2014年10月02日

木場真奈美「ざりがにプロデューサー」

関連 関裕美「ざりがにプロデューサー?」
関連 関裕美「私のプロデューサーさんは」


・Pがざりがにです、深い理由はありません

・ゆるいです

・時系列はばらばらです



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1412065553





ざりがにPふたたび



(コンコン)



真奈美「失礼するよ」



P「はじめまして、木場真奈美さんですね?」



真奈美(ざりがに…?)



P「今回来ていただいたのは、是非あなたにアイドルとして活動していただきたく」



真奈美(ざりがに…だな)



P「真奈美さんのお仕事は拝見、いや拝聴してまして、この逸材を逃す手はないと」



真奈美(アポを取って来たのはこの事務所のプロデューサー、つまりこのざりがにが)



P「という訳なんですが、いかがでしょう」



真奈美「えっ?あ、ああ、任せてくれていいよ」



P「よかった!よろしくお願いします!」



真奈美(しまった…まともに話を聞いてなかったというのに…)

ざりがにダブルピース



卯月「島村卯月、頑張ります!」



P「卯月は今日も元気だな」



卯月「はい!プロデューサーさんには負けません!」



P「俺に?」



卯月「はい!頑張ります!」



P「よくわからんけど意欲があるのはいいことだ(バンザーイ」



卯月「ですよね!頑張ります!(ダブルピース」

ざりがにPハウス



P「〜♪(カチャカチャ」



奈緒「Pさんなんかご機嫌だな」



P「お?気分転換できたと言うか、な」



奈緒「んー?ありゃ、なんか模様替えしたか?」



P「お、わかったか」



奈緒「でも自分じゃできないだろこれ」



泰葉「私です、ドールハウスみたいで楽しくなっちゃって…」



奈緒「そっかー…え、そうか…?」

ざりがにPと好き嫌い



悠貴「うぅ〜っ…」



P「さっきからなに唸ってるんだ?」



悠貴「生野菜って苦手でっ」



P「あー、まあ好き嫌いはなぁ」



悠貴「プロデューサーさんはありませんかっ?あっするめが大好きなのは知ってますっ」



P「何でも食べるぞー、生野菜だって、ほれ(モッシャモッシャ」



裕美(水草って野菜かなぁ…)

ざりがにPとにゃん・にゃん・にゃん



みく「Pチャン、あーん」



P「あーん(モグモグ」



アーニャ「アー、みく、P、なにしてますか」



みく「みくは優しいからおべんとのおかずをわけてあげてるのにゃ」



P「うまい(モグモグ」



のあ「…魚が入ってたのね」



みく「うっ…、み、みくとPチャンは仲良しだからいいのにゃ!」



アーニャ「ノー、でも…」



のあ「仲良しと言うより餌付けね」



P「え、ひどくない…?」



みく「みくのセリフをぱくるんじゃにゃいにゃ」

緑のブサイクなやつ



穂乃香「ぴにゃこら太…かわいい…(ウフフ」



柚「穂乃香チャン好きだねーそれ」



穂乃香「だってかわいいから…」



柚(そうカナー…)



忍(そうかな…)



あずき(そうかな…)



柚「あっ、じゃあ穂乃香チャンはPサンも好き?」



P「待って柚それどっちに転んでも複雑なヤツ」

ざりがにPアイドル化計画



亜子「PちゃんPちゃん、ちょっと提案なんやけどな?」



P「おう?」



亜子「Pちゃん売り出したら一儲けできそうやん?」



P「おま、お、俺は高く売れないぞ」



亜子「ちゃうちゃう、Pちゃんをアイドルとして売り出すんよ」



P「えぇー…」



亜子「歌って踊れるざりがにアイドル!イケる!」



P「いけないだろ…」



亜子「そしたらアタシがプロデュースしてうっはうはよ!いつもと逆やな!」



P「歌えも踊れもしないぞ、俺」



亜子「なんや、しゃーないなぁー」



裕美(しゃべってお仕事してるだけで十分なんじゃないかな…)

はっぴー☆チアー☆



そら「むむっ、プロデューサー今日もはっぴーだね☆」



P「ん?いつもどおりだぞ?」



そら「いつもはっぴー☆だぶるぴーす☆」



P「お、おう」



智香「Pさんからは応援魂を感じます☆」



P「なんだ智香まで」



智香「そのバンザイポーズにはぜひポンポンをっ☆」



P「だれかたすけてくれー」

ざりがにPとおおきいお山



(及川さんデスクワークのお手伝い中)



雫「あれー?Pさんどこですかー?」



P「下だよ下」



雫「えー?どこですー?」



P「なんというか、そのな、立派なお山の下だ(ムギュウ」



雫「???」



愛海「大変!プロデューサーを救出しなきゃ!(ワキワキ」



P「どっから湧いて出た」



愛海「お山あるところどこでも駆けつけるよ!じゃあ雫さん失礼して…」



P「きよらさーん」



清良「呼びました?あら…(キュッ」



愛海「」



雫「Pさんすいませんー大丈夫ですかー?」



P「あ、はい、大丈夫です」



雫「苦しかったですかー?顔まっかですー」



P「大丈夫です元からです」



麗奈(何で敬語になってんのよ…)

ざりがにPとホラー



P「なに見てるんだー?」



涼「ホラー映画」



小梅「Pさんも…み、観る…?」



P「あー、悪い…ちょっと苦手だな」



小梅「に、苦手な人…多いもんね」



P「ホラーってグロい描写も多くないか」



涼「あー、まあ他のジャンルよりはな」



P「そーいうのがちょっとな」



P「皮膚がドロドロになってたり」



涼「Pさん脱皮するじゃん」



P「…手とか足とか千切れたり」



小梅「Pさん…ま、また生えてくる…よね…?」



P「……仕事やめた、俺も見る」



奈緒(折れたな)

次の日



P「うう…眠れなかった」



真奈美「どうした?」



P「小梅たちとホラー映画を…」



真奈美「なんだ、しかたないヤツだな」



P「平気だと思ったんですけどねー、やっぱり自分の事とは違いますね」



真奈美「うん?」



P「生きたまま皮を剥がれたり」



真奈美「ふむ」



P「手足を千切られたり」



真奈美「ああ」



P「内臓をかき出されたり身体を真っ二つにされたり」



真奈美「P、すまないが君が言うと調理シーンしか思い浮かばない」

ざりがにPと釣り好きな子



柚「Pサンほーらするめだよー(プラーン」



P「するめ!(パクー」



P「ハッ、こら、またお前は…俺も仕事があってだな」



七海「ほらーするめれすよぉ〜(プラーン」



P「するめ!!(パクー」



P「ハッ、だからお前ら」



肇「2人とも、お仕事の邪魔しちゃいけませんよ?」



柚「はぁーい」



七海「わかったれす〜」



P「…悪いな」



肇「いえいえ、あんまり怒らないであげてくださいね」



P「わかってるよ、しかししっかりしてるなぁ肇は」



肇「いえ…そんな」







肇(私も釣ってみたいって言ったら怒るかな…)



奈緒(肇のやつ後ろ手にするめ持って何してるんだ)

ざりがにの呪い?



奏「…」



比奈「どーしたんでスか奏ちゃん、プロデューサー凝視して」



奏「お伽話とかであるじゃない?キスで呪いが解けて王子様が元通りみたいなお話」



比奈「あー、ありまスね」



奏「Pさんももしかしたら、なんて…」



スルメ!パクー!ハッ、オロシテクレー!!



奏「ないわね」



比奈「ないでスね」

ざりがにPとバイク



里奈「プロデューサー!こんどツーリングいこ!」



P「おー、たまにはいいな」



拓海「なんだよP、アタシらが誘っても行かねーのに」



夏樹「そうだぜPさん、里奈だけ特別扱いかー?」



P「えー…だってお前ら飛ばすじゃん」



里奈「うんうん」



拓海「おいおいビビッてんのかー?情けねえなぁ」



夏樹「大丈夫乗ってりゃ慣れるって」



P「いや、乾くんだよ体が」



夏樹「あぁ…」



里奈「まぢ命の危機ってヤツ?」

悪のざりがに星人現る



薫「光お姉ちゃんあれやってあれー!」



雪美「見たい…」



光「よし、正義のヒーロー!南条光見参!!事務所の平和はアタシが守るっ!」



光「敵は…えーと、敵は…(キョロキョロ」



亜里沙「あら?ありさ先生がお手伝いしましょうか?」



亜里沙「ウーサウサウサ、この事務所は頂いたウサー」



薫「ウサコちゃん!?」



雪美「ウサコ…かわいい」



光「うっ、ウサコちゃんはちょっとやりにくいな…!」

亜里沙「困ったわね〜」



亜里沙「あ、プロデューサーさんちょっと失礼します♪(ヒョイ」



P「えっ、わっ」



亜里沙「ザーリザリザリ、悪のザリガニ星人だザリー(だみ声」



P「」



亜里沙「目に付いた女の子を片っ端からアイドルにしてやるザリー(だみ声」



P「」



(中略)



亜里沙「やーらーれーたーざーりー(だみ声」



光「悪のザリガニ星人は倒したぞ!もう大丈夫だ!」



薫「光お姉ちゃんかっこいー!」



雪美「すごい…」



亜里沙「ごめんなさいね〜プロデューサーさん」



P「あー、いえ、薫たちも喜んでたので…(グッタリ」



麗奈(ノリノリで振り回してたわね…)

ロッキングざりがにP



夏樹「おはよー」



涼「おはよーす」



P「おはよう、ロックフェスはどうだった?」



涼「久々だったけどさ、やっぱ野外はいいね」



夏樹「涼は走り回りすぎだって…はしゃぐのもわかるけどな」



涼「い、いいじゃんか別に…!それよりPサンも来ればよかったのにさー」



P「いやー…夏場の炎天下に長時間はなあ。お前たちがゆっくり楽しめたならいいじゃないか」



夏樹「わざわざオフ合わせてくれて悪いな、Pさん」



涼「レッスンスタジオ借りて何かやるか!?」



夏樹「あちゃー…スイッチ入っちゃってるよ」



涼「アタシがボーカル、夏樹がギター」

P「李衣菜は?」



夏樹「アイツちゃんと練習してないからなぁ…」



P「…知ってた」



涼「ベースは…凛?」



夏樹「ドラム叩けるヤツいたっけ」



涼「ライラがこないだやってたじゃん」



夏樹「あーそっか」



夏樹「…」



P「なんだ、じっと見て」



夏樹「Pさんバンザイしてみてくれよ」



P「おう?(バンザーイ」



夏樹「スティック持たせたら似合いそうだな…」



涼「…っ!!(プルプル」



夏樹「あ、ツボに入った」

芸術はざりがにだ



由愛「あの…Pさん」



P「うん?」



由愛「絵のモデルになってもらえませんか…?」



P「もちろんいいけど改まってどうしたんだ?」



由愛「学校の宿題の期限が近くて…できれば事務所で描きたいんです」



P「うん」



由愛「人物画なんですけど…」



P「ちひろさーん」

ざりがにPと天才



晶葉「助手、ちょっとこれ切ってくれ」



P「ほいほい(チョキン」



晶葉「このコードも頼む」



P「はいよ(チョキン」



晶葉「あとはコネクタで繋いで…よし、できたぞ」



P「ところで何だこれ?」



晶葉「『なんでも絶妙の火加減で調理するロボ』だ!」



P「もしかして!」



晶葉「察しがいいな、助手よ」



晶葉「そう、このロボにかかればスルメもいっそう美味しく!」



P「一生着いて行きます博士!!」



晶葉「へへん♪」



裕美「ねぇ、これもしPさんが捕まったら…」



晶葉「あっ」



P「電源コードはこれかなー(チョキン」



晶葉「あーっ!」

ざりがにPとお風呂?



くるみ「くるみ、お風呂すき!」



瞳子「温泉はいいわよ」



イヴ「ドラム缶のお風呂も悪くなかったですよぉ〜」



P「普通の風呂だと煮えるか沈むな…」



真奈美「これなんかどうだ?」



P「どんぶり…あっ、サイズはいいかも」



楓「入浴剤はいかがですか?」



P「いい笑顔で味噌持ってこないでください」



加奈「じゃあわたし入浴剤買ってきます!」



P「お約束もいらない」



加奈「うっ、な、なんのことですか!」



真奈美「ダシが出てるところにそばつゆでは味がくどくなるな」



P「的確な助言もいらないです」

世話焼きはじめちゃんとざりがにの隠れ家



肇「あの…焼きましょうか?どんぶり」



P「えっ」



肇「Pさんのお風呂に」



P「いやいや、気を使うなって。そもそも仕事以外は水の中なんだから」



肇「そうですか…」



〜後日〜



P「ん?誰か水槽の植木鉢変えたか?」



肇「私が焼きました、素焼きですけど」



P「すげー(バンザ-イ」



奈緒(嬉しそうだな…)

演技派ざりがにP



拓海「森久保ー、出てこーい」



乃々「もりくぼは…隠れますし…」



智絵里「乃々ちゃーん、お仕事いこう…?」



乃々「もりくぼは…篭城ですけど…机の下…」



P「うわー」ヒュー、ポテン



乃々(ビクッ)



乃々「プ、プロデューサーが降ってきた…!?びっくりぃ…」



P「いてて、足滑らした…」



P「乃々、悪いけどデスクに乗っけてくれないか」



乃々「あ、はい…」ヒョイ



拓海「よーし、出てきたな。いいアシストだぜP」ガシッ



乃々「はっ、つ、つかまりましたけど…」



智絵里「もう…だめですよ乃々ちゃん」



乃々「へるぷみぃ…」



P「わははは、諦めていってこーい」



乃々「うらぎりものぉ…」ズルズル







P「…うぅ、いたいんですけど…」



奈緒「乃々がうつってるぞPさん、っていうか大丈夫か」

ゆけゆけざりがにP



P「ただいまー」



ちひろ「おかえりなさい、あら?そちらは?」



つかさ「なんかおたくのざりがににスカウトされたんだけど」



P「このルックスとスタイルのうえ起業家ですよ、逸材ですって」



ちひろ「まあ…」



つかさ「余裕っしょ、知らんけど」



P「おー言ってくれるじゃないか、まぁ習うより慣れろだよ」



つかさ「そもそもお前の方が大丈夫なん?」



ちひろ「大丈夫ですよ、できる方ですから。こう見えても」



P「こう見えてもって…」



つかさ「…ま、ざりがにだわな」





おわりん



22:30│木場真奈美 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: