2013年11月19日

本田未央「勘って難しい」

和久井留美「それじゃ、お願いね、真奈美」
http://i.imgur.com/2twSCJ4.jpg

木場真奈美「ああ、それは構わないが……」
http://i.imgur.com/qR9leJT.jpg


本田未央「よろしくお願いしまーす、先生!!」
http://i.imgur.com/IMvitXO.jpg

真奈美「何故未央まで居るんだい?」

未央「留美さんが真奈美さんにお料理教えてもらうって聞いたから、ついでに私も教えてもらおうかなって思って」

真奈美「なるほど、ね。構わないが、先生は止めてもらおうかな」

未央「えー」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1367513847

真奈美「で、楓は何をやってるんだ?」

高垣楓「撮影の準備……これで撮れてる、かしら……?」
http://i.imgur.com/4WbfhGK.jpg

真奈美「何を撮る気なのかな?」

楓「プロデューサーに頼まれたから……真奈美ちゃんのお料理教室、撮っておいてって」

真奈美「……今日はオフなんだけどなぁ」

楓「お仕事モードになる必要はないと思うけれど」

真奈美「そう言われてもね」

真奈美「それで、楓も参加するのかな?」

楓「試食会だけ、希望」

真奈美「要するにタダ飯に有り付こうというわけか」

楓「お仕事……カメラマン」

真奈美「……分かった分かった」
真奈美「それじゃ始めようか」

未央「よろしくお願いしまーす!」

真奈美「それじゃ、材料の確認からだが――」


真奈美「それじゃそろそろ味付けにはいるよ」

真奈美「まずはダシ汁2カップ、これはそれぞれの手元にあらかじめ計った物を用意してあるから全部入れてしまってくれ」

真奈美「次にお酒を大さじ3――」

未央「これくらいかなー?」ドボドボ

真奈美「あっ」

留美「こんなものじゃない?」ドバッ

真奈美「」
真奈美「ちょっと待て!」

未央「え?」

留美「ダメだった?」

真奈美「初心者が目分量とか、ふざけるにも程がある!!」

楓「まぁまぁ、真奈美ちゃん、落ち着いて」

留美「でも、真奈美はいつも適当に入れてるじゃない」

未央「うちのお母さんも良くやってるよ?」

真奈美「はぁ……いいかい?」

真奈美「私たちは、経験則から目分量でおおよその量が分かるだけだ」

真奈美「初心者は分量はきちんと量ること、これは鉄則だ」

楓「……御猪口にちょこっと」トプトプ

真奈美「それは御猪口じゃない、ぐい飲みだ。と言うか料理酒を飲むな」

楓「……」シュン

真奈美「ん?」
留美「どうしたの?」

真奈美「――ふむ、例えば大さじ3杯と言うのは、今このぐい飲みに入ってるくらいの量だ」

未央「それ、さっき楓さんが注いだヤツ?」

真奈美「そうだ」

真奈美「こんな感じで、身近な物の大体の容量が分かってると、計量器の代用になることもある」

留美「なるほどね」

真奈美「とりあえず君たちのは入れすぎだから、汁は一度捨てるよ」

未央「えぇ!? もったいない!」

真奈美「調整出来ないでもないが、あくまで基本の練習だからな。レシピ通りに行くよ」

留美「それにしても、楓の意外な才能を見たわね……」

楓「ふふ……」ブイ


楓(完全に適当だったなんて、今更言えない……)
真奈美「さて、これで完成だが」

楓「わー」パチパチ

留美「はぁ、肩が凝ったわ」

真奈美「包丁をちょっと怖がりすぎかな。慣れればそんなに凝らないと思うよ」

未央「それじゃ、まずは楓さんに試食してもらおっか!」

楓「――え?」

真奈美「そうだな、味を審査してもらおうかな」

楓「そんなに気の利いたことは言えませんよ?」

未央「そんなこと言ってー、結構旅番組とかも出てるし、グルメリポート慣れてるくせに!」

留美「と言うか、気の利いた事じゃなくて、率直な意見が聞きたいわね」

楓「うーん……じゃあ、味見させて貰いますね……?」
楓「それでは、まずは留美さんのから……」パクッ

楓「あふっ」ハフハフッ

真奈美「出来たてだ、熱いに決まってるだろう」

留美「――どうかしら?」

楓「おいひぃ……れふよ……?」モグモグ

留美「それだけ?」

真奈美「レシピ通りに作った肉ジャガだし、そんなものだろう」

真奈美「と言うか、試食の割に頬張り過ぎじゃないか?」
楓「それじゃ、次は、未央ちゃんの、ね……?」

未央「お、お願いしますっ!」

楓「ふーっ、ふーっ」パクッ

楓「……」モグモグ

未央「――」ドキドキ

楓「真奈美ちゃん、日本酒開けて、良い?」

真奈美「おいおい……」

未央「っ――ダメだった!?」

楓「ちょっとだけ、味が濃いかな?」

楓「でも、お酒のおつまみなら、これくらいも有りだと思います」
真奈美「どうやら合格のようだね」

未央「うーん、でも、濃すぎかー。どこかで分量間違えたかなー?」

真奈美「いや、ちょっと煮詰めすぎたかな」

未央「煮すぎ?」

真奈美「ああ、煮る時間や微妙な火加減でも味には変化が出るものさ」

真奈美「ただ、調味料の分量――より正確に言うなら比率かな? それさえ大きく間違えていなければ、問題はないよ」

留美「なるほどね」メモメモ
楓「うふふ、未央ちゃんの肉ジャガ、お酒が進むわ……」コクコク

真奈美「……って、いつの間にか飲み始めてるし」

留美「……」パク

留美「なるほどね、これはお酒が進む味だわ」

楓「まーまー、留美さんもお一つどーぞ」トクトク

留美「あら、ありがとう」

真奈美「こらこら、未成年もいるのに勝手に酒盛りを始めない」

未央「あ、私なら気にしなくても良いよ! お父さんで慣れてるから!」

真奈美「そうかい? すまないね」
真奈美「未央も何か飲むかい? アルコール以外でだが」

未央「何かジュースがあったらジュースが良いけど――」

真奈美「ジュースね……そう言えば貰い物のカルピスがあったな」

未央「あ、だったらそれのお湯割りで!」

真奈美「――この状況でお湯割りと言われると、何かアレだな」

未央「あはは、お酒っぽいね!」

真奈美「まぁ深く考えるのは止めておこう。ホットカルピスね、私もそれにするか」

未央「真奈美さんはお酒飲まないの?」

真奈美「今日は止めておくよ」

真奈美「あの2人が暴走した時に止めないと行けないしね」
未央「それじゃ、私も食べてみよーっと」パクッ

未央「あー、確かにしょっぱい」

楓「でも、旨味も十分感じられますしバランスも良いです。家庭料理としては及第点でしょう」

留美「もしお店で出てきたら?」

楓「そんなしょっぱいお店には二度と行きません」

真奈美「つまみに丁度良いんだろう? 足繁く通う姿が目に浮かぶよ」

楓「……難しすぎました」

未央「あー……」

留美・真奈美「?」
未央「留美さんの美味しい!」

真奈美「うん、これなら合格だな」

留美「ありがとう、嬉しいわ」

未央「……そう言えば、留美さんや楓さんも、真奈美さんみたいに目分量と言うか、勘で分かるものとかある?」

留美「うーん、どうかしら……」

楓「勘、ですか……」
留美「あ、勘と言うわけじゃないけど――」

留美「首都圏ならおよその移動時間は、時間帯・ルート毎にパッと出るわ」

真奈美「それは凄いな」

留美「前職の経験の賜物だけどね」

未央「秘書、だっけ?」

留美「ええ。基本は運転手さんの仕事だったけれど、たまに唐突に私が移動の手配をする事もあって、色々覚えたわ」

真奈美「調べれば済みそうだが……」

留美「私が手配するような時は、緊急事態とか、そんな時ばかりだったのよ」

真奈美「なるほどね」

未央「そう言えば現場に遅刻しそうな時に、留美さんに間に合うルート教えて貰ったけど、そう言う事だったんだぁ」
楓「お燗を飲むのは得意です」

留美「それは熱燗でしょ……」

楓「勘違いしました」

留美・真奈美「……」

未央「畳み掛けるなぁ……」

楓「こほん。そうですね……飲んだことさえあれば、利き酒で銘柄を当てられます」

留美「それは勘なのかしら……」

真奈美「それはそれで大した能力だけどね」

楓「ちなみに温泉も分かります」

未央「温泉飲むの!?」

留美「あら、飲める温泉は意外とあるわよ?」

真奈美「飲用出来るむねが書かれていない場合は飲まない方が良いね」

真奈美「薬みたいなものだから、あまり量を飲むのも良くない」
翌日 事務所

未央「おはようございまーっす!」

荒木比奈「あ、おはようッス」
http://i.imgur.com/bsf1Kt8.jpg

未央「あれ、比奈さんだけ?」

比奈「来てる人はみんなあっちにいるッスよ」

比奈「あたしは少しだけ電話番ッス。ちひろさんが外に出ちゃったッスから」

未央「そっかー……これなに?」

比奈「ああ、落書きッスよ。電話が鳴るまでは暇なんで」

未央「おー、やっぱり上手いなー。これ、しぶりん? こっちはしまむーだ!」

比奈「そうッスよ、だいぶデフォルメしてるッスけど」

未央「二頭身の2人、かわいーね」

比奈「これから未央ちゃんを描こうかと思ってた所ッス」

未央「うわっ、そう言われると何か緊張するなー」
比奈「うーん、こんな感じッスかね」サラサラ

未央「はやっ! 下書きとかしないの?」

比奈「あはは、落書きッスから」

比奈「それに、みんなのデフォルメキャラは結構描いてるッスからねー」

未央「それって、勘で描ける的な?」

比奈「んー、そういう風にも言えるかもしれないッスね」

比奈「ある程度デザインを決めちゃえば、色んな角度をササッと描けるッスよ」

未央「なるほどー」
未央「うーん……」

神谷奈緒「難しい顔してどうしたんだ?」
http://i.imgur.com/VqlOor5.jpg

北条加蓮「珍しく悩み事?」
http://i.imgur.com/XcWAII9.jpg

未央「め、珍しくってひどい! 私だって悩む時くらいあるよ!?」

加蓮「ごめんごめん。それで、何か考え事?」

未央「2人は、勘で分かることって何かある?」
奈緒「ん? 勘で?」

未央「そうそう、こういうのが当てられるー、とかそう言うの」

加蓮「私は、あまり嬉しくないけど、体調が崩れる瞬間が感じ取れるようになっちゃったなぁ」

未央「瞬間?」

加蓮「うん、『あ、これヤバイ』って言う感じがあるよ。口では上手く説明出来ないけど」

奈緒「だったら無茶するなよな」

加蓮「分かってるって、反省してるよ」
奈緒「アタシは……特にないかなぁ」

加蓮「一つあるじゃない」

未央「どんなのどんなの?」

奈緒「……何かあったっけ?」

加蓮「アニソンのイントロ当て」

奈緒「ちょっ!?」

未央「おー、なるほどねぇ」
島村卯月「みんな、何の話してるの?」
http://i.imgur.com/BdDTR0Z.jpg

加蓮「あ、卯月、凛、おはよう!」

渋谷凛「おはよ。どうしたの?」
http://i.imgur.com/qXtqT0p.jpg

未央「みんなに、勘で分かるものを聞いてたんだー」

凛「ふぅん、また訳の分からないことを……」

未央「だって、勘でビシッ!! って当てられるって、格好良くない?」

奈緒「カッコイイって、どこかのロックなアイドルみたいな事を……」

加蓮「アニソンイントロじゃ格好良くないねー」

奈緒「おい! 加蓮!!」

 キャー! マテコラァ!
卯月「行っちゃったね」

未央「で、しぶりんとしまむーはそう言うの無い?」

凛「私は特には……強いて言うなら、ハナコの気持ちが分かるくらいかなぁ」

凛「こんなのは聖來さんも分かると思うけどさ」

未央「優さんは分からなそうだよね」

凛「あぁ……ノーコメント」

卯月「失礼だよー2人とも」

未央「しまむーは無いの?」

卯月「えー、思い付かないな〜」

凛「卯月は普通だしね」

未央「それじゃしょうがないか」

卯月「ひどいよ2人とも!」


水木聖來
http://i.imgur.com/2htcYEX.jpg

太田優
http://i.imgur.com/wZ8MbT7.jpg
凛「それで、未央自身は何かあるの?」

未央「私も何か無いかなーと思って、考えてたんだよね」

凛「結局、未央も何もないんじゃない」

卯月「私と一緒だよ!?」

未央「うん、そうなんだよね」プイッ

未央「この際だから、色んな人に聞いてみようかなー?」

凛「……未央が迷惑かけないように、私もついて行こうかな」

未央「またまた、しぶりんだって気になってるんじゃないのー?」

凛「そんな、面白そうなんて思ってないよ」

卯月(2人が失礼なこと言わないように私が頑張らないと……!!)
長富蓮実「古着屋で掘り出し物がある場所が何となく分かりますよ」
http://i.imgur.com/Kkxg5Ib.jpg

未央「え! 良いなー、今度一緒に行こうよ! 見立てて欲しいな!」

蓮実「良いですけど、私の見立てで良いんですか? 古臭いって良く言われますよ?」

未央「そうかなー? 可愛いよ?」

未央「それにこう、普段の服に一部だけ取り入れてみるのも有りじゃないかな♪」

蓮実「そう言って貰えると、嬉しいですね」

蓮実「それじゃ、今度行きましょう♪」

卯月「良いなー、私も行きたいよー」

蓮実「みんなで行きましょう? 凛さんも一緒に」

凛「私まで、良いの?」

未央「じゃあ、私たちでハスミンの服を見立てるって言うのはどう?」

凛「なるほど……いいね」

蓮実「ふふ、楽しそうですね♪」
伊集院惠「店構えから美味しいお店を見極められるわね」
http://i.imgur.com/9qSfLDy.jpg

未央「なんか食いしん坊キャラみたいな回答が!?」

惠「失礼ね。旅先では割と重宝するのよ?」

凛「確かに旅先で失敗すると悲しいよね」

未央「うーん、今度私も適当にお店に入ってみようかな?」

惠「……言っておくけど、決して適当に選んでる訳じゃないからね?」

卯月「何かコツとかあるんですか?」

惠「コツと言われてもね――」

凛「勘だもんね」

未央「まどろっこしい! じゃあ今度連れて行ってくださいよ!」

惠「ま、まぁ、この辺りのお店で良ければいいけど」
及川雫「目を見たら牛さんの体調が解りますよー」
http://i.imgur.com/BImrogR.jpg

未央「ブレないなー」

卯月「流石、酪農系アイドルだねー」

未央「動物の気持ちが分かる系かー。しぶりんと一緒だね」

凛「私と一緒にしちゃ悪いよ。もっとハイレベルだよ、これ」

雫「牛さんはとっても繊細な生き物なんですよー」

雫「体調が悪いとお乳の出にも味にも影響が出ちゃうので、ケアは大事なんですー」

未央「おぉ……」
川島瑞樹「仕事モードに入ってれば、1時間以内の時間は誤差10秒前後でわかるわ」
http://i.imgur.com/ULcwwTV.jpg

未央「凄い! やっぱり大人組の勘は違うねぇ」

卯月「それって前のお仕事の経験で分かるようになったんですか?」

瑞樹「そうと言えばそうなんだけどね。本来ならそこまで時間を読める必要はないんだけど」

瑞樹「ニュースって生放送な上に、速報とか中継トラブルなんてしょっちゅうあるし」

瑞樹「一つのニュースに充てられる時間とかすぐ変わっちゃうから、ね?」

凛「今日聞いた中ではある意味、一番まともな内容だね」

瑞樹「あぁ……この事務所は色んな人が居るものね。わかるわ」
輿水幸子「ボクがカワイイことです!!」ドヤァッ
http://i.imgur.com/1EW0aMl.jpg

未央「あ、はい」

幸子「ちょっと、反応が薄くないですか!?」

未央「冗談冗談! さっちんはカワイイね!」ナデナデ

凛(回答にはなってないけどね)

幸子「本当はですね――」

卯月(あ、ちゃんと答えるんだ)

幸子「人を見てノートの取り方が大体分かるんです。外すこともありますけど」

未央「へー」

幸子「だから反応薄くないですか!?」

凛(それが分かっても、だから? って話だよね。幸子らしいと言えば、らしいけど)
ナターリア「スシ10カンは食べられるヨ!」
http://i.imgur.com/LKXAyP6.jpg

未央「え!?」

卯月「そう言う事じゃなくってね……勘ってなんて言ったらいいのかな?」

ナターリア「?」

凛「えっと……イントゥイション?」

未央「あ、スマフォでカンニングしてる!」

凛「別にテストじゃないんだから良いでしょ」

ナターリア「アー、ナターリア、お婿さん見付けられるヨ!」

凛「ん?」

ナターリア「プロデューサー見た時、ティンと来たナ!!」

凛「――へぇ?」ギリッ

未央「ストップ! ストーップ!!」
佐城雪美「……ペロと、お話……できる……」
http://i.imgur.com/hpWtdjk.jpg

未央「あー、動物の気持ちがわか――お話?」

雪美「……」コク

未央「そうなんだ、凄いね!?」

卯月(若干信じてない気がするなー)

ペロ「ニャー」

雪美「……ペロ、が……未央……信じて、ない……って……」

未央「へっ!? え、えぇーっ!? そそそそんなこと無いよ!!」
白坂小梅「み、見え、ます……」
http://i.imgur.com/HJt1a8A.jpg

未央「なにがっ!?」

小梅「未央さん、の……後ろに……」ジーッ

未央「ひぃ!?」クルッ

卯月「小梅ちゃん、あんまり脅さないであげて、ね?」コソッ

小梅「だ、大丈夫、です……未央さん、の、魂……強い、から」

卯月「……え?」

小梅「あの子、たち……あまりイタズラ、で、出来ない、です」ニコッ

卯月「」
佐久間まゆ「ありますよぉ」
http://i.imgur.com/nHcYkAg.jpg

未央「おー、どんなの?」

まゆ「プロデューサーさんが近くに居ると、大体の位置が分かりますよぉ?」

未央「へ? そりゃ見えるところにいれば――」

まゆ「そうですねぇ……この距離と移動速度だと――あと2分で事務所に着きますねぇ」

凛「は?」


2分後

 ガチャ

P「ただいま戻りましたー」

まゆ「おかえりなさーい」ニコッ

凛・未央・卯月「」
P「んで、何やってるんだお前ら?」

未央「実はさ――」


P「また訳の分からんことを……」

未央「なんかしぶりんにも言われた、それ……」

P「イヤ、割と普通の反応だと思うんだがな」

未央「えー、そうかなー?」

P「それで何か得る物があったのか?」

未央「んー、みんな凄いなーって」

P「それだけかよ!」

凛「それで、プロデューサーはないの? そう言う勘」

P「俺か?」
P「そうだな、最近だと、スカウトの時に上手く行くか行かないかが、声を掛ける前に分かるようになったかな」

未央「え、何それ!?」

凛「って言うか、そんなのどうやったら分かるの?」

P「んー、言葉にはしづらいんだけどな」

P「こう、最終的にアイドルになるって言ってくれる娘って、こぼれ出るオーラみたいのを感じるんだ」

凛「へぇ……」

未央「それって私たちにもあったのかな!?」

P「お前らはそれこそ最初の頃にスカウトした連中だからなー」
P「あの頃は当たって砕けろって気合いで、砕けまくってたし、そんなの感じる余裕もなかったな」

卯月「頑張ったんですね!」

P「おー、頑張ったぞ?」

P「ただ、今ここにいるって事はお前達にもあったんだろうな」

未央「おー」

P「まゆなんかは読モをしていたからか、そこそこオーラは感じたけどな」

まゆ「うふふ」
P「結局、勘なんて経験則に基づいたもの以外は、あまりあてにならないからな」

P「それだけに頼るって言うのも間違いだと思うぞ」

未央「そっかー」

P「言った者勝ちとか、思い込みなんてのもあるし」

P「それよりも、今はとにかく色々経験する方が大切だ」

未央「色んな経験かー、じゃあ次の仕事は何?」

P「ん……そうだなぁ」

P「たまには幸子と一緒に仕事してみるか?」

未央「やるやる!」

凛(あ……)

卯月(イヤな予感……)

まゆ(ですねぇ……)
数日後

スタッフ「それでは、今日はワニを手懐けてもらいます」

幸子「」

未央「」

幸子「プロデューサーさん!? こんなのアイドルのやる仕事じゃ――」

未央「あれっ!? さっきまでそこに居たのに!!」


P「がんばれよー」

P(765プロの我那覇さんに借りたワニだから危険はないはず……)

P(だが、言っちゃうと緊張感なくなっちゃうから秘密だ)

終わり
おまけ

真奈美「プロデューサー君」

P「どうしました?」

真奈美「先日撮った映像、何に使うのかな?」

P「ああ、アレですか」

P「ちょっと新しい企画を模索してるんですけど、なかなか思い付かなくてですね」

P「ネタにでもなればと撮って貰ったんですよ」

真奈美「ほう? で、何か思い付いたのかな?」

P「料理出来るメンツを講師にした、料理教室のようなDVDとか、どうかと思うんですけど」

P「今考えてるのは、極々普通に家庭で作られる料理なんですが」
真奈美「ふむ……若干インパクトに欠ける気もするが」

P「あぁ……やっぱりそう思います? もうちょっと練ってみるかー」

真奈美「だが――そうだな、うちは全国各地から人が集まっているだろう?」

P「そうですね」

真奈美「各地の郷土料理のレシピを紹介する、と言うのはどうだろう?」

P「なるほど、アイドルの出身地にもスポットを当てつつ、なんて良いですね」

真奈美「少しは力になれたかな?」

P「ええ、参考にさせて貰いますよ。ありがとうございます」

P(本当は料理してる真奈美さんを見てみたかっただけなんだけど、上手く誤魔化せたし)

P(新しい仕事にも発展出来そうで、一石二鳥だな)

P(最初、話を聞いた時にティンと来たのは間違いじゃなかったか)


おまけ終わり
適当すぎだったな、反省

08:13│本田未央 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: