2014年11月05日

モバP「ほたるって前の事務所ではどんな感じだったんだ?」

ほたる「え、前の事務所……ですか?」



P「ああ、いや、もちろん辛いなら話さなくていいんだ」



P「悪いな、急に変なこと聞いちゃって」





ほたる「いえ、大丈夫です……」



ほたる「えっと、前の事務所……ですよね?」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1414595860



――――



――――――





「はい、ワンツー、ワンツー」



「ほっ、ほっ、ほっ……っと」



ほたる「いち、に………いち、に……」ヨタヨタ



ほたる「いち、にっきゃっ」ズルッ



「はい、ちょっと止めてー」



ほたる「す、すいません私のせいで……!」



「はい、そこ。今の白菊さんどうだったー?」



「最高に可憐でしたー」



ほたる「すいまs……えっ」

「そうです。白菊さんはただでさえ愛らしいのにこんなに愛嬌たっぷりにふらつきます」



ほたる「え、えっと……すいません……」



「先生非常に困ってます。白菊さんがどうやってもかわいいので、何も教えようがありません」



ほたる「ええ……!? えっと、すいません……」



「潤んだ瞳で見つめられると先生呼吸を忘れてしまいます。はいそんなワケで今回のレッスンはここまでとしまーす」



「はーい」



ゾロゾロ



ほたる「え、えっと……ごめんなさい……。なんだか私のせい、みたいで……」



「ちょっと、そんなにペコペコ謝らないでよ。耳が蕩けるじゃない」



ほたる「ええっ!? す、すいません……!」





――――――



――――

ほたる「私のせいで、いつもレッスンを滞らせてしまってるみたいで……」



P「そうか、大変だったんだな」



ほたる「はい……。なんだかよく分からないうちに迷惑をかけてしまうんです……」



ほたる「他にも……」

――――



――――――





ほたる「お、おはようございます……」ガチャ



「…………」



ほたる「あ、あの……?」



「……あ、ごめんね、白菊さんか。天使が降りてきたのかと思った」



ほたる「えっ」



「紛らわしいから今度から白菊ほたるですって言いながら事務所に入ってちょうだい」



ほたる「す、すいません……」

ほたる「あ、お仕事の途中でしたか……?」



「ああ、気にしなくていいの。あなたと会話することに比べたら些細なことだから」



ほたる「え、えっと……。でもその書類、とても大事なものに見えますけど……」オロオロ



「オロオロしない。そうやって小動物的な愛らしさを振りまいて、一体どこまで虜にすれば気が済むの」



ほたる「え、ええ? す、すいません……」



「謝らない。卑屈であることがこの世の正義になるでしょ」



ほたる「え、ええ……?」





――――――



――――

ほたる「何故か重要な書類が相手先に届いていないということが度々……」



P「うーん……。偶然だろ。今のところウチではそんな事態は起こってない」



ほたる「そう、ですか……なら、よかった……」ホッ



ちひろ(狂気じみたスピードで仕上げてるからだと思いますけどねー)カタカタ



ほたる「極めつけに……」

――――



――――――





ほたる「はぁ……」



「なに、ため息なんかついて。高値で取引されるんだから勿体無いことしないの」



ほたる「え? す、すいません……」



「なに、そんな顔されても全財産とこの体差し出すので精一杯なんだけど」



ほたる「え、そ、そこまではいいです……」



「そう。で、何を言いたいの? 一応先輩だから何でも相談していいのよ」



ほたる「あの……笑顔を自然に作れるのって、すごいなって……」

「はあ、笑顔?」



ほたる「はい……。とってもかわいらしくて……羨ましいなって」



「かわいらしいって……。あなた鏡見たことないの」



ほたる「え……?」



「ちょっと、そこの鏡で自分の顔見てみなさい」



ほたる「は、はい……」



ほたる「…………」



「どう?」



ほたる「我ながら、幸薄いかな……って」



「そうじゃないでしょ。よくもまあその宇宙一愛らしい御顔で人のことかわいらしいとか言えるわね。なに、女神の慈愛?」



ほたる「え、あの、すいません……」



「いや、別にいいの。なんだ、やっぱり女神だったのかって程度の話だから」

ほたる「め、女神だなんてそんな……」



「ああ、ごめんね。女神より上を指す言葉を知らないものだから」



ほたる「え、ええ……?」



「なに、その困り顔。キスすればいいの? 大体ね、あなたが自然な笑顔になんてなったら……」



「なったら……」



「…………」



ほたる「あ、あの……?」



「……あなたがいるんだから私トップアイドル目指す必要ないじゃない」



ほたる「ええっ!? そ、そんな……」





――――――



――――

ほたる「突然事務所の皆が辞めてしまって……それが直接的な原因に……」



P「それは……確かにマズいなあ」



ほたる「きっと、私の運のせいなんです……」



P「まあ、ウチは大丈夫だよ。茄子もいるし」



ほたる「そ、そうですよね……! 今度こそ……大丈夫」



P「そういうワケで、これからも頑張っていこうな」



ほたる「はいっ……!」













ちひろ(なんでずっとPさんから鼻血が出てるのにツッコまないんですかねえ……)









08:30│白菊ほたる 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: