2013年11月25日

モバP「ありがとう」

前川みく「にゃ? 急にどうしたんだにゃPチャン?」

P「ん……いや、何となく言っておきたくなったんだ。急にごめんな」


みく「別に謝ることはないけど、ちょっとビックリしたの」

P「……新たに5人のCDデビューも決まったし、ウチの事務所も段々と活気づいてきたよな」

みく「CD以外にも皆いろんなお仕事を頑張ってるのにゃ! Pチャンやちひろさんの頑張りあってこそだね! このこの〜♪」



P「皆が支えてくれたからこそ俺達は頑張れたから」

P「またひとつ節目を迎える今、改めて気持ちを表したかったんだ」



P「本当にありがとう」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1378898165


みく「それにしても、なんで最初にみくに声をかけたの?」

P「それはみくがありがとうって言葉が一番似合うアイドルだと思うから」

みく「みくが一番似合う? なんでなのにゃ?」

P「みくだけにサンキュー、なんてな。ふふっ」

みく「Pチャン、オヤジにゃあ……加齢臭にゃあ……」

P「なっ、まだそこまでの歳じゃないぞ俺は!」

みく「でも、そんなオヤジのPチャンでもみく達の大切なプロデューサーだからねっ!」

みく「これからもよろしくしてやるにゃあ!」

P「はいはい、こっちこそよろしくされるよ」





みく「にゃふふ」

P「ははは」

みく「Pチャン、これからどうするの?」

P「そうだな。あてもなくふらついて皆に会いに行こうかと思う」

P「何となく今日はそんな気分なんだ」

みく「じゃあみくも一緒についていくのにゃ」

P「せっかく時間があるのに他の事をしなくてもいいのか?」

みく「いいの! 猫チャンの行動は気まぐれなのにゃ」

P「そっか。じゃあ一緒に行こう、みく」

日野茜「プロデューサー!!! おっはようございまーーす!!!」

P「おふぅ!?」ドゴォ

みく「Pチャンふっとんだー!!」

茜「……はっ! つい勢いがつきすぎてしまって……すみませんプロデューサー!!」

P「ナ、ナイストライ……」



西園寺琴歌「だ、大丈夫ですかプロデューサー様……?」

仙崎恵磨「プロデューサーだから無事だったけど通路は走っちゃ危ないっしょー」

茜「ううう、ごめんなさい……」



P「いや……今日も元気そうで何よりだよ。おはよう、茜、琴歌、恵磨」

みく「三人はなにをしていたのにゃ?」

恵磨「特に用事がったわけじゃないけどねー。うりうり〜みく〜」コショコショ

みく「恵磨ニャンくすぐったいにゃあ」

琴歌「プロデューサー様はみくちゃんと一緒にお仕事でしょうか?」

P「いや、俺達も用もなくうろついていただけだよ」

茜「そんな休息中にトライを決めてしまって本当にすみませんプロデューサー……」

琴歌「本当に、お体は大丈夫ですか?」

P「そんなに気にするな茜。むしろいつも通り元気な茜を見れて嬉しいくらいだよ」

P「茜の元気に、それに琴歌の優しさにもいつも癒やされてるよ。ありがとな」ポンッ



琴歌「……プロデューサー様の手は、とても暖かいですね」

茜「まるでお日様に包まれているみたいです!!」

P「そう言われるとちょっと照れるな……だったら今度みちるにパンでも作ってあげるか」

みく「あっ、みくを放っておくなんてひどいにゃ! みくもなでて?」

P「わかったわかった」

琴歌「もう少しだけお願いします。ふふっ、これじゃあ私がプロデューサー様の手を取ってしまっていますね」

茜「プロデューサー!! もっとお願いします!! 炎が出るまでいきましょう!!」

P「それは危ない」

みく「Pチャン遅いよ!」

P「こう代わる代わるだと……」




恵磨「プロデューサーすげー! 高速スクラッチみたいに頭撫でてる!」

P「さすがに疲れた……」

恵磨「プロデューサーおつかれ! 若い子たちは元気だねーっ!!」

P「恵磨だって十分若いし元気じゃないか」

恵磨「20代の元気と10代の元気はちがうっしょー?」

P「さすが大人のおんな。ことばの重みがちがうな」

恵磨「うおおっ、なんかバカにされてる気がする!?」

P「すまんすまん冗談だ」

P「でも、恵磨にはその調子でずっと元気で居てもらいたいよ」

P「いつか母親になって、そしてお婆ちゃんになっても」




恵磨「だいじょーぶプロデューサー! なんてったってアタシは常に!!」グッ

P「!」

P「テンション!!」グッ

『『超MAAAAAX!!!!』』ガチーン




恵磨「決まったーっ!! テンション超MAX拳合わせ!」

P「ネーミングセンスはキマってないけどな!」

恵磨「それは言いっこなし!」

P「ま、これからもこんな感じで元気によろしくな、恵磨!」

恵磨「へへへっ、よろしく!」

P「さて気合入れもしたことだし、特に用事がないなら皆で飯でも食べに行くか?」

恵磨「おごりっすかプロデューサー!! っざーっす!!」

P「いや待て奢りとは言ってな」



恵磨「みんなー!! プロデューサーに続けー!!」

みく「みくはハンバーグがいいにゃあ」

琴歌「ふふっ、皆で楽しくお食事なんて楽しみですわ」

茜「今日も情熱全開で生きるために、栄養補給は大切ですね!!!」




P「……ま、いっか」

―――


丹羽仁美「ぐわあぁぁぁ!」

脇山珠美「仁美さん……せめて安らかに眠ってください」

仁美「…………」

仁美「…………ふっふっふ」ムクリ

珠美「!?」

仁美「アタシの服の下に仕込まれた伝説の鎧、『射覇流の鎧』は全ての攻撃を無効化する……」

仁美「つまり、今までの闘いはほんの戯れだったのだ!!」

珠美「そ、そんな……珠美の渾身の一撃が……」



仁美「知らなかったのか? 傾奇者からは逃げられない」

珠美「仁美さんずっこい! そんな装備聞いとらんし!」

仁美「ずっこくないです〜用意周到です〜」

珠美「だったら珠美も……忍猫・みく! みくはなんやかんやで伝説の鎧の効力すら捻じ曲げることができます!」

みく「にゃにゃにゃー!!」カリカリカリ

仁美「珠美ちゃんこそずっこい! そんな後出し設定と助っ人なんて認められないよ!」

珠美「ずっこくない! 口寄せの術を大器晩成の末にたった今習得したんです!」

仁美「それあやめちゃんの!」

『じゃあアタシは天下御免の構えー!! 攻撃と魔法と防御一気にできまーす!!』
『魔法ってなんですか! それなら珠美は圧倒的な力を持つ竜の剣士になりますから!』


P「仁美も珠美も元気ですねぇ……あ、お饅頭取りますよ麻理菜さん」

沢田麻理菜「あら、ありがとプロデューサーくん。……それにしても急に呼ばれた割にすぐノレてすごいわねみくちゃん」

P「みくの良い所は、ああやって誰にでもどこにでもぶつかっていく行動力ですからね」

麻理菜「行動力、か。お姉さんもアイドル界という大きな荒波を乗りきれるように頑張らないといけないわね」

P「さながら俺はサーフボードですね。麻理菜さんを落とさないよう、足の下でずっと支え続けますよ」

麻理菜「おっと、これは情熱的な口説き文句だなぁ〜!」

麻理菜「でもなんだかその言い方だと踏まれるのが生きがいの人みたいよ。お姉さんが踏んであげようかな?」

P「ありがとうございます!!」



麻理菜「ふふっ、プロデューサーくんも大概ノリがいいね♪」

P「おかげ様で。個性豊かな皆と共にいますから」

仁美「いやー今日の本格的一騎打ちも満足であった☆」

珠美「ううぅ……負けてしまいました。剣士の道とはかくも険しい……」

P(あの応酬でどうやって決着ついたんだろうか……)

みく「もっと大きくならないと競り負けちゃうにゃあ」

珠美「た、珠美はちっこくありません!」



みく「そうにゃよ」

珠美「え?」

みく「だってたまにゃんは……誰よりも大きな『志』をもう持っているのだから……」ドニャア




珠美「み……み……」

珠美「みくちゃぁーーーん!!!」

みく「たまにゃん! 今はみくの胸の中で思いっきり泣くといいにゃあ」



仁美「うぅっ……なんかよくわかんないけど感動した! 慶次と兼続を彷彿とさせる友情だよ……!」

P「一件落着みたいだな」

珠美「プロデューサー……珠美はこんなにも素敵な仲間に恵まれて果報者です……!」

仁美「仲間でもあるけどライバルでもあるからね!」

仁美「アタシの槍と珠美ちゃんの剣、どちらが天下アイドルの闘いを制すか勝負だよ!」

珠美「はいっ! 珠美も負けませぬ!」



P「おぉ……なんか仁美がすごく強そうに見える。格好いいぞ」

仁美「甘いよプロデューサー! アタシは強そうなんじゃなくて、強いの!」

仁美「なんで強いと思う? もともと強いからっ☆」

P「確かに仁美は強いな。その鋼のメンタリティは本当に凄いと思うよ」

麻理菜「天下アイドルの闘いかぁ。これはお姉さんも巴ちゃんと手を組んで参戦しちゃおうかな!」

仁美「むむっ、後ろからも参戦!? これは……名将・沢田麻理菜の『うわ啄木鳥戦法』!」

P「じゃあ俺は華麗な戦術をみせる名軍師!」

みく「Pチャンそれはちょっとキッツイにゃ」

P「ぐぬぬ」

P「ま、まぁこれだけの面子が揃っているんだ。アイドル天下を制するまでまだまだ道は遠いけど、これからもよろしくな!」



「「「「おぉー!!!!」」」」


―――


島村卯月「今週はやっと私達の番だね! 頑張ろう唯ちゃん!」

大槻唯「ゆい達も世界に通用する女になっちゃお!」

P「卯月に唯、なんだか燃え上がってるけど二人でどこに行くんだ?」

卯月「あっ! こんにちは、プロデューサーさん、みくちゃん!」

唯「唯と卯月ちゃんはこれから秘密レッスンを受けに行くんだじぇ☆」

みく「ひ、秘密レッスン!? 羨ましいにゃあ……!」

P「知っているのかみく!」

みく「最近アイドル達の間で人気沸騰中の、事務所の一角で行われるあるレッスンのことだにゃ」

P「へぇ、初耳だなぁ」

P「それって皆で集まって自主トレとか、それともトレーナーさん達にトレーニングタイム外でも教わったりしてるのか?」

卯月「ヘレンさん主催のレッスンです!」

P「なるほど、ヘレンのレッスンかー」






P「…………え?」

P「ちょっと待って、ヘレン?」

唯「ヘレンさんだよ?」

みく「どうしたんだにゃPチャン」



P「いや、ある意味納得できるような、そうでもないような……というかどういう内容なんだそれは」

卯月「ヘレンさんと言えば体中から溢れ出る確かな自信が印象的ですよね?」

P「うん、それは本当にそうだな。自信は度が過ぎると驕りにもなるけど、ヘレンの場合は嫌味がない自信だからな」

みく「そんなヘレンさんの自信の真髄を学んでアイドル力をアップしていこうという趣旨だにゃ」

卯月「隔週で少人数制だから、殺到する予約者で数ヶ月待ちなんですよ」

唯「んでんで、今日が卯月ちゃんと唯の番ってわけ! ちなみに参加者はヘレンチルドレンって言われてるらしーよっ☆」



卯月「これ、ちひろさんが今までの参加者の声をいくつかまとめた物です。見てみますか?」

P「どれどれ……」パラッ

「闇に飲まれても、己に飲まれるでない。世界を統べるとはつまりは斯様な事」(R.K)

「ラテンの女王の気持ちになるですよ」(N.I)

「ナナを輝かせるのは月の光で十分です」(N.A)

「じゃあ……残していこうか、 私たちの足跡」(R.S)




卯月「どうですか?」

P「なかなか盛況なんだな……菜々だけイニシャル表記の意味ないけど」

唯「人気っぷりは伊達じゃないってこと! じゃ、ゆい達はそろそろいっちゃうぜぃ♪」

卯月「もう行かないと始まっちゃう! それじゃあ二人とも、また!」

――



卯月「1人前のアイドル? いいえ、目指すのは72億人前のアイドルです!」

唯「髪型まで……ダンサブルッ☆」



ヘレン「唯、卯月。もう少し世界っぽさを出すと更に良いわね」

卯月「もっと世界っぽく……こうですか……じゃなくて、こう、かしら」

ヘレン「その調子よ。とてもよくせかってるわ」

P「二人とも真剣に取り組んでるなぁ」

みく「みくは自分を曲げないよ。なぜなら世界の方がみくにひれ伏し曲がっていくから……にゃ」

P「うーん……それはちょっと世界っぽくないなぁ」

みく「難しいにゃあ……やっぱり本家に教わらないとダメだにゃ」

P「餅は餅屋って言うしな。世界には世界だ」

みく「だったらもっと勉強する為に覗かないと……」


シュッ


『世界レベルのトレーニングを覗き見なんて、わぁるいど……ふふっ』


サッ



P「誰だ今の」

ヘレン「今日はこんな所ね」

唯「ふぃー! お疲れっしたー☆」



P「三人とも、お疲れ様」

卯月「あっ、見ていたんですか。プロデューサーさんにみくちゃん」

P「うん。それにしてもヘレンがレッスンを開いているなんて思わなかったよ」


ヘレン「アイドルオブアイドル……NO.1になるには更に研鑽を重ねなければいけないわ」

ヘレン「私はそのきっかけを与えているだけ。ここから自分だけの真実の世界に辿り着けるかは……卯月や唯、貴女たちの行動次第よ」



卯月「……はいっ! ヘレン先生!」

唯「せんせぇ!ありがとねっ☆」

>>31
全くなってないと思うけどただ言いたかっただけなんだ

卯月「プロデューサーさん。私、もっともっと頑張ります!」

唯「ゆいも世界に通用するビックな女になっちゃうぜぃ☆」

P「俺も世界に羽ばたこうとする皆にふさわしい、世界レベルのプロデューサーにならないといけないな」

P「今日皆の頑張りを見て、改めて気付かされたよ。ありがとう!」

ヘレン「ふふ……いい目をしているわね。また一人、迷える兎を世界の理に導いてしまったわ」



ヘレン「さて、とりあえず次は覗いていたみくにお仕置きをしないといけないわね」

みく「え、ひどくない?」


―――


みく「PチャンPチャン。なんだかちょっと疲れてきたにゃあ」

P「ちょっと歩き通しだったからな。少し休んでいくか?」



『お疲れのようですねっ☆』


みく「だ、誰なのにゃ!?」

P「みく、上だ!!」


『疲れた人が居るところに私たちあり! とぉーうっ☆』シュタッ

「情熱のチアリーダー☆ ゲキアロマ、若林智香!」

「小悪魔笑顔の千枝リーダー! ゲキサウザンド、佐々木千枝ですっ」

「し、幸せを運ぶ智絵里ーダー……ゲキリボン、緒方智絵里……です」

「ロックに応援、チア李衣菜ー! またの名をゲキプラムこと多田李衣菜です! そこんとこよろしく!」

「気高く応援、千秋ーダー。 ゲキオータムの黒川千秋よ」

「そして私が燃えるキャプテン! ゲキラブの愛野渚ッ!」




『六人揃って! 応援戦隊ゲキレイジャー!!』

みく「ゲ、ゲキレイジャーだってにゃ!?」

P「知っているのかみく!」

みく「いや、知らにゃい」



渚「まぁ智香が最近作ったばかりだからなァ」

智香「まだまだこれからだよっ!」

P「……なるほど。様々な人を応援する為に智香が結成した私設ユニットなんだな」


智香「はいっ☆ メンバーの皆はアタシの呼びかけに答えてくれて……嬉しいですっ!」

千枝「千枝が皆を喜ばすことができるなら、何かをしてみたいと思ったんですっ」

智絵里「わたしも……皆さんに四葉のクローバーを……届けたくて」

李衣菜「型にはまらず、あえてヒラヒラの衣装を着る……これってロックじゃないですか!」

千秋「私って欲張りなの。地位も名声も、誰かを励ますことができる力も、全て手に入れたいじゃない?」

渚「部活で応援されてそのありがたさはよくわかってるからさッ! 自分もする方になってみたいと思ったんだ」

P「よくわかった。ところで1つだけ聞きたいんだけど」

渚「どォしたの?」

P「他の5人はチアユニフォームなのに、なんで渚だけ学ランの応援団スタイルなんだ?」

智香「それはアタシが代わりに答えますっ☆ 実は」

智絵里「えぇと……智香さんが結成の相談を光ちゃんにした時……」

智絵里「『こういうグループは少しコンセプトの違うメンバーが一人はいるものだ』……と言われたそうです」



智香「あぁっ智絵里ちゃん! アタシのセリフが……★」

みく「光チャンはメンバーに入っていないのかにゃあ」


智香「最初は光ちゃんも誘ったんだけど」

千秋「『誰かを守る力は多ければ多い方がいいだろう? 前はアタシが受け持つから、後は頼んだ!』と言って辞退したそうよ」

李衣菜「光ちゃんかっこいいですよね、ロックを感じます! ハッ……ロックとはヒーローの事だった……ヒーロック!?」



智香「うぅぅ、またとられちゃった……★」

P「光らしいな。それにしても渚の応援団スタイル似合ってるなぁ」

渚「どーもッ! 有香に気合の入れ方も教わったし、頑張っちゃおうかなァ!」

P「智香は言うまでもなく、千枝も智絵里も李衣菜も千秋も、皆本当によく似合ってる」

P「皆の新たな道が見れて嬉しいよ、ありがとう」

智香「はいっ☆ そして、これからもよろしくお願いしますっ、プロデューサーっ!」

P「あぁ!」

智香「……そして最後に、実はみくちゃんに私たちの仲間になって欲しいと思っているんですっ!」

みく「にゃ?」

渚「みくちゃんの明るさは私達が目指す応援の理想の形だからねッ!」

千秋「まぁ渚の結論付けはちょっと早いけど、いい指標であると思うわ」

智絵里「わ、わたしたちがもっと沢山の人に幸せを届けられるようになる為に……」

千枝「力を貸してくださいっ!」



智香「みくちゃん……いえ、マスター・ニャーフー!」

みく「み、みんにゃ……ありがとう、ありがとうなのにゃあ……!」

みく「Pチャン! みく、最高のチアアイドルを目指すにゃ!」




P「よし! 皆の気持ちもひとつになった所で、新たな出発だ!」

智香「はいっ! アタシたちはようやく登りはじめたばかりですっ! この果てしなく遠いチアリーディング坂を☆」


―――



高峯のあ「あれがデネブ……アルタイル……そして、ベガ……」

星輝子「キ、キノコに負けず劣らずのまばゆい輝き……」

棟方愛海「でっかい輝きだねー」



P「天体観測の教授ですか、のあさん」

のあ「…………今日は、星が観たい気分だったから」



愛海「プロデューサーとみくちゃんはこんな時間にどうしたの?」

輝子「も、もしかしてデート? フヒヒ……親友も隅に置けない」

みく「バレちゃあしょうがないに」

P「違うよ。今日は皆に会いたい気分だったからみくと一緒にぶらついていたんだ」

みく「そう一蹴されたらなんか面白くないにゃあ」




のあ「………二人も此方に来て。共に星を」


みく「綺麗な空だにゃあ……」

愛海「青森から観た空も同じくらい綺麗だったよ。少し前のことなのに、懐かしいなぁ……」

のあ「天の光は全て星………貴女の両親もきっと同じ空を見ているわ………愛海」

愛海「うん。そうだといいな」



愛海「……それにしても空一面に広がって、まるで星の海だね。輝子ちゃんだけに!」

P「おっ、いいセンスしてるな愛海!」

愛海「でしょー!」


みく(Pチャン……そこに食いつくなんてやっぱり……)



輝子「ヒャッハァーー!! ダジャレに巻き込むんじゃねぇ!」

のあ「………輝子、静かに。星の声が聞こえなくなるわ」

輝子「あ、すいません」

P「……」

P「……三人とも、ありがとう」

輝子「……親友?」

愛海「急にどうしたの、プロデューサー」

P「改めて、皆と歩んで来れたことに感謝したいと思って」

輝子「センチメンタルな気分……ってやつ?」

P「そんな感じ」



P「それにしても、本当に綺麗な星だ」



のあ「…………」クイクイ

P「のあさん? 袖がどうかしましたか?」

のあ「………空を」

のあ「夏の大三角は全て一等星………最も強く輝く星々………」

みく「ニ等星だったら、にゃつのだいにゃんかくだにゃ」

愛海「はーいみくちゃんはこっちに行ってようね〜」

みく「なにするにゃ! はにゃせー!」ズリズリズリ




のあ「貴方は、あの高みまで私達を届かせることが………あの星のように私達を輝かせることが、できるかしら」

P「……俺一人の力じゃ到底届かないかもしれません」

P「でも、皆と共にやってみせます。掴んでみせますよ、あの星を」




のあ「………………そう」フッ



のあ「………時間をとらせたわ。もう戻って……」

のあ「…………輝子?」

輝子「……」

P「どうしたんだ輝子。のあさんの背中に隠れて」



愛海「あー……あたしがさっき名前ネタ言っちゃったからさ」

愛海「会話に頻出するのに気づいてちょっと恥ずかしくなっちゃったんじゃない?」

みく「Pチャンものあにゃんも、輝く星とか星を掴むとか言ってたからにゃあ」

P「あっ……ご、ごめんな輝子?」

輝子「ヒ、ヒャッハァ」

のあ「………輝子、私の服に顔を張り付けていたら声が聞こえないわ」


みく「そういえば今日のあつにゃんは大人しかったにゃあ」

愛海「え、あたし?」

みく「さっきの流れ、いつものあつにゃんだったら」

みく「『じゃああたしはこっちの星を掴んじゃうよ〜♪』とか言って輝子チャンを揉んでたはずなのにゃ」

愛海「やだなぁ。あたしだってたまには真面目な時もあるよ」

愛海「というかみくちゃん。その発想は完全にオヤジのそれだよ。流石のあたしも若干引いてるよ……」

のあ「少しみくとの関係を改める必要があるようね………」

みく「ユニット解散の危機なの!?」

輝子「オ、オヤジ猫……」





みく「ピ、ピ……」

みく「Pチャンのオヤジが伝染ったせいなのっ!」

P「え、ひどくない?」


―――


P「もうすっかり夜になっちゃったな……みく、大丈夫か?」

みく「すー……にゃー……すー……にゃー……」

P「……寝ちゃったか。まぁ今日は色々と動き回ったからな」

P「とりあえず一旦事務所までかついでいくか」

P「よっこい、しょっと……」ベチャ



P「ん?」

P「……うわっ、よだれついてる!」

みく「……にゃあ♪」

P「気持よさそうな顔して寝てるなぁこの子は」


みく「焼き魚が……焼き魚がクラウチングスタートの姿勢から迫ってくるにゃ……Pチャン助けてぇ……」

P「うってかわってどんな夢見てるんだ一体……」



P「……みく、今日は一日お疲れ。一緒に騒いで楽しかったよ、ありがとう」
皆かわいいからみくにゃんメインでいろいろなアイドル同士とPを組んでみたかった
やまもおちも代わり映えもないけど読んでくれた人ありがとうごぜーます

10:30│前川みく 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: