2013年12月02日

モバP「泥棒猫?」

みく「ツラいにゃぁ〜」チラッ

ちひろ「…?」

P「…」カタカタカタ


ちひろ「…プロデューサーさん、みくちゃんが何か伝えたそうですよ」

P「え?なんだって?」


みく「人気猫は、ツラいにゃぁ〜」チラチラッ

ちひろ「らしいです」

P「え?なんだって?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1366398706

みく「はぁ〜…」

みく「いくらみくが可愛いからってにゃ〜…」ヤレヤレ

P・ちひろ「…」

みく「ツラいにゃ〜」チラッ


『前川みくが話を聞いて欲しそうにこちらを見ている』……にゃ

『話を聞きますか?』……にゃ

>⇒はい

> YES


P「おかしいなぁ…断る選択肢がないんですが」

ちひろ「…バグですかね?」
みく「…」チラッ

P・ちひろ「…」

みく「…」チラチラッ

P「それじゃ、ちひろさんお願いします」小声

ちひろ「えぇ!?」小声

ちひろ「いつも、私じゃないですか!」小声

P「よっ、天使!女神!ちひろ!」小声

ちひろ「……今回だけですよ」小声
ちひろ「み、みくちゃん?」

みく「あ、ちひろさん〜」ニコニコ

みく「みくに何か用かにゃ〜?」ニコニコ

P(…すっごい嬉しそう)
ちひろ「え、え〜っとね」

ちひろ「たまたま、みくちゃんの困ってそうな声が聞こえちゃって…ね?」

ちひろ「それで、私で良ければ力になれたらな〜っと」


みく「…」プルプル(喜)


みく「あ〜、聞こえちゃったかにゃぁ?」

みく「ごめんにゃさい〜、聞かせるつもりはにゃかったんにゃけど〜」

みく「でもっ、たまたま聞こえちゃったにゃら、しょうがないにゃねっ♪」

ちひろ「…」

Pガタッ
P「…白々しいぞ、前川」

みく「…え?」

P「さっさと言え」

みく「あ、Pチャンにまで聞かれちゃったかにゃ?」ウキウキ

みく「みく、困っちゃうにゃ〜♪」ランラン

P「…」プルプル(怒)

ちひろ「堪えて、堪えて」小声
P「…で、何がツラいって?」

みく「…う〜ん」

P・ちひろ「…」

みく「…う〜〜ん」

ちひろ「溜めますねぇ」小声

P「え、えぇ」小声
みく「…ど〜〜〜〜しても、聞きたいにゃ?」

P「あ、いいです」

ちひろ「それじゃぁ、戻りますね」

みく「そこまで言うならしょうがないにゃ〜」


ちひろ「…あの」

P「…おい」


P・ちひろ「この掴んだ手を離せ(離してください)」

P「はよせい」


みく「Pチャン、ちひろさん、心して聞くにゃ…」

P「わかったわかった」

ちひろ「…」ドキドキ

みく「みく、前々から思ってたんにゃけど…」



みく「うちのアイドルたちって、泥棒猫おおくにゃい?」
P「…ん?」

ちひろ「ど、泥棒猫ですか…?」

みく「にゃ」

みく「泥棒猫にゃ」

ちひろ「…あの、男女関係でよく使われる意味の…ですか?」

みく「?」

みく「違うにゃ、違うにゃ〜」

みく「そんなことより〜、もっと重要な意味にゃっ!」

ちひろ・P「?」


みく「………みくの猫キャラをパクってる人のことにゃ!!」怒
みく「全く…、勘弁して欲しいにゃ〜」ヤレヤレ

みく「いくらみくが可愛くて、美人で、セクシーで、キュートで、クールで、パッションで…etc」

みく「…で心が広くても〜、限度ってモノがあるにゃ」

みく「このままじゃぁ、まだまだドンドン、猫キャラが増えちゃうにゃぁ!」

みく「そんなこと、許されないのにゃ」

みく「ね?Pチャン?」


P「…」ズズッ

P「ん…茶葉変わりました?」

ちひろ「はい♪」


みく「………」
…………
………
……


みく「ね?Pチャン」

P「ま、まったく…、みくにゃんの言うとおりだなぁ!」ボロボロ

ちひろ「そ、そうですね!大事件ですよねっ!」

みく「にゃ」ウンウン


みく「ということで、いざ行かん!…にゃ」

P「ん、どこに?」

みく「泥棒猫さんのところにゃ」

P「…な、何しに?」

みく「これ以上猫キャラが増えないよう、抗議しに」
P「…うん、行ってらっしゃい」ニコ


みく「…にゃっ」ニコ

P「…おい、離せ」

P「そして、ちひろ。押すな」


ちひろ「犠牲は、一人で済めば良いと思いませんか?」グイグイ

P「思います」


P「みくにゃん、ちっひーが行きたいって」

ちひろ「…そうきましたか」


みく「二人とも早くするにゃ」

P・ちひろ「…」
――――
―――
――


〜女子寮〜


P「…なぁ」

P「これ、俺が入ったら確実に捕まるよな?」

ちひろ「気にしない♪気にしない♪」

P「…刑務所は嫌なんですけど」

みく「その点なら、大丈夫にゃ」

みく「寮のルールに、PチャンならOKが入ってるにゃ」

P「…マジか!?」

P(これは引越しの準備を進めないと…)

ちひろ「?…初耳ですね」

みく「ってことで、レッツゴーにゃっ♪」

P「おっしゃあああ!」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜


早苗「…あれ?誰だ〜?」

早苗「ルールボードにラクがきしたの〜」

早苗「…しかも、ろくなこと書いてないし」


『Pチャンなら、はいってもいい』


〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ガチャ


P「たっだいまーっ!!」ニコニコ

ちひろ「我が家かっ!」


…シーン…


P「…おかしいな、俺が来たというのにお迎えが無い」

ちひろ「何様ですか…」

みく「みんな自分のお部屋か、お仕事orレッスンに行ってるからにゃ〜」


ちひろ「…私たちは何をやってるんですかね」(小声)

P「…みくのプロデュースです」キリッ

ちひろ(…もうダメだ、コイツ)
ドタドタドタ


「まって〜っ!」

「…」ドタドタ

「こら〜、待ちなさ〜いっ!」

「…」ピタッ

「あ、やっと止まったぁ〜☆」

「んもう、綺麗にしてあげてるのに、どこ行ってるの〜?」

イヴ・サンタクロース「ブリッツェン…?」裸タオル
P・ちひろ・みく「…」

イヴ「…あれぇ?」

イヴ「皆さんお揃いで、どうしたんですかぁ〜?」

P「…」鼻血ポタポタ

イヴ「!」

イヴ「Pさん、血が出てますよぉ〜!」

イヴ「テ、ティッシュ…」オロオロ

イヴ「!…そうだ、このタオルで〜」バッ

イヴ「だ、だいじょうぶ…ですかぁ〜?」フキフキ

プルプル

P「め、目の前に白桃が…っ」ポタポタ

イヴ「た、大変です〜!血が止まりません〜っ!」
ちひろ「オラァ!」腹パン

ドガッ

P「ぐおっ…」

みく「コラァ!」背負い投げ

ドスンッ

P「がはっ…!」

ちひろ・みく「オラオラオラオラオラ」

ボコボコボコ

P「…」チーン
イヴ「あぁっ、Pさん〜…?」

P「…」

ちひろ「イヴちゃん、コレはちょっと休憩してるだけなので、心配しないでください」

イヴ「そ、そうなんですかぁ〜?」

みく「にゃ」ウンウン

ちひろ「とりあえず…何か着てきてもらってもいいですか?」

イヴ「…?」

イヴ「わかりました〜☆」
―――――
――――
―――


みく「何してたのかにゃ?」

イヴ「えぇっとですねぇ〜」

イヴ「ブリッツェンと一緒にお風呂入ってたのですけど〜っ」

イヴ「この子が急に走り出してしまって〜…ね〜?」

ブリッツェン「…」コクコク

イヴ「うふふ〜♪」

イヴ「きっと、皆さんに会いたかったんですねぇ〜☆」

ちひろ「…なるほど、なんてタイミングの悪い…」

イヴ「…?」

みく「…こっちの話にゃ」
ちひろ「…それにしても」

ちひろ「服着てくるようにと言ったのに、これとは…」小声

みく「これが、海外流なのかにゃ?」小声

イヴ「…?どうしたんですかぁ?」


ちひろ・みく(裸ワイシャツなんて…)


ちひろ「とりあえず、こいつは目隠ししときましょう」

みく「にゃね」ウンウン

P「…」
P「…ん」

ちひろ「あ、気がついたみたいです」

P「…どこだここは」

みく「Pチャン?気分はどうかにゃ?」

P「…最高の夢を見ていたはずが、体中が痛い…かな」

ちひろ「元気そうですね」

イヴ「Pさん〜、良かったです〜っ♪」

P「…イヴか?」

イヴ「はい〜♪」

P「ていうか、何で真っ暗なんだ…」

ちひろ「諸事情により、目隠しさせていただきました」

P「…諸事情ってなんですか」

みく「禁則事項にゃ」

P「……」スッ

ちひろ「とりあえず、取ったら地獄に行くことになるので注意してくださいね」

P「な、なんてこったい…」
P「イヴ…近くに居るのか?」

イヴ「ここにいますよぉ〜☆」手ギュッ

P「…もう俺は、目が見えそうにない…」

P「一人で…生きていくのも辛そうだ…」

P「もう…イヴをプロデュースしてあげることは難しそうだな…すまないっ」

イヴ「…だ、大丈夫です〜っ!」ウルウル

イヴ「これからは…」ウルウル

イヴ「私が、Pさんの面倒をみますので〜っ☆」ウルウル

P「うぅ…良い子に育ったなぁ…、ありがとう…な…」

イヴ「…Pさん〜っ」抱きつきギュウッ

プニッ
P「…ん?」プニッ

P「…なにこれ」

プニップニッ

イヴ「きゃぁっ//」

イヴ「ちょっとPさん、ドコ触ってるんですかぁ〜!」

P(まさか…!?)

P「ん〜、どこだろうなぁ〜」プニッ

ザワッ

P(ッ…殺気!?)
〜〜〜〜〜〜


P「…」

血の海

ちひろ・みく「…」ゼェゼェ



ちひろ『真っ赤なお池の〜♪プロデューサーは〜♪』

みく『いっつも皆の〜♪笑いもの〜♪』



イヴ「トナカイさんの歌ですねぇ〜☆」


〜〜〜〜〜〜
…………
………
……



みく「埒があかないにゃ〜〜〜〜!!」

P「何しにきたんだっけ」

ちひろ「忘れました」

イヴ「〜♪」ナデナデ

ブリッツェン「…♪」
みく「泥棒猫に抗議にきたにゃっ!!」

P「…?」

ちひろ「何でしたっけそれ?」

ちひろ「色々あって疲れてしまいました…」

P「俺も…頭に強い衝撃を受けたせいで…大事なことを忘れてしまったような…」

イヴ「だ、大丈夫ですかぁ〜?Pさん〜…」



みく「…思い出させてやろうか…にゃ?」
P「お、思い出しました!」

ちひろ「わ、私もっ」

みく「…」チッ


P「それで…その肝心の泥棒猫ってのは?」

ちひろ「どなたなんですか?」

みく「…いっぱいいるんにゃけど〜」

みく「とりあえず、一番新入りの泥棒猫から行こうと思うにゃ〜」チラッ


イヴ「…?」
P「新入り…?」

ちひろ「…一番新入りって言うと…どなたですっけ?」

P「のあさん…?」

みく「違うにゃ、違うにゃ」フルフル

イヴ「何のお話ですかぁ〜?」

P「あー、気にしないでくれ」

P「前川のことは」


みく「…最近の新入りは、上下関係をわかってにゃいからにゃ〜」チラッ


イヴ「…?」

P「で、そのみくが言う新入りってのは誰なんだ?」

みく「すご〜く、身近な人にゃ〜」

ちひろ「身近…ですか?」

P「身近って…、アバウトだな…」


みく「…今、ナウ、現状で、にゃ」

ちひろ「…あぁ」

P「まさか…」

みく「にゃ。その、まさかにゃっ!!」



みく「イヴ・サンタクロースっ!この泥棒猫めっ!」
イヴ「…?」キョトン

イヴ「…泥棒猫ってなんですかぁ〜?」


ちひろ「イヴちゃん、ごめんね…」

P「すまん…、イヴ」

P「この猫頭おかしいから、気にしないでくれ」


みく「フフン!」

みく「しらばっくれても、無駄にゃ〜♪」

みく「みくはこないだの、イヴちゃんの番組見たにゃっ!」


P「こないだっていうと…」

ちひろ「…温泉ですかね」

みく「にゃ」ウンウン
イヴ「あぁっ、見てくれたんですね〜!」

イヴ「ありがとうございます〜☆」

みく「いえいえ〜、にゃ♪」

みく「…」ハッ

みく「ま、まだ惚けるきかにゃっ!?」

イヴ「?」

イヴ「私…何かしちゃいましたぁ…?」


P「イヴの純心を汚すなァ!」

ちひろ「そうだ、そうだ!」
みく「…こ、心当たりないにゃ?」

イヴ「え、えぇ〜と…」



P「みくにゃんに無視されてしまいました」

ちひろ「傷心なので、みくにゃんのファンやめます」

P・ちひろ「ねー?」



みく「…」プルプルウルウル


みく「わ、わからにゃいにゃら教えてあげるにゃ〜」ウルウル

イヴ「…」ナデナデ
みく「…」グスッ

イヴ「…よしよし」ナデナデ

みく「…イヴちゃん」

イヴ「はい〜っ、何ですかぁ〜?」

みく「温泉取材のとき…どうして猫耳付けてたにゃ?」


イヴ「…あぁっ、アレですねぇ〜☆」


イヴ「アレは、猫ちゃんじゃないですよ〜?」



イヴ「狐さんです〜☆」

イヴ「コンコン〜♪って〜」ニコニコ


みく「…え」



P「……おわり」

ちひろ「イイハナシダナー」
〜おまけ〜



早苗「ん」

早苗「みんなして…、廊下の真ん中で何してるの?」

P「あ、早苗さんですか?」

P「こんにちは!」

早苗「はい、こんにちは」

早苗「…Pくん、何その姿」→目隠し

早苗「…それに、ここ(女子寮)がどこかわかってる?」

P「はいっ、俺の住処(未来の)ですっ!」ニコ

早苗「 」
ちひろ「ということがあってですね…」

早苗「なるほどね〜」

P「サンキュー、チッヒ!」

早苗「いやぁ、危うくシメるところだったわ♪」

P「…ちひろさん、マジでありがとうございます!」

早苗「ま、今回は見逃してあげるから…」

早苗「ほら、さっさと出た出たっ」

P「ぐぅ、俺の住処が…」


イヴ「〜♪」ナデナデ

ブリッツェン「…♪」
早苗「…ねぇ」

ちひろ「はい?」

早苗「あそこで真っ白になってる、みくちゃんはどうしたの?」

P「あぁ、あれは気にしないでください」

早苗「そ、そう?」

ちひろ「はい!」

早苗「それじゃ…イヴちゃんの裸ワイシャツは?」

P「…え?」スッ

ちひろ「…あれが故郷のスタイルなんだと思いま…す!」ガスッ

P「ぐっ……!」

ちひろ「…見んなって言ってんだろ?」

P「…い、いえっさー…」

早苗(…やるわね、ちひろさん)
早苗「…イヴちゃん」

イヴ「は、はい〜?」

早苗「それが普段着なの…?」

イヴ「?」

イヴ「そうですよぉ〜☆」

イヴ「流行の〜、ジャパニーズスタイル、です〜♪」クルッ

ちひろ・早苗「…えっ」

イヴ「うふふ〜♪」
早苗「わ、若者の間じゃ、そうなの?」小声

ちひろ「えぇ〜、私も初耳ですけどっ!?」小声

早苗・ちひろ「…」

ちひろ「い、イヴちゃん?」

イヴ「…?」

ちひろ「誰に教えてもらったんですか?」



イヴ「え〜っと…」

イヴ「Pさんに教えていただきました〜☆」ニコ



ちひろ・早苗「 」


P「…ッ!!」タタッ


早苗「逃がすなぁ!」

ちひろ「いえっさー!」


ギャァアアアアアアアア


おわり
以上です。初投稿&勢いで書いたので、内容はお察しです…
みくにゃん
http://uploda.cc/img/img5171abbba3547.jpg

ちっひー
http://uploda.cc/img/img5171abd1a8eac.jpg

サンタさん
http://uploda.cc/img/img5171abe010e81.jpg

早苗さん
http://uploda.cc/img/img5171abf636c73.jpg


画像は総選挙ポスター物からお借りしました
>>48
そ、そんな可哀想なみくにゃんが書けるわけないじゃないですかぁ!

…ちなみに参考までに、ですが
他の猫キャラって

礼子にゃん、のあにゃん、美優にゃん、雪美にゃん、メガにゃん

の他にいますか?

相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: