2015年02月04日

亜美「ミキミキって見た目によらずウブだよね」 真美「うん」

亜美「お、そんな噂をしていれば」



真美「ミキミキはっけーん!」



美希「あ。亜美真美なの」





亜美「ねぇねぇミキミキ」



美希「なに?」



真美「ミキミキってさー」



美希「うん」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1422086266



亜美真美「男の人とエッチしたことってある?」



美希「!?」ボッ



亜美「おや? ミキミキさん……」



真美「顔が茹でダコのように真っ赤ですぞ〜」



美希「な、何を言い出すのいきなり!? しかも何でムッ○口調!?」



亜美「これは珍しい! ミキミキのツッコミ!」



真美「流石は何でもできちゃうミキミキですぞ〜」



美希「も、もうムッ○はいいの! ていうか何なのいきなり? ミキをからかってるの?」



亜美「いやいや、からかうだなんてそんな」



真美「ただ真美達はちょっと好奇心オーセーなお年頃ってだけで……げっへっへ」



美希「真美は何キャラを目指してるの……?」

亜美「で、どうなの実際」



美希「え?」



真美「いやだからぁ、したことあるの? ないの?」



美希「そ、それは……」



亜美「ふんふん」



真美「それでそれで?」



美希「……ぃよ」



亜美「え? なんだって?」



真美「え? なんだって?」



美希「もう! 無いよって言ったの! ていうかあるわけないでしょ!」



亜美「えー無いんだー(棒読み」



真美「天下のミキミキ様ともあろう者がー(棒読み」



美希「……グーでいっていい?」

亜美「あはっ☆ 暴力はやめてほしいって思うな☆」



美希「…………」ボスッ



亜美「痛い! 肩パン地味に痛い!」



美希「今のは亜美が悪いって思うな」



真美「そうだそうだー! 亜美が悪いぞー!」



美希「真美もチョーシに乗らないの」ぺちっ



真美「きゃうん」



亜美「あー! 真美には軽くチョップだけとかえこひーきっしょー! ぶーぶー!」



美希「そっちの肩もいっとこうか?」スッ…



亜美「さ、さーせん」

美希「まったく、次またこんな風にからかったら今度は腹パンするからね」



亜美「は、はい……」



真美「さーせんした……」



美希「分かればいいの。大体亜美真美がそういうことにキョーミ持つのはまだ早いって思うな」



亜美「えーそうかなー?」



美希「そうなの」



真美「でも真美達くらいのトシだとふつーにエッチしてるコも結構いるよね」



亜美「うん」



美希「えっ!?」



亜美「?」



真美「どったのミキミキ」



美希「べ、別に……なんでもないの」



亜美「…………」ニヤァ



真美「…………」ニヤァ



美希「…………」ドキドキ

亜美「まぁクラスの半分くらいはもう経験済みだしね〜」



真美「もう中1だもんね〜」



美希「!?」



亜美「?」



真美「どったのミキミキ」



美希「な……なんでもないったらないの」



亜美「まあ亜美達の学年でもこれくらいなんだから」



真美「二年上のミキミキの学年なら……少なく見積もっても、8割くらいは経験してるっしょー」



美希「!? は、はちわ……?」



亜美「?」



真美「どったのミキミキ」



美希「な……なんでも……ないの」



亜美「…………」ニヤァ



真美「…………」ニヤァ



美希「…………」ドキドキドキドキ

美希(ちょっと待つの……落ち着くの……)



美希(中1で半分? 中3で8割? そんなことあるわけない……)



美希(確かにミキの友達にも彼氏いるコはいるけど……今までそーゆー話聞いたことないし……)



美希(だいたいエッ……以前に、キスしたとかも、聞いたことないし……)



美希(だからこれは……亜美真美が、ミキをおとしいれようとしているだけなの……うん、そうに決まってるの……)



美希「…………」



亜美(おやおや……純情な子ウサギちゃんが真剣な顔して考え込んじゃってますなぁ……)



真美(実際周りでそんな話聞いたことないけどね……まあしてるコはしてるのかもしんないけど)



亜美(ま、せっかくなんで……もーちょっとイタズラ続行しちゃいますか!)



真美(ますか!)



美希「…………」



亜美「そーいえば、いおりんも同じようなこと言ってたなー」



美希「えっ!?」



真美「あー、言ってた言ってた!」



美希「えっ、えっ?」

亜美「確かー、『まぁ、私のクラスの子達でももうほとんど全員が経験してるわね。にひひっ』って」



真美「そーそー。言ってた言ってた!」



美希「…………」



亜美「『まぁもう中3なんだから、それくらい普通のことよ』って言ってたよね!」



真美「うんうん!」



美希「…………」



亜美「ていうかミキミキ、この後いおりんと一緒にレッスンじゃなかった?」



美希「えっ。あ、ああ……うん」



真美「早く行かないと、またいおりんに怒られちゃうっぽいよ〜」



美希「……そうだね。じゃあ、行ってくるの」



 ギィイ……バタン



亜美「んっふっふ〜」



真美「亜美よ、おぬしもワルよのう」



亜美「いやいやそんな、真美代官さまほどでは……」



亜美真美「ぐぇっへっへっへっ」



亜美「さて、では忘れないうちに……っと」ピッ



真美「ケータイ取り出し♪」



亜美「ポパピプペ〜……あ、いおりん? うん。レッスン前にごめんね。実はちょっと頼みたいことがあってさ〜……」

〜レッスン場〜



律子「じゃあ今日はここまで」



美希「…………」ハァハァ



伊織「…………」ハァハァ



律子「美希」



美希「は、はいなの」



律子「体調でも悪いの? いつもよりキレが落ちてたけど」



美希「……大丈夫なの」



律子「そう? まあ、無理はしないようにね。じゃあ二人ともクールダウンしっかりね」



伊織「言われなくてももうやってるわよ」



律子「伊織もいちいち反抗しないの」



伊織「はーい」



美希「…………」

美希(律子がいなくなって、このレッスン場にはミキとでこちゃんの二人だけ……)



美希(亜美真美の言ってたことを確かめるには、今しかないの……!)



美希「で、でこちゃん!」



伊織「? なによ」



美希「あ、あのね」



伊織「うん」



美希「あの……」



伊織「…………」



美希「で、でこちゃんのクラスってさ」



伊織「うん」



美希「その、ね」



伊織「うん」



美希「…………」



伊織「…………」



美希(は……恥ずかし過ぎて聞けないの!)



伊織(このコって見た目によらず本当ウブよね……)

伊織「(もうめんどいからこっちから切り出そう)……ああ、そういえばクラスで思い出したけど」



美希「! な、なんなの?」



伊織「うちのクラスってさ、もうほとんどのコが経験済みなのよね〜」



美希「!? け、経験って、何の……」



伊織「何のって、そりゃエッ」



美希「や、やっぱり言わなくていいの!」ギュー



伊織「む、むがっ!?」



美希「いいの……もういいの! わかったの……」



伊織「〜〜っ」バタバタ



美希「ミキが今まで、いかにお子様だったかが……!」



伊織「〜〜っ!」バンバン!



美希「あっ」パッ



伊織「ぷはっ! もう、死ぬかと思ったじゃないの!」ハァハァ



美希「ご、ごめんなさいなの」



伊織「…………」

美希「でも、皆……ミキが思ってたよりずっと、オトナだったんだね……」



伊織「美希」



美希「学校の友達も、皆、ミキの前ではそんな話してなかっただけで、本当は……」



伊織「……ばかねぇ」



美希「えっ」



伊織「じゃあ何? あんたは他のコがしてたらするっていうの? 自分がまだしたいと思わなくても」



美希「そ、それは……しない、けど……」



伊織「だったらそれでいいじゃない。他のコがどうかなんて関係ない」



美希「……でこちゃん……」



伊織「大体、他人に流されるなんてあんたらしくない。いつもマイペースな星井美希はどこにいったのよ」



美希「……そうだね。ミキ、ちょっと焦っちゃってたのかも。ミキらしくなかったね」



伊織「そうよ。まあついでに言うとさっきの話は全部嘘なんだけどね」



美希「……そうだね……えっ」



伊織「いや、ほら」



美希「…………」



伊織「レッスン前に、亜美から電話があって」



美希「…………」



伊織「『今美希をからかってるから、協力してほしい』って言われたのよ」



美希「…………」

伊織「まあでも、これ以上は流石にあんたがかわいそうだったから」



美希「…………」



伊織「だから、その……からかってごめんなさい。美希」ペコリ



美希「……でこちゃん……顔を上げてなの」



伊織「美希」スッ



美希「えい」ぺちん



伊織「いた!」



美希「ジハクしたことに免じて、これくらいで許してあげるの」



伊織「うぅ……ま、まあこれでチャラね……」



美希「うん。でこちゃんはね」



伊織「えっ」



美希「亜美真美に対する罰はこれからなの」



伊織「み、美希? 私が言うのもなんだけど、あんまり手荒なことは……」



美希「大丈夫。腹パンだけにしとくから」



伊織「腹パン!?」

〜事務所〜



 バァン!



美希「亜美真美! 覚悟なのー!」



真「……でさあ……あ、美希」



雪歩「おはよう、美希ちゃん」



美希「おはようなの。真くん、雪歩。亜美真美見なかった?」



真「いや、見てないよ」



雪歩「確か今日は雑誌の取材って言ってたから、もうすぐ戻ってくるんじゃないかな」



美希「そっか」



真「あの二人がどうかしたの?」



美希「……うん、ちょっとね」



雪歩「?」



真「あ、それでさ雪歩。さっきの話の続きなんだけど」



雪歩「うんうん。今はもうクラスでもほとんどのコがしてるもんね〜」



美希「!?」ビクッ

真「? どうしたの? 美希。なんか顔色悪いけど……」



雪歩「お薬取ってこようか? 美希ちゃん」



美希「だ……大丈夫なの」



真「そう? ……でさ、ボクのクラスでも、もう大半のコはしてるんだよね」



雪歩「そうだよね。もう高校3年だもんね」



美希「…………」



真「こういっちゃなんだけど、その、クラスでも割とおとなしめっていうか、ちょっと地味目な感じのコはまだなんだけど」



雪歩「うん」



美希「…………」



真「そういうコ以外は、もうだいたいしてるよね」



雪歩「そうだねぇ。私のクラスもそんな感じかなぁ」



美希「…………」



真「美希? どうしたの? さっきからずっと黙って」



雪歩「やっぱり具合悪いの? 美希ちゃん」



美希「…………」

美希「……もういいよ、二人とも……」



真「え?」



雪歩「み、美希ちゃん?」



美希「亜美真美に言われたんでしょ? ミキ、もう知ってるんだから」



真「亜美と真美……?」



雪歩「美希ちゃん、何のこと言ってるの?」



美希「えっ」



美希(二人の目……とても嘘をついているようには見えないの……)



美希(じゃあ、この二人の話は、本当……?)



真「ねぇ、美希。本当に大丈夫?」



雪歩「ちょっと横にでもなった方がいいんじゃ……」



美希「……大丈夫なの。話を続けて」



真「? う、うん……」



雪歩「えっと……何の話だっけ」



真「ほら、クラスのほとんどはもうしてるっていう」



雪歩「ああ、そうだったね」



美希「…………」

真「まあでもボク達はお仕事の関係で早くからしてるから、周りのコがするようになっても、あんまり変には思わないよね」



雪歩「うん、そうだね」



美希「!? し……してるの!?」



真「えっ」



雪歩「み、美希ちゃん?」



美希「真くんも、雪歩も……してるの?」



真「? そりゃあ、まあ……っていうか」



雪歩「美希ちゃんだって、してるでしょう?」



美希「!? しっ、してないよ! ミキそんなことしてない!」



真・雪歩「えっ」



美希「…………」



美希(……『お仕事の関係で早くからしてる』って……)



美希(……それって、つまり……)



美希「……枕エーギョー、ってやつなの……?」



真「え? 枕?」



雪歩「美希ちゃん、やっぱり眠いの?」



美希「雪歩は黙ってて!」



雪歩「あぅう……なんで私だけ……」



真「み、美希? 何を勘違いしてるのか知らないけど……美希だって、普通にしてるじゃないか」



美希「だ、だからしてないって言ってるの! ミキはそんなふしだらな女じゃ――」







真「――化粧の、ひとつくらい」







美希「…………え?」

美希「け……化粧?」



真「うん。ほら、ボク達も撮影とかでよくするでしょ? その場合はメイクって言うけど」



雪歩「それで、『最近はクラスの子とかも普通にお化粧するようになってきたね』って話してたんだ」



美希「そ……そういうことだったの……」ホッ



真「でも美希、一体何と勘違いしてたの?」



美希「えっ! そ、それは……」



真「?」



雪歩「美希ちゃん?」



美希「それは、その……」





亜美「――クラスの子のほとんどがエッチしてる、って話と勘違いしちゃったの! あはっ☆」





美希「!?」



真「あ、亜美!?」



雪歩「亜美ちゃん、いつのまに!?」



真美「んっふっふ〜。ミキミキが顔真っ赤にして『しっ、してないよ! ミキそんなことしてない!』って叫んでたあたりからっぽいよー?」



美希「!?」



雪歩「ま、真美ちゃんまで!?」



真「いたんだ……。ていうか、美希のモノマネ上手いな……」



美希「…………」

亜美「まあまあミキミキ、元気出しなよ〜」



真美「ちょっとくらい周りのコに置いてかれても〜ミキミキならヨユーのよっちゃんでバンカイできるって! ね、いおりん?」



伊織「…………」



真「あれ、伊織も戻ってたの?」



伊織「ええ。ちょうどそこで双子と一緒になってね」



美希「……でこちゃん……」



伊織「美希」



美希「……もう、いいんだね?」



伊織「…………」コクッ



亜美「え? な、何?」



真美「ねぇいおりん。なんか、展開が読めないっぽいんだけど……」



伊織「ああ、私、美希には全部話したから」



亜美真美「!?」



美希「亜美……真美……覚悟はいい……?」ユラァ……



亜美「ちょ、待てよ伊織!」



真美「今の今まで、そんなこと言ってなかったじゃん!?」



伊織「だって言ったらここに来ずに逃げるでしょ、あんた達」



亜美「ちょっ……」



真美「み、ミキミキ、落ち着こう! 落ち着いて話せば――……」



美希「―――――――」



 ヒュッ……

雪歩(……そのときの美希ちゃんの腹パンは、真ちゃんをして『あれをまともにくらったらボクでもどうなるか分からない』と言わしめるほどの、腰の入った良いパンチでした)



雪歩(そんな腹パンをまともにくらった亜美ちゃんと真美ちゃんは、その後しばらく事務所の床の上で悶絶し続ける羽目になっちゃいましたけど……まあ、自業自得ですね)



雪歩(一方、美希ちゃんはすっかり元気を取り戻し、いつも通りの、マイペースな美希ちゃんに戻りました)



雪歩(きっと今頃も、気の向くままに――……自分のペースで歩いていることでしょう)

















〜街中〜



チャラ男「お! 君、かわいいねー」



美希「そう? ありがとうなの」



チャラ男「ねぇよかったらさ、この後一緒に遊ばない?」



美希「えっ」



チャラ男「お兄さんが、手取り足取り教えてあげちゃうよ? あんなことやこんなこと――……」



美希「……悪いけど……」



チャラ男「えっ」











美希「――ミキ、まだそーゆーの、キョーミないから! あはっ☆」



















21:30│アイマス 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: