2014年12月01日

千早「今日は美希の誕生日ね」 雪歩「そうだね」

千早「プレゼントはもう買ったのかしら? 雪歩」



雪歩「もちろんだよ」



千早「何にしたの?」





雪歩「えへへ……おにぎり型の安眠枕だよ。ちょっと奮発しちゃったぁ」



千早「……あざとい……」



雪歩「え?」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1416671335



千早「いえ、別になんでもないわ」



雪歩「そう? ならいいんだけど……」



千早「…………」



雪歩「…………」



千早「で? 何を買ったって? 雪歩」



雪歩「えっ」



千早「よく聞こえなかったから、もう一回言ってくれるかしら」



雪歩「おにぎり型の安眠枕だよ」



千早「…………」



雪歩「…………」



千早「……あざとい……」



雪歩「…………」



千早「…………」



雪歩「……千早ちゃん。今はっきりとあz」



千早「春香って言っただけよ!」



雪歩「それ間接的に認めてるよね!?」

千早「春香があざといですって? あなたいつからそんな毒舌家に……」



雪歩「どの口が言うのかな……」



千早「でも雪歩も雪歩で即座に意味を理解してツッコんだのは事実よね」



雪歩「…………」



千早「…………」



雪歩「……で、千早ちゃんは何を買ったのかな?」



千早「ナチュラルに話題を逸らそうとするあたりは流石としか言いようがないわね」

雪歩「べ、別に逸らしてないよ! 最初から美希ちゃんの誕生日プレゼントの話だったよね?」



千早「ええ、そうね。雪歩があざといプレゼントを購入したという話だったわね」



雪歩「開き直ったかのように言い切った!」



千早「だって実際あざといじゃない。いくら美希だからって、おにぎりでしかも安眠枕なんて……」



雪歩「だ、ダメかなぁ……美希ちゃんならきっと喜んでくれると思ったんだけど……」



千早「別にダメじゃないわ」



雪歩「ほ、本当? 千早ちゃん」



千早「ええ。ただ、ダメって言うより……」



雪歩「言うより……?」



千早「……だ、ダメダメな私は穴掘って埋まってますぅ〜」



雪歩「…………」



千早「……みたいな?」



雪歩「…………」ビシッ



千早「痛い!」

千早「何をするのよ雪歩。いきなり無言でチョップなんてひどいじゃない」



雪歩「ごめんね千早ちゃん。ちょっと自分を抑えられなかったよ」



千早「まあでも私が悪かったわね。ごめんなさい」



雪歩「分かってくれれば別にいいよ」



千早「ここに謹んで深謝の所思をお伝え申し上げるわ」



雪歩「何もそこまで畏まらなくても」



千早「だって本当の雪歩はもっとあざとい声色を使うもの」



雪歩「今度はグーでいこうか?」



千早「ごめんなさい」

雪歩「で、千早ちゃんは何を買ったの」



千早「フフフ……よくぞ聞いてくれました」



雪歩「?」



千早「……聞いて驚きなさい、雪歩……」ガサゴソ



雪歩「……?」



千早「……じゃっじゃーん! なんとおにぎり型の安眠枕なの! あはっ☆」



雪歩「えっ」



千早「…………」



雪歩「…………」



千早「……じゃあ私、これ捨ててくるわね」



雪歩「ちょ、ちょっとストップ千早ちゃん!」ガシッ

千早「離してちょうだい、雪歩」



雪歩「は、早まっちゃダメだよ千早ちゃん!」



千早「何を早まるというの」



雪歩「そんな、せっかく美希ちゃんのために買ったプレゼントを捨てちゃうなんて、ダメだよぉ……」



千早「でも仕方ないじゃない。雪歩のプレゼントと丸被りなんだし」



雪歩「それはそうだけど……でも、だからって何も捨てなくても……」



千早「…………」



雪歩「…………」



千早「……まあ、確かにそうね。せっかく買った物を捨てるのはもったいないわね」



雪歩「ほっ。分かってもらえてよかったよ」パッ



千早「雪歩に定価の10%増しで買ってもらえば良い話だったわね」



雪歩「いや買わないからね!? しかも何で微妙に儲けようとしてるの!?」

千早「捨てるのもダメ、売るのもダメ、じゃあどうしろって言うの!? 雪歩は私に死ねって言うの!?」



雪歩「発想が極端過ぎだよぉ……」



千早「でも真面目な話、いくら美希でも同じプレゼントを二個ももらっても困ると思うわ」



雪歩「うーん……まあ確かにそれはそうかもだけど……」



千早「色違いとかならまだしも、色も完全に一致してるし」



雪歩「そうだねぇ……」



千早「……もうこうなった以上は仕方がないわね」



雪歩「? 何か名案でもあるの? 千早ちゃん」



千早「ええ。二個とも我那覇さんあたりに買い取ってもらいましょう」



雪歩「千早ちゃんは響ちゃんを何だと思ってるの」



千早「我那覇さんならなんくるなるわよ。二つの枕で自分の顔を挟んだりして一晩中遊んでるに違いないわ」



雪歩「…………」



千早「…………」



雪歩「……不覚にもちょっとかわいいと思ってしまった自分が憎らしい」



千早「……私も、自分で言っててちょっとトリップしかけてしまったわ」

千早「まあ冗談はさておき」



雪歩「うん」



千早「こういうのはどうかしら? 二つある安眠枕のうち、とりあえず一個を定価の半値で誰かに買ってもらう」



雪歩「ほう」



千早「その代金で、美希へのプレゼントをもう一個何か買う」



雪歩「ふむ」



千早「それと安眠枕を合わせて、私と雪歩からの共同プレゼントってことにして美希にあげるの。どう?」



雪歩「あー、確かにそれは良い案かもだねぇ。誰も損してないし」



千早「そうでしょう?」



雪歩「うんうん。千早ちゃんにしてはすごく良い考えだよぉ」



千早「ちょっと引っかかる物言いだけどこの際流すわ、雪歩。じゃあ早速、誰かに買ってもらいましょう」



雪歩「でもよく考えたら枕って、半値でも買ってもらえるか微妙かもだよね……消耗品ってわけでもないし」



千早「それは美希へのプレゼントをトイレットペーパーにでもしておけばよかったということかしら? 雪歩」



雪歩「流石に飛躍しすぎだよぉ……」

千早「まあその心配なら無用よ、雪歩。こういうときに確実にバイヤーとなってくれるであろう人材に心当たりがあるわ」



雪歩「えっ。そうなの?」



千早「ええ。まあ大船に乗った気でいなさいな」ポパピプペ



千早「――ああ、もしもし? ちょっと頼みたいことがあるんだけど……」





〜五分後・事務所〜





未来「美希先輩の涎が染み付いた使用済み枕がもらえると聞いて!」バァン



雪歩「わっ。びっくりした」



千早「紹介するわ。昨年うちの事務所に入った後輩アイドルの春日未来さんよ」



雪歩「いや、知ってるけど……っていうか千早ちゃんどこ見て話してるの?」



千早「ちなみに彼女は美希を盲信的なまでに崇拝しているという、ちょっと危ない特殊性癖の持ち主でもあるわ」



未来「でへへ、それほどでも……」



雪歩「あぁ……私一人じゃいきなりツッコミが追いつかないよぉ……」



千早「大丈夫よ雪歩。そんなこともあろうかと」



雪歩「えっ?」



奈緒「どもー。横山奈緒でーす」ガチャッ



雪歩「奈緒ちゃん!?」



千早「春日さんと同時期にうちの事務所に入った横山奈緒さんよ。ツッコミ要員として呼んでおいたわ」



雪歩「いや、だから千早ちゃんはどこ見て話してるの?」



奈緒「あ! こんなところに柿ピーあるやん! これもろていいですか? ん! ウマい!」ポリポリ



雪歩「うぅ……どう考えても人選ミスだよぉ……」

未来「で、千早さん! 美希先輩の涎付き枕はっ!?」



千早「ああ、ごめんね春日さん。それ嘘なの」



未来「……えっ?」



雪歩(あ、これアイドルがしたらダメな顔だ)



千早「でも大丈夫よ春日さん。この『おにぎり型安眠枕』を買ってくれれば、あなたはいつでも美希と一緒にいられるわ」



未来「え? ど、どういうことですか?」



千早「私と雪歩で、これと同じ枕を美希にもあげるつもりなのよ。つまりあなたがこれを買ってくれれば、美希とお揃いの枕ってことになるわ」



未来「買いますいくらですか」



千早「春日さんは私達の可愛い後輩だから定価の半値でいいわよ」



未来「! ホントに!? 良いんですか!?」



千早「ええ、もちろん」



未来「わーい! 千早さん大好き!」



雪歩(この子大丈夫なのかな……色々と)



奈緒「なんや、お腹いっぱいになったらねむなってきたわ〜。未来、その枕買うたら後で使わしてな〜」



未来「だ、ダメだよ! 美希先輩とのお揃いなんだから!」



奈緒「え〜、ええやん別に。減るもんじゃなし……」



未来「ダメったらダメ! がるるるる」



奈緒「わ、わかったわかった。わかったから、そない怖い顔せんといてや……」



雪歩(うーん、意外と絶妙な人選だったのかもしれない)

未来「でへへ……美希先輩とお揃いの枕……」スリスリ



奈緒「ごめん未来、流石にちょっと気色悪い」



未来「きしょっ……!? ひ、ひどいよ奈緒ちゃん! こんな美少女をつかまえて!」



奈緒「いやあ、ほんまもんの美少女は枕に頬ずりしながら『でへへ……』とか言わへんて」



未来「むぅう……」ムスー



千早「ふふっ」



奈緒「? どうかしました? 千早さん」



千早「いえ……なんでもないのだけれど」



未来「?」



千早「ただ、なんというか……本当に仲が良いのね、あなた達」



奈緒「えっ? そうですか?」



雪歩「うんうん。なんか見てて安心するよ」



未来「まあ……入った時からずっと一緒にいるもんね」



奈緒「ま、せやなー。……あ、でも仲良い言うたら」



千早・雪歩「?」



奈緒「千早さんと雪歩さんも、私らが765プロに入った頃に比べて、なんや今の方が仲良うなってません?」



千早「えっ」



雪歩「そ、そう……かなぁ?」



未来「あ、でもそれ私も思ってました。だって一年前くらいって、千早さん、雪歩さんのこと名字で呼んでませんでしたか?」



奈緒「あー! せやったせやった! 『萩原さん』って呼んどったわ!」



雪歩「あー」



千早「それは……そうだったわね」



奈緒「なんか、きっかけとかあったんですか? 呼び方を変えたっちゅうのは」



千早「そうね……きっかけというか、そんなに大層なことじゃないのだけれど」



奈緒「な、なんや気になる言いぶりですやん」



千早「……雪歩。話しても?」



雪歩「うん。私は大丈夫だよ」



千早「じゃあ、話すわね。あれは……ある晴れた日の午後だった」



奈緒(あれ? これなんか長くなる系の話?)

千早「私と雪歩は、レッスンを終えて一緒に事務所からの帰り道を歩いていたわ」



奈緒「ふむ」



千早「そしたら……道の反対側から、赤い洗面器を頭に乗せた男の人が歩いてきたのよ」



奈緒「あ、赤い洗面器!?」



千早「ええ。その人はね、洗面器の中に入ったたっぷりの水を一滴もこぼさないようにしながら、ゆっくりゆっくり、こっちに向かって歩いてきていたの」



奈緒「……そ、それで? どないしたんですか?」



千早「私はどうしてもその洗面器が気になってしまって……すれ違いざま、勇気を振り絞って、その男の人に聞いてみたのよ」



奈緒「え? き、聞いたんですか? 直接?」



千早「ええ。直接」



雪歩「ちなみにその時、私は男の人が苦手だからあんまり近付かないようにしてたんだけどね」



奈緒「(それって男とか女とかの問題ちゃうような気が……)ほ、ほんで、千早さんは何て聞いたんです?」



千早「『ちょっとすみません。どうして、そんな赤い洗面器を頭に乗せて歩いているんですか?』って」



奈緒「ち、千早さんって見かけによらずえらい大胆なんですね……そんで、どうなったんですか?」



千早「ええ。それで、その男の人はこう答えたわ。『それは君の……』」



未来「はっ!!」バッ



奈緒「!? な、なんやねん未来! 今せっかくいいとこ……」



未来「……美希先輩の匂いがする」クンクン



千早・雪歩・奈緒「えっ!?」



未来「……今、ビルの階段を上がってきてる。事務所に到着するまで、後約31秒――……」



千早「! そ、それは大変だわ! 急いで誕生日プレゼントを隠さないと!」



雪歩「そ、そっか! お誕生日パーティーは夜だもんね!」



奈緒「じゃあ未来! あんたのその枕もとりあえず没収や!」バッ



未来「あーん! これ私のー!」



奈緒「せやかて未来! 今これ美希さんが見てもうたら後で千早さんらが渡すときにサプライズ感薄れてまうやろ!」



未来「むー……。まあそれもそっか。わかりましたぁ」



雪歩「は、早く隠さないと美希ちゃん来ちゃうよぉ!」



千早「とりあえず、このファンからのプレゼントが入ってる段ボール箱の中に!」



奈緒「よっしゃ!」



 ガチャッ



美希「おはようなのー!」

千早「おはよう美希」



雪歩「美希ちゃんおはよう」



奈緒「おはようございまーす」



未来「お、おはよござ、ござまっす!」



美希「なんか珍しいメンバーなの」



千早「まあ、たまにはね」



雪歩「そうそう、たまには」



美希「ふぅん?」



奈緒「美希さんこそ、どうしたんです? 今日はまだ仕事の時間じゃないんじゃ……」



美希「うん。ちょっと忘れ物しちゃったから取りに来ただけなの。あ、未来。そこのバッグ取って?」



未来「!? わ、私が!?」



美希「? うん」



未来「ちょ、ちょっと待っててください! い、今手を消毒してきますからっ!」



美希「えぇー。そんなのいいの。ミキ急いでるから早く取ってほしいな」



未来「は、はいっ! じゃ、じゃあ僭越ながら……」スッ



美希「ありがとーなの。じゃ、また後でね」パタパタ……



千早「……ふぅ。特に怪しまれることもなかったわね」



雪歩「うん、良かったね」



未来「……み、美希先輩のバッグに直接触ってしまった……美希先輩の……」ガタガタ



奈緒「未来……あんた、この事務所に入って一年も経つのにまだそんな調子なん?」



未来「しょ、しょうがないじゃん。美希先輩は私にとって生きる希望そのものなんだから……」



奈緒「うわ、重っ……」スッ



未来「素で引かないで!」

雪歩「でも未来ちゃんはそんなに美希ちゃんが好きなら、結構奮発したんじゃない? 今日の誕生日プレゼント」



奈緒「あぁー確かに。それ私も興味あるわ。未来、何買うたん?」



未来「いやぁ……残念ながら、私のお給料じゃまだそんなにすごいの買えませんから……」



千早「じゃあ、手作りのおにぎり一ヶ月分とか?」



雪歩「いやいや、腐っちゃうでしょ……」



未来「あ、千早さん惜しいです。一ヶ月分じゃなくて一年分です」



千早・雪歩・奈緒「!?」



未来「あっ。大丈夫ですよ! 握ってからすぐに冷凍してますから!」



奈緒「え、いや……そういう問題じゃのうて……」



雪歩「い、一年分って……365個ってこと?」



未来「え、違いますよ? 一食2個×三食×365日で計2190個です」



千早・雪歩・奈緒「」



未来「……あ、あれ? 私なんか変なこと言いました?」



千早「い、いえ……まあ、ええと……」



雪歩「そ、それ……全部、一人で握ったの?」



未来「? そりゃー、そうですよ。あ、もちろん素手じゃなくて、ちゃんと消毒・滅菌した手袋を付けてですね……」



奈緒「え、えーと、未来? その、2190個のおにぎりって……今、どこに置いてあるん?」



未来「ああ、それなら、私の部屋に専用の冷凍庫買ったから、そこに作った分から冷凍してるよ」



千早「そ、そのためだけに、専用の冷凍庫買ったの?」



未来「? はい」



千早・雪歩・奈緒「…………」

雪歩「……で、でも、結構時間かかったんじゃない? それだけの量のおにぎり作るのって……」



未来「そうですね、去年の美希先輩のお誕生日パーティーの直後から作り始めたから……ちょうど一年ですね!」



千早・雪歩・奈緒「い、一年!?」



未来「はい。というのもですね、去年のパーティーの時、私、ずーっと美希先輩の挙動を目で追ってたんですけど、やっぱりおにぎりを頬張っているときの美希先輩が一番幸せそうだったんですよ! それで、来年のお誕生日プレゼントは手作りおにぎりにしようって決めたんです! あ、ちなみに去年は美希先輩の好きないちごババロア一年分を作ってお渡ししたんですけど、私、味付けちょっと失敗しちゃって、美希先輩は美味しいって言ってくれたんですけど、やっぱり申し訳ないから、一週間分だけ食べてもらって、後残りは全部自分で食べて、でもそれがやっぱりすっごく悔しくって、もう一回いちごババロア一年分でリベンジするっていう手も考えたんですけど、でも冷静に考えたらやっぱり一年中ずっといちごババロアじゃ栄養偏るし、その点おにぎりなら中の具も色々変えられるし、飽きないしいいかなって! まあでもやっぱり一番の決め手はおにぎりを食べてる時の美希先輩の表情ですけどね! あの天使のような笑顔を見ていたら多少の苦労なんて苦でもないっていうかやっぱりもう美希先輩は私にとっての絶対的存在であって神聖にして不可侵の……」



千早・雪歩・奈緒「…………」



千早「……ねぇ、雪歩」



雪歩「何? 千早ちゃん」



千早「美希への誕生日プレゼントだけど、さっき、追加でもう一個買おうって話してたじゃない?」



雪歩「ああ、うん」



千早「私、すごく良いのを思いついたわ」



雪歩「何?」



千早「……焼き海苔、一年分」



雪歩「それ、千早ちゃんにしては最高に冴えたアイディアだよ」



千早「ちょっと引っかかる物言いだけど今は流すわ、雪歩。じゃあ早速買いに行きましょうか」ガタッ



雪歩「そうだね、千早ちゃん。お誕生日パーティーは今日の夜だしね」ガタッ



奈緒「……あ、あれ? お二人とも、何をそそくさと……」



千早「じゃあそういうわけで。横山さん、後はよろしくね」



雪歩「ファイトだよ。奈緒ちゃん」



奈緒「ちょ、ええ!? こ、この状況で自分達だけ逃げるとか!?」



千早「じゃあ行きましょうか、雪歩」



雪歩「そうだね、千早ちゃん」



奈緒「ん、んな殺生な!」



未来「奈緒ちゃん!」ガシッ



奈緒「は、はひ!?」



未来「まだ私の話は終わってないよ!」グイッ



奈緒「えぇ!? ちょ、未来、私は別にもう……」



未来「そもそも美希先輩の魅力を最初から語るとね、まあいっぱいありすぎて語り切れないんだけど、とりあえず天才で、可愛くて、なんでもできるっていう感じなんだけど、でもそれだけじゃなくてね、ちゃんと努力をしていて、ダンスを一発で覚えちゃったりしてもそれを皆にちゃんと見せてね、それはつまり他のアイドルの皆のためで、もう、美希先輩は本当そういう所がすごいっていうか、尊敬通り越して畏敬っていうか崇敬っていうか、もう私にとってはそういう対象で、同じ空気を吸っているのも正直烏滸がましいっていうか、でもそうかと思えば年頃の少女のあどけなさもきちんと持ち合わせていて、たとえば事務所のソファで気持ちよさそうに寝てるときの美希先輩の寝顔とかめっちゃくちゃ可愛いと思うんだよね私は! あ、ちなみに私、スマホの待ち受けもずっと美希先輩の寝顔にしてて、これ見てると気が付いたら六時間くらい経ってることもざらで、私はそういう時間を『美希充』って定義してるんだけど、『ああ、今日も美希充したな』みたいなね。そうそう、あとゆったりめの服装で寝てるときの美希先輩の胸の谷間の見え方なんかもまた絶妙な按配で……」



奈緒「あーんもう! 誰かはよこの役代わってー!」





















21:30│星井美希 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: