2014年09月02日

若林智香「恋のキューピッド、始めましたっ☆」


・アイドルの数だけプロデューサーがいます

・P=智香P







SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1409405276





若林智香「みんなの恋を、応援しちゃうぞっ☆」





神谷奈緒「……え?」





島村卯月「いいですねっ♪頑張りましょう、智香ちゃんっ!」





奈緒「ま、待てよ智香!恋を応援って、何をするんだ?」





智香「例えば奈緒ちゃんは、奈緒ちゃんのプロデューサーさんの事が好きでしょっ?」





奈緒「なっ、ち、違う!」アワワ





卯月「奈緒ちゃん、分かりやすいですからねっ♪」





奈緒「やめろよ卯月まで!ああもうっ、だからそんなんじゃないっての……!」カァァァ





智香「奈緒ちゃんみたいに、恋で悩んでいる女の子を後押ししちゃおうっ☆」





卯月「わぁっ♪まさにキューピッドですね!」





智香「それじゃあ早速、行ってみよう!」







城ヶ崎美嘉「えっ、アタシ?」





智香「もちろんっ!美嘉ちゃんの恋を、応援しちゃうよっ☆」





卯月「美嘉ちゃんとプロデューサーさんは、仲がいいもんねっ♪」





美嘉「うん……」ショボン……





奈緒「あれ?どうしたんだ、美嘉?」







美嘉「その……アタシだって、プロデューサーの事が好きだけどさ」





美嘉「やっぱり恥ずかしくて……こんなの、キャラじゃないよねっ」カァァァ





奈緒「美嘉……」





美嘉「でも、……こういうの、あんまり相談できなくて」





智香「そんな時こそ、アタシ達の出番だよっ☆」





卯月「大丈夫だよ、美嘉ちゃん!私達が付いてるもんっ♪」





美嘉「……!」







智香「それじゃあ、みんないくよっ☆」





卯月「島村卯月、美嘉ちゃんのために頑張りますっ!」





奈緒「えっ」





智香「ほら、奈緒ちゃんも!」





奈緒「ま、マジか……」





美嘉「奈緒が嫌なら、仕方ないけど……」





美嘉「……」ジーッ……





奈緒「わ、分かったよ!あたしも美嘉のために、一肌脱いでやるよっ!」





美嘉「へへ……ありがとっ、奈緒★」





智香「それじゃ、美嘉ちゃんに勇気を、エールを送るよっ!!」





卯月「おーっ!!」





奈緒「お、おーっ!」







智香「プロデューサーさんの事が好きなのは誰だーっ!!」





奈緒・卯月「美ー嘉ーーっ!!」





智香「プロデューサーさんに告白するのは誰だーっ!!!」





奈緒・卯月「美ー嘉ーーっ!!!」





智香「本当の私を見せちゃうのは誰だーっ!!!」





奈緒・卯月「美嘉だーっ!!!」





智香「ハートはデコらずーっ!?」





奈緒・卯月「伝えるのーっ!!!」





美嘉「……!」







智香「フレーっ、フレーっ、美嘉ちゃんっ!!!」





卯月・奈緒「フレッフレッ美嘉ちゃんっ!!」





智香「フレッフレッ美嘉ちゃんっ!!!」







美嘉「……ありがと、みんな★」





美嘉「アタシ、すっかり怖がってたけど……こんなの、アタシらしくないよねっ!」





卯月「美嘉ちゃん!」





智香「頑張れっ、美嘉ちゃん☆」





奈緒「すっかり元通りだな!頑張れよ、美嘉」





美嘉「もちろんっ!」







ピッ





美嘉「もしもし、プロデューサー……?」





美嘉「あのね、プロデューサーに伝えたいことがあって……うん……」





美嘉「それでさ、もし、良かったらだけど、今夜さ、パパもママも、莉嘉も出かけてて……」







智香「……作戦成功だねっ☆」







卯月「美嘉ちゃん、これで一安心ですねっ!」





奈緒「う、うん……なんだろう、これでいいのか……?」





智香「さあ二人ともっ、次は美穂ちゃんだよっ!」







小日向美穂「わわっ、私ですかっ!?」





智香「美穂ちゃんとプロデューサーさんの恋、応援しちゃうよっ☆」





卯月「頑張ろうっ、美穂ちゃんっ!」





美穂「で、でも……やっぱり恥ずかしいよぉ〜っ!」





奈緒「ほら、美穂……あたし達がついてるからさ」





美穂「う、うん……」





智香「それじゃあ今回も、行くよーっ!!」







智香「プロデューサーさんのことが好きなのは誰だーっ!!」





奈緒・卯月「美穂だーっ!!」





美穂「っ!」







智香「どきどき恋しちゃったのは誰だーっ!!」





奈緒・卯月「美穂だーっ!!」





美穂「!!」







智香「はだかになっちゃうのは誰だーっ!!」





奈緒・卯月「美穂だーっ!!」





美穂「!?」







智香「ハートみせちゃうのは、誰だーーっ!!!!」





奈緒・卯月「美穂だーーっ!!!!」





美穂「……わ、私だーっ!」







智香「がんばれがんばれ美穂ちゃんっ!!」





卯月・奈緒「がんばれがんばれ美穂ちゃんっ!!」





智香「がんばれがんばれ美穂ちゃんっ!!!」





卯月・奈緒「がんばれがんばれ美穂ちゃんっ!!!」









智香「美穂ちゃんのーっ!!ぬいぐるみの名前はーっ!!?」





智香・卯月・奈緒「プロデューサーくん!!!」





美穂「えぇっ!?」







智香「……頑張ってね、美穂ちゃんっ☆」





奈緒「あたし達が付いてるからな!」





卯月「大丈夫、絶対大丈夫だよっ♪」





美穂「う、うん……どうしてぬいぐるみの名前、知ってるの?」







美穂「……はっ!それよりも私、この気持ちを伝えなきゃ……!」





智香「緊張しそうになったら、アタシ達の応援を思い出してねっ☆」





奈緒「美穂ならできるって、あたしは信じてるからな!」





卯月「ほら、プロデューサーさんが待ってるよ!」





美穂「うん……私、くじけませんっ!」





美穂「私だって、やればできるって……信じますっ!!」





智香「行ってらっしゃい、美穂ちゃんっ!」







智香「さあ、次は凛ちゃんだよっ☆」





渋谷凛「えっ?」





卯月「凛ちゃんの恋も、私達で応援しちゃいますっ!」







凛「……つまり、智香達はみんなの恋を応援してるの?」





智香「そうだよっ☆次は凛ちゃんなんだ!」





凛「気持ちは嬉しいけど、私とプロデューサーはそんな関係じゃ……」





奈緒「……凛、この前見たぞー。プロデューサーの椅子に座って、帰りを待ってるの」ニヤニヤ





凛「!」





卯月「凛ちゃん、最近よく誰かと電話してるよねっ♪しかもなんだか嬉しそうだし……」ニコッ





凛「ちょっ、違っ、それはプロデューサーじゃなくて……あ!」





智香「そうと決まれば、さっそく応援しちゃおうっ☆」







智香「空の色はーっ、何色だーっ!!」





卯月・奈緒「蒼だーっ!」





智香「海の色はーっ、何色だーっ!!」





卯月・奈緒「蒼だーっ!」





智香「空のように大きくーっ!!!海のように優しいーっ!!!」





卯月「凛ちゃんの心は今ーっ!!蒼くっ!!蒼くっ!!!燃えているぞーっ!!!!」





奈緒「わぁーっ!!!!」







智香「三三七拍子ーっ!!!!そーれっ!!」





奈緒「……えっ?」







ドンドンドン!!





智香・卯月「押忍っ!」







ドンドンドン!!





智香・卯月「押忍っ!!」







ドンドンドンドンドンドンドン!!





智香・卯月「押忍っ!!!!」







ドドドドドドドドドドド……





ドンッ!!





智香・卯月「押忍っ!!!!!」









奈緒「」





中野有香「押忍と聞いて!!」





奈緒「呼んでない」





有香「お、押忍……」ショボン







智香「奈緒ちゃんがやってないからーっ、もう一回っ!!そーれっ!!!」





ドンドンドン!!





智香・卯月「押忍っ!」





奈緒「お、押忍っ!」







ドンドンドン!!





智香・卯月・奈緒「押忍っ!!」







ドンドンドンドンドンドンドン!!





智香・卯月・奈緒「押忍っ!!!!」







ドドドドドドドドドドド……





ドンッ!!





智香・卯月・奈緒「押忍っ!!!!!」







ライラ「押忍でございますよー」ドコドコドコドコ……





奈緒「えっ」





ライラ「押忍でございます」ドンッ





ライラ「応援もよいでございますね」ジャーンジャーン







凛「……!」パチッ





智香「どうだった、凛ちゃんっ☆」





凛「ありがとう、智香……私、やっぱりプロデューサーのことが……!」ピッ





凛「……もしもしプロデューサー!?今会える!?すごく大事な話がある、の……!!」





ガチャッ





凛「ぷ、プロデューサー……!うそ、来てくれたの……っ」







智香「……みんな、あとは二人っきりにさせてあげよう!」ヒソヒソ





卯月「そうですねっ!凛ちゃん、あとはごゆっくり♪」ヒソヒソ





奈緒「頑張れよ、凛!」ヒソヒソ





ライラ「撤収でございますねー。ナオさん、そっちを持ってください」





奈緒「えっ」





ライラ「ドラムは一人では運べないのでございます」







奈緒「なんでドラムが……」





智香「凛ちゃん、上手く行ったかなっ☆」





ピロリロリンッ





奈緒「あ、凛からメールだ……ありがとう、だってさ」





卯月「やりましたねっ♪大成功ですよっ!」





智香「えへへ……さーてっ、次だよっ☆」







佐久間まゆ「あの、智香ちゃん……これは一体?」





奈緒「えっ」





智香「アタシ達は今、皆の恋を応援してるのっ!」





卯月「次はまゆちゃんの恋を、応援しちゃいますっ!」





奈緒「マジか……あーもう、こうなりゃヤケだ!あたしもまゆを応援するよ!!」





まゆ「……えっ?」







まゆ「え、えっと、その……」





まゆ「この状況、まゆにはさっぱりなんですけど」ヒソヒソ





奈緒「大丈夫だ、あたしもよく分かってない」ヒソヒソ





智香「まゆちゃんっ!まゆちゃんはプロデューサーさんに告白したのかなっ☆」





まゆ「そ、それは……そのぅ、まだ、なんです……♪」





卯月「ええっ!それは大変ですよっ!!」





まゆ「だって、あの人のことを考えると、その、胸がきゅんとして……♪」





奈緒「それじゃあ、まゆが一歩踏み出せるようにあたし達が頑張らないとな!」





智香「二人とも、準備はいい?行くよーっ!!」





卯月・奈緒「おーっ!!」







智香「太陽の色はーっ!何色だーっ!!」





卯月・奈緒「赤だーっ!!」





智香「燃える炎の色はーっ!!何色だーっ!!!」





卯月・奈緒「赤だーっ!!!」





智香「まゆちゃんのリボンの色はーっ!!何色だーっ!!!」





卯月・奈緒「赤だーっ!!!!」





智香「まゆちゃんとプロデューサーさんの小指を結ぶーっ!!!糸の色は何色だーっ!!!!」





卯月・奈緒「赤だーっ!!!!」







智香「今ーっ!まゆちゃんの心は太陽のように熱くーっ!!炎のように燃えているぞーっ!!!」





卯月・奈緒「わぁーっ!!」





智香「三三七拍子ーっ!!!そーれっ!!」







ドンドンドン!!





智香・卯月「押忍っ!」ィ……





奈緒「……?」







ドンドンドン!!





智香・卯月「押忍っ!!」ヘーイ……





奈緒「あ、あれ?」







ドンドンドンドンドンドンドン!!





智香・卯月「押忍っ!!!!」ヘーイ!!





奈緒「!!」







ヘレン「ヘーイ!」





ヘレン「そんなものではダメよ、智香。世界レベルの三三七拍子を見せてあげる!」





ヘレン「まゆ、私からの世界レベルのエールを受け取りなさいっ!!」







ドンドンドン!!





ヘレン「ヘーイ」







ドンドンドン!!





ヘレン「ヘーイ」







ドンドンドンドンドンドンドン!!





ヘレン「ヘーイ!」









奈緒「」





ヘレン「もう一度!今度はあなた達も一緒に!」





智香「はいっ☆」





卯月「頑張ります!」







ドンドンドン!!





ヘレン「ヘーイ」







ドンドンドン!!





智香「へーいっ☆」







ドンドンドンドンドンドンドン!!





卯月「へーいっ♪」







ドドドドドドドドドドド……





ドンッ!!





奈緒「心まで……ダンサブル」ファサァッ







奈緒「……はっ!?」





ヘレン「ナイス世界レベルよ、奈緒」







まゆ「うふふ……皆さんのおかげで、まゆは大事なことに気付きました♪」





智香「本当?よかったっ☆」





まゆ「今、――さんはオフのはず……まゆ、ちゃんと気持ちを伝えてきますねっ!」





まゆ「合鍵、婚姻届、――さんが眠くなる魔法の粉……準備万端です♪」





卯月「頑張ってね、まゆちゃんっ!!」





奈緒「え、えっと……やり過ぎないようにな?」





ヘレン「大丈夫よ、まゆ。貴方は私達が育てた、世界レベルだから!!」





まゆ「はいっ!ありがとうございます、皆さんっ♪」





まゆ「……行ってきますっ♪」







奈緒「あれ、大丈夫なのか……?」





卯月「大丈夫、絶対大丈夫ですよっ♪」





ヘレン「さらなる高みを目指すのよ、まゆ」ファサァッ







智香「良いことをすると、気持ちがいいねっ☆」





奈緒「……本当にいいことなのか、これ?」





卯月「みんな、本当の気持ちに目覚めたんですよっ♪」





奈緒「……いや、考えるな、考えるなあたし……考えたら恥ずかしくて死にそうだ……!!」





智香「それじゃあ、次行ってみよう……あれっ?」







P「ああ、いたいた……智香、何してるんだ?」





智香「はっ、Pさん!?あ、あのっ、これは……!!」





P「?」





智香「何でもないです、何でもないですよっ☆」バッ





P「そうか?」







ペタッ





智香「ひゃっ!?」





P「んー……智香、運動してきたな?熱があるか分かんないぞ」





智香「そ、それは、大丈夫、ですっ……」プシュー……





P「ああ、それより智香。後でちょっと話があるんだ。次の仕事の」





P「といっても急ぎじゃないから、後ででいいよ」





P「卯月に奈緒、ごめんな。なんか忙しいところ邪魔しちゃったか?」





卯月「いえ、大丈夫ですよっ!」





P「そうか。それじゃ、あっちで仕事してるからなー」





スタスタスタ……





奈緒「智香、大丈夫か?」





智香「Pさんが、Pさんが……え、えっと、どうすれば、いいのかな……」ポワー





奈緒「あちゃー……」







奈緒「どうする、卯月?」





卯月「もちろん……智香ちゃんの恋だって、応援しようよ!」





奈緒「……そう来なくっちゃな!」





卯月「奈緒ちゃん、準備はオッケー?」





奈緒「おう!いつでも大丈夫!」









智香「うぅ……どうしよう、どうしたら……」





卯月「智香ちゃん!」





智香「卯月ちゃん……?」





奈緒「智香!」





智香「奈緒ちゃん……」





卯月「行くよ……っ!!」







卯月「プロデューサーさんの事が好きなのは誰だーっ!!」





奈緒「智香だーっ!!」





智香「!」







奈緒「プロデューサーさんに告白するのは誰だーっ!!!」





卯月「智香ちゃんだーっ!!!」





智香「!!」







卯月「みんなの恋を応援した智香ちゃんにーっ!!!」





奈緒「今度はあたし達から、エールを送るーっ!!!」





智香「卯月ちゃん……奈緒ちゃん……!!」





??「私もいるよ、智香」





智香「その声は!」







凛「智香のおかげで一歩踏み出せたんだ。だから私も、智香を応援するよ!」





智香「凛ちゃん!」





美嘉「卯月や奈緒だけに、いいカッコさせられないでしょっ★アタシもやるよ!」





智香「美嘉ちゃん!」





美穂「わ、私だって……智香ちゃんの恋を応援するって決めました!」





智香「美穂ちゃん!」





まゆ「うふ……ちゃんと気持ちを伝えないとダメですよ♪相思相愛、ですから!」





智香「まゆちゃん!」





智香「みんな……!!」









ヘレン「こ、これが友情パワー……なんてダンサブルなの!」





智香「ヘレンさん!?」





ヘレン「貴方も世界レベルを越えようとしているのね……ならば、もう私から教えられることはないわ」







卯月「……とにかくっ!みんなで行くよーっ!!」





卯月「がんばれがんばれ智香ちゃんっ!!」





美穂・まゆ「がんばれがんばれ智香ちゃんっ!!」





奈緒「がんばれがんばれ智香っ!!!」





凛・美嘉「がんばれがんばれ智香っ!!!」







智香「みんな……!!」





智香「……フレーっ、フレーっ、アタシっ!!」





ヘレン「ヘーイ!」





「フレッフレッ智香っ!!」ヘーイ!





智香「フレッフレッアタシっ!!!」ヘーイ!





「フレッフレッ智香っ!!!」ヘーイ!!







ヘレン「私達が贈る、世界レベルの応援……つまり、そういうことよ」









智香「みんな……ありがとう!」





智香「それじゃあアタシ、行ってきますっ☆」







奈緒「頑張れよ、智香!」





卯月「智香ちゃん!ファイト、ですよっ♪」









ガチャッ





P「ん、智香か。終わったのか?」





智香「はいっ……ううん、まだ始まったばかりですよっ☆」





P「?」





スゥーハァー……





智香「……よしっ☆」





智香「Pさん!」





P「ど、どうした、智香?」







智香「じつは、じつはPさんに、伝えたいことがあって……!!」











智香「アタシは、Pさんのことが――っ」











おわり。





20:30│若林智香 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: