2013年11月14日

モバP「まゆがパッションタイプになった」

ちひろ「プロデューサーさん、ちょっとお聞きしても良いですか?」

P「はい?どうかしましたか?」


まゆ「……」

まゆ「(Pさんたら、またまゆ以外の女の人と楽しそうに…)」

まゆ「(Pさんにはまゆだけを見つめて欲しいのにぃ…)」

まゆ「(どうしてわかってくれないんですかぁ…?)」


ちひろ「えっとですね…」

ちひろ「プロデューサーさんって、うちの事務所の中で誰が一番好みのタイプなんですか?」


まゆ「…!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1364013998

P「えっ…?唐突に何を…」

ちひろ「いやー、やっぱり気になっちゃうじゃないですか♪」

ちひろ「あれだけの人数のアイドルがいるんだもの」

ちひろ「その中でプロデューサーさんは誰を選ぶのかなって」

P「いや…みんなの中から誰かを選ぶだなんてそんなこと…」


まゆ「(そうよ…そんな質問…)」

まゆ「(答えはまゆ一択とわかりきっているのにっ…!)」


ちひろ「あっ…確かにそういうのは良くないですよね…」

ちひろ「じゃあ特定の誰かってわけじゃなくて、こういう子が好みっていうのを教えてください!」


まゆ「…!!」
P「えぇっ?」

ちひろ「それぐらいなら良いでしょ?ねっ?」

P「うーん…どうしても?」

ちひろ「どうしても!」

ちひろ「(だって、プロデューサーさんの好みのタイプになりたいし…)」


まゆ「(貴女が元読モの家庭的な女の子になれるはずないじゃない…)」


P「…仕方ないですね?」

ちひろ「教えてくれるんですかっ!?」

P「まぁ、別に知られて困るようなことじゃないし…」

ちひろ「ありがとうございますっ!」

ちひろ「それでプロデューサーさんの好みって…?」ワクワク…

P「俺の好みのタイプは…」


まゆ「(…まゆに決まってますよねぇ?)」
P「何事にも情熱的な子が好きですね」

ちひろ「情熱的…」


まゆ「…!?」

まゆ「(情熱……激情……)」

まゆ「……」

まゆ「(パッション!?)」

まゆ「(な、なんてことなの…)」

まゆ「(Pさんが今までまゆに振り向いてくれなかったのは…)」

まゆ「(まゆがキュートタイプで…)」

まゆ「(パッションタイプじゃなかったせいだなんてっ…!)」
ちひろ「えっと…」

ちひろ「プロデューサー!!一緒にキャッツの応援しようよっ!!」

ちひろ「…こんな感じでしょうか?」

P「あぁ、良いですね。野球観戦に熱くなれるその心」

ちひろ「……」

ちひろ「(それって言ってしまえば友紀ちゃんはプロデューサーさんの好みってことなんじゃ…)」


まゆ「……」

まゆ「(そんなの認めないっ…!)」

まゆ「(Pさんの一番は他でも無いまゆなんだからぁっ…!)」

まゆ「(Pさんの為ならまゆは…)」

まゆ「(パッションタイプにだってなってみせるんだから!)」
翌日

まゆ「Pさん、今お時間大丈夫ですかぁ?」

P「あぁ、まゆ。どうかした……」

P「…!?」

まゆ「ま、まゆを…」

まゆ「も、もふもふしやがっても良いんですよぉ…?」

P「……」

P「(まゆが…羊のキグルミを着てる…)」
P「えっ…と…?」

まゆ「……」

まゆ「もしかして似合ってないでありやがりますかぁ…?」

P「い、いや…そんなことは無いけど…」

P「ていうか…どうしたんだ?喋り方といい…」

まゆ「……」

まゆ「…反応が悪い」ボソッ…

まゆ「仁奈ちゃんは幼すぎてPさん好みじゃない…か…」ブツブツ…

P「え?」

まゆ「なんでもないですよぉ?」ニコッ

まゆ「Pさん…待っててくださいねぇ♪」ポヒポヒ…

P「あっ…」

P「……」

P「(よくわからないけどキグルミ姿で駆けてく、まゆ可愛い…)」
さらに翌日

ガチャ!

P「(お?誰が来たかな?)」

まゆ「おっはよーございまーす!!!」

P「!?」

まゆ「今日も元気だ!!えーっと…」

まゆ「Pさんが素敵っ!!!」

P「ま…まゆ…?」

P「(今まで見たことが無いほどのハイテンションだ…)」
P「えーっと…あはは…」

P「お、おはよう、まゆ…?」

まゆ「はいっ!!おはようございますっ!!!」

茜「おっ!?まゆちゃん、今日はなんだか朝から元気だねっ!!!」

まゆ「え?」

茜「気持ちの良い挨拶を聞くとなんだか走りたくなっちゃうっ!!!」

茜「まゆちゃん!!!一緒にあの太陽に向かって走ろうっ!!!」ぐいっ!

まゆ「え、ちょ、ちょっと…!?」ずりっ…

茜「うぅぅぅぅぅぅっ!!!」

茜「ボンバー!!!」ダッ!!

まゆ「きゃあぁぁぁぁぁっ…!?」ズリズリ…!

P「仕事までには帰ってくるんだぞー」
〜〜〜〜〜〜〜

まゆ「……」ボロッ…

P「お、おかえり…まゆ…」

まゆ「…そもそも」ボソッ…

まゆ「茜ちゃんは情熱を通り越してうるさいだけとまゆは思うの…」ブツブツ…

P「ま、まゆさん…?」

まゆ「なんでもないですよぉ?」ニコッ

まゆ「Pさん…明日こそは待っててくださいねぇ?」

P「あぁ…うん…?」

P「待ってるよ…?」
そしてまた翌日

P「(うーむ…)」

P「(昨日一昨日といい、まゆの様子がおかしい…)」

P「(なんていうか行動が…)」

P「(パッション溢れてるっていうか…)

P「(イメージチェンジでも試みてるんだろうか?)」テクテク…

「さ、寒いですぅ…」

P「…ん?」

P「……」

P「…!?」
まゆ「暖かくなったとはいえ、この格好は流石に厳しいですねぇ…」

まゆ「早くPさんに暖めてもらわないと…」

P「……」

P「(全裸のまゆが…)」

P「(ダンボールにくるまって…!?)」

ブリッツェン「ブモー」

P「ブリッツェン…」

まゆ「あっ、この子はお借りしましたぁ」

P「(やっぱりイヴの真似なのか…)」
まゆ「どうですかぁ、Pさん?」

P「…どうって、何が?」

まゆ「……」

P「……」

まゆ「これでもダメですか…」

P「えっと…?」

まゆ「結局Pさんにとってまゆは…」

まゆ「キュートタイプのまゆのままなんですか…?」

まゆ「…くちゅん」

P「…よくわからないけど」

P「とりあえず俺のジャケット羽織っておこうか…」パサッ…

まゆ「あ、ありがとうございま…くちゅんっ」
〜〜〜〜〜〜〜

P「…パッションタイプになりたかった?」

まゆ「はい…」

P「つまりキグルミは仁奈の真似で、元気いっぱいは茜の真似だったわけか…」

P「でも、どうしてまた?」

まゆ「だってPさんがぁ…」

P「俺が?」

まゆ「情熱的な子が好みだなんて言うから…」

まゆ「だからまゆは…」

P「……」

P「(そんな会話を前にちひろさんとしてた気がする…)」

P「(それをまゆは俺がパッションタイプの子が好みっていう風に解釈したのか…)」
まゆ「だけど誰の真似をしてもPさんは…」

P「まゆ、勘違いしてるよ」

まゆ「…えっ?」

P「確かに俺は情熱的な子が好きだよ」

まゆ「だからまゆはっ…」

P「うん、だからまゆはさ」

P「いつも情熱的に俺のことを想ってくれてるじゃん」

まゆ「…えっ?」
P「つまり情熱的な子が好きってそういうこと」

P「変わらないで良いんだよ、まゆ」

まゆ「…!!」

まゆ「ぴ、Pさんっ…」

P「うん」

まゆ「つまりまゆは最初からキュートタイプじゃなくてパッションタイプだったってことなのねっ…!」

P「いや、そうじゃなくて…」

まゆ「でも、そしたらどうして…」

まゆ「まゆ以外の女の子と仲良くしたりするんですかぁ…?」

P「うっ…」
まゆ「ねぇ、どうしてぇ?」

P「……」

P「て…」

まゆ「て?」

P「照れ隠し…」

まゆ「……」

P「(…流石に厳しいか?)」

まゆ「なぁんだ♪そうだったんですねぇ♪」

まゆ「うふっ♪Pさんたらキュートタイプなんだからぁ♪」

P「……」

P「(た、助かった…)」
まゆ「でも、良かったぁ」

まゆ「Pさんもちゃんとまゆのことを想っててくれててぇ♪」

P「あはは…」


「ゴートゥヘールっ!!!」


P&まゆ「!?」


ちひろ「シイタケ!エリンギ!!ブナシメジ!!!」

ちひろ「(情熱!パッション!!)」

ちひろ「(どうですか、Pさん!?)」

ちひろ「(これこそあなた好みのっ…!!)」


まゆ「Pさん…」

P「あぁ…」

P&まゆ「アレは無い」


ちひろ「!?」
おわり

まゆをPaにください

08:25│佐久間まゆ 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: