2013年11月14日

モバP「机をどぉぉぉーん!!!wwww」バンッ まゆ「きゃっ」ビクッ

P「……なあ、まゆ?」

まゆ「なんですか、Pさん?」ピッタリ


P「いい加減、いちいち俺の後についてくるのはやめてくれないか?」

まゆ「……? まゆは、大丈夫ですよぉ」

P「いや、まゆがじゃなくてさ、俺が仕事しにくいんだ」

まゆ「まゆは誰かさんみたいにPさんの仕事の邪魔したりはしませんよぉ?」

まゆ「だってまゆは、Pさんのそばにいるだけで幸せなんですからぁ」

P「そうじゃなくて、あのな、まゆ」スッ

ドンッ!!!

まゆ「……きゃっ!?」ビクッ

P「アイドルとプロデューサーがどこに行くにも一緒ってのはよくないんだ、分かるか?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1372807265



まゆ「あっ、あのPさん?今、机を……」ドキドキ

P「机?なんのことだ?」

P「……あっ、そろそろ、凛を迎えにいかなくちゃいけない時間だ。じゃ、まゆもそろそろ帰れよ」

まゆ(……普段、温厚なPさんが物に当たるなんて。まゆ、Pさんを怒らせちゃったのかしら……。明日、謝らなくちゃいけないわぁ)

次の日

まゆ「あの、Pさん?」

P「おはよう、まゆ。どうした?」

まゆ「まゆ、Pさんのために、クッキーを焼いてきました」

P「さんきゅー、早速、一つ食べてもいいか?」

まゆ「もちろんですよぉ」

P「おっ、うまいな、これ。さすがまゆだな!」

まゆ「うふふふ、愛情を込めてつくりましたからぁ。それでですね、Pさん、昨日のことですけど……」

P「昨日……なんかあったっけ?」スッ

ドンッ!!!

まゆ「」ビクッ

P「ん? どうした、いきなり、縮こまって?」

まゆ「……あ、あのPさん、まゆ、謝りたいんです。もうお仕事中は無理について行ったりしませんから。だから、まゆのこと許してください」

P「その話か。そうやってついにまゆがアイドルとしての自覚を持ってくれるなら俺もうれしいよ」スッ

ドンッ!!!

まゆ「きゃっ!!!!」

まゆ「……」

まゆ「……お願いします、Pさん、まゆの事を許してください」

P「? だから、もう許すって」スッ

ドンッ!!!

まゆ「きゃっ!!」ビクッ

まゆ「……ぴっ、Pさん、もしかしてまゆの事嫌いになったんですか?」ウルウル

P「何言ってんだ、まゆ。俺がまゆの事嫌いになるわけないだろ?」

まゆ「……本当ですかぁ?」ウルウル

P「ああ、だって、まゆは俺の大事なアイドルの一人だからな」スッ

ドンッ!!!!

まゆ「ひっ!」ビクッ

まゆ「Pさん……」ポロポロ

P「おい、まゆ? どうして泣いてるんだ?」

まゆ「……ごめんなさい、……グスッ………………Pさん、許してください」ポロポロ

まゆ「まゆを嫌いにならないでください!!!」ポロポロ

まゆ「まゆ、今までPさんを困らせる悪い娘でしたけど……」

まゆ「これからは良い娘になりますからぁ……」

P「だから、どうしたんだよ?」

まゆ「まゆ、Pさんの為ならなんでもしますからぁ!!!」

まゆ「それにPさんが嫌な所があるならどこでも直しますからぁ!!!」

まゆ「声でも性格でも名前でも好きなものでも……Pさん以外のですけどぉ……
それに体型でも身長でも皮膚の色でも髪型でも趣味でも朝の起きる時間でも1日に顔を洗う回数でもおトイレに行く回数でも交遊関係でも家族関係でも食べるものでも学校でも職業でもPさんを思って自分を慰める回数でも、顔でも……」

まゆ「何でもなおしますからぁ!!だから、まゆの事を嫌いにだけはならないで下さい!!!」

P「……」スッ

まゆ「ひっ」

P「……」ピタッ

まゆ「……? もしかして、Pさん、まゆのことを許してくれるんですか?」

P「やめたと見せかけてからのぉー、机をどぉぉぉーん!!!!wwwwwwwwwwwwwwww」ドンッ

まゆ「きゃぁあぁぁああ!!!」ビクッ

P「またまたどぉぉぉーん!!!!wwwwwwwwwwwwwwww」ドンッ

まゆ「きゃぁぁぁああぁああぁぁあ!!!!」ビクビクッ

P「オマケにどぉぉぉぉぉーーーん!!!!wwwwwwwwwwwwwwww」ドンッ

まゆ「きゃぁぁぁああぁあああああぁぁ!!!!!!!」ビクビクビクッ

まゆ「ぴ、Pさん、お、お願いしますからぁ、ま、まゆを許して下さい…………」バタッ


P「……気絶しちゃったか」スッ



本『危ないあの娘を操縦するための本』



P(最近、まゆが何を言っても離れてくれないから)

P(もしかしたら、と思って試してみたけど)

P(これじゃ、怖がらせちゃっただけかもしれないな……)

P(そもそも、まゆがこの本に書いてある危ない娘なわけないし……)

P(まゆが起きたらちゃんと、謝っておかなくちゃな)

P(……許してくれるかな?)

P(それにしても……)






P「……まゆってこんなにも可愛かったっけ?」














まゆ「うふふふふふ」



おわりん
このSSのジャンルはほのぼのです



本当はもっとじっくり、まゆをおとすつもりでしたが
思ったよりも短くなってしまいました

なので、この後はまゆにもう少し活躍してもらうか、
同じシチュエーションで、他のアイドルも書くか、考え中です

考えるだけで終わるかも知れませんが……

08:25│佐久間まゆ 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: