2013年12月26日

春香「プロデューサーさん!昔話ですよ!昔話!」

初めて書きましたんで色々迷惑をおかけになるかもしれません

構わない方は見てくれると幸いです


あと間違ってたり改善した方がいいところはどんどん指摘してください!

じゃぁ書き始めますね

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1371388735

エラーって出たけどいいのかな・・・
花咲かちーちゃん


昔々、ある所に優しくて可愛いちーちゃんがいました
ある日、ちーちゃんが日課であるバストマッサージをしていたところ、となりの乱暴なはるるんのどなり声が聞こえました


春香「こら!また人の畑に穴を掘って!」

雪歩「ひぃぃごめんなさいですぅぅ」

千早「・・・?」


ちーちゃんが逃げてきたゆきぽを慰めているとはるるんが追いかけて来て言いました


春香「千早ちゃん!その雪歩は私の畑に穴を掘ったんだよ!こっちへ渡して!」

千早「春香、私に免じて許してくれないかしら?」


ちーちゃんははるるんに頭を下げて謝りました

春香「しょうがないなぁ、今度畑に穴掘ったら雪歩ごと埋めちゃうからね!」


はるるんは怒って行ってしまいました
こうしてちーちゃんはこのゆきぽを大事に飼ってやる事にしました
ゆきぽはとてもよく働き、淹れたお茶もおいしいのでちーちゃんはゆきぽをそれはそれは可愛がりました

・・・ただ虫や犬を見ると穴を掘り隠れてしまう所が困り者でした


ある日、ゆきぽがちーちゃんの所へ来て服を引っ張ります
どうやらどこか連れて行きたい場所があるようです


雪歩はちーちゃんを引っ張って裏山のてっぺんまで行くと


雪歩「ここほれわんわん!ここほれわんわn・・・犬怖いですぅぅ!」


と言いもの凄い勢いで穴を掘りました


千早「ちょ・・・ちょっと萩原さ・・・ん?これは何かしら」

パッドでした

こうしてちーちゃんは初めて胸が大きくなる喜びをかみしめました
ついでに小判もでてきたのでその日、ちーちゃんとゆきぽは2人でお祝いをしました

ところが・・・
となりのはるるんがその様子を覗いていました


春香「喜ぶ千早ちゃん可愛い・・・じゃなくて!小判!小判いいなぁ・・・」


あくる日、はるるんは嫌がるゆきぽをひっぱって裏山へのぼりました
そしてゆきぽが力尽きて倒れたその場所をここぞとばかりに掘ると・・・
くわに何か固い物があたりました


春香「小判!?やった!これで大金持ち!」

パッドでした

そこからはるるんは必至に穴を掘りましたが出るわ出るわパッドの山です


春香「小判がないよ!よくも騙したね!」


怒ったはるるんはパッドの山(大きさ:765プロ程度)にゆきぽを埋めてしまいました

その日、はるるんの「雪歩埋めたなう」というツイートを見て、ちーちゃんはとても悲しみました
そしてパッドの山にお供え物をし、少しパッドを持って帰りました

何日かした後、またちーちゃんがゆきぽにお供え物をしに行くと
パッドの山から声がします

パッド山「焼肉が食べたいですぅ・・・」


そこでちーちゃんはゆきぽが生前、焼肉がとても好きだったのを思い出しました


千早「そういえば・・・焼肉はまだ供えたことがないわね・・・いつもお茶ばかりだったもの」


ちーちゃんは家に帰ると肉屋に行き一番いい肉を買ってきました
そしてすぐさま焼き、供えに行きました

また翌日、ちーちゃんが様子を見に行くと・・・
なんという事でしょう、焼肉を供えた場所に大量の小判がありました

ちーちゃんはその日、ゆきぽに感謝しながら手に入れた小判で大量のバストアップについての本を買ってきました

そこをまたはるるんがとうさt 覗き見ていました


春香「千早ちゃん・・・今のままでも充分・・・///じゃなくて!また小判!小判が欲しいんですよ!」


翌日、はるるんはみすって焦がしてしまった肉をパッド山に供えました
また翌日、はるるんが肉の合った場所を見に行くと

【まずい、7.2点】

と書かれた紙があり怒り狂ったはるるんはパッド山を燃やしてしまい、後には灰しか残りませんでした

失礼、ちょい退席

一時間はかからないと思います
もし見てくれてる人がいたらすいません
ただいま帰りました!

>>11 そうなんですか スレ立てどころか書き込みもしたことが無くて・・・出たときびっくりしました


また書き始めますね
ちーちゃんはその事を知るとそれはそれはがっかりしました


千早「萩原さん・・・」


せめて、この灰を形見に・・・そう思ったちーちゃんは灰を袋に入れ、持って帰りました

そして灰が胸にいいと言う噂を信じて胸に灰を塗りたくると・・・

なんと、胸が77cm,82cm,87cm,ついにはどたぷーんを越え92cmにまで!


村の人が驚いて集まってきました、中には感動の涙すら流す者までいました

いいムードの所にはるるんが割り込んできました


春香「千早ちゃんは渡しませんよ・・・私は千早ちゃんを世界一愛していて24時間見ていていつだって千早ちゃんに近づこうとする虫は消してきたし、千早ちゃんの事を思って生きてきた・・・それなのに胸しかみてないPさんなんかに・・・千早ちゃんは渡しませんよ・・・!絶対に渡さないわたさないワタサナイわたサナいワタサなイワタさない・・・」


ナイフを持ったはるるんにPが刺されそうになったその時


???「ダメですぅー!」

春香「へっ!?お・・落ちr」


はるるんがいきなり全員の視界から消えました

雪歩「えへへ・・・千早ちゃん!ただいま!春香ちゃん穴に落ちちゃった」テヘペロ

千早「萩原さん!どうして・・・?あの時パッドと一緒に燃えてしまったはずじゃ・・・」

雪歩「千早ちゃんの供えてくれたお肉の匂いで頑張って脱出できたんだよ!本当にありがとう!また一緒にくらそう・・・?」


こうして、胸の大きくなったちーちゃんはPと結婚し、ゆきぽという可愛いペットと一緒に幸せに暮らしましたとさ



〜おしまい〜

以上でしたー

まだ他にも書きたいんですけどアイデアなくて・・・

しかもそんなに考える力も無く・・・またなんか思い浮かんだらスレ立てしますね!


ではhtml化?してきます
依頼してきましたー

なんかスピード?がほかのスレより数字大きいみたいですけど

投稿速度が速いんですかね
てか花咲かせてなかったな・・・

胸咲かちーちゃんだった
>>22
今日になってまで!ありがとうございます!
まさかまとめに乗るとは・・・((((;゚Д゚))))
ニコニコにうpする動画の合間に書いた物が・・・((((;゚Д゚))))
い・・・一応普段こんなもの作ってます((((;゚Д゚))))つhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm21132692

10:30│天海春香 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: