2013年12月22日

モバP「みんな集まったな」

P「まずは瑛梨華、あずき。誕生日おめでとう」

瑛梨華「アタシの誕生日覚えてるなんてPちゃんSa・su・ga☆」

あずき「誕生日大作戦は夜に決行するからね!」


ちひろ「夜に?」

早苗「夜這い?」

日菜子「むふふ……♪」

P「紛らわしい言い方するな。あと早苗さん自重して下さい」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1373161281

P「まあ2人の誕生日会も含めて、今日は事務所全体で七夕を楽しもうと思ってる。みろ!」

まゆ「わあ、大きな笹ですねぇ」

比奈「すごく……大きいッス……」

P「今日のために実家から送ってもらったんだ。これに事前に配布した短冊を飾ろう。みんなちゃんと願い事書いてきたか?」

仁奈「もちろんでごぜーますよ!」

あい「こんなの書いたのはいつ以来だったかな」

智絵里「あ、あのー……。や、やっぱり飾らなきゃ……ダメですか……?」

P「せっかくだしな。他の人も飾るんだから恥ずかしくないさ」

智絵里「うう……」

乃々「飾り付けなんてむーりぃー……」

杏「めんどくて書いてないんだけど」

P「今すぐ書け」

杏「えー」
P「じゃあ準備が出来た人から飾り付けてくれ」

アイドルズ「はーい!」



 ………
  …



P「全員終わったな。それじゃ、七夕兼瑛梨華とあずきを祝ってかんぱーい」

アイドルズ「かんぱーい!」

P「あとは好きに飲み食いしてくれ。夕方から仕事入ってる人は間違っても酒飲むなよ」

早苗「ぷはー! 昼から飲む酒は格別だね!」

楓「わーいワーイン。ふふっ……」

志乃「あら、いけるクチね」

P「話聞いたかそこの3人」

友紀「まあまあ、こういう席は無礼講でいこーよ」グビグビ

P「お前も夜に始球式の予定入ってるだろがぁ……!」

友紀「いひゃいいひゃい!」
P「やれやれ……」

ちひろ「でもよくみんなの予定合わせられましたね。七夕なんてこの業界だと大忙しなのに」

P「前々から企画してましたからね。何回もスケジュールの調整しましたよ」

ちひろ「ふふ、お疲れ様です。まあこんな機会じゃないと全員が顔を合わすこともないですからねぇ」

P「ある意味彦星と織姫みたいな感じですからね、うちの事務所」

ちひろ「100人超える大所帯になったのは誰かがスカウトばっかりしたせいですけどね」

P「……悔いはない」

ちひろ「そうですか♪」
P「それにしても全員の短冊を飾ると壮観ですね……」

ちひろ「みんな何を書いたんでしょうね?」

P「どれどれ……。印税生活はよ、双葉杏。おいこら」

杏「嘘は書いてない」

P「もう少しアイドルらしい事書けよ。他には……新作ドーナツがたくさん食べれますように、椎名法子。ブレないな」

法子「もっちろん!」

P「はは。今度買ってきてやるよ。他は……と。判子を押してもらえますように、和久井留美。なんだこれ?」

響子「!」ピクッ

まゆ「あらあら……」

凛「……ふーん」

留美「ふふ、わかってるくせに……」

P「?」
薫「かおるはね! せんせぇともっと一緒にいられますようにって書いたんだよ!」

P「最近なかなか仕事に着いてやれないもんな……。もっと一緒に出来るよう調整しとくよ」ナデナデ

薫「えへへ、やくそくだよ♪」

桃華「ふん……」

千枝「…………」

ありす「うう……」

ちひろ(……あら?)

P「他にはどんなのがあるかな」

アイドルズ「…………」

ちひろ(……何この空気)

P「P×モバPが発行されますように、大西由里子……」

由里子「プロデューサーはネコだと思うじぇ」

P「何の話だ!?」

ちひろ(全員がプロデューサーさんの一挙一動に注視してる……?)
すまん寝てた
このSSのPはモバPの事です
由里子の願い事はP(765)×モバPの薄い本だと解釈しておくんなまし

続き書きます
あ、
由里子「プロデューサーはネコだと思うじぇ」
はモバPを指してます
以下続き
P「じゃあ次は……トップアイドルになれますように、島村卯月。うんうん、アイドルらしい願い事だな」

卯月「えへへ」

未央(普通だね)

みく(普通だにゃ)

ナターリア(卯月はえらいナー)

凛(……そろそろかな)

P「他には……ずっとPさんといられますように、佐久間まゆ。心配しなくても担当を辞めるつもりはないぞ?」

まゆ「うふ、心配なんかしてませんよぉ。Pさんには人生をプロデュースしてもらうつもりなんですから」

P「? まあ頑張るよ」

あい「おやおや」

凛「まゆらしくない凡ミスだね」

まゆ「……何がですかぁ?」
凛「プロデューサーの鈍感さが計算に入ってないね」

輝子「も、もっとストレートに書かなきゃ……フヒヒ……」

まゆ「……へぇ」

ちひろ(充分ストレートですけどね。気付かないプロデューサーさんがおかしいだけで)

P「プロデューサーとずっと一緒に頑張れますように、愛野渚」

渚「プロデューサーと一緒なら私は頑張れるからさッ!」

P「ああ、頑張ろうな。出来るだけ早く大きな仕事取ってきてやるから」

渚「え、あの……そうだけどそうじゃなくて……」

響子「この間違いをしてる人多そうですね」

ほたる(私も同じ事書いちゃった……)
まゆ「そんな事を言うって事は、凛さんは自信があるんですよねぇ?」

凛「もちろん。去年と同じ轍は踏まないよ」

ちひろ(去年……。ええと、確か……)

まゆ「ルール違反はダメですよ?」

凛「分かってる。それも折り込み済み。ねえプロデューサー」

P「ん?」

凛「私のも見てよ」

ちひろ(……付き合えますように、だったかしら。もちろんプロデューサーは気付いてなかったけど)
P「ええと、あ。これか。一番身近な男性と結婚出来ますように、渋谷凛。っておい……」

ちひろ(去年よりランクアップしてる!?)

凛「ふふっ」

まゆ「……なるほどぉ」

美優「……」

紗南「……」

P「やれやれ……」

凛「本心だから。どうかな?」



幸子「…………甘いですね」ボソッ

凛「!? な、なにが」

幸子「渋谷さんともあろう人が、その程度だとは拍子抜けですよ」
凛「な、何を言って……」

まゆ「どういう事ですかぁ?」

幸子「まあ見てれば分かりますよ」

P「確かに凛も年頃の女の子だ。結婚したい願望を持つのは不思議じゃない」

凛「な、なら」



P「でもお父さんとは結婚出来ないぞ?」

凛「」

幸子「こういう事です」

由愛「な、なるほど……」

愛結奈「プロデューサーの鈍感さは境地に達してるワケね……」
今日はここまで
一瞬でもいいから出番欲しい子いたら書き込んで下さい
ぶっちゃけ誰出すか迷ってますし
幸子(ふふふ、我ながら完璧な作戦で――)
P「却下」

幸子「――はい?」

拓海「まあそうだろうな」

美波「流石にね……」

幸子「な、なぜですか!? ボクと毎日買い物出来る権利を得れるんですよ!?」

P「その毎日ってのが問題なんだよ。いいか? たまにならまだいいが毎日一緒にいるとこを目撃されてみろ。ありもしない話を週刊誌に掲載されるハメになりかねん。そうなれば今後のアイドル生活にも支障が出る。そもそも毎日買い物に行けるほど俺の自由時間もないし大体――」

聖來「まさかのお説教タイム」
幸子「」

P「アイドルの自覚云々」ガミガミ

ちひろ「玉砕、粉砕、大喝采」

美世「いつから幸子ちゃんて不憫キャラになったっけ」

聖「去年も同じだったよ……」

亜里沙「Pくんの言うことも分かるけど、流石に可哀想ね」

幸子「うう……」グスッ

P「……ふう。反省したならいいさ。今度の休みは付き合ってやるから、毎日は我慢しろ」ナデナデ

幸子「え……?」

まゆ「え?」

智絵里「え……?」

響子「ん?」

千枝「あれ?」

凛「ふーん……」

ちひろ(あれ。一気に空気が)
P「なんだ、不満か?」

幸子「ふ、ふんっ! し、仕方ないですね。ボクは寛大ですからそれで許してあげます!」

P「はいはい」

マキノ「論理的に男女2人で買い物するのは良くないわね」

泉「Pの今度の休みは、と。ああ、この日なら行ける」

凛「手伝うよ」

まゆ「まゆもご一緒させてもらいますねぇ」

瑞樹「参加者は今夜私の部屋に集合。わかるわね?」

友紀「ビール持ってくね!」

志乃「じゃあワインを」

菜々「じゃあチューハ……ジュースはナナが持っていきますね!」

瑞樹「宅飲みじゃないわよ?」
P「しかしまあ、思い思いにいろいろ書いてるかなぁ」

ちひろ「私のも見ますか?」

P「見る必要あるんですか?」

ちひろ「……」ゲシッ

P「いてぇ!?」

ちひろ「ふん、痛覚だけは立派に働いてるんですね」

P「り、理不尽な……」

きらり「Pちゃん……」

P「ん? なんだ?」

きらり「きらりのも見てくれゆー?」

P「どれどれ……。これからもPちゃんと一緒にハピハピしたいにぃ☆ 諸星きらり。当たり前だろ」

きらり「Pちゃん……。にょわー☆」ギュッ

P「おいおい」ナデナデ
きらり「やっぱりPちゃんは優しいにぃ☆」

P「ありがとな。ほら、みんなも見てるからそろそろ離れろ」

きらり「やー☆」

P「こらこら……」

アイドルズ「……」

ちひろ(見てるじゃなくて睨んでるですね、正確には)

きらり「そういえばPちゃんはなにをお願いしたのー?」

P「決まってるだろ。ほら、早く飯食べないと冷めちゃうぞ」

ありす「はい、お皿に取っておきました」

P「気が利くなぁ」

琴歌「む、私は飲み物を用意しております!」

P「ありがとう」

ほたる(乗り遅れた……)
 ワイワイガヤガヤ


ちひろ(やれやれ。どうやら当面の危機から脱出出来たみたいですねぇ。結局私のは見てもらえませんでしたけど……)

茄子「ちひろさんも早く来ないとなくなりますよー?」

ちひろ「あ、はい。すぐに行きます」

ちひろ(まあ今は、短冊が隣同士だけでよしとしますか)


 みんなとトップアイドル、トッププロデューサーになれますように。P

 プロデューサーさんが働きやすいよう、これからもサポート出来ますように。千川ちひろ



おわり
えらく七夕から過ぎたけどこれにて終わりです
画像先輩、応募してくれた方々、暖かい目で見て下さってありがとうございました

01:30│モバマス 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: