2013年11月24日

モバP「三村かな子に告白する!」

P「きょ、今日こそ俺は、かな子に告白する」

若林智香「ファイトですよ! Pさんっ☆」

P「ありがとう。智香なら、俺を応援してくれると思っていた」


智香「一世一代の勝負に出ようとしているプロデューサーさんから相談されたら、応援したくなっちゃいましたっ☆」

P「じゃあ打ち合わせ通り、ここに隠れて見ていてくれるか」

智香「はいっ! 途中でアドバイスできることがあったら、メールしちゃいますねっ☆」

P「頼むな、智香」



P「帰ってきたみたいだ」

智香「がんばってくださいねっ☆」ソソクサ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1368784531

バタン

かな子「プロデューサーさん、もどりましたー!」

P「お、お帰りかな子。……1人か?」

かな子「? はい。今日はソロのお仕事でしたから……プロデューサーさんも知ってるでしょう?」

P「あ、い、いや、もちろん知っているが、念のためというか確認というか……」

かな子「?」

P「あー……あの、な、かな子。俺はかな子に、言いたいことがある」

かな子「え? 私、なにか失敗でも?」

P「そ、そうじゃなくて……その……」

かな子「?」

P「か、かな子! お、俺はな……俺は、かな子が好きなんだ! つき合ってくれ!」

かな子「……え?」

P「アイドルとプロデューサーだ。世間には内緒になるが、俺はもう気持ちを抑えられない。好きだ、かな子」

かな子「あ、はあ……」

P「初めて見た時から、ずっと好きだったんだ。アイドルとしてじゃなくて、1人の女の子として」

かな子「……はあ」

P「……ダメ、か? やっぱり俺じゃあ」

かな子「あ、いえいえ! そうじゃないんです。私も、プロデューサーさんの事は……好きです」

P「ほ、本当か!?」
かな子「なんの取り柄もない、普通だった私を見つけて魔法をかけてくれたプロデューサーさんが好きです」

P「本当なんだな? そ、そうか!」

かな子「はい。ただ、なんて言うか……実感がわかないというか、Pさんの気持ちがどのくらい本気なのかがわからないんです」

P「え? 俺は本気だぞ。本気でかな子が、好きなんだ」

かな子「プロデューサーさん、他のアイドルの娘にも人気あるし……」

P「俺は、かな子だけが好きなんだ!」

かな子「じゃあ……私の事、どのくらい好きなのか言ってみてください」

P「え?」

かな子「好き、って言葉だけじゃあ……もっと具体的にどのくらい好きなのかを言ってみて欲しいんです」

P「わ、わかった。俺は……毎晩、かな子を夢で見てしまうぐらい好きなんだ」

かな子「……え?」

P「毎日だぞ! 毎日夢で見てしまうんだ。かな子を!!」

かな子「……はあ、そうなんですか」

P(あれ? 伝わってない? 俺のこの熱意が)
ヒー♪ ヒー♪ ヒーヒー♪

P(智香からのメール……)

P「スマン、かな子。ちょっと失礼するぞ」

かな子「はい」

P(なになに……かな子ちゃんへの気持ちは、お菓子にたとえてあげてください……?)

P「そうなのか? ……かな子」

かな子「あ、はい。ケータイはもういいんですか?」

P「俺は……かな子を、トッポと同じぐらい好きだ」

かな子「! はあぁぁぁーーーんんんっっっ」バタッ

P「大丈夫か!? 急にどうしたかな子!!」

かな子「う、嬉しすぎて……プロデューサーさんが、私のことそんなに思っていてくれたなんて……私……」ボロボロ

P「そ、そうか。わかってくれたのか」

かな子「前からプロデューサーさんの事は好きでしたけど、今の言葉でもっと好きになりました」

P「そうか!」

P(ありがとう、智香)
かな子「でも、いいんですか? 他の娘もプロデューサーさんの事、好きなんですよ?」

P「いいんだ。確かに他の娘も大事な担当アイドルだが、恋愛の対象じゃない。かな子に比べたら、きのこの山みたいなもんだよ」

かな子「……え?」

P(!? かな子がなんだか不機嫌に……もしかしてかな子は、たけのこ派じゃなくてきのこ派だったか?)

P「い、いや、間違えた。他の娘はかな子に比べたら、たけのこの里みたいなもんだ!」

かな子「……どういう意味なんですか」

P(おおう、かな子がみるみる不機嫌に……ど、どういう事だ?)

ヒー♪ ヒー♪ ヒーヒー♪

P(智香からのメール! ありがたい)
P「スマン、かな子。またちょっと失礼するぞ」

P(ええと……かな子ちゃんは、お菓子に関しては博愛主義です。他の娘は、お菓子以外の物に例えてください……?)

P「あー、かな子」

かな子「なんですか?」

P「俺にとってかな子は、ポッキーのような存在だ。他の娘は、例えるならステーキだ」

かな子「! ふわあああぁぁぁーーーっっっ」バターン

P「お、おい大丈夫か? かな子」

かな子「今の言葉で、プロデューサーさんの気持ちが伝わりました。私、嬉しいです」ボロボロボロ

P「よ、良かった。わかってくれたんだな」

かな子「はい。すみませんでした、なんだか不機嫌な態度をとっちゃって////」

P「いや、俺も悪かったよ」
かな子「あのう、それでですね」

P「? なんだ?」

かな子「今、私をポッキーだって言ってくださいましたけど、あの……具体的には?」

P「は?」

かな子「具体的には、どのポッキーだと思ってるんですか?」

P「ど、どの?」

かな子「はい。ポッキーの中でも、私をどのポッキーだと思ってくれてるのか知りたいんです」

P(ポッキーってそんなに種類あるのか?)
かな子「これは私の勝手なイメージかも知れないんですけど、卯月ちゃんとか赤い箱のスタンダードなポッキーだと思うんですよ」

P「な、なるほど」

かな子「きらりちゃんはジャイアントポッキーで、イヴちゃんはプリッツって感じで」

P(言いたいことはわかるが、プリッツはポッキーなのか?)

かな子「凛ちゃんとかは、ポッキー極細って雰囲気じゃないですか」

P「あーBMIが16.16だったな。なるほど」

かな子「……ま、まあいいです。それで、プロデューサーさんは私はどのポッキーだと思いますか?」

P(かな子は……そうだな、この間コンビニでかな子が買っていたアレだな)
http://i.imgur.com/uywM5l0.jpg
http://i.imgur.com/yeJdXDi.jpg
島村卯月(17)
http://i.imgur.com/FQ5GuK6.jpg
http://i.imgur.com/k7DRZMI.jpg
諸星きらり(17)
http://i.imgur.com/tf3ertI.jpg
http://i.imgur.com/oTbTsQL.jpg
イヴ・サンタクロース(19)
http://i.imgur.com/Kg1xAoG.jpg
http://i.imgur.com/I1SQkaE.jpg
渋谷凛(15)
P「かな子は、ポッキーミディだな」

かな子「……え?」

P「それも歌のイメージにもある、ぽってりイチゴの方だな!」

かな子「……うえええぇぇぇーーーんんん」ボロボロ

P「え? ど、どうした!? かな子!」

かな子「プロデューサーさんは、私のこと……そんな風に見ていたんですね。幻滅です!」ダハダー

P「え、い、いや、あの」

かな子「凛ちゃんはポッキー極細なのに、私はぽってりイチゴですか……」

P「いや、凛がポッキー極細と言ったのは、かな子じゃ……」

かな子「もうわかりました。プロデューサーさんが、私をどう見ているか! どうせ私はBMI22.21ですよ!!」

P(と、智香! 智香あぁーっ!)

ヒー♪ ヒー♪ ヒーヒー♪
http://i.imgur.com/bG9XJav.jpg
http://i.imgur.com/O1IPejy.jpg
三村かな子(17)
ガバッ

P(なになに? 言ってしまったことは取り消せません。それならぽってりイチゴの素晴らしさをアピールしてください……)

P「聞いてくれ、かな子!」

かな子「……なんですか?」

P「ぼってりショコラやぽってりイチゴ、かな子も好きだろ?」

かな子「それはまあ……」

P「美味しいよな!?」

かな子「……美味しいですけど」

P「あの美味しさって、他では味わえない美味しさじゃないか?」

かな子「それは……はい」

P「極細ポッキーを、何本もいっぺんに食べてもあの味にはならない。あの濃厚で芳醇な味は、ぽってりイチゴだけのものなんだ!」

かな子「! プロデューサーさん……」

P「まさしく、かな子がそうなんだよ。2〜3本をいっぺんに食べないと美味しくない極細じゃない。一本でしっかり美味しさが伝わるんだ」

かな子「そ、そうか……それが私……」
P「そうだよ。それこそがかな子の美味し……素晴らしいところなんだ!」

かな子「……ごめんなさい、プロデューサーさん。私、つまらないことで怒っちゃって」

P「わかってくれたのか」

かな子「はい。プロデューサーさんは、ちゃんと私のいい所を見ていてくれたんですね」

P(やれやれ。一安心だ)

かな子「それで、あの……つき合うって事ですけど」

P「ああ」

かな子「私、自分でもけっこう嫉妬深い方なんじゃないかって……ちょっと心配なんです」

P「そうなのか?」

かな子「今まで誰かとおつきあいした事っていうのはないんですけど、なんとなく自分ってそうなんじゃないかなあって」

P「でも、それだけ相手のことを好きだからだろ。それなら俺だってかな子を不安にさせないように、努力するから」

かな子「本当ですか? 嬉しい……私の事わかってくれて、気をつかってくれて……」

P「好きな人のためなら当然だよ」

かな子「プロデューサーさんは、私にいつも魔法をかけてくれるんですよね。これからも……私だけに魔法をかけてください」

P「ああ。かな子だけだよ」
キラリンオンドデ ニョッニョッニョワー♪

P(あれ? メールじゃなくて通話着信か。ということは智香じゃないな)

P「す、すまんかな子。ちょっと仕事の電話みたいだ」

かな子「はい。どうぞ出てください、お仕事は大事ですもんね」

P(かな子……本当にいい娘だな。優しくて仕事にも理解があって……俺は幸せ者だ)

P「もしもし? あ、いつもお世話になってます。え? ロケで? 智絵里が……転んだ!? だ、大丈夫なんですか?」

かな子「……」

P「はあ、怪我はしてないなら良かったです。いえ、わざわざ連絡していただいてありがとうございます。はい。ではまた……」

ピッ

P「ふう。安心したけど、智絵里は気にしてるかもしれないな。後でフォローを……」

かな子「プロデューサーさん、私のこと好きなんじゃなかったんですか!?」

P「え? な、なんだ!?」

かな子「聞こえましたよ。今、智絵里ちゃんのことをコロンだ、って言ってたじゃないですか!!」
http://i.imgur.com/Xbmu6jI.jpg
http://i.imgur.com/Wdudxq6.jpg
緒方智絵里(16)
P「……いやいやいや。コロンじゃない、転んだ、だ」

かな子「私だけだって……言ってくれたのに……あれは嘘だったんですか」ボロボロボロ

P「違うって! 今のは純粋に仕事の電話なんだよ」

かな子「智絵里ちゃんにフォローするとかも言ってましたよ?」

ヒー♪ ヒー♪ ヒーヒー♪

バッ

P(なになに? かな子ちゃんは、お菓子のことは聞き逃しません。細心の注意を払って会話をしてくださいね?)
P「……と、とにかく誤解だ、かな子」

かな子「本当ですか……?」

P「ああ! ええと……俺はむしろ、かな子のことをコロンだと思っているからな!!」

かな子「ひゃひゃひゃひゃあああぁぁぁーーーんんん!!!」ズシーン

P「わかってくれたか。かな子」キリッ

かな子「はい……なんかつまらないことにこだわっちゃって、本当にごめんなさい」ボロボロボロボロ

P「いや、俺も疑われるような言動があったんだ。かな子は悪くない」

かな子「プロデューサーさん……」

P(いい雰囲気になってきた。これなら……)
キラリンオンドデ ニョッニョッニョワー♪

P(ま、また着信……仕事の電話か)

P「す、すまんな、かな子」

かな子「気にしないでください」ニッコリ

P(かな子のスマイル……まるで天使だ……)

P「もしもし? ああ、ディレクターの……ええ、この度は主役にウチの太田優を使っていただいて……え? もう一役、ウチの事務所から? ええ! いや、本人も喜ぶと思います。ありがとうございます」ピッ

かな子「今のって、今度のスペシャルドラマのお話ですか?」

P「ああ、端役だが登場人物が増えたから乃々(森久保乃々)に出演てもらえないか、って」

かな子「そうなんですか。でも、乃々ちゃんは『ドラマとかむーりぃー』って言いそうですよね」

P「まあさっき先方にはああ言ったが、確かに喜びはしないかもな。でもヒラヒラした衣装じゃないし、セリフも無いそうだから」

かな子「ああ、それなら安心ですね」

P「それに出演るって言っても、乃々はちょこっとだからな」

かな子「……はい?」

P「ん? だから、乃々はちょこ……」

P(し、しまった!)
かな子「乃々ちゃんのこと……チョコだと思ってるんですか?」

P「い、いや、違う違う!」

かな子「今、言ったじゃないですか? やっぱりプロデューサーさんは、他の娘にも手を出していたんですか!?」

P「……聞いてくれ! かな子」

かな子「……なんですか?」

P「確かに乃々はチョコかも知れない」

かな子「……」

P「だが乃々はチョコと言ってもチロルチョコだ! それに引き替え、かな子はロイズ、いやゴディバ、というかピエール・エルメ・パリなんだ!!!」

かな子「にゃあふうううぅぅぅんんんっっっ!!!」ズガーン

P「チロルチョコにはチロルチョコの良さがある。しかしやっぱり俺は、本格派の本物をかな子の中に見ているんだ」

かな子「プロデューサーさん。好きです! 私もプロデューサーさんが大好きです!!」ボロボロボロボロボロボロボロボロ

P(ふう。なんとなく掴めてきたな、かな子とのつきあい方)
http://i.imgur.com/qigALW7.jpg
http://i.imgur.com/uq4NY9Z.jpg
森久保乃々(14)
http://i.imgur.com/wKMSpX8.jpg
(ピエール・エルメ・パリ)三村かな子SR(17)
ガチャッ

及川雫「もー! プロデューサー、かな子ちゃん、お疲れさまですー」

かな子「あ、おつかれさま」

P「お、おお雫。今日もお疲れさま」

雫「今日のグラビア撮影、下写真あがってきたんですけど私どうでしたかー?」

P「見たぞ。良かったぞ。雫」

雫「……どう良かったですかー?」

P「え? め、珍しいな。雫がそういう事を、気にするなんて」

雫「私、キレイでしたかー?」

P「あ、ああ」

雫「私……胸ばっかりじゃないですかー?」

P(! 雫、天然でお気楽なイメージだったけど、ちゃんと色々とアイドルらしく考えているんだな)
P「雫!」

雫「は、はいー」

P「確かに雫のその胸は、大きなアピールポイントだ。でも、雫は決してそれだけじゃない」

雫「……」

P「雫は可愛いし、胸以外も魅力的だ。自信を持て」

雫「プロデューサーさんも、そう思うんですかー?」

P「ああ」

雫「……そうなんですか?」

P「雫は意外と情熱的で、それに楽しんで仕事をしている」

雫「お仕事は大好きですよー」

P「一番の特徴だし、世間ウケもするアピールポイントだから俺も意識して売り出しをしているが、雫はおっぱいのみの娘じゃない」

雫「わかりましたー! 嬉しいですー。これからもがんばりますねー」

P「ああ。頼むな」

雫「じゃあこれで、失礼しますー。かな子ちゃん、お先ですー」

かな子「うん。お疲れさま」ニコニコ

ガチャ
P「ふう。雫でもあんな風に思ってるんだな……」

かな子「プロデューサーさん?」ゴゴゴゴゴ

P「えっ!? な、ななな、なんだ?」

かな子「今、雫ちゃんのことをパイの実って言いましたね?」

P「え?」

かな子「……」ジワァ

P「……いやいやいや、パイじゃなくておっぱいな。それにおっぱいのみじゃないって言っただろ!?」

かな子「……ぷん」

P「涙目でほっぺ膨らませて……か、可愛いなかな子」

P(ちょっと新鮮な可愛さだな)
http://i.imgur.com/qF3H4Me.jpg
http://i.imgur.com/h1R314T.jpg
及川雫(16)
かな子「そんな言葉じゃごまかされませんよ?」

P「……あー……雫はパイの実じゃないけど、かな子はまるでエンゼルパイの可愛さだな!」

かなこ「へにょふにゃにゃりいいいぃぃぃんんん!!!」ドッゴオオオォォォンンン

P「わ、わかってくれたか?」

かな子「ありがとうございます。大好きです、プロデューサーさん」ボロボロ

P「かな子……」

ギュッ

かな子「大事に……してくださいね」

P「ああ。もちろんだ」

かな子「じゃあ今日はとりあえず……帰ります」

P「……気をつけてな」

かな子「後で電話しても……いいですか?」

P「待ってるよ。今日はありがとう、かな子」

かな子「えへへ。こちらこそ。それじゃあまた後で」

バタン
http://i.imgur.com/XqITEGk.jpg
(エンゼルパイ)三村かな子SR+(17)
智香「うまくいきましたねっ! プロデューサーさんっ☆」

P「ありがとうな、智香。やっぱり相談して協力してもらったのは、正解だった」

智香「アタシも嬉しいですよっ! えへへっ☆」

P「ただ……嬉しいんだが……」

智香「?」

P「なんていうか……いや、不満とかじゃないんだが、なんとなく思っていたのと違うような……」

智香「理想と現実が完全に一致するなんて、そうそうないですよっ!」

P「……だよな。それにかな子の可愛さと、内面のいい所はかわらないものな」

智香「そうですよっ! それに愛情を持ってつき合っていけば、自然に無理せずコミュニケーションとれるようになりますよっ☆」

P「うーん。ちょっと自信はないが、大好きなかな子とつき合えるんだ。不満なんて思ってたら、バチが当たるよな」

智香「どうぞお幸せにっ☆」

P(とはいえ、やっぱりちょっと不安だな。果たして俺は、かな子に不満を抱かせずにつき合っていけるんだろうか……)
http://i.imgur.com/Vh8Zfff.jpg
http://i.imgur.com/gIQSKt8.jpg
若林智香(17)
〜3日後〜


P「よし、レッスン終了!」

かな子「えへへ、プロデューサーさぁん。今日の私は、どうでしたか?」

P「最高だったぞ、かな子! そう、例えるなら……卵黄とグラニュー糖をよく混ぜて沸騰寸前の牛乳を加えてよく混ぜたあの感じだ!」

かな子「はにゃあああぁぁぁーーーんんん!!!」ドッゴオオオォォォンンン

P「後は戻したゼラチンを加えて、更に牛乳を足して生クリームとバニラエッセンスだ!」

かな子「はい! 私、プロデューサーさんの期待に応えてみせます」

P「かな子ならやり遂げてくれる……期待しているぞ」

凛「……どういうこと?」

卯月「というか……プロデューサーさんとかな子ちゃん、もしかしてつきあってるの?」

智香「やっぱりわかるっ?」

卯月「なんていうか……ふたりだけの世界って感じだもの」

凛「言えてる」
かな子「明日の本番は、卵白をツンとツノが立つくらい泡立てる感じでがんばりますね!」

P「その意気だ! ただし……」

かな子「えっ?」

P「薄力粉を振るう時は、粉っぽさがなくなるまでじっくり……だぞ」

かな子「えへへ。はぁい」

凛「全然わからない。卯月なら少しはわかる?」

卯月「まあ言いたいことは……でも……会話の内容よりもね」

凛「?」

智香「アツアツでうらやましいねっ☆」

卯月「ねえ」

凛「そうか。うん……そうだね」
かな子「……ねえ、プロデューサーさん」ヒソヒソ

P「ん? なんだ、かな子?」

かな子「えへへ……うまくできたら、ご褒美をくれますか?」

P「ああ。なにがいいんだ?」

かな子「あの……あのですね……あの……」


かな子「チュウして……ください」



http://i.imgur.com/9uoOZHZ.jpg
ご褒美
お わ り
以上でおわりです。
お付き合いいただいた方、本当にありがとうございました。
こういう内容だったので、自分で画像を貼りましたが大変でした……
改めて画像先輩の偉大さを、思い知った次第です。
http://i.imgur.com/ZwDJurv.jpg
http://i.imgur.com/fRHl1k9.jpg
かな子以外のアイドル

20:30│三村かな子 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: