2015年01月26日

モバP「みくにPにゃんって呼ばれたい!」

みく「……は?」



P「だから、みくに、Pにゃん、って、よばれ、たい」



みく「…………Pチャン熱でもあるのかにゃ?」





P「みくにはいつでもお熱だぜ」キリッ



みく「………キモッ」



P「え?ひどくない?」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1422297537



みく「どうしたの?本当に何か病気?変な物拾い食いした?」



P「あえて言うならみくにゃん病かな?」フッ



みく「ね?みくは真面目に聞いてるんだにゃ。ふざけてないで答えて欲しいにゃ」ズイッ



P「近い近い!思わずキスしそうなくらい近い!チューして良い?」



みく「はいはい」チュッ



P「んっ」チュッ

みく「で?どうしたの?急に」



P「いやさ?みくって仲良くなった人をにゃん付けて呼んでるだろ?」



みく「そうだっけ?」



P「のあ」



みく「のあにゃん」



P「アーニャ」



みく「アーニャン」



P「卯月」



みく「うづにゃん」



P「凛」



みく「しぶにゃん」



P「未央」



みく「にゃんみお」



P「俺」



みく「Pチャン」



P「ほらー!」

みく「言われてみれば確かにそうだにゃ。気付かなかったけど」



P「だろ?そうなると、俺だってにゃん付けで呼ばれてしかるべきだと思うわけですよ!」



みく「呼ばれたいのかにゃ?」



P「もちろん!」



みく「んー………」



P「悩み顔のみくも超キュート」



みく「…………ぴ…」



P「はよ!はよ!」



みく「ぴ…Pチャン!」



P「えーっ……」

みく「だ、大体、今更急に呼び方変えるとか変でしょ?」



P「変じゃないし!それを言うなら凛たちだって二周年までは普通にチャン付けだったし!」



みく「それは、そうだけど…」



P「あ、分かった!猫耳か!」



みく「うん?」



P「凛達を呼び始めた時も、のあ達を呼び始めた時も、猫耳を付けたのがきっかけだったもんな!」



みく「え?Pチャン?」



P「つまり俺も猫耳を付ければ…」



みく「Pチャン!」



P「なんだ?」



みく「それはマジでキツイからやめて」



P「あ、はい」

P「それじゃあどうすればいい?どうすれば俺はみくににゃん付けで呼んでもらえる?」



みく「何がそこまでPチャンを駆り立ててるのかにゃ?」



P「そりゃもう、ひとえにみくへの愛ですよ!」



みく「言ってて恥ずかしくないの?」



P「偉い人は言いました。日本人はもっと愛してると言うべきだ、と」



みく「はあ…」



P「あれ?反応薄くない?」



みく「正直、言われすぎて有り難みが失せてきてるにゃ」



P「なん…だと…?」

みく「大体、そういうのはたまに言うから嬉しいんだにゃ」



P「マジで?そう言えばみくからはあんまり言ってくれないよな」



みく「だ、だって…恥ずかしいし」



P「照れみく頂きましたーっ!」



みく「にゃっ!?」



P「あー、やっぱみくにゃん最高だわ。俺の嫁だわ」



みく「まだ嫁じゃないにゃ!」



P「そうだよなー。まだあと一年待たなきゃならないもんなー」



みく「それはっ!……そう、だにゃ」 



P「みくうぅぅぅぅっ!」ギューッ



みく「ふにゃっ!」

P「あー…落ち着く」ギューッ



みく「ちょっ、苦しいにゃ」



P「この抜群の抱き心地」ギューッ



みく「離すにゃーっ!」



P「シャンプーと女の子の匂いが混ざったオンリーワンの最高の香り」クンクン



みく「どこ嗅いでるにゃーっ!」



P「出る所はしっかりと出でる上にまさに猫みたいな柔らかい体」サワサワ



みく「んっ……ダメ…」



P「…みく愛してるよ」ボソッ



みく「耳元で囁かれたら…ふにゃぁ」



P「おっと」ギュッ

みく「…はっ!危ないにゃ!」



P「惜しい」



みく「Pチャン?」



P「だって、みく抱き締めてたら色々我慢出来なくなってきてさ?」



みく「お日様が登ってるうちからなに言ってるにゃ!」



P「正直夜まで我慢出来ません」



みく「ダメだって言ってるでしょ」



P「ぶーぶー」



みく「はぁ…。Pチャン、どんどん子供っぽくなってきてるよね。最初の頃はもうちょっとマシだったのに」



P「みくと一緒の時だけな」



みく「喜んで良いのか悪いのか」



P「俺的には喜んで欲しいかなーって」



みく「うーん…」

P「みくも俺の前では素に戻っても良いんだぜ?」



みく「みくは元々裏なんてないにゃー」



P「そしてついでに二人きりの時だけでもPにゃんって呼んでくれ!」



みく「まだ言ってるにゃ」



P「なあなあ、良いじゃん!ちょっとだけ!先っぽだけ!」



みく「意味分からないにゃ!」



P「そしたら残りの時間頑張れるから!な?」



みく「本当?」



P「本当本当!みくに誓って!」



みく「じゃ、じゃあ…………」



P「………」ワクワク



みく「………………」ンー



P「…………」ワクワク



みく「や、やっぱりダメ!恥ずかしいにゃ!」



P「えーっ」







おわれ



21:30│前川みく 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: