2014年01月02日

モバP「エナジードリンク」

超短編のモバマスSSです。
1.モバマスSS初投稿です。
2.キャラは事務員さんと李衣菜と夏樹です

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1370885754


ちひろ「プロデューサーさん、エナドリ買いませんか! エナドリ!」

P「それ他所のアイドルですよ。エナドリですか、そうですね。まあ考えておきますよ」

ちひろ「またそうやって誤魔化して……おかげで在庫がたくさん残ってるんですよ?」

P「またまた。詳しいことは知らないですけど、顧客が俺だけってわけじゃないでしょ?」

ちひろ「確かにそうですけど、たまには買ってくれてもいいじゃないですか」

P「まあ次の給料日になったら、その時はお願いしますよ」
李衣菜「プロデューサーさん助けて〜〜」

夏樹「おい、だりー。プロデューサーの迷惑になるだろ」

P「ん? どうしたんだ二人とも?」

李衣菜「いや、ちょっと買い物に行きたいんだけどさ。車出してくれない?」

P「ああ、そんなことか。こっちもキリがいいし、別に構わないぞ」

李衣菜「ウッヒョー! さすがプロデューサーさん!」

夏樹「はあ……悪いなプロデューサー」

P「それでどこに行きたいんだ?」

李衣菜「えへへっ! それはね――」
近所の某スーパー

李衣菜「ウッヒョー! 本当にこんなの売ってるんだね、なつきち!」

夏樹「な? 言ったとおりだろ?」

P「えっと、なんだそれ?」

李衣菜「R●CKS ENER●Y DRINKですよ!」

P「ロック……なんだって?」

李衣菜「んんー、なんて言えばいいかな。そうだ! ちひろさんがよくPさんに売ってるようなやつって言えばわかりますか?」

P「ああ、なるほど」

夏樹「悪いプロデューサー、こんなことに付き合わせて」

P「まあ気にするなって、どれ俺も一本買ってみようかなっと」

P「ん? なあ夏樹」

夏樹「どうしたプロデューサー?」

P「いや、仕事で目が疲れてるのかな。なんか妙に高いような気がするんだけど……」

夏樹「そうか? こういうのって大体こんなものだぞ?」

P「え? あ、そうなんだ。ふぅーん」
李衣菜「たっだいまー」

ちひろ「おかえりなさーい」

夏樹「ただいまちひろさん」

ちひろ「ええ、おかえりなさい」

P「はい、ちひろさん。言われてたアイス買ってきましたよー」

ちひろ「ありがとうございます! ちょっとお金渡しますので待ってくださいね」

P「いやいや、良いですよこのぐらい」

ちひろ「本当ですか? ありがとうございます」

夏樹「よしだりー、もう一度練習始めるぞ。教えるこっちだって暇じゃないんだから。さっさと上達しろよ?」

李衣菜「ふっふーん。次のセッションまでには夏樹なんか追い抜いてやる!」

夏樹「なら、早くコードは全部押さえられるようにならないとな。あっ、プロデューサー今日はありがとな」

李衣菜「プロデューサーさん今日はありがとうございました」

P「おう、どういたしまして」
P(さて、流れで一本買ってきたわけだが、これ一本でエナドリ数本分の値段ってどういうことだ?)

P(エナドリでさえあんなに効くのに、こんなの飲んだ日には……)ゴクン

P(まあ、なんでも試してみるもんだ!)

P(こ、これは……)

P(特に何もない? いや、でも少し疲れが取れた……のか?)

P「ちひろさん、今エナドリ持ってませんか?」

ちひろ「ありますよー。はい、どうぞ」

P「ありがとうございます。はいお金です」

ちひろ「いえいえ、さっきのお返しってことで」

P「いいんですか?」

ちひろ「遠慮しなくていいですよ。こういうのは気持ちですから」

P「ありがとうございます」

P(さて、それじゃ頂きます)ゴクゴク

P(こ、これは……)

P(これだ! 疲れが吹き飛ぶこの感覚……!!)
某テレビ

「某社のエナドリを愛用しているという人に聞いてみました」

「業界で有名な765プロダクションのプロデューサーと肩を並べると呼ばれる敏腕プロデューサー」

「なんと150名以上のアイドルを手掛けてきたと言われるSGプロダクションよりこの人です」

P「エナドリですか? そうですね。私にとっては無くてはならない物――ですかね」
終わり
近所のスーパーで見たらエナドリあったからついついやってしまった。
やっぱり100円でエナドリ・スタドリ・高級おせちで提供してくれるちひろさんは女神やったんや(白目)
SGってなんだよ。CGじゃないか……

相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: