2014年10月20日

P「最近貴音がワガママになってきたんです」

小鳥「貴音ちゃんがですか?」





P「はい……本当、困ってしまって」







小鳥(あの大人びた貴音ちゃんがワガママ……)





小鳥(う〜ん……想像できないわ)





小鳥「それで、どんな風にワガママに?」





P「それがですねぇ……」





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413537680



P「この前、収録がありまして」





小鳥「はい」





P「で、少し用事があったので、俺だけ現場を離れようとしまして」





小鳥「はい」





P「そしたら、貴音が腕に抱きついて来て」





P「ここに居て欲しいってワガママ言い出しちゃいまして」





小鳥「はいはいはい、ワァオ」





小鳥「って、惚気話かーーーーーい!」ビシッ!





小鳥「……はい、解散」





P「い、いや、解散じゃなくて!相談に乗って下さいよ!」



P「あと、あるある探検隊はちょっと古いかと……」





小鳥「古いとか言うな」





小鳥「プロデューサーさん、それ絶対惚気話ですよね?」





P「違いますって!相談ですよ!相談!」





小鳥「あー、はいはい、ノロケる奴ほどそう言うんですはいはい」





P「だから、ただの相談ですって!」





P「で、さっきの話の続きですけど……」



ーーーPの回想ーーー





P「いやぁ、収録が終わったら戻るから」





P「だから、な?腕を離してくれないか?」





貴音「……………」ふるふるっ





P「そんな、子供みたいに顔を振って嫌がられても……」





貴音「………あなた様」





貴音「いつもの収録は、あなた様が見ていてくださったので上手く出来るのです」





貴音「あなた様がいない、仕事だなんて……」





貴音「心細く……不安で、仕方ありません」ギュッ





P「た、貴音、胸が俺の腕に……」





貴音「お願いです……あなた様ぁ……///」ギュウウ…



P「はぁ……わかったよ」





貴音「!!」





P「最後まで、お前の仕事ぶりを見させてもらうよ」





貴音「真ですか!?」





P「あぁ、おとk……真だよ」





貴音「ありがとうございます、あなた様」ぺこっ





P「いや、なに。用事もそんな大した物じゃなかったしな」





貴音「用事とは?」





P「あぁ、仕事が終わったらどこかで貴音とラーメン食おうと思ってな」





P「それで、すぐに行けるようにラーメン屋を探しとこうと思ってな」





貴音「なんと!らぁめんを……」



P「あぁ、一緒になって探すのなんて面倒で嫌だろ?」





P「だから、探しに行こうと……」





貴音「……いいえ、そのような事はありませんよ」





P「え?」





貴音「あなた様とならば、それも一興……///」





貴音「なので、今は現場で私を見ていてください」





P「そうか……貴音がいいなら、それでいいさ」





P「じゃあ、仕事が終わったら一緒に探すか」





貴音「はい、とても楽しみです……ふふふ///」





ーーーPの回想終了ーーー

P「で、その後一緒にラーメン食いに行って……」





小鳥「うわぁー………伸びてるわぁー」パチンッパチンッ





P「って、何爪切ってるんすか!」





P「しかも足の!」





小鳥「えぇい、じゃかぁしぃ!」バンッ!





P「ピイッ!」ビクッ!





P「び……びっくりした……急に机叩いて」





P「切った爪が少し飛びましたよ」





小鳥「思ったより飛びましたね」





小鳥「それより、やっぱ惚気じゃないですか!」

小鳥「何気に貴音ちゃんにサプライズしやがって!」





小鳥「悲劇のない恋愛ドラマ見てる気分だったわ!」





P「いや、だから惚気じゃなくて相談ですって!」





P「この貴音のワガママを、俺は治したくてですねぇ……」





小鳥「プロデューサーさんの朴念仁を治せば治りますよ」





P「は?僕人参?なんですかそれ?」





小鳥「はぁー……もういいです、私仕事します」カタカタ





P「ちょっ……聞いて下さいって〜!小鳥さん!」





P「『隣のPマンが何か言ってるナウ』とか呟いてないで〜」







小鳥「うわっ、クソリプ来た……」カタカタ

P「あっ、他にも相談があるんです!」





小鳥「そこにはるかさん人形があるので、どうぞ」カタカタ





P「ちょっ、嫌ですよ!人形が相談相手なんて!」





P「俺は、小鳥さんがいいんです!小鳥さんが!」





小鳥「……………………」





小鳥「それで、どんな相談なんですか?」





P「あ、はい、それがですね……」



P「最近、響が自信を無くしたらしく……」





小鳥「え?いつも、自分完璧だぞ!って言ってる響ちゃんが?」





P「はい……そうなんです」





P「自信が無くなったって、響の方から相談されまして……」





小鳥「そうなんですか……どうしたんでしょうね、響ちゃん?」





P「だから、俺がハグをしながらなでなでをして、励ましてやってるんですけど……」





小鳥「はい、撤収ーーーーーーー!!」





P「え、ちょっ」

小鳥「皆の者ーーーーーー!撤収じゃーーーーーーーーー!!」





P「な、何言ってるんですか、小鳥さん!」





小鳥「ナニイッてんのはあんただよ!!」





小鳥「なんですか!ハグしながらなでなでって!」





P「響がそうした方が自信が出るって言うから……」





P「最初は俺も断ってたんですけど、どうしてもって言うので……」





小鳥「じゃあ、あたしが言ったらしてくれるんですか!?」





P「いや、小鳥さんは事務員だからセクハラになっちゃいますし……」





小鳥「アイドルも十分セクハラです!」バンッ!





P「で、出た、2発目……」





小鳥「半沢直樹を思い出します」





P「で、続きなんですけど……」

ーーーPの回想ーーー





響「ん〜〜、もっと撫でて撫でてぇ〜///」スリスリ





P(……響とハグしながらなでなでするのも、もう長い時間が経ったなぁ……)





P「な、なぁ、もう十分だろ?離れるぞ」スッ





響「あっ………」シュン…





響「……あ、あとちょっとだけぇ……///」チラッ





P「ダメだ、もう十分だろ?」





響「うぅ…………」





P「ほら、時計の太い針が一つ進んだじゃないか」





P「もう大丈夫だろ?な?」





響「で……でも、あとちょっとだけ……///」





P「もうダメだ。さっ、もう帰ってゆっくりと休んでだな……」くどくど





響「……………」





響「うっ……ううぅ……」グスッ





P「!!」



P「なっ……どうした!?泣き出して!?」





響「プロデューサーは……自分なんかどうでもいいんだぁ……」グスッ





P「え?」





響「プロデューサーは、自分の事なんてどうでもいいから……」





響「はやく家に返そうとするんだぁ!」





P「ま、待て待て!そんなわけないじゃないか!」





響「いいや、絶対そうだ!そうに違いないぞ!」





響「プロデューサーは、自分の事を……」グスッ





P「違う!」ギュッ!





響「あっ……///」ドキッ





P「……急に、ハグして悪かった」





P「けどな、響。俺はお前の事がどうでもいいだなんて考えたことが無い!」



響「………ほ、本当?」





P「本当だ!保証する!」





P「俺は、響の事をいつだって大切に思ってるからな!(アイドルとして)」ギュウウ





響「プロデューサー……///」





響「……じゃあ、このままプロデューサーの家、泊まってもいい?」





P「あぁ!いいぞ!」





P「俺は、響の事を大切に思ってるんだ!それぐらい朝飯前よ!(アイドルとして)」





響「えへへ……じゃあ今夜のご飯、自分が作ってあげる!///」





P「おっ、それは嬉しいな」





響「だから、残さずに食べてね?プロデューサー?///」





ーーーPの回想強制終了ーーー



小鳥「え、ちょ、待って?」





P「はい?なんですか?まだ続きが……」





小鳥「これ、プロデューサーさんの家の話ですか?」





P「あ、はい。休日は大体アイドルが遊びに来るんで……」





小鳥「遊びに来るんで……じゃ、なぁーーーい!」バンッッ!





P「おぉ……ドンキーコンガ…」





小鳥「両手で机叩くんじゃなかった…痛ぇ…」





小鳥「というか、アイドルを休日に家に招いてるんですか!?」



P「いや、急に遊びに来るんですよ」





P「毎週日曜日に」





小鳥「なんですかその週間少女サンデーは!!」





P「多分、今週は亜美じゃないかな?先週は真美だったし」





小鳥「しかも双海姉妹セットじゃなくて、一人一人て!!」





P「まぁ、それはいいんですよ。それより響が……」





小鳥「響ちゃんの話より、プロデューサーさんの日曜日の方が気になりますよ!」



小鳥「あー、もういいです、話し聞くのやめます」





小鳥「これ以上、プロデューサーさんの惚気話を聞いてたら自分が惨めに思っちゃいます」





小鳥「さっ、仕事仕事」カタカタ





P「そ、そんな〜!」





小鳥「他の相談もあるんで、それにも乗って下さいよ〜!音無さ〜ん!」ゆさゆさ





小鳥「揺さぶられても、我は動じぬ」ゆさゆさ





P「一生のお願いですからぁ〜、ピヨピヨ〜」ゆさゆさ





小鳥「もうすぐする9thライブには、玲音ちゃんでもゲストに呼びますかね〜」ゆさゆさカタカタ





P「お願いしますって〜!珍しく仕事してる小鳥さ〜ん!」ゆさゆさ





P「俺、悩みを聞いてくれる女性って超タイプなんですよ」





小鳥「……………………」





小鳥「で、他の相談って?」





P「はい……実はですね」

P「美希がですね……ハニーって呼んでくれなくなったんです」





小鳥「えっ!?あの美希ちゃんが!?」





P「はい……前は、ハニーってあだ名で呼んでくれてたのに……」





小鳥「…………………」ジー





P「え、なんでそんなジト目で見て来るんです?」





小鳥「いや、どうせまた何かいい思いしてるんじゃないかと思いまして」





P「えぇ!?なんですかそれ?」

小鳥「どうせ、代わりにダーリンとかマイハニーとか言われてるとかの落ちでしょ?」





P「いえ、昔みたいに、そこの人って言われるようになりまして……」





小鳥「っしゃあ!ライバル減りーの!」ガシッ!





P「……どうしました?ガッツポーズなんかして?」





小鳥「いえ、何も」





小鳥「そうですか……美希ちゃんに嫌われちゃったんですかね?」





P「えぇ……それで、気になって本人に聞いたんですよ」



ーーーPの回想ーーー





P「美希……どうしたんだ?」





美希「…何がなの?そこの人」





P「それだよ、それ」





P「なんで急にそこの人って……前はハニーって」





美希「…………だって」





美希「ハ……そこの人ってば、他のみんなとイチャイチャしてるもん!」プイッ





P「イチャイチャって……そんなのしてないよ」





美希「嘘!だって、響がこの前プロデューサーにハグされながらなでなでされたって……」





P「なっ……言っちゃったのか、響のやつ……」





美希「ほら!やっぱり!」





美希「ムゥ〜……浮気はヤ!なの!」プイッ

P「そんな、膨れっ面にならないで……な?」





美希「もう、ハニ……そこの人なんて、知らないもん!」





P「……わかったわかった」





P「じゃあ、美希のお願いも聞いてやるから」





美希「え!?いいの!?なんでも!?」





P「あぁ、出来る限りの事ならな」





美希「……じゃあ、響にした事ミキにもやって欲しいの!」





P「え?い、いいのか?」





美希「やって欲しいの!お願い!ハニー!」





P「まぁ、美希がいいのなら……はい」ギュッ





美希「んっ……なでなでも!」





P「はいはい」なでなで





美希「ん〜……気持ちいいのぉ……///」トロ〜ン



P「……あのな、美希」なでなで





P「俺は、美希の事だってちゃんと考えてるんだからな?」なでなで





美希「………………」





P「だから、前みたいにハニーって……」なでなで





美希「……ダメ、なの」





P「そ、そんな……」なでなで





P「どうすれば、前みたいに呼んでくれるんだ?」なでなで





美希「……ハニーが、ミキとずーっと居てくれたら!」





P「ずーっとは難しいなぁ……」なでなで





美希「ムゥー……じゃあ、ダメなの!」プイッ





P「そんな……困ったなぁ……」なでなで







ーーーPの回想終了ーーー



P「困ってるんですよ……本当」





小鳥「ロードオブヒーローガシャ……これはゲッチュしなければ!!」





P「ちょっと!何アイドルのソシャゲやってるんですか!」





P「俺の話を聞いて下さいよ!」





小鳥「何クレイジーバンドみたいに怒ってるんですか」





P「小鳥さんが、俺の相談に乗ってくれないからでしょ!?」





小鳥「相談じゃなくて、惚気でしょ!それは!」





P「だから、違いますって!相談ですって!」

小鳥「もーーーいいです!あたし、帰ります!」





P「えぇー!相談に乗って下さいよぉ〜!」





小鳥「ほら、プロデューサーさんも一緒に帰るんですよ」





P「えっ?……あっ、そうか」





P「今日は、小鳥さんの家に泊まる日か」





小鳥「そうですよ」





小鳥「ほら、今日は一緒に徹夜でガキ使観ましょ!ガキ使!」スクッ





P「えー……小鳥さん、俺が引くぐらい笑いますからねぇ……」スクッ





小鳥「なっ……!じゃ、じゃあ、笑ってはいけないルールにしましょう!」スタスタ





P「じゃあ、罰ゲームは……」スタスタ







ガチャッ





バタンッ























高木「…………………」







高木「行ったねぇ………」



高木「………………」





高木「………………」





高木「………………」





高木「………………」





黒井「………………」





黒井「ガキ使だってな……」





高木「あぁ…………」





高木「………………」





黒井「………………」





高木「………………」





黒井「………………」





高木「………………」





黒井「………………」

















23:30│アイマス 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: