2014年09月18日

小鳥「なぜプロデューサーさんは周りの好意に気づかないのかしら」


(短い予定です)



小鳥「ラブラブ光線出してる子、結構いるのにな」





小鳥「ちょっと鈍すぎるんじゃないかと」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1410524365





P「音無さん、なにをぶつぶつ言ってるんですか?」



小鳥「いいえ、なんでもないですよー」



P「それより、この間の話、考えて貰えましたか?」



小鳥「この間の話?」



P「だから・・・俺と真剣にお付き合いを考えてもらえませんか、って言ったじゃないですか」



小鳥「あはは、またその話ですか」



P「いや、あははじゃなくて」



小鳥「いつもありがとうございます。彼氏もいない同僚に対しての優しいジョークでの気遣い」



小鳥「でも、そのジョークが相手を傷つける事もありますから、注意してくださいね」



小鳥「あ、私が傷ついてるって事じゃないですよ」



小鳥「プロデューサーさんは優しいから、その優しさで周りを勘違いさせる事もあるかもって」



小鳥「私くらい人生経験をつんでない子にはね」



小鳥「って我ながら自虐的ですねえ、ふふ」



P「いやいや、あははじゃなくて、本当に真剣なんですが」



小鳥「わかりましたって。ほんと、ジョークとわかっていてもいつもいつも心がほっこりします」



P「だーかーらー」



真「プロデューサー!出発の時間ですよー!」



P「おう、すぐ行く!俺は本気なんですからね!」



小鳥「はいはい、いってらっしゃーい」



小鳥「ああいう優しさが周りの女の子を惹きつけるのかしら」



小鳥「ちょっと、みんなに調査してみなくては」

小鳥「ねえ、美希ちゃん」



美希「なに?小鳥」



小鳥「美希ちゃんは、プロデューサーさんの事、好きよね」



美希「うん、ハニーが大好きだよ」



小鳥「プロデューサーさんは、それにどう答えてるの?」



美希「なんかね、ハニーは本気にしてくれないの。ミキがハニーに迫ってもはぐらかされるの」



小鳥「まあ、担当アイドルだものね。でもあのプロデューサーさんなら本気の本気で本気に思ってないかもしれないわね」



美希「それに・・・ハニーには好きな人がいるみたいなの・・・」



小鳥「えー!だれ?だれ?だれなのー?美希ちゃん知ってる?」



美希「知ってるけど、言いたくないの・・・」



小鳥「えー、なんで?教えてちょうだいよー」



美希「イヤ!」



小鳥「美希ちゃんのいじわるー。いいもん、他の子にも聞いてみるから」



小鳥「あ、亜美ちゃん。おかえりなさい」



亜美「ただいまー。兄ちゃんいないの?」



小鳥「真ちゃんのお仕事に付き添いよ。それより聞きたい事があるんだけど」



亜美「えーなにー?・・・・もしかしてアレがバレたの?」



小鳥「アレって何のこと?」



亜美「なんでもない!なんでもない!聞きたい事ってなにー?」



小鳥「なんか気になるけど、まあいいわ。プロデューサーさんの事なんだけど」



亜美「兄ちゃんがどうかしたの?」



小鳥「なんか美希ちゃんが、プロデューサーさんに好きな人がいるって言ってたんだけど」



亜美「それって、ピヨちゃんじゃん」



小鳥「え?なんのこと」



亜美「だって、たまにこっそり聞き耳たててると聞こえてくるよ。兄ちゃんがピヨちゃんにコクってるの」



小鳥「・・・・亜美ちゃん。ませてるようでやっぱりお子様ねえ」



亜美「なにぃ!」



小鳥「あれは社会人としての付き合い。あんなの真剣に受け取ってたら、不幸になるわよ」



亜美「そうなの?」



小鳥「そう。こんなにカワイイ女の子がいっぱいいるのに、私に声をかけるなんておかしいでしょう?」



亜美「そうかなあ」



小鳥「プロデューサーさんは気遣いのできる人だから」



亜美「本気じゃないって事?」



小鳥「そう。亜美ちゃんも大人になればわかるわ」



小鳥「亜美ちゃんに私の秘蔵コレクションを見せてあげて、大人の勉強をさせてあげたいけど、律子さんに怒られるわね」



亜美「あ、それならこの間、ピヨちゃんの机の一番下の引き出しのカギをこじ開けてこっそり見たよ」



小鳥「亜美ちゃん!」



亜美「あやや、自分でバラしちゃった。めんごー」



小鳥「ダメよ、勝手に見たら。いつかじっくりお姉さんが講義してあげるから」



亜美「わ、わかったヨ」



小鳥「それで、プロデューサーさんの事で他に心当りはないの?」



亜美「うーん、ないなあ」



小鳥「そうなの・・・・」



小鳥「あ、律子さん、ちょっと聞きたいんですけど」



律子「なんですか」



小鳥「プロデューサーさんに、どうやら想い人がいるらしいって話を聞いたんですけど、なにか知ってますか?」



律子「・・・それをあなたが聞きますか」



小鳥「だれなのか知ってるんですか!」



律子「知ってるというかなんというか」



小鳥「教えてくださいよー。だれなんですか?あ、もしかして律子さん?」



律子「違いますよ。そんなわけないでしょ」



小鳥「えー、じゃあだれなんですか?」



律子「あなたですよ」



小鳥「え?」



律子「あれだけ好かれてて、気付かない方がおかしいでしょう」



小鳥「はぁ・・・。律子さん・・・。亜美ちゃんの年頃なら分かりますけど、律子さんまで社交辞令を見抜けないでどうするんですか」



律子「社交辞令ってねぇ」



小鳥「まだ未成年とは言え、しっかりものの律子さんが、まさかあんなジョークを真に受けてるとは」



小鳥「それだけプロデューサーさんがみんなに信頼されてる証明かしら」



律子「いやいや、小鳥さん以外はみんなプロデューサーが小鳥さんを好きだと分かってますよ。分かってないのは小鳥さんだけです」



小鳥「みんな?じゃあ美希ちゃんが好きな人がいるって言ってたのも、勘違いをしてただけなのね。なーんだ」



律子「だから、勘違いじゃないですって」



小鳥「もう、しっかりしてくださいよ。大人の付き合いっていうのをわからないと不幸になりますよ。ふふっ」



律子「ダメだ、この人は」



P「ただいま帰りました」



小鳥「おかえりなさい」



P「音無さん、ちょっといいですか」



小鳥「はい、なんでしょう」



P「俺の本当の気持ちを聞いてくれますか」



小鳥「あはは。また、それですか」



P「いえ、いつものとは違います・・・・本当は、俺は音無さんの事なんて、なんとも思ってないんです」



小鳥「え?」



P「いや、はっきり言うと苦手です。嫌いです」



小鳥「そ、そうですよね。私なんて会社に薄い本を持ちこんでる駄目女ですし、嫌われて当然ですよね。やっぱりそうか。分かりました、これからはあまり邪魔しないよう――」



P「なんでそこは素直に信じるんですか!」



小鳥「え?」



P「嘘ですよ!俺が音無さんの事を嫌いな訳ないじゃないですか!」



P「どうしてそこだけ信じるんですか!いつもの俺の気持ちは全然信じなくて!」



小鳥「だって、私なんかをプロデューサーさんが相手するはずがなくて・・・」



P「どうしてそう思うんです!俺の嘘はあんなに簡単に信じてしまって!」











小鳥「・・・・・・・私・・・無意識に、怖がっていたのかもしれません」



P「怖い?俺の事が?」



小鳥「いいえ。プロデューサーさんの好意を信じることを」



P「?」



小鳥「信じて、裏切られるのが怖くて。思いに応えるのが怖くて。私自身も信じられなくて」



P「音無さん・・・」



小鳥「信じていいんですか、プロデューサーさん」



P「ええ、勿論です。絶対に裏切ったりしません」



小鳥「・・・分かりました。信じます」



P「じゃ、じゃあ付き合ってくれますか?」



小鳥「・・・・・」



P「音無さん!」



小鳥「・・・・・・はい。よろしくお願いします」



P「やった!!」



律子「やっと収まる所に収まったわね」



美希「むー、ミキは納得いかないの」



亜美「ミキミキ、いい女は諦めが肝心だよー」











真「え?何?何が起こってるの?」





おしまい



23:30│音無小鳥 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: