2014年01月04日

P「さて、今日も頑張るか!」

・キャラ崩壊有り。

・ストーリーとか無いです。

・頑張ります。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1361835824

『わかってた』

P「あと一本でパーフェクトだ……!」ソローリソローリ

響「ゆっくり、ゆっくり……!」

春香(あ、プロデューサーさんと響ちゃんがジ○ンガやってる……面白そう!)

春香「私も混ぜてください!プロデューサー!」タッタッタッ

P「え?は、春香!?ちょっと待て!今は来るな!」

響「春香!!そこを動くんじゃないさー!」

春香「もう!仲間外れは関心しませ、え!?」ツルッ

P・響「「あっ……!」」

ジェンガドーン!!

P・響・春香「「「……」」」

P「さて仕事するか!」
『ちーちゃん』

千早「あの……プロデューサー。ちょっと相談したい事が」

P「ん?どうした?」カタカタカタ

千早「えっと……」

P「」カタカタカタ

千早「あの……」

P「」カタカタカタ

千早「その……」

P「」カタカタカタ、タン

千早「む、胸の事で!」

P「諦めろ」

千早「くっ…!」
『密告天使☆やよいちゃん』

やよい「うっうー!あの、プロデューサー」

P「どうした?」

やよい「響さんにプロデューサーってどう思いますって聞いたんですけど……」

P「うん」

やよい「あ、それより一つ聞いていいですか?」

P「うん」

やよい「……ヘンタイって何ですか?」

P「あの野郎!」ダッ
『響』

P「響!待ちやがれ!」タッタッタッ

響「ど、どうして追いかけてくるさー!」タッタッタッ

P「お前やよいに余計な事言っただろ!○○して××して△△してやる!」タッタッタッ

響「ひぃー!追いかけて来るなさー!」タッタッタッ

P「ま、て、や、こら…ごふぁ!!!」ボテッ

律子「」ニコニコ

P「何する……り、律子?」

律子「」ニコニコ

P「あ、あの……ごめ」

律子「走んな」
『ピヨォ……』

小鳥「」パラツ

小鳥「うへへ……」

小鳥「」パラパラッ

小鳥「うへへへへ……」

律子「小鳥さん、楽しそうですね!何読んでるんですかー?」

小鳥「いやー最近ぷちますにはまって……て……」

律子「」ニコニコ

小鳥「」チノケサー

律子「」ニコニコ

小鳥「よ、読みます?」

律子「仕事しろ」
『実はカワイイ雪歩ちゃん』

P「雪歩、仕事の件で話が……」ガチャ

雪歩「ほぇ?(着替え中)」ヌギヌギ

P「あ、アハハ……」

雪歩「……(スコップセット)」スチャッ

P「ま、待て!で、出てくから!何も見てないから!じゃあ外で待ってるな!」バタン

5分後…

雪歩「プロデューサーお待たせしましたぁ」ガチャ

P「お、おぅ!さっきは悪かったな」

雪歩「いえ!気にして無いですよ!」

P「そっかじゃあ!」

雪歩「でも次はありませんからぁ……」スチャッ

P「」
『夢落ち』

伊織「えへへ、プロデューサー!おはよう!」

P「お、おう……?どうした?いい事でもあったか?」

伊織「うん!プロデューサーと結婚する夢見たんだー!」

P「そ、そうか」

伊織「だからね!大きくなったらプロデューサーと結婚するんだ!いいよね?ね?」

P「あ、あぁ。大きくなったら結婚しような、伊織」

伊織「うん!プロデューサー大好き」
『今日も修行だ!真君!』

真「皆ボクをかっこいいとか男の娘だとかいい加減にしてほしいよ、まったく。これでも可愛くなるように頑張ってるんだぞ!アクセ身に付けてみたり香水かけてみたり。それにタイトルなんなの?真君って!完全に男の子扱いじゃないか!いい加減にしてよ!それに今日も修行だ!って毎日毎日苦行重ねてるわけないだろ!それにプロデューサーもプロデュ」

春香「どうしたの?」

真「あ、聞いてよ春香。えとねボクが皆に男の子とか言われてる件だけどそれについてちょっと考えてたんだ!ボクだって立派な女の子なんだぞっていつも訴えてるのにプロデューサーってば可愛いぞ、とか言いながらこの前男物のコート買って来たんだよ!いい加減にしてほし」

春香(……あー、めんどくさいやつだ)
『あふぅ』

美希「あふぅ……お腹空いたの。おにぎり食べるの」

美希「」モグモグ

美希「」モグモグ

美希「」モグモグ

美希「おにぎりうめぇ!」
『仲良し亜美真美 I Me』

亜美「あ、真美そっちのアイテムあげるよ」カチカチ

真美「ありがと」カチカチ

亜美「」カチカチ

真美「あ、亜美それ、罠」カチカチ

亜美「チッ……」カチカチ
『貴音さん!』

貴音「あなた様!私、らぁめん断食をはじめて一週間突破しました!」

P「へぇ、凄いなぁ」

貴音「それで提案なんですがもちべぇしょんを高める為にあなた様に何かご褒美を頂きとうございます!」

P「そうだな……貴音の健康の為に俺が人肌脱いでやるのも悪くないか」

貴音「!?」

P「じゃあ断食連続一週間突破でらぁめんを食わせてやるよ。んでらぁめん断食連続二週間突破したらデートしてやる、ハハッなんてな」

貴音「それは真でございますか!?」

P「あぁ、俺は嘘はつかないぞ。じゃあ一週間連続突破した貴音にらぁめん食いに連れてってやる。」

貴音「はい!」

さらに一週間。
貴音の「あなた様のいけずー!」という言葉が事務所内に響き渡った。
『とばっちりから生まれる友情』

律子「プロデューサー殿、この書類を」

P「あぁ、やっとく。律子休憩入っていいぞ」

律子「え、でもまだ仕事が……」

P「いいからいいから。疲れたろ?少し休めって」

律子「は、はぁ。それではお言葉に甘えて食事行ってきます」

P「あぁ、気を付けてな」

バタン

P「それじゃ小鳥さん頑張りましょうか?」ニコッ

小鳥「ピヨッ!?」
『いびき』

P「ぐがぁー!ぐがぁー!」zzZ

律子(うるさい……)カタカタカタ

P「ぐがぁー!ぐがぁー!」zzZ

律子(疲れてるのはわかるけど寝るなら自宅で寝れば)カタカタカタ

P「ぐがぁっ……」zzZ

律子(……え、何?急にいびきが止まったけど)カタッ

P「」zzZ

律子(な、何?え、ちょ……まさか息止まってるの?)ソローリソローリ

P「」zzZ

律子「ぷ、プロデューサー殿……!」(か、確認しなきゃ!?)アタフタアタフタ

P「ぐが……ぐがぁー!ぐがぁー!」zzZ

律子(何なのよ!もう!)
徹夜ってノリでやっちゃうところあるから怖いよね

『地獄の底まで行ってQ』

あずさ「ここはどこかしら……」

あずさ「プロデューサーさん?どこですかー?」

あずさ「んー……あ!プロデューサーさん!」

P「あ!やっと見つけましたよあずささん!」

あずさ「すいません。それよりここはどこですか?」

P「イギリスです」

あずさ「はい?」

P「イギリスです」
『夢と現実』

伊織(あ、あれが予知夢なら上手く行くはずね!)

伊織「えへへ、プロデューサー!おはよう!」

P「お、おう……?どうした?いい事でもあったか?」

伊織(ふふっ……やっぱりね。このまま行けば……!)

伊織「うん!えっと……結婚する夢見たんだー!」

P「え……そ、そうか。」

伊織(せ、セリフド忘れしちゃったわ!と、とりあえず突き進むのよ!伊織!)

伊織「だからね!大きくなったらえっと……結婚する……んだ……///」

P「お、おう……」

伊織「///」

P(……で?)
『美希からの挑戦なの!』

雪歩「あれ?私のロッカーに手紙が入ってる……ん?果たし状?」

美希「春香!やっと来たなの!おにぎり早食いの挑戦を受けて……あれ?雪歩……?」

雪歩「美希ちゃんどうしたの?」

美希「どうして雪歩が……?」

雪歩「あの……これ美希ちゃんのですかぁ……?」

美希(なっ!?間違えて雪歩のロッカーに入れてしまったなの!)

美希「や、やってしまったなのー!」ザクッザクッ

雪歩(フッ……穴掘リストがまた一人……)フテキノエミ
『なんでや!?プロデューサーは悪くないやろ!!』

―Pの自宅―
P「いらっしゃい千早、雪歩」

千早・雪歩「「お邪魔します」」

P「まぁとりあえずあがってく」

plululu...

P「あー社長からだ。先にあがってリビングに行ってて。用事済んだらゲームしよう」

千早「は、はい。じゃあ迷惑にならないように私達はリビング行ってましょうか」

雪歩「はい!」


千早「へぇー結構綺麗ね」

雪歩「そうですねー……ん?これって……」

千早「この前発売されたDVDプレイヤーね。意外にコンパクトじゃない」

雪歩「ホントですね……えい!」カチャ

千早「え、萩原さん!?いきなり開けちゃって……」

DVD「やぁ」

雪歩「何でしょうこのDVD……えっと…きょにゅーせれくしょん…?」

千早「くっ!こ、これは……」

雪歩「ぷ、プロデューサー破廉恥ですぅ……うぅ、こうなったら…」

千早「そ、そうね……!」

雪歩「はい、これはプロデューサーの為ですぅ!」

千早・雪歩「「壊すしかありません!」」

-

P「いやーすまんすまん!少し長引いちゃったなって、うぉい!!?何してんだお前…ら…」

千早・雪歩「「ハァ……ハァ……!」」

血走った目で息づく二人の足元にはいつもお世話になっていた親友の、変わり果てた姿がそこにはあった。
そんな残酷極まりない状況を見せつけられてしまったプロデューサーは足元から崩れ落ちてしまった。
親友の亡骸を見て目に涙を浮かべるプロデューサー。
そんなプロデューサーに二人はこう言った。

千早・雪歩「「むしゃくしゃしてやった。反省はしていない」」
『ぐぎゅるるるる』

貴音「あなた様!おはようございます!」デデーン

P「今日もテンション高いな貴音は。おかげで鼓膜突き破れそうになったぜ、ハハッ」キィーン

貴音「それよりあなた様に朗報でございます!近所に美味しいと評判のらぁめん屋が出来たのです!早速行ってみましょう!そうしましょう!」

P「まぁ、待て貴音。らぁめん断ちはどうしたんだ?」

貴音「断ちました」

P「oh…」

『亜美真美不遇ポジ』

亜美「」カチカチカチ

真美「」カチカチカチ

亜美「あ、真美こっちの道だよ」カチカチカチ

真美「え?こっちだった?こっちは落とし穴だった希ガス」カチカチカチ

亜美・真美「「あ…」」カチャ

真美「」カチカチカチ

亜美「」カチカチカチ
『プロデューサーがお怒りのようです』

P「だからあの機材だけは扱うなって言っただろ!向こうのDさんも流石に怒ってたぞ!」ガミガミ

真美「ごめんなさい……」

P「それに響!お前もお前だ!よりによって真美の度を過ぎた悪戯に肩を貸すなんて!いくらアイドルだからって周りが何でも許してくれると思うな!やっていい事と悪い事の境くらい把握しとけ!」ガミガミ

響「ごめんなさい……」

P「あぁもう……ハァ……もういい。二人とも今度から気を付けてくれな……マジで頼むよ」

真美・響「「はい……」」

美希「ハニー」

P「ハァ……どうした?何かトラブルか?」

美希「さっき亜美がハニーの鞄をジャム漬けしてるところを目撃してしまったの」

P「はぁ……この際二人でも三人でも構わないか」

P「 三 人 ま と め て 相 手 し て や る 」

真美・あずさ((亜美余計な事を……!))
『プロデューサーがお怒りのようです。ぱーとつー』

P「意味わかんないじゃん!?どういう思考回路してたら鞄をジャムに漬けるっていう発想が生まれるの!?ねぇ!」ガミガミ

亜美「ほ、ほんの出来心だったんです……」

P「はぁ!?なに出来心でやっちゃってくれてんだよ!いやね、ほら、あるじゃん!もっとこうさ、いやわかんないけどさぁー!」ガミガミ

亜美「で、でも亜美のせいだけじゃないもん!」

P「ほう?じゃあ協力者全員挙げてみろ。今なら説教タイムを減らしてやるよ、ほら」

亜美「考案したのは真美で」

真美「材料提供してくれたのはひびきんで」

響「実行にうつしたのは亜美さー」

P「やっぱりお前らの仕業だったよ!!」ガミガミ

P「いやね、何かそうじゃないかなー?怖いなー。大丈夫かなー、とか思ってたわけよ。そしたらお兄さんの予言的中しちゃったよ!びっくりだね!」ガミガミ

P「マヤ文明の方々もこれには思わず苦笑いだね!よし、気分いいからお兄さん三時間説教タイム増やしちゃうぞー!お前ら全員横に並べー!」ガミガミ

亜美・真美・響(((どうでもいいけど早く終わんないかなぁ……)))
あずささんは下がってて下さい、お願いします
あずさの胸に顔を埋めたい

と言うことでおやすみなー(現実逃避)

17:30│アイマス 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: