2013年12月19日

モバP「雪美の交友関係」

雪美「P……お願いがある……」

P「ん?」

雪美「膝に……載せて……」


P「おう、いいぞ」

雪美「ふふっ…ここが…私の居場所……」

P(雪美は普段俺と居るときは俺にべったりだけど俺が居ないときは誰と話してるんだろう、気になるな)

P「というわけでどうなんですかちひろさん?」

ちひろ「雪美ちゃんですか? あ、そういえばこんなことがありましたよ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1386441807

【蘭子の場合】

ガチャッ

蘭子「闇に飲まれよ!」

雪美「闇に……飲まれよ……」


蘭子「宵の闇ではあらぬか!今はひと時の安寧か?(雪美ちゃん、これからお仕事?)」

雪美「戦は終わりを迎え……ただ安息の地にて……魔導師を待つ……(お仕事は終わって今はプロデューサーを待っています)」

蘭子「ならば我も今は座して共に凱旋をまとうぞ(それじゃぁ一緒にまってようね〜)」

雪美「≪瞳≫を持つもの……我を安息の地へと……導きたまへ……(蘭子さん、お膝に載せてください)」

蘭子「よかろう!我が≪腕≫(かいな)の中で経典を刮目せよ!!(うん!!いいよ!!一緒に雑誌みよ!!)」

ちひろ「ってなことがあったんですよ」

P「雪美は蘭子の言葉がわかるんですね」

ちひろ「反対に考えると蘭子ちゃんは10歳の女の子に合わせてもらってるんですよね……」

P「あっ……」

ちひろ「あっ…あ!そういえばこの前は……」

【森久保ののの場合】

のの「お仕事とかむーりぃー」

のの「もう…ここに住みますし…」

ペロ「にゃぁ」

のの「せっ、先客……うぅ、退いてほしいです」

雪美「ペロ……邪魔?」

のの「えっ…あっ…別に邪魔というわけではありませんけど……」

雪美「ペロ…おいで……」

ペロ「にゃぁ!」

のの「あ、ありがとうございます」

雪美「机の下…暗くて落ち着く……」

のの「もりくぼはもう…ここに住みますし…」

雪美「私も…一緒……」

のの「と、隣に座られると狭いんですけど……」

雪美「ののと…ペロと…一緒……暖かい……」

ちひろ「そのまま机の下で寝てたんですよ〜可愛いですよね」

モバP「今度からちゃんと机の下も掃除しておきます」

ちひろ「そうですね。あ、掃除といえば川島さんが……」

【川島瑞樹の場合】

瑞樹「〜♪」

雪美「瑞樹…お掃除…好き?」

瑞樹「ええ、好きよ。それにP君にはいつもお世話になってるじゃない?」

雪美「うん」

瑞樹「だからP君が仕事をしやすいように片付けてるのよ」

雪美「……」ナデナデ

ペロ「にゃ〜」ゴロゴロ

瑞樹「〜♪」

雪美「……ママ」

瑞樹「えっ!?」クルッ

雪美「……」カァアア

瑞樹「がっ、学校の先生を間違えてママとかパパって呼んじゃうことあるわよねっ!わかるわ!」

ちひろ「誰しも一回はやっちゃいますよね……」

モバP「でも確かに川島さんなら雪美のママでもぎりぎり通りそうですけどね」

ちひろ「ひどいわ」

モバP「ものまね上手ですね」

ちひろ「あ、ものまえといえば奈緒ちゃんと加蓮ちゃんがいたときは……」

【神谷奈緒と北条加蓮の場合】

奈緒「ふーん?アンタが私のプロデューサー?ま、悪くないかな?」

加蓮「ん〜、もうちょっとツーンとした感じじゃなかった?」

奈緒「いまのはなかなかいけてたと思ったんだけどなぁ。加蓮やってみてよ」

加蓮「ふ〜ん、アンタが私のプロデューサー?まっ、悪くないかなっ」

奈緒「ん〜もうちょっと落ち着いたトーンじゃなかった??」

加蓮「かなぁ?」

雪美「ふーん、アンタが私のプロデューサー?……まあ、悪くないかな…」

奈緒「それだっ!!」

加蓮「すごい!雪美ちゃん今のそっくりだったよ!」

奈緒「もっかい!もっかいやって!!」

雪美「うん……ふーん、アンタが私のプロデューサー?……まあ、悪くないかな…」

奈緒「雪美意外とものまねもいけるんじゃないか??」

加蓮「雪美ちゃんってなんか凛の進化前って感じするもんね」

奈緒「なんだよそれ!ポ◯モンかよ!!」

ちひろ「私も聞いてましたけど結構似てましたよ」

モバP「無口だと思ってましたけど意外とそんなこともするんですね」

ちひろ「無口といえば」

モバP「のあさんですか?」

ちひろ「そうです」

【高峰のあの場合】

のあ「ペロ…」ナデナデ

ペロ「にゃっ」

のあ「にゃぁ……」シュン

雪美「のあ……どうしたの?」

のあ「ッ!?……猫は…きまぐれね」

雪美「……?…ペロ…わがまま?」

のあ「そうではないわ…猫とはそういうものだから…」

雪美「ペロ…いい子…」

のあ「そうね…ペロは貴女の前ではまるで従順な犬のよう……」

雪美「ペロ……犬なの?」

のあ「ペロの持つ猫の性質を変化させてしまうのよ、貴女のその穏やかで優しい瞳が」

雪美「のあの目も……綺麗……髪も……」

のあ「貴女の髪こそほんとうに素敵…髪は夜空を彷彿とさせ瞳は星を想わせる…」

雪美「あ、ありがとう……///」

のあ「wish upon a star……なんて」

雪美「うぃっしゅ…あっぽん…あすたー?」

のあ「ふふっ…今はその言葉の音だけを覚えておきなさい、そうすればいつか意味にであるから」

雪美「うぃっしゅ…あっぽん…あすたー」

ちひろ「あの二人は本当に絵になりますね」

モバP「確かに、いい組み合わせですね」(今度はあの二人のユニットを考えてみよう)

ちひろ「いい組み合わせといえばやっぱり……」

モバP「??」

ちひろ「えっ、わかりませんか?」

モバP「すみません、最近は出突っ張りでなかなかみんなのこと見てあげられてなくて」

ちひろ「確かに、それで晴ちゃんのことなんですけど」

モバP「晴と雪美ですか。想像つかないですけどね」

【結城晴の場合】

晴「うーっす…って雪美だけか」

雪美「うん……」

晴「あいつはいねぇのか?」

雪美「うん…おでかけ…」

晴「ちくしょう、せっかくサッカーしようと思ったのによぉ」

雪美「……する?」

晴「そんな服装ではできねぇよ、やめとけ」

雪美「ちょっと待ってて……」

晴「えっ?あ、おい!どこいくんだよ!」

晴(………あいつちょっとまっててってなんなんだよ)

ペロ「にゃぁ」

晴「おい!勝手にボールに触ってんじゃねぇ!」

ペロ「にゃぁ…」シュン

晴「わ、悪かったな……別にちょっとぐらいならいいぞ…」

ペロ「にゃぁ!」

雪美「これでいい?」

晴「おっ、お前わざわざジャージに着替えたのかよ」

雪美「これで…サッカー…できる?」

晴「お、おう」

雪美「よかった…」ニパァ

晴「い、いくぞ///」(うっ…なんだこいつっ……意外と可愛いじゃねぇか……)

ちひろ「いやぁ、良いカップルですね〜」

モパP「晴は女の子ですけどね」

ちひろ「愛さえあれば性別なんてどうだっていいんですよ!!」

ちひろ「………ま、まぁやっぱり年が近いほうが接しやすいんじゃないですか?」

モバP「とはいえ雪美はうちの事務所では最年少だからなぁ」

ちひろ「そうですねぇ、一番年が近いのは11歳の佐々木千枝ちゃんですね。千枝ちゃんとは……」

モバP「あ、そういえば雪美と千枝とは確か……」

ちひろ「おっ、今度はモバPさんが話してくれるんですか? これは期待ですね」

【佐々木千枝の場合】

雪美「〜♪」

千枝「あ〜、雪美ちゃんPさんのお膝の上に乗ってる〜」

モバP「お帰り千枝、一人で大丈夫だったか?」

千枝「う、うん……」

モバP「どうしたんだ?」

千枝「千枝…上手に出来たかな……」

モバP「千枝のことだからきっと上手にできたさ、大丈夫」

雪美(千枝…Pに…頭撫でられて…嬉しそう……いいな……)

雪美「P…頭……撫でて……」

モバP「えっ、おう。こうか?」

千枝「(ちっ、こいつ……)Pさん、お仕事はもう無いの?」

モバP「はっ、ありがとう千枝やり残していたことを思い出したよ。すっかり忘れるところだった」

千枝「雪美ちゃん、モバPさんお仕事するからあっちで遊んでよ」

雪美「…………うん」

モバP「千枝は偉いな〜」ナデナデ

モバP「よく気のつくいい子でしょ?」

ちひろ「えっ、あぁ、そうですね……」

モバP「なんだか微妙な反応ですね。やっぱりちひろさんがお話してください」

ちひろ「え〜、これでも結構話ましたよ?」

モバP「今度は反対に雪美と年齢が近くない人との関わり方について聞かせてください」

ちひろ「あ、そういえばこないだ三船さんが……」

【三船美優の場合】

美優(パソコン、誰も使ってないから使ってもいいよね……)

美優「パソコン使いますよ〜」ポチッ

美優「あれ??」

美優「つ、使いますよ〜」ポチッポチッ

美優「おかしいな……」

雪美「美優…どうしたの?……」

美優「あ、雪美ちゃん。あのね、どうしてもパソコンがつかないの」

雪美「ペロ……」

ペロ「にゃぁ!」

美優「あっ!ペロちゃんそんなところ汚いから入ったらダメ!!」

ペロ「にゃっ」

雪美「……わかった」ガサゴソ

美優「あっ、雪美ちゃんまでそんな狭いところに……」

雪美「……美優、パソコン……」

美優「えっ? 直ったの?」

雪美「……」コクッ

美優「そ、それじゃぁ。使いますよ〜」ポチッ

ブォォォォォォォォォォォォ

美優「すごい!動いたわ!!」

雪美「……」ブイッ

美優「ありがとう雪美ちゃん!ペロちゃんも!!イエイッ」ブイッ

ペロ「にゃぁ!」

モバP「三船さんって機械音痴だったんですね」

ちひろ「未だにガラケーらしいですよ」

モバP「へぇ」

ちひろ「あ、でも今度和久井さんに薦められてスマホにするとかなんとか……」

モバP「スマホといえばありすはいつもタブレットを持ってますよね……」


【橘ありすの場合】

ありす「………」ぽちぽち

雪美「……なにしてるの?」

ありす「ゲームをしているんです。集中しているので話かけないでください」

雪美「……ごめんなさい……」

ありす「わかればいいんです」

雪美「ペロ…遊ぼう……」

ペロ「にゃぁ」

雪美「ねこじゃらし…………いたずらね…………」フリフリ

ペロ「にゃっ、にゃっ!」シュッシュッ

ありす「…………」

雪美「ペロ……とっておいで……」コロコロ

ペロ「にゃ〜」タッタッタッ

ありす「もう!いい加減にしてください!!」

雪美「……?」

ありす「集中できないじゃないですか!」

雪美「ありすも…ペロと…遊ぶ??」

ありす「名前で呼ばないでください。とにかく気が散るので……」

雪美「……どうぞ」

ありす「だ、だからねこじゃらしなんて要りませんってば!」

ペロ「ウルウル」

ありす「……し、仕方ありませんね。ちょっとだけですよ」

ペロ「にゃぁ〜♪」
―――――数十分後

ありす「ペロ〜」

ペロ「にゃぁ〜」

ありす「えへへ」

雪美「……ふふっ」

ありす「あっ!……あの……さ、佐城さん」

雪美「雪美」

ありす「雪美さん、あの……ありがとうございました」

雪美「こちらこそ…ありがとう……ペロ……喜んでる……」

ありす「それと、さっきは怒鳴ったりしてすいませんでした」

雪美「いいよ……」

ありす「じゃ、じゃぁまたペロと遊んでもいいですか!?」

雪美「うん、いいよ……」

ありす「ありがとうございます!!」ニッコリ

モバP「もうどっちが年上かよくわかりませんね」

ちひろ「ありすちゃんはませてるように見えてまだまだ子どもですからね」

モバP「確かにありすの扱いには当初は少し困りましたね」

ちひろ「確かに最初は冷たかったですもんね」

モバP「最初は冷たかったといえば凛も……」

【渋谷凛の場合】

凛「……」ペラッ

雪美「……凛わんわん?」

凛「ギクッ……雪美、急にどうしたの?」

雪美「これ…犬の毛?」

凛「えっ、あっ、あぁ……そうだよ。犬、飼ってるんだ」

雪美「犬……」

凛「ハナコっていうんだ。とっても可愛いんだよ」

雪美「ハナコ……」

凛「雪美は犬派?猫派?……って、もちろん猫派だよね」

雪美「犬も…好き……可愛い……」

凛「そうなんだ。ほら、これがうちの犬だよ」

雪美「ハナコ……可愛い……」

凛「散歩がとっても好きなんだ。私がリードを持った瞬間私の周りをぐるぐる走り回っちゃってさ、この前なんかも……」

雪美「うん……」キラキラ

凛「でさ……あっ、ごめんね雪美。ハナコのことになるとつい話過ぎちゃって……」

雪美「いいの……凛のそんな嬉しそうな顔…初めて見た……」

凛「えっ?そうかな…………やっぱり、冷たく見えるのかな」

雪美「そんなことない…凛は…優しいから……」

凛「ありがと」ナデナデ



ちひろ「雪美ちゃんと凛ちゃんはなんだか、姉妹に見えますよね」

モバP「確かに」

ちひろ「……と、まぁとにかく雪美ちゃんは事務所のみんなと仲良くやってますよ」

モバP「それを聞いて、安心しました。今日はありがとございます」

ちひろ「いえいえ、私もアイドルのお話をするのは大好きなので構いませんよっ!」

モバP「それじゃぁお先に、お疲れ様です」

ちひろ「はーい、おつかれさまでーす」

終わり

10:30│佐城雪美 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: