2013年12月21日

小鳥「プロデューサーさんのひとり言が凄い」

・ほとんど書き溜めしてあります。
・地の文無しです、なので描写がイメージしにくい部分もあるとは思いますが何卒ご容赦を。
・亜美真美お誕生日おめでとう!! まったく関係ないSSでごめん!!!

つぁーっと書き込んで行くので、よろしくお願いします。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1369231479

小鳥「プロデューサーさんのひとり言が凄い」

春香「ひとり言……、ですか?」

律子「そうなのよ、私もこの前応接間で作業してたら、偶々聞こえちゃってね」

伊織「で? だからどうしたってのよ、愚痴を言ってるわけでも無いんでしょ?」

雪歩「うぅ、私たちの悪口だったらどうしよぉ・・・」

美希「ハニーに限ってそれはあり得ないの! だよね、小鳥?」

小鳥「えぇ、そうなんだけど・・・」
真「だったら良いんじゃないですか?」

あずさ「そうねぇ、一人暮らし長いとひとり言が多くなるって言いますし」

響「自分も一人暮らししてるからひとり言いっぱい喋ってるぞ!」

亜美「ひびきんの場合、ペットたちとおしゃべりしてるからノーカンじゃん?」

真美「だよね→、むしろ大家族なんじゃん?」

やよい「大家族といえば、うちもたくさん居ますけど、ひとり言は言わないですー!」

千早「高槻さんはそれで良いと思うわ」

貴音「して、小鳥嬢、みなをここに集めた理由は?」

小鳥「良くぞ聞いてくれましたァッッッ!!」

全員「!?」
小鳥「皆をここに集めたのは他でもありません!! プロデューサーさんのひとり言を聞くためなのです!!」

真「プロデューサーの……」

雪歩「ひとり言を……?」

伊織「だから全員応接間に集められたのね……」

律子「プロデューサー殿を除いて、ね」

響「んれー、逆にプロデューサーだけ向こうなんて、怪しまれるんじゃないか?」

小鳥「そこはご安心を! 私も律子さんも休みって事になってるし、スケジュールも完璧よん!」

律子「春香、千早、やよい、真に雪歩はオフ。 他の皆は午後からになってるわ」
あずさ「えっと、今は朝の8時半だから〜…」

亜美「つまり、三時間くらいは時間があるって事?」

真美「それまでじっとしなきゃなんないの〜?」

伊織「そもそも、なんでアイツの為に大事な時間を削らなきゃなんないワケ?」

小鳥「………たのよ………!!」

伊織「?」

小鳥「私たちのことを喋っていたのよ!!!」

真「……それは、さっきの口ぶりでわかってるんですけど………」

春香「何かあったんですか?」

小鳥「皆は気にならない? プロデューサーさんが、私たちの、ど・ん・な! 事を喋っているかを」

全員「!!!」
あずさ「プロデューサーさんが……」

貴音「私達の……」

響「どんな事を喋っているか……!」

小鳥「むふ、気になるでしょう気になるでしょう!」

美希「気になりまくりなの!!」

伊織「でも、聞くにしたってどうするのよ?」

亜美「姿を見ようにもカメラは無いし→……」

真美「兄ちゃんのひとり言聞いて騒いだら聞こえちゃうじゃんね→」

雪歩「さ、騒ぐこと前提なんだ……」

真「実際、どうするんですか?」

小鳥「え? 隠しカメラ仕掛けてるし、この応接間も防音対策したわよ?」サラッ

全員「…………は?」

小鳥「ほら、これがカメラの映像を移す用のテレビよ」

千早「テレビまで……」

春香「ど、どうりで見覚えの無いテレビがあると思った……」

律子「カメラよりもテレビよりも、一部とはいえこの部屋を防音にした費用がね……」シクシク

やよい「はわっ!? り、律子さん泣いちゃダメです! ファイトです!!」

律子「うん、頑張る……」
小鳥「さてみんな! 状況も飲み込めただろうし、早速テレビ点けるわよ!」フンスフンス

響「なんであんな元気なんだ……」

伊織「なんで仕事にこの活力を活かせないのよ………」

律子「この計画を持ちかけられたとき、多分世界で一番あの人にその台詞言ったわ」

真「参考までに、何回ほど?」

律子「口に出さなかったのも数に入れたら、83回くらいかしら」

真「成る程」

雪歩「(……なんの参考なんだろう………)」

小鳥「ほらほら皆! 点けるわよ!!」チョイチョイ

貴音「ふふ、待ちきれない、といった様子ですね」

亜美「ピヨちゃんもまだまだ子どもだとゆーことですなぁ!」

真美「オトナな真美たちをみらなって欲しいものですなぁ!」

伊織「見習って、ね。 それにアンタたちに言われたくないと思うわよ?」

美希「小鳥! は、早く点けてほしいの!!」

あずさ「うふふ、賑やかで楽しいわ〜♪」

小鳥「よし、行くわよ!! ……行っても良いわよね!?」

春香「なんで不安になってるんですか!?」

千早「ほら、押しても大丈夫ですから」

小鳥「う、うん!! では、ポティットナ!!」ポチッ
パッ

P『〜♪ 〜〜♪』

響「おっ、う、映ったぞ!」

雪歩「な、なんだかプロデューサーがテレビに映ってるって新鮮……」

真「言われてみればそうだね、プロデューサーは裏方だから……」

美希「液晶越しでもハニーはカッコいいの!」

あずさ「ん〜、つまり、これがプロデューサーさんのテレビ初出演ってわけねぇ〜?」

貴音「成る程……、真、喜ばしいことですね……」

伊織「いやいや、これ盗撮だからね? 全然喜ばしくないから!」

亜美「流石いおりん、相も変わらず素晴らしいツッコミですなぁ」

真美「まさにツッコマーですなぁ」

律子「しかし、仕事中に鼻歌とは、随分殊勝な……」ピキピキ

春香「ど、どうどう……。 あ、で、でもちゃんと仕事してるじゃないですか!」

律子「それが余計にね……」

千早「余計に? どういうことなの?」

律子「真剣に仕事してる私より、鼻歌交じりに仕事してる人の方が仕事速いって、普通どうよ?」

春香・千早「あっ………」

律子「まぁ、キャリアが違うから当たり前なんだけどね……」

やよい「律子さんもいっぱい頑張ってますよ! 私、いっつも律子さんに元気貰ってますもん!」

律子「やよいー………」ギュー

やよい「はわわっ、り、律子さんっ?」

律子「やよいは私の良心よー………」

小鳥「ホラホラ画面にちゅーもーく!! 主旨がずれてるぅー!!!」
=========================カメラ映像=========================
P『〜♪ 〜〜♪』

P『ありがっと〜 ありがっと〜 あーいーをーあーりがと〜♪』

P『ありがっと〜 ありがっと〜 いーつーもーあーりがと〜♪』
============================================================
春香「あ、これ、876プロの愛ちゃん達と歌った……!」

真「うん、これ「THE 愛」だよ!」

伊織「あぁ、確か春香と真とやよいと響が歌ったのよね?」

やよい「懐かしいですー! また一緒に歌いたいかも!」

響「しかし、プロデューサー知ってたんだなぁ」

律子「まぁ、アイドル達のCDを把握するのはプロデューサーとして常識よ」

雪歩「でも、歌詞をちゃんと覚えているなんて凄い……」

亜美「ホントホント! 亜美なんか自分が歌う曲の歌詞すら覚えられないのにさ!」

真美「曲名忘れるのも当たり前だよね→!」

千早「それは、アイドルとしてどうなの……?」
貴音「しかし、とても楽しそうに歌ってらっしゃいますね……」

あずさ「うふふ、本当。 聞いてるこっちも楽しくなっちゃうわぁ」

美希「ハニーもアイドル目指せば良いって思うな!」

小鳥「やめて! プロデューサーさんに抜けられたら私の仕事が激増しちゃう!」

春香「あはは……。 あれ? プロデューサーさんの様子が……?」

=========================カメラ映像=========================
P『ありがっと〜 ありがっと〜 み〜ん〜な〜 あーりがと〜♪』

P『……はあ………』

P『ありがとうって言いたいのは…………』

P『俺の方だよおおぉぉおぉぉおぉ!!!!!』ゴロゴロ
============================================================

全員「!?」

=========================カメラ映像=========================
P『ライブしてる時とかぁあぁぁあぁ!!!』

P『雪歩も千早もおぉぉおぉおおぉお!!!』

P『皆笑顔で歌っててさああぁぁ!!』

P『キラキラ輝いてる皆見てたらよぉおぉおぉぉお!!』

P『普通泣いちゃうよぉおぉぉおお!!』

P『俺プロデューサーで良かったぁあぁあああぁ!!!』

P『皆ありがとぉおぉおおぉおおぉぉ!!!!!』ゴロゴロ

P『………………………ふぅ』

P『さて、仕事に戻るか』キリッ
============================================================

春香「こ、これは………」

千早「本当にプロデューサーなの……?」

真「こんなにテンション高かったんだ……」

雪歩「私たちには優しく接してくれてたのかなぁ……?」

律子「いや、言動を見るに、優しいのは変わらなそうだけど……」

貴音「言葉の選び方が正直になった、と言った方が正しいかもしれませんね」

あずさ「正直驚いちゃったけど、こう言ってくれるのはとっても嬉しいわねぇ♪」

やよい「うー……?」

響「どうした、やよい?」

やよい「プロデューサー、今まで言いたいこと言えずに今まで私たちと一緒にお仕事してたって事ですか?」

律子「ん……、まぁそうなるわね」

亜美「ぬぬ? それがどうかした?」

やよい「……これからはちゃんと何でも言ってくれるようになって欲しいですー……」

真美「ん〜? 結構何でも言ってるような気がするよ?」

響「そうだぞ! 自分なんていっつもからかわれてるぞ!!」

やよい「でもでもっ、あんなプロデューサー今まで見たことなくってっ」

やよい「私たちと一緒に居た、今までのプロデューサーが偽者ってわけじゃないですけど、なんていうか…」

亜美「やよいっち……」

律子「……後で」

やよい「?」

律子「お願いしてみましょっか。 私も一緒に言ってあげる」

真美「さぁっすがりっちゃん! ふともも!」

律子「それを言うなら太っ腹、まぁ言われてもあまり嬉しくないけど…」

やよい「えっ! あ、でもでも……」

律子「気なんて遣わなくていいの。 同じ仲間でしょ?」

響「そうだぞ! しんかだぞしんかー!」

やよい「……はい! うっうー! 皆でお願いしちゃいますー!!」

亜美「おやおやぁ? りっちゃんが普段亜美たちにも見せないような優しさを見せていますぞぉ→?」
律子「折角良い雰囲気だったんだから邪魔しないの!」

真美「顔真っ赤にして怒られても全く怖くありませんなぁ?」

響「律子の珍しい一面を垣間見たって感じさー」

律子「んもう! ほら映像見てなさい!!」

亜美真美「ほいほ→い」ニシシ

響「うがっ!? なんで自分まで怒られるんだ!?」

律子「ほら! 無駄口叩かない!!」

響「わ、わっさいびーんっ!」

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

伊織「………………」

美希「でこちゃんどうかしたの?」

伊織「でこちゃんゆーな。 ……アンタは、何も思わないワケ?」

美希「?」

伊織「さっきのアイツを見れば解るわ、私たちの事を何よりも気遣って、好いてくれてるって」

美希「うん、元から知ってたけど、今回ではっきり解ったの」

伊織「でも……、アイツはそんな思いを押し殺して私たちと接してきたのよ。 ただでさえ私たちと密接に関わりあうのに」

美希「うん……、もっと早く教えてくれればって思うな!」

伊織「…もう一度聞くけど、アンタは何も思わないの? アイツの思いを知らずに私たちはのうのうと過ごしてきたのよ?」

美希「?」

伊織「……もうっ! 何も解ってないじゃない、まだるっこしいわね!」

雪歩「い、伊織ちゃん……、落ち着いて……」

真「雪歩の言うとおりだよ。 少し落ち着いた方が良いよ」

伊織「黙ってて! 皆にも関係あることよ!!」

あずさ「私たちにも……?」

貴音「……」

伊織「……良い? 今回の企画の参加は強制じゃないわ。 そうよね、小鳥?」

小鳥「アイエエエ!? ふぇっ、えっ、アッハイ」

伊織「回答感謝するわ。 強制じゃない、つまり、アイツに気がある人間にしかこの企画に興味を持たないハズよ」

伊織「以上を踏まえて言わせて貰うわ、ここに集まった……、つまり全員ね」

伊織「全員、アイツにアイドルとして許されざる想いを胸に秘めている。 違う?」

全員「……………!」

伊織「…否定しないって事は肯定って事ね」

響「(み、みんなそうだったのか………!!)」

伊織「…………話が逸れたわね。 私が何を言いたいかって言うと……」

美希「ミキたちみーんなハニーの事大好きなのに、そんなハニーの気持ちに気付いてあげられなかった、って事?」

伊織「私たち総じてアイツに対して好意を抱いているのに…………えっ?」

美希「違った?」

伊織「いや……、合ってる、けど……」

美希「なら、大丈夫! って思うな!」

美希「だって、ハニーもミキたちの事大好きだもん! さっきのハニー見たでしょ?」

伊織「そ、そんなの解ってるわよ!」

美希「うぅん、でこちゃんは何も解ってないの。 ハニーはなんで、ミキたちの為に今まで我慢してきたの?」

伊織「そ、それは……」

美希「……ハニーが今まで我慢してきたのは、ミキたちがアイドルとしてキラキラ輝くためだと思うの」

伊織「アイドル、として……」

美希「でこちゃんは、ハニーが我慢してるのを知って、悲しくなったんだよね? 何かしてあげたいって思ったんだよね?」

伊織「…………」
美希「それはきっと、ハニーも一緒なの。 ハニーもミキたちの為に、何かしてあげたいって思ったんだと思うな」

伊織「私たちの、為に……」

美希「うん! ミキたちの為に頑張るハニーって、とってもキラキラしてて、カッコいいの! そんなハニーだから、皆好きになったの」

伊織「……でも、それじゃ根本的な解決にならない………」

美希「あはっ☆ 確かにそうなの。 ……んー、じゃあー……」

美希「一緒にお願いしよ?」

伊織「お願い………?」

美希「なの! さっきやよいと律子…さんが、言ってたみたいに!」

伊織「………でも」

美希「大丈夫なの! ほら見て!」

伊織「………?」
=====================================================カメラ映像=====================================================
トゥルルルル トゥルルルル

P『はい、いつもお世話になっております。 765プロダクション、プロデューサーで御座います』

P『はい、はい、あぁ! この前お世話になったディレクターの!』

P『えっ!? 新しい企画ですか!? 有難う御座います!! で、内容は?』

P『………成る程。 大変申し上げにくいのですが、ウチのアイドルはそういう売り出しはしていないもので……』

P『はい…、大変申し訳御座いません…。 はい、はい……』

P『あっ、はい、お忙しいところ申し訳御座いませんでした。 またよろしくおねが……』ガチャッツーツー

P『…………』ビキビキビキ

P『……ざっけんじゃねえぇえぇえええぇぇえ!!!』

P『なーにが「アイドル☆ミ ビキニ★DE★大運動会」だ! ポロリもあるよじゃねーーーーよ!!』

P『発想が古いとか今更こんなの見て興奮するのは中高生だけだとかタイトルありきたりすぎるとか言いたい事は山ほどある!!』

P『けど一番許せないのは!!!!』

P『俺の可愛いアイドルにンな腐ったミカン以下の企画に参加させようとした事だ!!!!』

P『もうこれだけで九十九里浜に一里ずつ埋めてやるほどの重罪だわ!!!』

P『いやまだ軽い! もっと重い罪がある筈!! けど思いつかない!! 自分の発想のショボさに辟易する!!』

P『そもそもあンのクソディレクターは何を思うてこの765プロダクションに連絡したのか今度小一時間ほど問い詰めて……』ブツブツ
========================================================================================================================

美希「…ねっ? こんなハニーがミキたちのお願いを聞いてくれないって、あり得ないって思うな!」

伊織「……」

美希「でこちゃん?」

伊織「……はぁ、もうなんなのよ。 うじうじ考えてた自分が馬鹿みたいじゃない」

美希「でこちゃん!」

伊織「この伊織ちゃんがアイツにお願いなんて、なんか癪だけど、良いわやったろうじゃない!」

美希「うんうん!」

伊織「一応、感謝はしとくわ。 …ありがと」

伊織「それと、でこちゃんでこちゃん喧しいのよ!! 私には「伊織」っていうスーパーに可愛い名前があるんだから!」

美希「あはっ☆ それでこそでこちゃんなのー!」

伊織「だからでこちゃんゆーな!」
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

雪歩「……もう大丈夫みたいだね」

真「……うん、喧嘩にならなくて良かった」

雪歩「真ちゃんは優しいね」

真「そんな、優しさだけなら雪歩の方が上だよ。 僕はただ、喧嘩になったらこの場全体の空気が悪くなると思っただけ」

雪歩「ちゃんとそうやって周りに配慮出来る辺り、やっぱり優しいと思うよ?」

真「うっ…、雪歩には敵わないなぁ」

雪歩「えへへ……」
雪歩「…でも、本当に良かった」

真「うん、僕たちには笑顔が一番、だからね!」

雪歩「その言葉も、プロデューサーが教えてくれたよね」

真「…そう、だね。 そうだった」

雪歩「やっぱり私たちにとって、プロデューサーは大切な存在なんだね」

真「僕の事をちゃんと女の子として扱ってくれたのも」

雪歩「私の男性恐怖症にしっかりと向き合ってくれたのも」

真「全部全部、プロデューサーだもんね!」
雪歩「えへへ、うんっ。 ……ねぇ、真ちゃん、一つ良いかな?」

真「奇遇だね雪歩。 僕も一つ言いたいことがあるんだ」

雪歩「本当? じゃあ、せーので言おう?」

真「いいよ、じゃあ……せーの」

雪歩・真「「私(僕)たちも一緒にお願いしよう?」」

雪歩「…………えへへ」

真「……へへっ!」

雪歩「じゃあ、一緒にお願いしよっか?」

真「うんっ、やよいと律子のところに行こっか!」
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

貴音「…どうやら、心配する必要は無かったようですね」

あずさ「えぇ、そうみたい」

貴音「! あずさ、いつから?」

あずさ「あら? さっきからずっと貴音ちゃんの隣に居たわよ?」ニコッ

貴音「なんと…。 流石あずさですね」

あずさ「うふふ、お褒めにあずかり光栄だわぁ♪」

貴音「…しかし、先程まで暗澹さる様だったのが、嘘のようですね」

あずさ「そりゃあ、ウチの自慢のアイドルだからなっ!」

貴音「何奴っ!」

あずさ「あ、あら〜? プロデューサーさんの真似だったんだけれど、似てなかったかしら?」

貴音「成る程、プロデューサーの…。 ふふっ、大変似ておりましたよ」

あずさ「あ、あら、本当?」

貴音「えぇ、本当です」クスクス

あずさ「なら嬉しいわぁ♪」

貴音「…プロデューサーは本当に偉大ですね。 こうして私たちを笑顔にしてくれます」

あずさ「うふふ、本人が居ないのに、ね」

貴音「……」
あずさ「…プロデューサーさんは、何度私たちが挫けて俯いて、笑顔が曇ってしまった時も」

あずさ「その数だけ傍に居てくれて、手を取って、励まして笑顔にしてくれたわよね?」

貴音「はい、皆に等しく手を差し伸べてくれました」

あずさ「そう、自分の時間を犠牲にして、身を粉にして…」

貴音「そうですね、いくら私達の為を思っての行動だとしても、自らを蔑ろにしてしまっては元も子もありません」

あずさ「……うふふ♪ もう何も言わなくても良いみたいね♪」

貴音「はい、では行きましょうか律子嬢達の下へ」

あずさ「えぇ♪」
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

春香「みんな行っちゃったね」

千早「えぇ、そうね…。 春香は、行かないの?」

春香「千早ちゃんは?」

千早「私は……、まだ、踏ん切りがつかないわ…」

春香「どうして?」

千早「伊織じゃないけど、今までプロデューサーの素の姿を知らなかったのに、いけしゃあしゃあと出て行っても良いのかって…」

春香「……そっか、じゃあ私も残ろーっと」

千早「は、春香?」

春香「どうかした? あ、隣座っちゃうね」

千早「それは構わないけれど……。 別に、私に気を遣わなくてもいいのよ……?」

春香「……プロデューサーさんなら」

千早「え……?」

春香「プロデューサーさんなら、こうやって傍に居て、励ましたと思うから」

千早「春香……」

春香「千早、お前はもっと自信を持っていいんだ! そんな自分を卑下しちゃいけないぞっ!」

千早「ぷっ……ふふっ…、それ、プロデューサーの真似?」

春香「えへへ、うんっ! 似てた?」

千早「いいえ、全然…ふふっ」

春香「えぇっ!? 自信あったのにな……」ブツブツ

千早「……春香……、ありがとう」

春香「うぅん、全然。 だって、仲間だもん!」

千早「仲間……」

春香「そうだよっ! 千早ちゃんだって、かけがえのない、大切な仲間!」

春香「きっと、プロデューサーさんもそう思ってるよ!」

千早「プロデューサーも……」
春香「……ねぇ、千早ちゃん。 まだ、踏ん切りつかない?」

千早「えぇ…………」

春香「そっか……」

千早「でも………」

春香「………?」

千早「春香が手を握ってくれたら、踏ん切りがつきそうな、気がする……」

春香「ちっ、千早ちゃん……!」

千早「ご、ごめんなさいっ! わ、忘れて……」

春香「……千早ちゃん」スッ

千早「春香……?」

春香「一緒に、行こ?」ニコッ

千早「……うんっ!」
P「はぁ……」ウットリ

P「心を落ち着かせる為に、この前のライブの映像を見たは良いが」

P「感動したぁ……………」コウコツ

P「やっぱり皆成長してるなぁ、一歩ずつ前進しているというか」

P「俺も負けないように、しっかりプロデュースしなきゃなっ!!」フンス

P「さーて、その為にもまずは、ライブ映像をもう一度再生……」

ガチャッ バタンッ

P「ん?」

ドドドドドドドドドドドドドドドドドドド

P「ん!? ん!?」
春香「プロデューサーさんっ!」

千早「プロデューサーっ!!」

美希「ハニーッ!!」

雪歩「ぷ、プロデューサー!」

真「へへっ、プゥロデューサー!!!」

やよい「うっうー! プロデューサー!!」

真美「にーぃちゃん!!」

律子「プロデューサー殿!」

伊織「…ぷ、プロデューサー!!」

亜美「んっふっふ〜、にいちゃーん!」

あずさ「プロデューサーさんっ♪」

響「プロデューサー!!」

貴音「あなた様……!!」
P「ど、どうした!? お前ら!!」

春香「良い、みんな? せーのぉ……」

「今まで本当に有難う!! これからも、プロデュースよろしくお願いしまーす!!!!!」




お し ま い

小鳥「あ、あれ? わ、私の出番は!?」

小鳥「……終わり!? え、だって皆見せ場あるのに!?」

小鳥「事務員だから!? 事務員だからですか!?」

小鳥「理不尽すぎませんか! おーぼーですおーぼー!!」

小鳥「ちくしょーっ!! 差別だぁーっっ!!!」

ほんとうにおしまい
これにて終了です!! 50レスはいかないだろうなと踏んでたんですけどビンゴでした!
もう少し肉付けしたかった気持ちもあったんですけど、あっさり目なのも良いかなーって。

>>45ありがとう!! >>47あざます!!もうちょい書けばよかったですねぇ
>>48ありがとう!! >>50ありがとう響!!
>>52ありがとう!! お願いはこの後したという事で脳内補完オナシャス

19:30│音無小鳥 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: