2015年02月04日

東郷さん「ふむ、ココがゲームセンターか」 モバP「うっす!!」




東郷さん「随分と騒がしいのだな、人も多い……変装は十分とは思うが」



モバP「すいません、東郷さん、つき合わせてしまって」





東郷さん「なに、コレが職務中ならば叱責もしたろうが、終わった後だからね、それに……」



モバP「それに?」



東郷さん「仕事帰りに二人きり……まるで、デートみたいじゃないか」



モバP「え?……えぇえええ!? い、いや、ダメですよ東郷さん!! だって俺達は」



東郷さん「ふふふふ、冗談だ、君はすぐ本気になるな」



モバP「んぐ……わ、解ってましたよ、ついですよ! わざとですよ!!」



東郷さん「どっちだ? まぁ良い……で? 君の目的は?」



モバP「ああ、すみません、コッチです、コッチ」







SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1422882904







東郷さん「これは……」



モバP「どうしてもほしいフィギュアがあったんですよ〜〜!!」



東郷さん「ふむ、UFOキャッチャーと言う奴か?」



モバP「そうです!! うっし!! ぽちゃ子〜〜!! 取ったるぞー!!」



東郷さん「……こう言う体格、見たことあるな、たしか三村君と言ったか」



モバP「箱物だから200円は当然か、でも今日は給料日後で資金も潤沢にあるし!! さっそく!!」



東郷さん「君は……こういった体格の女性が好きなのかい?」



モバP「え!? あ、いや、嫌いでは無いというか、こういうのもたまにはツマミたくなると言うか、腹とか、二の腕とか」



東郷さん「そうか」ムスッ



モバP「何か、怒ってます?」



東郷さん「早く始めたら良いんじゃないか?」



モバP「怒ってます?」



東郷さん「始めたまえ!!」



モバP「はいぃっ!!!!」









モバP「縁に引っ掛けるか、それとも……うむむ」



東郷さん「……」



モバP「よし、とりあえず、アームの力も見つつ様子みだ」



東郷さん「ふむ、単純そうに見えて意外と奥が深いのだな」



モバP「……ここっ!! んで〜〜こっちは〜〜」



東郷さん「横から覗き込んで……Pくん、顔がひどく間抜けだぞ?」



モバP「コレは必要な顔なんです!! ……っし!!」



東郷さん「なるほど、位置を合わせて」



モバP「最後は落ちる位置をこのボタンで〜〜…………ここだぁ〜〜!!」





デッデッデッデッ♪ デードデードデー♪





東郷さん「……っ」



モバP「し!! 縁つかんだ!!」





ヒョロロロロロロロロ





モバP「よし!! 行け!! 行け!! ぽちゃ子ぉ!!!!」





ポロッ





モバP「ぐわぁあああああああ!!!!!!」



東郷さん「こ、公衆の面前だぞ、たPくん、少し声を抑えてだな」



モバP「あぁ……すみません」



東郷「凄い落胆だな、君のそう言う姿を見るのは初めてかもしれん」



モバP「あーー……惜しかったなぁ……」



東郷「……」









モバP「コレは店員さん呼ばないと取れない位置にいっちゃったなぁ」



東郷さん「そうなのかい?」



モバP「箱物は倒れたり角度が変わっちゃうと取れなくなるんですよ、あ、すいません」



店員「はい」



モバP「景品、元の位置に戻してくれます?」



店員「あ、はい、これでよろしいですか? 少しサービスしときますね」



モバP「あ、すみません、助かります!!」



店員「ぽっちゃり好きに悪い人はいないですからね、頑張って下さい!」



モバP「あざっす!!」



東郷さん「……」



モバP「500円で3ゲームの方が良いかな……両替してこようかな」



東郷さん「世の男性は皆、こういう体系が好きなのか?」



モバP「ん〜〜、昔に比べれば人気あると思いますよ? 包み込んでくれそうな感じと言うか」



東郷さん「なるほど……」



モバP「……東郷さんは太っちゃダメですからね?」



東郷さん「な!? 私が太るわけないだろう!? こんな、みっともない」



モバP「東郷さんは細い方が似合いますからね」



東郷さん「自分の体格くらい維持できない程、未熟では無いつもりだからね」



モバP「流石です!! さ、続き続き!! ぽちゃ子〜〜!!」



東郷さん「……」ムスッッ!!









モバP「ぐわぁああああああああああ!!!!!!」



東郷さん「6回目と」



モバP「くそ!! 何故だ!? プライズでもズッシリだと言うのか!? ぽちゃ子よ!!」



東郷さん「……どれ?」



モバP「あ、すみません!! もう少し!! もう少しだけ」



東郷さん「このボタンで横軸を、このボタンで縦軸を、それで……これで高さ、それで良いかな?」



モバP「あ、はい……って、え?」



東郷さん「私がやろう、後ろから見てて仕組みは覚えたからね」



モバP「え? 東郷さんが……ですか?」



東郷さん「もちろん私の財布から出す、何か問題でも?」



モバP「いや……東郷さん、欲しい……んですか? ぽちゃ子」



東郷さん「コレを取って私はコレをどうすると言うのかね」



モバP「え? じゃあ何で?」



東郷さん「取れたら君にあげよう、なに、戯れだよ200円で良かったかな?」



モバP「あ、はい!! じゃあかかった資金は俺が出しますんで」



東郷さん「いいよ、そもそも、そんなに手間取らないつもりだからねっ!!」



モバP「おぉ……っ!!」



東郷さん「では、行くよ!!」









東郷さん「先ずは横軸……見たところボタンを離してから0.12秒程度位置がズレる……と、すると……ココだ!!」



モバP「お! 良い位置」



東郷さん「続いては縦軸……滑る距離は横と変わらない……バランスを考え、箱の中心……ココだ!!」



モバP「おぉ!! 流石東郷さん!! 狙いバッチリですね!!」



東郷さん「ふぅ……しかしここからだ、一番大事とも言える高さ……縁に上手く引っ掛けて…………ココぉ!!!!」





デッデッデッデッ♪ デードデードデー♪





モバP「お! お!! これはマジで良いぞ!!!!」



東郷さん「フッ、実に簡単な遊びだったよ」





ヒョロロロロロロロロ



ガシッ





モバP「ガッツリだ!!」



東郷さん「運びたまえ、U・F・Oよ、必要な仕事はこなしたつもりだ」





ピロロロロロロロ、ガッ! コロコロコロ……





モバP「あ」



東郷さん「え!!??」



モバP「え?」





ピロロロロロロロ ジャーンジャジャーンジャジャーン……♪





モバP「東郷さん、今、大声で……「え!?」って」



東郷さん「…………」









東郷さん「Pくん」



モバP「あ、はい」



東郷さん「今のは……どういうことだい?」



モバP「あの……クレーンが上がり切った衝撃で落ちるのは良くある事なんですよ、どうしても衝撃が」



東郷さん「ふむ……」



モバP「で、でも!! ほら!! 後少しでしたね!! 惜しかったぁ!!」



東郷さん「0か1かのゲームで惜しいと言う言葉を出すのは私の主義に反する、Pくん、両替機はどこかね?」



モバP「え? まだやるんですか?」



東郷さん「負けっぱなしで我慢できるほどこの東郷あい、人間が出来ているわけではなくてね、三村くん、私に歯向かった罪、償わせてあげよう!!」



モバP「いや、かな子さんじゃなくてぽちゃ子です」



東郷さん「同じ事だろう!!」



モバP「いやぁ……違うかなぁって……」



東郷さん「次で決める!! 決めてみせるぞ!!」









東郷さん「正直、先ほどは少し急いた……慎重に行こう」



モバP「そうですね、時間は結構ありますし」



東郷さん「ではまず、横軸だな」



モバP「がんばれ!! 東郷さん!!」





チャリーンチャリーン♪





東郷さん「思えば、先ほどは少し、ほんの僅かだが右に位置がズレたように思える」



モバP「はい」



東郷さん「アームの力が左右均等にかかっていれば、先ほどのような事は無かったはずだ」



モバP「はい」



東郷さん「では、最初からここで指を離す、その一点を決めておく必要があるだろう」



モバP「あの、東郷さん」



東郷さん「進む速度、滑る時間、それら全てを計算し、止める位置……慎重に計算すべきだろう」



モバP「あの」



東郷さん「先ほどの教訓をふまえ」



モバP「あの!」



東郷さん「何かね? 今大事な」



モバP「あの、アーム落ちますよ?」





東郷さん「え?」





デッデッデッデッ♪ デードデードデー♪





東郷ちゃん「みゃっ!!??」



モバP「時間切れで……」



東郷ちゃん「何で!?」



モバP「いや、その……時間切れです」



東郷ちゃん「そんな説明あったかい!!??」



モバP「お、遅すぎです東郷さん、このゲームも無限に時間が使えるわけじゃないですから」











東郷ちゃん「なるほど……時間との戦いでもあるわけだな」



モバP「考える場合は台から離れた方が良いですよ、ほかの人もやるし」



東郷ちゃん「解ってる!!」



モバP「あ、すんません」



東郷ちゃん「横軸の感覚は掴んだ……あとは縦軸……そして高さ」ブツブツ



モバP「……あの」



東郷ちゃん「刹那の勝負……良いだろう、嫌いでは無いよ、ギリギリの駆け引きは」ブツブツ



モバP「あの、東郷さん」



東郷ちゃん「はい!?」



モバP「はいって……」



東郷ちゃん「何かね?」



モバP「500円なら3ゲーム出来るんですよ、100円お得で」



東郷ちゃん「必要ない、次で決めるさ!!」



モバP「あ、その、俺、出しますから、500円で」



東郷ちゃん「Pくん」



モバP「あ、はい」



東郷ちゃん「私は、次で、決める、って言ったぞ?」



モバP「あ……はい……」











デッデッデッデッ♪ デードデードデー♪





コロ……コロコロコロコロ……





モバP「じゅ……18回目……」



東郷たん「……」



モバP「あ、あの、東郷さん」



東郷たん「……」



モバP「み、店側の設定で、あの、アームの強さが、ね? もしかしたら、あの、赤子の頭を撫でる程度になってた可能性もありますし」



東郷たん「……」





チャリーンチャリーン♪





モバP「あぁ……」



東郷たん「……」





デッデッデッデッ♪ デードデードデー♪





コロ……コロコロコロコロ……





モバP「……19回目」





東郷たん「……」





モバP「東郷……さん?」





東郷たん「もーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!」





モバP「!!!!????」





東郷たん「もーーーー!!!!もーーーーーー!!!!!!!!」





モバP「こう言う時もありますって! ね!? 東郷さん、落ち着いて!!」





東郷たん「もーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!」ジタバタ!!





エーナニアレー? アレッテアイドルノ…… クスクスクスクス





モバP「ほ、ほら!! 東郷さん!! 周りの目もあるから、ね? 立ちましょう!?」





東郷たん「もーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!」ジタバタ!!











モバP「落ち着きました?」



あい「……」ブッスーーーー



モバP「あの、初心者に箱物は少し早すぎたんですよ、コツもいりますし」



あい「……」ブッスーーーー





モバP「じゃあ、きょ、協力してやりましょう! 少しずつ位置をずらして落とす作戦で行きましょう?」



あい「……」



モバP「ど、どうですか?」



あい「……どゆこと?」



モバP「アームで押す要領で少しずつ箱の位置を移動させるんです、そうすればいずれ」



あい「……」



モバP「資金はかかるんですが、確実ではあります!!」



東郷「……なるほど」



モバP「て、手伝って、下さいますか?」



東郷さん「もちろんだ!! 二人でこの三村くんを手に入れて見せようじゃないか!!」



モバP「ぽちゃ……あ、もう、かな子さんで良いです、はい」



東郷さん「共同作業だな!! さぁ!! やるぞ!!」



モバP「はい!!」









モバP「ついに、ついにあと一歩までこぎつけましたね」



東郷さん「ああ、手こずらせてくれたな……三村くん!!」



モバP「もはや後一押し、あとワンクレジットで取れますよ!!」



東郷さん「それでは最後の一押は……私が横軸を、君が縦軸を担当してくれ」



モバP「……東郷さん」



東郷さん「こんな時くらい……あい、って言ってくれても良いんじゃないかい?」



モバP「え?」



東郷さん「いや! なんでもない!! もちろん高さのボタンは二人で!! Pくん!! やろう!!」



モバP「はい!!」



東郷さん「っと、100円が切れたな、君は?」



モバP「あ、ボクもです」



東郷さん「では、私の1000円を出そうではないか、受け取りたまえ」



モバP[……あざっす!!!!」



東郷さん「なに、気にすることは無いさ、さぁ、両替しよう」



モバP「はい!!」









ジャラジャラジャラジャラ





東郷さん「こんな事言うと……笑われてしまうかもしれないのだが」



モバP「はい?」



東郷さん「200円のうち、100円を私が、もう100円を君が入れると言うのはどうだ?」



モバP「……東郷さん」



東郷さん「……や、やはりおかしいな、いや、すまなかった、運命共同体とはいえ」



モバP「東郷さん!!」



東郷さん「む?」



モバP「もちろんですよ!! ふたりで取る、かな子です!!」



東郷さん「Pくん……」



モバP「さぁ!! 最後の引導を渡してやりましょう!! 東郷さん!!!!」



東郷さん「君って奴は……ふふ、もちろんだとも!! 行こう!! Pくん!!!!」







未央「あ、コレ、凄く取れそうじゃん、よっと、あ、取れた」



卯月「わぁ!! 凄い未央ちゃん!!」



凛「最初から取れそうだったから……良いの? 誰か狙ってたんじゃないの?」



未央「勢いでとっちゃったけど、これ、どうしよ?」



卯月「立派な体系の方ですね〜」



凛「少し、かな子みたいだね」







モバP「……あの」



ダッ



モバP「あ!! 東郷さん!!」







あいたん「もーーーーーーーーーー!!!!!!!!!」ポカポカポカポカ!!!!





未央「え!? な!? なに!?」





あいたん「もーーーーー!!!!!! もーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」ポカポカポカポカポカポカ





卯月「ちょ、あの、やめて下さいあの!!」





凛「え? って言うか、この人、東郷さんじゃない?」





あいたん「それは〜〜!!!! Pくんと私のなのぉおおおおおおお!!!!!!!!!!」





おわり



17:30│東郷あい 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: