2014年09月25日

まゆ「輝子ちゃん…机の下って居心地いいですか?」

モバマスのSSです。



まゆの口調に違和感があったらすみません。







SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1411374886



ガチャ



まゆ「…」



まゆ「…誰もいないですね。まぁ分かっていることですけど」



まゆ「Pさんのスケジュールは把握済みです」



まゆ「営業から帰ってきたPさんと、誰にも邪魔されず帰る…」



まゆ「手なんかつないだりして…シュミレーションもバッチリですよぉ♪」



まゆ「この間は逃げられちゃいましたけど、今日は…」



シュッシュッ



まゆ「あら?」



キノコーキノコーボッチノコー♪



まゆ「この声は…」



キノコノトリコーホシショウコー♪



キノコノフレンドホリユッコー♪



まゆ「輝子ちゃん」スッ

輝子「あ、あれ…まゆ?」



まゆ「ふふっ、声ですぐ分かりましたよ」



輝子「おはよう…フヒ」



まゆ「はい、おはようございます♪」



輝子「なんで事務所に…?今日は誰も来ないはずだけど…」



まゆ「うふふ…作戦です」



まゆ「誰にも邪魔されず、営業帰りのPさんと一緒に帰れると思って…」



輝子「な、なるほど…」

輝子「それじゃあ私は…水を差す前に帰るか…」



まゆ「気を遣わなくていいですよ、まだ時間ありますから」



輝子「ううん、私はもうすぐ終わるから…そうしたら帰る…」



まゆ「…輝子ちゃんはどうして事務所に?」



輝子「いつものキノコの世話…今日はPの邪魔にもならなそうだし…」



まゆ「うふ、Pさんへの気遣いはとっても大事ですよ」

輝子「こうして…霧吹きで水を…」



まゆ「…」ジッ



輝子「…」



輝子「…フ、フヒ」



輝子「まゆ…あんまり見られると、作業しづらい…」



まゆ「…前から気になってましたけど」



まゆ「輝子ちゃん…そこ、居心地いいですか?」



輝子「え…」

まゆ「輝子ちゃん、いつもそこにいるから…そうなのかなって」



輝子「う、うん…けっこういいぞ…」



まゆ「そうですか…」



まゆ「…」



輝子「…」



輝子「き、興味あるなら…入ってみるか?」



まゆ「いいの?」



輝子「どうぞ…フフ」



まゆ「じゃあ、おじゃまします」ススッ

輝子「…居心地いいか?」



まゆ(…机の下って意外といいかも。暗くて落ち着くし…)



まゆ(何よりPさんを近くに感じる…♪)



まゆ「うふふ、すごく気に入りました。」



輝子「そっか…それはなにより…」



まゆ「輝子ちゃん…Pさんが帰ってくるまで暇だし、作業見ててもいい?」



輝子「えっ…いいけど、面白くないぞ…」



まゆ「そんなことないですよ。キノコの世話って見たこと無いですから」



輝子「そうか?まぁ、それでまゆが時間つぶせるなら…」



輝子「よいしょ」トン



コポポ



まゆ「えっ!?ポット置いてあるの?」



輝子「うん…過ごしやすいように…」



輝子「はいお茶」スッ



まゆ「あ、ありがとう…うんおいしい」



輝子「そうだ…暇ならこんなのもある…」



まゆ「コレは…マンガ?」



輝子「乃々に借りて読んでる…少女マンガ…」



まゆ「そういえばお隣同士なんですよね」

輝子「あとは…な、なにがあったっけ?」



輝子「トランプ、UNO、ドンジャラ、ゲームボーイ、大西さんの本…」ゴソッ



まゆ「そ、そんなにいっぱい!?」



輝子「DVDも見れる…任侠、特撮、時代劇、ホラー…」



輝子「うちはアイドルたくさんいるから、Pの机もでかい…色々置ける…」



まゆ「そうですね…書類だけでもすごい数でしょうね」



輝子「それに、机の下が居心地いいの…みんなもそうみたいだ」



まゆ「確かにびっくりするぐらい快適です…カーペットも敷いてあるし」



輝子「乃々の方はホットカーペット…冬も越せる…」



まゆ「なんでもアリですね…」



輝子「そうだな…それじゃあ、私は作業に戻るぞ…」



まゆ「とりあえず、輝子ちゃんがいる間はキノコの世話を見てますね」



――――

――

輝子「お、終わったぜ…」



まゆ「色々とやることが多いんですねぇ…」



輝子「大変だけど、やりがいある…」



輝子「まゆが手伝ってくれたから、キノコもご機嫌…フヒ」



まゆ「うふ、それなら良かったです」



まゆ「輝子ちゃんはもう帰っちゃうんですよね。マンガでも読んでましょうか…」



輝子「それなら…はいクッション」



まゆ「ホントに部屋みたい…」

輝子「…」ジッ



まゆ「どうしたの輝子ちゃん?」



輝子「まゆは…か、かわいいな…」



まゆ「あら…うふふ、ありがとうございます」



まゆ「でもなんで急に…?」



輝子「こうして近くで見るの…初めてだから…」



輝子「いつも可愛いけど…いつもよりかわいい…」



まゆ「そんなに言われると、嬉しくなっちゃいます♪」

まゆ「…でも、輝子ちゃんだってかわいいじゃないですか」



輝子「そ、そうかな…」



まゆ「輝子ちゃん中性的な顔してるから、かっこいい役もできるし…」



まゆ「吸血鬼の衣装、まゆドキドキしちゃいましたよぉ」



輝子「そ、そっか…似合ってたか…フヒ」



まゆ「はい、とっても」



輝子「…」



輝子「思ったんだけどさ…」

輝子「…Pはまゆのこと、好きにならないのかな…?」



まゆ「Pさんですか?」



輝子「うん…まゆはかわいいし、いい人…」



輝子「わ、私の話し相手になってくれるし…小さい組にも親しいし…」



輝子「こないだも仁奈を助けた…」



まゆ「ありましたねぇ、まゆの気持ちになるですよって言って」



輝子「リボンぐるぐる巻きにして、取れなくなった…」



輝子「あと、こずえに膝枕したり…ペロを一緒に探したり…」



輝子「まゆは優しい…」



輝子「私がPだとする…Pだからまゆを事務所でも仕事でも、いつも見てるよね…」



輝子「かわいいし優しいし、すぐに好きになっちゃいそうだけど…」



まゆ「うふふ、そこまで言われると、さすがに恥ずかしいですよぉ♪」



まゆ「まぁ、いくら可愛くて性格がいい人がいても…そこはPさん次第ですね」



まゆ「キノコだって、好きな人と嫌いな人がいるでしょう?」



輝子「結局相性になるのか…」



まゆ「そこまでいきませんよ…うふふ、Pさんからしたらまゆは可愛い娘くらいですかね」



まゆ「好きだとは言ってくれますけど、明らかに方向が違いますから」



まゆ「親の愛情みたいなものですね…実際まゆは未成年ですし」

輝子「で、でも…まゆもこれから大きくなるし…」



輝子「そしたらすごく綺麗になって…きっとPもほっとけなくなる」



まゆ「ふふ、そうだといいんですけどね」



輝子「まゆにはお世話になってる…事務所でも、仕事でも…」



輝子「この間も仕事、助けてもらった…トークは苦手だから…」



輝子「私にも出来ることあったら、なんでも手伝うよ…」



まゆ「輝子ちゃん…」

輝子「あ、このキノコ使う?Pのお気に入りのやつ…」



輝子「まゆ、Pにお弁当作ってくることあるし…料理に使えばいい…」



まゆ「でも…それは輝子ちゃんの大事なキノコでしょう?」



輝子「ま、また生えてくるからへーき…」



まゆ「…うふ、気持ちだけで十分です。お弁当を作る予定、今のところありませんから」



輝子「そうか…じゃあ、作るときにあげる…」



まゆ「ありがとう、輝子ちゃん」



まゆ「それじゃあまゆも、輝子ちゃんにコレあげる」

輝子「あ、リボン…」



まゆ「輝子ちゃんも、いつも付けてるでしょ?」



まゆ「色違いになってるから、気分で変えてみるのもいいかなと思って」



輝子「そうだな…コレしか持ってないから…」



まゆ「そうなんだ、じゃあ予備にも使えますよ」



輝子「ううん…あ、明日からずっとコレつけるよ…フヒ」



まゆ「ふふ、たまには変えてオシャレしなきゃダメですよ」



まゆ「後ろ髪結んだりとか…きっと輝子ちゃん、色々似合うと思うんです。」



輝子「お、おしゃれ分かんないから…めんどうだし…」



まゆ「そんなこと言ったらPさんが悲しみますよ。今度まゆがコーディネートしてあげます」



輝子「あ、はい…お願いします…フフ」

まゆ「…あら、携帯が」



まゆ「…」



輝子「ど、どうした?」



まゆ「Pさんが別の仕事場に向かってる…スケジュールには載ってないのに」



輝子「GPSか…予定変わったのかな?」



まゆ「そうみたいですね…いつ帰ってくるか分からないし、まゆも帰りましょう」



輝子「じゃあ…一緒に帰るか?」



まゆ「そうしましょうか」



ガチャン

輝子「日が沈みかけてるな…」



まゆ「だんだん日も短くなってきましたね」



輝子「な、夏も終わりだな…秋はキノコの季節…」



まゆ「ハロウィンもありますよ。また新しい衣装が着られるかも」



輝子「そっか…それも楽しみだな…」



輝子「ソロステージはちょっと寂しかった…今度は誰かと…」



まゆ「…」



輝子「まゆ?」

まゆ「あっ、ごめんなさい…ちょっと考え事です」



まゆ「…今日はPさんに会えなかったけど」



まゆ「不思議と悲しくなくて、むしろその逆…」



まゆ「入ったばかりのころには考えられませんでしたね」



まゆ「…みんなのおかげで、まゆも少しは成長してるのかも」



輝子「…どうした?」

まゆ「うふふ、なんでもないですよ」



まゆ「今日は輝子ちゃんに会えて…いいことあったなって思っただけです」



輝子「そっか…何かしたっけ…」



輝子「よく分かんないけど…よ、良かったね…?」



まゆ「はい、そうですね♪」



――――

――

後日



P「…」



まゆ「こうしてきつく結んでおくと、相手に自分の想いが伝わるんですよ♪」ギュ



P「まゆ…足の血が止まるからやめてほしいんだけど」



輝子「そうなのか…じゃあ私は、えーと…」



輝子「キノコに結んでおくか…立派に育ちますように…」



乃々「恋愛成就じゃなくなってますけど…」



まゆ「乃々ちゃんもリボン使う?これからはお隣同士ですから」



乃々「あ、どうも…」

比奈「輝子ちゃん、DVD貸してくれませんか?暇なんで一緒に見ません?」



輝子「私のじゃないけどな…どれ見る?」



奈緒「まゆー、早く代わってくれよ!あたしもマンガ読みたいんだよ」



まゆ「奈緒ちゃんは…目的がマンガなのかPさんなのか怪しいのでダメです♪」



奈緒「お前と一緒にすんな!」



乃々「ひゃあ!な、なんですかこの本!」



比奈「あーそれは…こんなところに置いとくなんて全く…」

輝子「おー…コレ、まゆもリボンでできるか?」



まゆ「亀甲縛りですか?できますよ」



由里子「じゃあPにやってもらってもいい!?」



比奈「どこから湧いたんスか…」



P「…」



P「机、もう一個買うか…」



ちひろ「数は足りてますから、経費では落とせませんよ。実費でお願いします」



P「ふえぇ…」





おしまい



22:30│佐藤心 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: