2014年11月17日

モバP「幸子に惚れてしまった」

のんびり書いていきます



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1415807829



P「幸子はかわいい」





P「自分の担当アイドルということを抜きにしてもその魅力は俺の心を捕らえて離さない」



P「だがアイドルとプロデューサーという関係上、この想いはお互い仕事の枷になる」



P「だから俺が我慢すればいいと思っていたが…」







幸子「プロデューサーさん、今日もボクはかわいいですよね!?」



P「どうした突然」



幸子「最近のプロデューサーさんはあまりボクの話に真剣に応えてくれなくなった気がするんです。」



P「……」



幸子「目を見て話そうともしてくれないし、前よりボクと一緒にいる時間が短いし…」



P「…気のせいだ」



幸子「嘘です!!」



P「…っ」



幸子「…ボクと一緒にいるのが嫌になったんですか?」



P「そんなわけないだろう!!」



幸子「」ビクッ



P「あ、いや…すまん」



P「とにかく俺は幸子を嫌っているわけじゃない」



幸子「…だったら」



P「最近は幸子も売れてきて事務所全体も忙しくなってきている」



P「なかなか幸子にまで時間を回せなかった、それだけだよ」



幸子「…本当ですか?」



P「ああ…本当だ」



幸子「だったら!」



P「」ビクッ



幸子「こっちを向いて喋ってください」



幸子「ボクの目を見て」



幸子「さっきと同じ言葉で、ボクを安心させてください」



P「……」

P「幸子」



幸子「…はい」



P「今日の仕事終わりって時間あるか?」



幸子「え?」



P「その、なんだ…お前と久しぶりに食事でもどうかと思って」



幸子「ふ、ふふーん!そうですか!ボクはカワイイですからね!プロデューサーさんがどうしてもと言うなら…」



P「どうしても」



幸子「考えてあげなくも…って、え?」



P「俺は幸子と一緒に食事に行きたい」



幸子「…」



P「駄目か?」





幸子「…その」



P「ん?」



幸子「そのお誘いは大変魅力的で、えとすごく嬉しいんです」



P「…うん」



幸子「…誰か他の人も誘ってるんですか?」



P「いや、幸子だけだ」



幸子「そう、ですか」



P「誰かと一緒がいいなら、今から誰か誘っても…」

幸子「だ、だめです!」



P「え?」



幸子「で、ですから!きょ、今日のボクは大変機嫌がいいので、プロデューサーさんと2人で食事をしてもいいと言ってるんです!」

P「…分かったよ、ありがとな幸子」



幸子「べ、別にお礼を言われるほどのことじゃ…」



P「食事楽しみにしてるからな」



幸子「は、はい…」









幸子「…ボクも楽しみです」



P「よし、今日の仕事終わり」



P「時間に少し余裕が出来たから幸子を迎えに行くか」





幸子「あれ?プロデューサーさん?」



P「お疲れ、幸子」



幸子「予定だとボク一旦事務所に戻るはずでしたけど…」



P「仕事が早めに終わったから幸子を迎えに来たんだよ」



幸子「そうですか!いい心掛けですね!もしかしてボクに早く会いたいからですか?仕方ないですね!やっぱりボクは…」



P「…あぁ、早く幸子に会いたかったからさ」



幸子「え!?」



P「ほら、行くぞ」



幸子「ちょ、ちょっと待ってくださいよ!今なんて…」



P「幸子」



幸子「あ…はい」



P「外は寒いからな、手つないで行こうか」



幸子「えぇ!?」



P「なんだよ、普段は女性をエスコートできない男性はダメダメだって言ってるくせに」



幸子「そ…それは、そうですけど……でも、いきなりそんな…」



P「…無理にとは言わないけどさ、つないでくれると嬉しい」



幸子「!」



幸子「しょ、しょうがないですね!まったくこんなにカワイイボクと手をつなげる機会なんてそう何回もあるわけじゃないですし!今日は特別ですからね!」





P「…今日だけなのか?」



幸子「!……その言い方はちょっとズルいですよ…」

P「ほら、行こう」



幸子「…はい!」



P「どうした幸子?」



幸子「えっと、今日はどうしてこんなにいいお店なのかなと思いまして…」



P「…最近頑張ってる幸子へのご褒美だよ」



幸子「そうですか!なら遠慮なくご馳走になりますね!プロデューサーさんもやればできるじゃないですか!」



P「おいおい、まるで普段がダメみたいな言い方じゃないか」



幸子「あ…いや、その……こんなにいいお店に連れてきてくれるなんて思ってなかったから、びっくりしたというか…」



P「…俺も自分で驚いてるよ」



幸子「え?プロデューサーさんも?」



P「!…ま、まぁ良いじゃないか!たまには、な!」



幸子「…そうですね、たまにだから良いってこともありますもんね」



P「そうそう、だから今日は…」



幸子「あ、あの!」



P「!ど、どうした?」





幸子「……また」



P「え?」



幸子「また、一緒に…」



P「…ご飯ならたまに一緒に食べに行ってるだろう」



幸子「そうじゃなくてですね!」



P「なんだよ」



幸子「…や、やっぱり何でもありません」



P「…幸子が望むならまた連れていくよ」



幸子「!!」



P「ほら、そろそろメニュー決めようぜ」



幸子「…はい!」

幸子「この料理おいしいですね!」



P「こっちのもうまいぞ」



幸子「このお店は最高ですね!どの料理もおいしいなんてなかなかないですよ!」



P「喜んでくれて良かったよ」



幸子「はい!」





幸子「あの、1つ聞いてもいいですか?」



P「ん?」



幸子「プロデューサーさんはこのお店誰かと来たことあるんですか?」



P「いや、今回が初めてだけど」



幸子「そ、そうですか…」



P「?」



幸子「…ボク以外の人ともこういうお店は行くんですか?」



P「…」



幸子「あの、できればなんですけど、そういうのはですね、何と言いますか…」



P「…こういう店に来るのは初めてだし、幸子以外の女性とも来るのは初めてだよ」



幸子「!」



P「あ、いや、そのだな…」



幸子「…」



P「えーと…」



幸子「…ぷ、あはは!!」



P「さ、幸子?」



幸子「ふふふ、プロデューサーさんは仕方ないですね!まぁすぐ近くにこんなにカワイイボクがいるんだし、そういった経験がないのも仕方ないですよね!」



P「…そうかもな」



幸子「そうですよ!ボクはカワイイですからね、他の女性が霞んで見えてしまうのも仕方ないことですからね!」



P「…幸子はカワイイからな」



幸子「!…そ、そうです!ボクはカワイイですから!だから、その…」



P「…」



幸子「…ボク以外の人とはこんな雰囲気のあるお店にいっちゃ…嫌ですよ?」



P「…あぁ」



幸子「!わ、分かればいいんですよ!」



P「…こっちの料理も食べるか?うまいぞ」



幸子「いただきます!今日のボクは機嫌がいいですからね!いくらでも食べられますよ!」





幸子「ふぅ、お腹もいっぱいになりましたね」



P「だな、結構長い時間店にいた筈だが何だか短く感じたな」



幸子「それはやっぱりボクがカワイイからですよ!ボクと一緒にいられる時間は貴重ですからね!楽しい時間だとあっという間に感じるものですから!」



P「…幸子は俺と一緒にいて楽しいと思ってくれたのか?」



幸子「え!?あ、あの…そんなの聞かなくても分かるじゃないですか!」



P「…教えてくれると嬉しいんだけどな」



幸子「!!」



P「…すまん何でもない」



幸子「…楽しかったです」



P「!」



幸子「……ずっと、この時間が続けば良いのにって思うくらい、楽しかったです」



P「…ありがとな」



幸子「…プロデューサーさんは」



P「俺も」



幸子「!」



P「俺も…久しぶりに幸子と一緒に長い時間過ごせて楽しかったよ」



幸子「……はい」

P「さて、家まで送っていくよ」



幸子「……」



P「幸子?」



幸子「プロデューサーさんは…」



P「え?」



幸子「…プロデューサーさんは、えと、あの…」



P「…」



幸子「ボクのこと……」



P「…幸子はさ」



幸子「え?」



P「今アイドルやってて楽しいか?」



幸子「当たり前じゃないですか、楽しくなかったらこんなに長く活動続けてませんよ」



P「うん、色々あったよな…」



幸子「…どうしたんですか?今日のプロデューサーさん何て言うか…」



P「ん?」



幸子「…何だかうまく言えませんけど、いつもと違うっていうか…」



P「うん」



幸子「…いつもより優しいっていうか」



P「…」



幸子「…」



P「……今日さ」



幸子「はい?」



P「幸子が言ってただろ、『最近のプロデューサーさんはあまりボクの話に真剣に応えてくれなくなった気がする』って」



幸子「……はい」



P「その時俺はさ、幸子がアイドルとして波にのってきて忙しくなったから、幸子との時間が取れなくなったって言ったよな」



幸子「…そうでしたね」





P「あれさ、嘘なんだ」



幸子「え!?」



P「あ!いや、勘違いするなよ!?幸子が嫌いになったって訳じゃなくてだな…」



幸子「じゃ、じゃあどういうことですか!!わざと距離を取るなんて、ボクが嫌いじゃなきゃ…!」



P「違う!お前を嫌いになんてなる筈ない!お前は大事な…!」



幸子「大事ななんですか!アイドルですか!?アイドルだから、ボクがアイドルだから…!」



P「っ!」



幸子「今日みたいに、楽しいことも、アイドルだから、アイドルのご機嫌取りもしなきゃいけないから…!」



P「…幸子」



幸子「プロデューサーさんは、そうやって…」



P「幸子!」



幸子「やっぱりアイドルなんて…って、え?」



P「幸子…!」



幸子「え?え?な、なんでボク、だ、抱きしめられて…」



P「幸子…」



幸子「…ズルいです、プロデューサーさんは、いつもズル、いんです、よ…」



P「……」



幸子「こんな、こんなこと、されたら、ボク、ボク…ぐすっ」



P「……幸子、落ち着いて聞いてほしい」















P「俺は幸子に惚れてるんだ」













幸子「…え?」



P「…俺はお前に惚れてる、アイドルとしての幸子も、普段の輿水幸子としての幸子も」



幸子「う、嘘じゃ、ないですよね?」



P「…今こうして抱きしめてるのを嘘にしたいのか?」



幸子「ち、違いますよ!ただ…じゃあ、どうして…」



P「…幸子、俺たちはアイドルとプロデューサーだ」



幸子「…はい」



P「…本当はこんなことするんじゃないことも分かってる」



幸子「…」



P「でも、それでも」



P「幸子を好きな自分を抑えきれなくなった」



幸子「!」



P「…だから距離をおこう、お互いのためにって思って…」



幸子「…プロデューサーさんはダメダメですね、女の子の気持ちを全然分かってません」



P「…すまん」



幸子「…ボクも」



P「え?」



幸子「ボクも…プロデューサーさんのこと……好きです」



P「幸子…」



幸子「…こんな気持ちを知っちゃったら、もうボクだって…気持ちを抑えるの、無理、です」



幸子「プロデューサーさん」



P「なんだ?」



幸子「もっと、強く抱きしめてください…」



P「…」ギュー



幸子「…」ギュー



P「幸子…」



幸子「…何ですか?」



P「カワイイよ…」



幸子「!?ふ、不意打ちに言うのは、ひ、卑怯ですよ!」



P「あれ?幸子はカワイイって言われ慣れてるんじゃ…」



幸子「……好きな人に言われるのは、特別なんですよ」



P「…」



幸子「ずっと、ずっと好きだったんです」



P「…うん」



幸子「アイドルとしてスカウトしてくれた時から、ずっと、です」



P「…そうだったのか」



幸子「…ファンの皆さんから『カワイイ』って言われるのも、もちろんですけど…やっぱりボクが『カワイイ』って言われて一番嬉しいのは、プロデューサーさんなんです」



P「…」



幸子「…こんな風にした責任ちゃんと取ってくださいね」



P「…ああ、俺がカワイイって思えるのはお前だけだよ幸子」



幸子「……なら」



P「…分かってる、目閉じてくれるか?」



幸子「はい…」







P「幸子…愛してる」





幸子「…ボクもです、Pさん」







おわり



21:30│輿水幸子 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: