2014年12月08日

モバP「ゆずたん」喜多見柚「?」


柚「んー」



P「?」





柚「あー」



P「…」



柚「ぷえ。舌ちゃんと出すのって意外とつかれるね」テヘ



P「なにしてたんだ?」



柚「んー!ゆず!ゆずたん!」



P「ああ、なるほど」



柚「ゆずゆず!」テヘペロ



P「言いたいとこ変わってないか?」





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1417601718





柚「――…」ハッ



柚「タン食べたいかも」



P(単純だ…)カタカタ



柚「Pサンたんしおー」ユサユサ



P「Pサンはタン塩じゃありません」カタカタ





柚「ゆずたんって、柚こしょうとかつけて食べるのカナ?」ユサユサ



P「さあ。というかゆらさないで…」カタタ…





ガチャ





比奈「…うー」



比奈「ただいまーっス。お外さむかったっス…」ズビ



柚「比奈サンだー。おかえり」



P「おかえり」



比奈「どもっス。なにしてたんスか?」



柚「えっと…、そだ、比奈サンゆずたんって何か分かるカナ?」



比奈「ゆずたん」





比奈「……」モゾ



比奈「新しい柚の呼び方でスかね」



柚「ゆずたん?」



比奈「ゆずたーん」



柚「わわ。な、なんか恥ずかしいねー」



比奈「ふふ、そうっスか?可愛いと思いまスよ」



柚「うー」



P「……」カタカタ





柚「んー。でもやっぱPサンには柚って呼んで欲しいナー」



比奈「?プロデューサーに呼ばれたんスか」



柚「うん。呼ばれたというか…、Pサンがぽそって」



比奈「…ふーん」



P「…」カタカタ



比奈(口滑らしたんスか)



P(いや、そろそろケーキ取りに行かないとなーって思ってたらついうっかり)スイマセン



柚(テレパシーしてる!)おー





比奈「……そうっスか」



比奈「ふむふむ。まあプロデューサーは最近お疲れでスからねー、夢でも見てたんじゃないっスかねー」シュル



P「ん」



柚「Pサンおつかれ?」



P「いや、まあ……、なんだよ」



比奈「はいマフラー。私がさっきまで着けてたし、これで暖かいでしょ?」



P「え、はい」



比奈「ちょっと気分転換にお散歩でも行くといいっス」ニッコリ



比奈(そしたらよけいなこと口走ったりしないでしょ)ニッコリ



P「」アッハイ



P「…」ハァ





P「…そうする」ガタ



比奈「はい」



柚「Pサンおさんぽ行くのっ。へへ、なら柚もーっ、て、あわっ」ガシ



比奈「柚は風邪引くとよくないっスから、私とお留守番するっス」



柚「あれ?そ、それPサンも同じだよ?」



P「行って来ます」



比奈「気をつけて」ズルズル



柚「あれー?」



P「そういえば比奈さっきみたいにマフラー巻いてくれるの顔近付いて恥ずかしかったりはぐふっちょバカあぶなっ」バフッ



比奈「はやく行けっス!」



柚(クッション投げ楽しそう)イイナー







・・・・・





P「…、さむ」



P「……」モフ



P(というか比奈だけじゃなくて俺もまあまあ)



P「……」モフモフ



P「……。ケーキ、取りに行くか」





・・・・・





うぃーん





<イラッシャイマセー





P「すいません、このまえ予約した……」



P「?」



ぴと



楓「…」



P「…」



楓「…あう」ツメタイ



P(自分でやって自分で冷たがってる)カワイイ





P「……、」



P「楓さん、そこ額当てると熱が伝わってケーキによくないですよ、たぶん」



楓「あ、ごめんなさい」



楓「でも柚ちゃんにあげるケーキは、すっごくよく、ちゃんと選んであげたいと思って」



楓「みんなで買ってあげるのとべつに、私からもって」



P「なるほど」



P「…そうですね。はい」



楓「はい」ニコ



楓「あ、すいません、この柚子モンブランを一つください」



P(ちゃんと?)





楓「えへへ。一番形が柚ちゃんなのを選んでもらいました」



P「よかったですね」



楓「はい」



楓「……?あれ。プロデューサー、いつの間に、ここに?」



P(今さらですか)



楓「柚ちゃんもいつの間に?」



柚「さっきから!」ぴょん



P「えっいつの間に」



柚「いつの間にか!」にぱ



楓「ふふ」クスクス





P(ば、バレてないですよね)コソ



楓(大丈夫だと思いますよ?)



柚「わーケーキいっぱいだーわーわー」



P「ケーキ屋さんだからな」



P(…あ、たしかに)



楓(はい)ニコ



柚「へへー、Pサン柚にはどれ買ってくれるのカナー」



P「……一つだけだぞ」



柚「わーい!」



楓「……」ニコニコ





楓「じゃあ、私はお先に」



楓(みんなでお願いしたケーキは、私がもって帰っておきますか?)



P(あ、いえ。そのまま俺がもらって帰ります)



楓(分かりました。じゃあ、またあとで。比奈ちゃんと、いろいろ準備しておきますね)



P(お願いします)



柚「Pサンこれとこれ!」



P「一つだって言っただろ」



楓「…」クス







・・・・・





<アリガトウゴザイマシター





P「どうしてついて来たんだ?」



柚「ダメだった?」



P「…、いや…、べつに」



P「そんなことないけど」



柚「へへ」





柚「頑張って比奈サンの隙を見て柚ダッシュだよ!」たたーっ



P「…比奈じゃ柚には追いつけなさそうだな」



柚「へへーん。すごいでしょ!」



P「うん」



柚「…」ソワソワ



柚「…」ホメテホメテ



P「…」



P「よしよし」



柚「ン。えへへ」





仁奈「仁奈もよしよししてくだせー!」



柚「わ」



P「うおう」



仁奈「」シテクダセー



柚「えと、よしよし?」ナデモフ



仁奈「えへへです」





P「驚かせるなよ」



仁奈「ふふー。今日の仁奈はすてるす仁奈でごぜーます!」



P「いつも通りの羊にしか見えない」



仁奈「いつも通りの仁奈ではねーですよ?」



仁奈「だってほら!」



P「?…あ」



柚「わあー」







ぽふぽふ





P「ちょうどお店のなかにいるあいだに降ってたんだな」



柚「初雪だー」



仁奈「ふふー。白いのでひつじ仁奈は雪の気持ちにもなれるのです。もふどやーです」モフドヤー



P「寒そうだな」



仁奈「じゃあ雪さんもきぐるみすればいーです」



P「うん」



柚「そうだねー」





P「それで、えっと」



P「仁奈はなにを褒めればいいんだ?お仕事お疲れさま?」ナデモフ



仁奈「えへへ」



仁奈「それもそうでごぜーますが、仁奈いそいで来たのでそっちも褒めてくだせー」モフエヘ



柚「よしよしー。どうしていそいでたの?」



仁奈「えへへ」



仁奈「それは柚おねーさ…!…はっ」モフピコン



柚「?」



仁奈「えっと、えっと」



仁奈「…もふ…。と、とにかく、仁奈はいそいだのでごぜーますよ!」モフガオー



柚「わあ。そ、そっか?よしよし?」



P(ギリギリ気づいた仁奈えらい褒める)ヨシヨシ



仁奈「わぷ。えへへへー」







えへえへ





仁奈「ん」ぱく



P「?」



仁奈「むぎゅ。もうお口チャックするです」もご



仁奈「では!仁奈はさきに戻ってやがりますので」もごご



P「うん。またあとで」



仁奈「はい!はやく二人も戻ってくるですよ!」



柚「うん。またねー」







・・・・・





柚「へへ」パタ



柚「ほんのちょっとだけど、白くなってるねー。わー」



P「うん」



柚「冬だー」



P「うん」



柚「うん。えへへ」





柚「…」



柚「えい」



P「ん」



柚「わ!Pサンの手つめたい!」



P「柚が暖かいんだよ」



柚「そうかな?じゃーあっためてあげる!にぎにぎ」



P「ん…。ありがとう」



柚「うん!どういたしまして」にぱ







にぎにぎ





柚「…、えっとね、」



柚「ふたりになりたかったからだよー」



P「?」



P「なんの話だ?」



柚「えへへー。なんの話だろー」



柚「えへへ?」



P「……。」ギュ



柚「ン。へへ」





柚「ね。Pサン」



P「うん」



柚「うん。去年も、今年もそうだから」



柚「きっとまた来年も一緒にいられるかもって思うから、でも、」



柚「またいつか、二人だけでお祝いして欲しいナー」



P「……。」



P「…うん。そうだな」



柚「うん。ね!」



P「うん」





P「…」



P(というか、じゃあやっぱり…ちゃんとばれてるんだな…柚には)



柚「…」エヘヘーニギニギー



P「…」クス



P「…」



P「まあ、それならいいか」



柚「ン?」



P「みんなには内緒だぞ、フライングだけど」



P「誕生日、おめでとう、柚」



柚「ん」



柚「へへ、へへへ。うん。アリガト。Pサン」



P「うん」





柚「……」エヘヘヘ…



柚「ね、ね。もう一回言ってみて?」



P「…どうせあとでまたみんなで言うよ」



柚「えー。でも、だってほら、ふたりきりで言われるの、すっごく嬉しいし♪」



柚「それにふたりだけだからお願いするの!ねーねー」ユサユサ



P「ゆらすなゆらすな」



柚「Pサン、もしかしてテレてる?」



P「違います」



柚「テレてる!」



P「ちがう」



柚「柚もだよ!」



P「どこがだよ」



柚「顔あつい!」



P「はいはい」



P「おめでとう」



柚「わあっ。へへ、えへへ!うん!アリガトーっ」ニパー









・・・・おしまい





20:30│喜多見柚 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: