2014年08月09日

荒木比奈「ふたりの夜食」


比奈「……」



比奈「……」ウーン









P(腹減った)



P(ラーメンでも作るか…うん)



P「…」チラ



比奈「」ウーン



P「…。比奈」



比奈「」ウンウン



P「……比奈さーん」



比奈「…」



P「荒木せんせー。比奈ちゃん」



比奈「…」



P「……えい」スポ



比奈「んにゃあっ」





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1401400753





比奈「いたいでス…」ジワ



P「反応してくれないから」



比奈「ひりひりするっス…」プクー



P「ごめんごめん」ポフ



P「えっと…ほら。イヤホンしてばかりだと、なんとなく鬱々としてこないか?」ナデナデ



比奈「…それは…まあ」



P「それにそろそろ梅雨だしな」



比奈「それはまだ早いでしょ…」クス



P「そうかな?」



比奈「はい。もー…ふふ…」



P「はは」





比奈「それで、なにか用でしたか?」



P「うん。比奈はお腹空かないか?」



比奈「へ?…あ、はい。えっと…わりと、すいてるかも」ポンポン



P「うん」



P「俺も空いてきたから、ラーメンでも作ろうかと思って」



比奈「あ、いいでスね。食べたいな」



P「そっか。じゃあ作るか」



比奈「はいっス」









ガサ





P「と、言ってもラーメンを茹でるだけだが…。」



P「うーん。冷蔵庫になにもない…野菜でも入れられるとよかったんだけど」



比奈「一応事務所でスからね、ここ」



P「卵はあるな」



比奈「入れます?」



P「うん。他に入れるものもないし…。あ」ガサガサ



比奈「?」



P「冷凍してある食パンならあった。食パン食べるか」



比奈「ラーメンに食パンスか」



P「ないかな?」



比奈「ないっスねー」





P「そうかなー」



P「なんか朝ご飯と昼ご飯を一緒にとるみたいで俺は好きだけど」



比奈「男の人って感じっス…なんか贅沢してるー、みたいな?」



P「そうそう」



比奈「分かるような分からないような…」クス





比奈「じゃあ、…半分こしてもらってもいいでスか?全部はちょっと…多いので」



P「うん。そうするか」



P「目玉焼きのせよう目玉焼き」



比奈(楽しそうでス)



比奈(…ん、なんか私も楽しいな…。ふふ)





比奈(おなべ火にかけて…と)



P「夜食を作る時間ってわくわくするよな」



比奈「分かりまス」



P「うん」



P「ああ、でも」



比奈「?」ガサ…



P「うん」



パカッ







ジュー





P「だれかと一緒に作るのは初めてだ。だからいつもと違うわくわくなのかな」



比奈「…………」



比奈「それは、えっと…。おめでとうございまス…?」



P「お、おう。ありがとうございます」



P「うんうん。楽しいな。なんだこれ」



比奈「そうでスね。なんでしょう」クスクス…







チーン





比奈「パン焼けたっスー。バターも塗れたっスよー」



P「了解。じゃあ目玉焼きを…よっと」パサ



比奈「おー。おいしそう…」



P「半分こな。よいしょ」ザクッ



P「はい。できた」



比奈「わーい。おいしそう」



P「食べるか。いただきます」



比奈「いただきます」





比奈「あむ」



P「…」ザク



P「……」モグモグ



比奈「…」モグ



P「食べながらラーメン茹でるか」モグモグ



比奈「もぐ…、ふふ、大ざっぱな感じ……お行儀悪いでスよ」



P「そんなもんだ」ガサ





比奈「なんだか朝ごはんみたいだなーって思っちゃいまスね」モグ



P「パンだとな」



比奈「でもおいしいでス。目玉焼きがのってるのも…あむ。もぐ」ペロン…



比奈「ふふ、こうひゃってたべふのがいいんでスよね♪…むぐむぐ」



P「うん」モグモグ







グツグツ





比奈(おいしかった…)



P「お腹一杯にはなってないか?」



比奈「はい。半分だけだったし」



P「そっか。よかった」パカ



P「卵をおとして、と…。よし。できた」



比奈「わーい。二食目だー」



P「わーい」



P「…お互い、なんだか妙なテンションだな」



比奈「夜中っスからねー」





P「いただきます」



比奈「いただきまーす」



ズルル



P「はー。暖まるなぁ」



比奈「でスねー。まだ夜中は冷えるっス……」チビ



P「家でもラーメンくらいなら作るのか?」ズルズル



比奈「や、なべ洗うのもけっこう面倒じゃないっスか」ズルズル



P「ずぼらすぎるだろ」



比奈「えへへ」







モグモグ





比奈「こうやって立ちながら食べてるのも、なんかいいっスよね」



P「うん。持って行くのが面倒なだけだけど…。一人ならお椀に取り分けたりもしないし」



比奈「夜食っぽいなぁって」



P「そうだな」



P「黄身を割ります」



比奈「お願いしまス」



P「えい」グニ…プチ



比奈「おー」



P「黄身もいっしょにと…。はい。入れた」



比奈「どうもっス」えへー



比奈「はむ…。ずるる…、ん…。ふふ、たまご入れたのってなんだかこういうチープな感じの味がいいんでスよね」モグモグ



P「うん。たしかに」ズルル



比奈「おいしい」モグモグ



P「おいしい」モグモグ



比奈「…へへ。おいし…」モグモグ



P「……」モグモグ







カラン





P「食べた」



比奈「ご馳走さまでした。はふ…。おいしかったー」



P「うん」



P「…。洗い物は明日でいいか」



比奈「明日っていうかもう今日でスけどね」



P「仕事しないと…」



比奈「原稿やらなきゃ…」



P「…」



比奈「…。ふふ」クス



P「……ははは」





P「まあ」



P「一人で残業してるよりはすごくいいな」



比奈「私もでス。部屋にこもってるよりは、とってもいいな」



P「お互いさまだ」



比奈「でスね。ふふふ」ニヘラ





P「よし。じゃあ仕事にもどるかー。んー」



比奈「プロデューサー、あの」



比奈「きっとまた私はお腹がすくと思うので、声…かけてみてもらっていいでスか?」



P「ん?」



P「うん。もちろん」



P「俺もまたお腹がすくと思うから、俺こそ、夜食付き合ってくれると助かる」



比奈「はい。それは、へへ…喜んで」



P「うん」



P「今度は野菜とか買っとくか」



比奈「それが楽しみになって、本末転倒になりそうでスね……」クス



P「……それもそうだな…」



P「…。それでもいいんじゃないか?べつに」



比奈「へ?」





比奈「……あー」



比奈「いいっスかね。まあ。楽しいし。あ、ううん、すごく楽しいでスけど」



P「おう」



比奈「はい。えへへ」ニマー



P「また一緒に食べような」



比奈「はい。ぜひ」







☆おまけ







比奈(…うーん)



比奈(つかれた…。今日は調子悪いかな…いつもかな?)



比奈「…」チラ



P「……」カタカタ



比奈(…がんばってる…)



比奈(…一緒に残らせてもらってるのにな…集中しなきゃ…。)フルフル



P「……」チラ



P「……」ガタ



比奈「…?」



比奈(あれっ、なんなこっちに…くっ)



P「おーい。比奈」



比奈(!?……あ、あわわ。なんかさっきまで見てた分恥ずかしいっス!…と、というか反応しなきゃ…)



P「比奈さーん」



比奈(…あ、でもなんか呼ばれるの嬉しい……え、えへへ)



P「荒木せんせー。比奈ちゃん」



比奈(ち、ちゃん付け…わ、私には可愛過ぎるっスねー…)エヘヘ…



P「……えい」スポ



比奈「!?にゃあー」





比奈(……いたい)ジンジン



P「おい、比奈」



比奈「!?ひ、ひゃいっ」



比奈(顔が近いっス!い、いやこのくらいの距離で顔を見るのはべつにもう慣れ……よく考えたらすごいことに慣れてるっスね私!?)ア、アワワー



P「比奈はお腹空かないか?」



比奈「へ?あ…」



比奈(……気にしてくれてる、んだ…。やさしいなー…)



比奈「…はい。けっこうすいてるかも、でス」ギュ



P「そっか。じゃあ――」



比奈(…えへ、へ。今度はどんなふうにお世話焼いてくれるんでスか?プロデューサー)





21:30│荒木比奈 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: