2014年11月17日

真美「恋人役の仕事?」

P「あぁ…中学が舞台の恋愛ドラマで、ヒロインをして欲しいって」





P「ヒロインは主人公の恋人らしくてな」







真美「へぇ〜、面白そうだね」





P「しかしなぁ……真美はまだ中学生なのに、恋愛ドラマの仕事って」





真美「むむっ!今のは聞き捨てなりませんな!兄ちゃん!」





P「え?」





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1415346682



真美「最近のJCの恋愛事情は、かなり進んでるんだよ?」





真美「中学生で恋人、何て今じゃあたりきしゃりきのこんこんキツネだよ!」





P「そ、そうなのか……」





P(あと、『あたりきしゃりきのこんこんちき』だけどな…)





P「じゃあ、真美は中学生の恋人役はもう準備万端なのか?」





真美「んー……それはー……」





真美「ちょっと、わかんないかな……」



P「そうか……やっぱり、恋人役出来そうにもないか?」





真美「自信は無いけど……やってみたい!」





P「……わかった、じゃあこの仕事の話は承諾しておく」





真美「うん!」





P「しかしな……本当に真美がちゃんと恋人役が出来るか心配だな」





P「交際経験なんて、まだ無いだろ?」





真美「兄ちゃん……そういうのはズバッと聞くのは失礼だよ?」





P「あ、あぁ、そうだな……悪い」



真美「でも、兄ちゃんの言う通り恋人とかになった事ないなぁ…」





P「やっぱり、そういう経験がないと難しいよな」





真美「むむむぅ………」





真美「あっ!」ピコンッ!





真美「じゃあ、兄ちゃんが恋人になって!」





P「えぇ?」



真美「今日一日、兄ちゃんは真美の恋人ね!」





P「い、いやいや、ドラマは中学生同士だぞ?」





真美「兄ちゃんが学ラン着れば大丈夫大丈夫!」





P「ヤウマンタイだ!」





真美「じゃあ早速、喫茶店でデートしよ!デート!」



P「喫茶店って……ご飯奢って欲しいだけじゃないのか?」





真美「違うよ〜、恋人の練習だよ」





真美「でも、デートって普通男の人が会計を任せられるよね〜……」チラッ





P「やっぱり奢り目的かよ!」





真美「ほら、手繋いで早く行こう!」グイグイ





P「こ、こらこら!手を引っ張るな!転ける!」グラグラ



喫茶店





P「あんま高いの頼まないでくれよ……」





真美「万は超えないように頑張るよ」





真美「……そういえば、カップルって喫茶店とかに行ったら何を頼むのかな?」





P「………そういえば、そうだよな」





真美「兄ちゃんはどうだったの?」





P「え?」



真美「だから、兄ちゃんが誰かと付き合ってる時ってどうだったの?」





P「な、何で俺が交際経験ありなの前提で話進んでるんだ?」





真美「だって〜!兄ちゃんの歳ならそういう経験あるっしょ!」





P「うっ……」ズキッ





真美「で、どうだったの?兄ちゃん?」





P「えっと、その……あのだな……」





真美「…………あれあれ?」



真美「その反応……兄ちゃん、まさか」ジー





P「……そのまさかだよ!悪いか!」





真美「へぇ〜、そうだったんだぁ〜」ニヤニヤ





P「と、とにかく!恋人同士でも、自分の好きなもんを頼むだろ、普通」





真美「そうかなぁ……兄ちゃんが言うんじゃ説得力ないしなぁ〜」ニヤニヤ





P「う、うるさいな!」





真美「あはは、ごめんごめん」





真美「えっと……他に恋人らしいメニューは……」ペラペラ





真美「……あっ!」



P「どうした?」





真美「いいこと思い付いた!」





P「何だ?」





真美「とりあえず、注文頼も!」





P「あ、あぁ、わかった……すみませーん」



P「さぁ、注文は全部来たぞ」





P「それで、何を思いついたんだ?」





真美「んっふっふ〜……それはねぇ」





真美「題して!『一つのジュースを2人で一緒にストローで飲もう大作戦』!」





P「……あぁ、昔の漫画のカップルがしそうなやつだな」





真美「そう、それ!やろうやろう!」





P「………だけどな、真美」



P「ストローがないぞ」





真美「え?」





真美「……あぁ!本当だ!」





P「喫茶店だからドリンクバーじゃないし、テーブルにストローはない……」





真美「うあうあ〜!墓石を掘っちゃったよ〜!」





P「墓穴、な」





真美「兄ちゃん、店員に2本貰うように言って来て!お願い!」





P「嫌だよ!それをするから2本くれって言ってるようなもんだろ!」











店員「ありがとうございましたー」





P「で、次は何するんだ?」





真美「次はねぇ……」





真美「カップルと言えば!遊園地ぃ!」





P「またお金のかかりそうな物を……」





真美「さっ、兄ちゃん!いこいこー!」グイグイ





P「わかったわかった、引っ張るなよ」



真美「遊園地、着いたね!」





P「着いたな」





真美「恋人同士の人って、どんなのに乗るかな……」





P「やっぱり、観覧車とかだろう」





真美「それは、最後っていうお決まりだよ!別腹だよ!別腹!」





P「観覧車はデザートなのか……」





真美「とりあえず、ジェットコースター乗ろ!」





P「恋人がどうとかじゃなくて、真美が乗りたいだけだろ……」











P「はぁ……はぁ……お、思ったより、早ぇな……」





真美「楽しかったねー!もっかい乗ろ!」





P「げ、げぇ!」





P「ま、真美!他のにも乗ってみた方がいいんじゃないか!?」





P「ほら、今日は恋人の勉強する為に来たんだろ!?」





真美「それもそうだね、じゃあ次はねー……」





P(ホッ……)





真美「この、回転ブランコに乗ろっか」





P「絶叫マシンから離れて!」



















真美「うわぁ〜!見て見て、兄ちゃん!事務所がめちゃんこ小さく見えるよ!」





真美「結構高いね〜、この観覧車」





P「……全部の絶叫マシンに乗ったのに、元気だなお前は」ズーン





真美「もー!兄ちゃん、だらしないよ!」





P「お前はだらしあり過ぎ……」





真美「……だらしって何?」





P「……知らん」





P「………それで、どうだ?収穫は?」





真美「え?」





P「恋人がどんなものか、わかったか?」



真美「……あぁ〜…」





真美「そういえば、そんな話だったね」





P「忘れてたのか……」





真美「だって、兄ちゃんと一緒にいたら楽しいもん!」





真美「だから、ついつい楽しんじゃって……えへへ」





P「えへへ、じゃなかろうが……」





真美「……でも、本当によくわからなかったね、恋人って」



P「そうだな……やっぱり、本当にそういう経験がないと難しいよな」





真美「難しいよね〜……うむむむむ……」





P「まぁ……とりあえず、今日の所は帰るとしようじゃないか」





真美「そうだねー……今日の所は撤退しよっか」





P「何かと戦ってたのか、俺達は……」















ガチャッ





P「ただいまー」





真美「たっだいまーん!」





P「さて、晩飯でも食おうか」





真美「じゃあ、今日は真美がカレー作ったげるね!」





P「おぉ、ありがとな」





P「包丁で怪我しないようにな」





真美「もぅ、兄ちゃん!もう兄ちゃん家に同居してから一年だよ!?」





真美「料理くらい、もう作り慣れてるって!」



P「そういえば、もうそんだけの時間経ってるのか」





真美「ほら、兄ちゃんはお風呂に入っといて!」





P「はーい」





P「……あ、真美」





真美「ん?何?」





P「……覗くなよ?」





真美「も〜!兄ちゃん!女の子が男の人を覗くわけないっしょ〜!」





P「前科があるから言ってるんだ」





真美「………えへっ///」ニコッ





P「誤魔化さないのっ」ピシッ





真美「あたぁっ!チョップは卑怯!」













P「ごちそうさま」





真美「おいしかったね〜!」





P「自分の作ったカレー食べて言うかそれ」





真美「……兄ちゃんは、美味しくなかった?」





P「……真美が作った料理が、不味いわけないだろ」





真美「……出たぁ!兄ちゃんの臭い台詞!」





P「俺の持ち味みたいに言うんじゃないの」





真美「じゃ、食器片付けるから布団敷いといてね」スクッ



真美「よいしょっ……よろしくね〜」タタタ…





P「落とさないようにな」





P「……アイツには何を言っても茶化されるだけだな」















真美「…………」スタスタ…





真美「真美の料理は不味くない、かぁ……」





真美「……えへへっ///」ニコッ























P「さっ、夜更かしは美容の敵だ、寝るぞ」





真美「兄ちゃん、オカマの人みたいな事言うね……」





P「真美に対して言ってるんだよ!」





真美「じゃ、電気消すよー」





P「あぁ、おやすみ」





真美「おやすみー!」カチッ



















P「………………」





真美「………………」





真美「ねぇ……兄ちゃん」





P「ん?」





真美「……そっちに行って、寝ていい?」





P「……いいよ」





真美「うん……」モゾモゾ



真美「……侵入成功!」





P「許可貰って侵入って……」





真美「………兄ちゃん」





P「ん?」





真美「真美……恋人の事、よくわかんなかったよ……」





真美「真美……ちゃんと恋人役、出来るかなぁ?」





P「………大丈夫さ」





P「真美の思った通りにすれば、上手く出来るさ」



真美「………本当に、そう思う?」





P「あぁ、保証する」なでなで





真美「………ありがとう、兄ちゃん」





真美「くっついて、一緒に寝ていい?」





P「あぁ」





真美「………んっ」ギュッ





真美「兄ちゃんと一緒にいると、安心する……///」スリスリ





















スタジオ





真美「……もうすぐ、私達中学卒業だね」





真美「これからも……大人になったても」





真美「私達、ずーっと一緒だよ!!」





監督「カーット!」





真美「お疲れ様でしたー!」





監督「いやー、真美ちゃん演技良かったよぉ!」





真美「いやいや〜、監督さんの指示がいいからっしょ〜!」





監督「ははは、上手い事言うね〜真美ちゃんは」





P「こ、こら、監督さんにはもっとちゃんとした態度で…」





監督「いやいや、真美ちゃんとは仲いいからいいよいいよ」



P「は、はぁ……」





真美「兄ちゃん!真美の演技、どうだった?」





P「そうだな……何か、普段通りの真美を見てるようだった」





真美「えぇ!?兄ちゃん、大正解だよ!」





P「え?」



真美「真美、兄ちゃんといる時の事を意識して演技したんだ!」





P「へぇ、そうなのか」





真美「でも、結局恋人ってどういうのかよくわかんなかったよ……」





P「そうか……まぁ、いつかは分かることだ」





P「その日まで、待ったらいいさ」





真美「……そだね」





真美「いつか、真美にも恋人の気持ちが分かる時が来るよね!兄ちゃん!」























08:30│双海真美 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: