2013年11月12日

モバP「アンチ・アンチエイジング」

ルキトレ「ステップステップ……そこでターン!」

川島瑞樹「ハッ!」ピタッ


ルキトレ「ハイ、オッケー!バッチリですよ、川島さん!」

瑞樹「そうでしょう?まだまだ若い子には負けないわ!」




P「…………」


………

……………

…………………

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1384005495



東郷あい「おや、瑞樹さん」

瑞樹「どうしたの?あいちゃん」

あい「いや、どうということはないんだが……以前にもまして綺麗になったね」

瑞樹「ホントに!?」

あい「うん。肌のつやが見違えるようだ」

瑞樹「分かる?化粧水を変えてみたの!
   どう?若返ってる?」

あい「あ、ああ。より魅力的になったと思うよ」

瑞樹「うれしい!だからあいちゃんって好きよ!」





P「……………」


………

……………

…………………



瑞樹「薫ちゃん、見てみて!」ドジャーン

龍崎薫「うわぁみずきさんかわいー!」

瑞樹「でしょう?今度のコンサート衣装よ!」

薫「おひめさまみたーい!」

瑞樹「本当に!?」

薫「えっ?」

瑞樹「本当に私お姫様に見える!?」ズイッ

薫「う……うんっ!」ニコッ

瑞樹「ありがとう薫ちゃん!
   やっぱり子供は素直ね」



瑞樹「わかるわ!」




P「…………………」ウーン

ちひろ「どうしたんですか?プロデューサーさん。
    難しい顔して」



………

……………

…………………


ガチャッ


瑞樹「お待たせ、Pくん」

P「川島さん、突然呼び出してすみません」

瑞樹「大丈夫よ。それで、お話って何?」

P「はい。これからのプロデュース方針について、少し」

瑞樹「プロデュース方針?」

P「………単刀直入に言います」




P「今の川島さんの……『カワイイ』路線について、いったん保留にしたいと思います」

瑞樹「………理由を聞かせてもらえるかしら」

P「覚えていますか、川島さん。
  川島さんがこの事務所に来た時のこと」

瑞樹「………」

P「『若い子には負けたくない』。あなたはそう言いました。
  みんなを見返してやりたい、と」

瑞樹「もちろん、覚えているわ」

P「もちろん俺自身、川島さんには誰にも負けない輝きがあると思いますし、
  事実そういうプロデュースをしてきたつもりです」

瑞樹「じゃあ、今までと同じでも問題ないんじゃない?」

P「あなたはそれでいいんですか?」

瑞樹「…………」


P「アイドルとして美しさを保つことは大事です。
  ですが、川島さんは『若さ』にこだわりすぎてるんじゃありませんか?」

P「若い子に負けたくないと言った貴方が若さに執着するのは、
  貴方にとっての敗北なのではありませんか?」

瑞樹「…………」

P「………もう一度言います。
  一度、若さへの執着を捨ててみませんか?」




瑞樹「………じゃあ、どうすればいいの?」

P「…………」

瑞樹「私だって、無理をしてる自覚はあるわ。
   でも、だからってどうすればいいのよ?」フルフル

瑞樹「若さへのこだわり?当たり前じゃない!
   若くてカワイイ娘じゃないと相手にされないんだもの!」

P「川島さん……」

瑞樹「私は怖いの!またあんな思いをするかもしれないって!
   あなたにも見はなされるんじゃないかって……!」

P「川島さん」


ギュッ


瑞樹「P君……?」

P「川島さん、今の貴方を作っているものは何ですか?」

P「川島さんが、川島さんとして今、輝いているのは、
  貴方が時と共に積み重ねてきた経験のおかげでもあります」

瑞樹「経験………」

P「そうです。それは他の子にはない貴方だけの武器なんです」

P「それとも貴方は、歳を重ねることに何の意味も、価値も見いだせないんですか?」

瑞樹「…………」

P「俺はね、川島さん。
  貴方には若い子と張り合うより、背中を見せつけられるアイドルになってほしい。
  そう思ってるんです」

瑞樹「………カワイイだけの私は、いらないってこと?」

P「違いますよ」



P「瑞樹さんの可愛いところは、全部俺が知ってますから」

瑞樹「!!」

P「誰が何と言おうと、俺だけは貴方の可愛いところを見てますから」

瑞樹「………」///

P「それじゃ、不満ですか?」

瑞樹「………正直、釈然としないところはあるけれど、」




瑞樹「わかったわ」



………

……………

…………………

――― 別の日


P「おはようございます…」

瑞樹「P君!」

P「うわっ!お、おはようございます、川島さん」

瑞樹「私わかったわ!」

P「え?」

瑞樹「この芸能界、カワイイ子なんていくらでもいるじゃない?
   だから、P君の言うとおりカワイイだけじゃ駄目だと思うの」

P「わ、分かっていただけて何よりです」

瑞樹「だからね、これからは『カッコカワイイ』路線で行こうと思うのよ!」

P「は?」

瑞樹「大人の女性らしいカッコよさと、可憐な可愛さを併せ持つアイドル……
   うん、いいわ!さすがP君ね!」

P「いや、あの……」




瑞樹「わかるわ!」

P「わかってないわ」





おしまい

最近読んだ小説から着想を得たが予想外に短くなった。
では、読んでくださってありがとうございます。
>>15
ちゃうで、有栖川有栖の推理小説

13:41│モバマス 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: