンジャ! 好きにはさせないよー!』

小鳥『どかーん』

亜美『うわあっ! なにおう! 忍風、シノビチェンジ! ていっ』

真「おぉー!」

小鳥「また私、敵なんですね……」



P「そして真美は、さっきのボウケンイエローと……」

千早「…………ゴーオンイエローとか」

P「そうか!」

真美『みんなの笑顔、返してもらうよん! ゴー、オン!』

P「いいものだね!」

千早「…………他にも、メガイエローとかはいかがでしょうか?」

P「いや、俺的には……メガイエローは美希で、メガピンクは春香かなぁ」

春香「ウォップ!」

美希『もー、早く修学旅行に戻りたいの!』

春香『美希、イッキに片づけちゃおうね!』

美希・春香『インストール、メガレンジャー!』



P「とまあ、二人が引き立つわけだ」

千早「さすがです、プロデューサー!」

真「修学旅行……先生かなにかなの?」

小鳥「いいえ、メガレンジャーは高校生なのよ」

春香「へぇ〜」

P「美希は他に……アバレイエローとかかな?」

千早「らんるちゃんですね!」

美希『ミキの曲を悪事に使うなんて許さないの!』

やよい「曲?」

小鳥「アバレイエローは、人気絶頂時に引退した元アイドルなのよ」



春香「『日高舞』みたいですね……」

美希『爆竜チェンジっ!』

P「春香は、タイムグリーンなんてよさそうだ」

千早「でしたらグリーンは高槻さんにして、レッドを春香にするというのは」

P「なるほど」

やよい『圧縮冷凍の準備はバッチリですー!』

春香『りょーかい! リラ、お前を時間保護法違反により、逮捕する!』

小鳥『な、なに……』

P「癒されるタイムレンジャーだな……」

小鳥「私ゴセイブルー以外ALL悪役なんですけど!」



P「まあまあ、抑えてください。あと、雪歩は」

小鳥「鶴姫!」

P「……ほう」

響「千早、鶴姫って?」

千早「…………ごめんなさい、分からないわ」

真美「千早お姉ちゃんが分からないくらいディープな領域に……」

P「……カクレンジャーのニンジャホワイト……常識だぞ千早?」キッ

千早「すみません、勉強してきます」

亜美「兄ちゃん、怖いよー……」



雪歩『おいで、猫丸』

小鳥『貴様、まさかカクレンジャーか!』

雪歩『これ以上手出しさせるわけにはいかないんですぅ!』

P「……素晴らしい」

千早「音無さんが、忍風戦隊ハリケンジャーvsガオレンジャーの時の
   ガオホワイトみたいになっているんですが」

真「…………つまり?」

千早「ガオレンジャーは当初、ハリケンジャーの敵のジャカンジャに拘束されて、
   変身ケータイを奪われていたのよ」

亜美「……ひびきん、助けて!」ダキッ

真美「真美達こんなオトナになるくらいならコドモのままでいいよぅ」ダキッ

響「よーし、よし」ナデナデ



P「……ガオホワイトも雪歩っぽいかもな」

雪歩『こんなことでやられてたら、お父さんに叱られますぅ!』

小鳥『なにをするつもりッ!?』

雪歩『ツエツエ! 必ず倒します! ガオアクセス!』

春香「今度、ガオレンジャー見よう……」

真「あっ、ボクガオから見始めたから、おすすめだよ!」



P「……あずささんは、なんだ?」

小鳥「うーん、マジマザーとか」

あずさ『魔法は、最大の勇気よ!』

千早「あずささんはオーイエローでは?」

P「……胸的な意味で?」

千早「くっ」

あずさ『バラノイアの好きにはさせないわ〜』

小鳥「どっちかというと司令官ポジかなあ」

P「ジェットマンの小田切長官とか、ゴーバスターズのくろりんとか」

あずさ『バイラムはますます強力になってきてるわねぇ……』

千早「とりあえず、戦士には不向き、と」



響「ねーねープロデューサー、貴音は?」

P「貴音か……性格は違えど、美羽にはつながるかもな」

春香「美羽? 誰ですか、それ」

千早「ゴーオンシルバー、須塔美羽よ」

P「……だとすると、兄は律子かな」

やよい「あの二人が、ゴーオンウィングス……かっこいいですー!」

響「専門用語が多すぎて、ついていけないぞ。なあ、まこ……」

真「貴音が美羽ちゃんなんて、サイコーだなぁ!」

響「…………だなー!」

春香(合わせた)

小鳥(合わせてる……)

律子『私たちは二人で戦っていくわ』

貴音『たとえガイアークでなくとも、わたくしたちの前に立ちはだかる者は敵と見なします!』

真「かっこいいなぁ、憧れるなぁ!」

P「……うん、確かにみんないつもと違う魅力があるな……」

亜美「番組やろうよ→!」

真美「戦隊やろうよ→!」

響「確かに、自分戦隊やってみたいな」

P「じゃあ、今度企画でも持っていってみるよ」

春香「おぉー」

小鳥「後にこの中から3人もの戦隊ヒロインが出ることは、まだ誰も知らない」



真「えっ?」

小鳥「なんか、言ったら予言者になれそうで……」

P「……はい、じゃあこの話は終わり。解散!」パンパン

真美「ふぁーい」

響「あっ、じゃあ自分は『相棒』見ようかなー」

春香「私は少し雑誌を読みますねー」

ガヤガヤ


千早「…………プロデューサー」

P「ん?」

千早「我那覇さんと四条さんって、仮面ライダーならWですよね」

P「確かに」

 おわり

 冗談抜きであのゴーバスターズはアリだと思います。
 チェンジマンのチェンジマーメイドとかは断然雪歩なんですが、
 知名度低いので抑えました。お読みいただきありがとうございます。

相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: