2015年02月06日

紗南「Pさん、一緒にデートして!」

モバマスssです





モバP「紗南ー、新しい仕事だぞー」





紗南「なになにー、あっもしかしてゲームの仕事?」



モバP「おう、もしかしなくてもそうだ」



紗南「ホントッ!?さすがPさん!」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1411807997



特にそんな予定はないですけど、リクエストがあれば考えておきます





モバP「ただ、内容が内容だからやるかどうかはお前に任せる」



紗南「えー、ゲームの仕事なら何だってやるよ」



モバP「そうか?恋愛ゲームの実写PVのヒロイン役の仕事なんだけど」



紗南「…………恋愛ゲーム?」



モバP「そう、後輩ってポジションの娘らしくてな。これ、セリフの一部」ペラッ



紗南「…………ちょっと考えさせて」



モバP「ん、わかった。明日までに決めてくれ」

紗南「んー、恋愛ゲームかー」



椿「どうかしたの?紗南ちゃん」



紗南「あ、椿さん、実はかくかくしかじかで。それでヒロインを演じきれる自信がなくて



椿「へぇ、でも紗南ちゃんも立派な恋する女の子じゃない」



紗南「へっ、あ、あたしはそういうんじゃ……」



椿「ふふ、可愛いわね。じゃあこういうのはどうかしら」



紗南「?」



ーーーー

ーー





ーー

ーーーー



紗南「ぴ、Pさん!」



モバP「ん?ああ、紗南か。顔赤いけど大丈夫か?」



紗南「だっ、大丈夫だから。それで、昨日の仕事のことなんだけど」



モバP「そうだったな、どうするか決めたか?」



紗南「うん、一応やろうとは思うんだけどね……」



モバP「一応?なんかあるのか?」



紗南「えっと…………かわりに一緒にデートして!」

モバP「…………?」



紗南「んっと、だから、あたしあんまり恋する女の子の気持ちわかんないから、Pさんとデートすれば少しは理解できるかなって」



モバP「いや、にしても俺じゃなくてもいいだろ。こんなオッサンとデートなんて楽しくないだろ」



紗南「Pさんで……Pさんがいいの。ていうか、Pさん以外にそんなことできる人なんていないし」





モバP「…………はぁ、わかったよ」



紗南「ホントッ!?じゃあ明後日とかどうかな?」



モバP「急だなぁ。ちひろさん、明後日は特に付き添いが必要な仕事はなかったですよね?」



ちひろ「えっと、はい、ありませんね。ちょうど有給も消化して欲しかったところですし、是非行ってあげてください」



紗南「じゃあPさん、明後日の朝に事務所で待ち合わせで!」



モバP「はいはい、わかったよ」

~2日後~



モバP「おはようございます……って紗南、もういたのか」



紗南「あっ、Pさんおはよう!わぁ、Pさんの私服初めて見た!」



モバP「ああ、俺もまともな服は着るの2ヶ月ぶりくらいだしな」



ちひろ「それはプロデューサーさんがまともに休んでくれないからでしょう」



モバP「あ、ちひろさん、おはようございます。耳に痛い話ですね」



ちひろ「それにしても意外と様になってますね」



モバP「どんな想像してたんですか……」



ちひろ「いえ、プロデューサーさんって私生活はだらしないイメージだったので。まあ素材はいい方ですからね」 



モバP「はは、おだてても何も出ませんよ」



紗南「それよりPさん、そろそろ行こうよ!」



モバP「ん、そうだな。ではちひろさん、他の娘たちをよろしくお願いしますね」



ちひろ「はい、気をつけて行ってらっしゃい」

紗南「まずはここ!」



モバP「映画か、無難だな」



紗南「こーゆーの初めてなんだからイージーモードでいいの。えっとね、これ観ようとおもってるんだ」



モバP「ほう、紗南らしいセレクトだな」



紗南「個人的にあの番組も好きだしね。あの下手くそなプレイとか」



モバP「よし、じゃあ大人一人に中学生一人だな」



紗南「あっ、自分の分は出すよ」



モバP「いや、さすがにこういう場で出させるわけにはいかないだろ。せっかくのデートなんだから、男に格好つけさせろ」



紗南「…………うん//」

ーーーー

ーー





モバP「意外と面白かったな」



紗南「あ、Pさんあんまり期待してなかったでしょ」



モバP「いーやー、そんなことないぞー」



紗南「あー絶対嘘だ」



モバP「で、たまにちらちらこっち見てたろ」



紗南「えっ!?バレてたの!?」



モバP「そりゃああんなに見られたら嫌でも気づくわ。反応を窺うならもうちょっとこっそりだな」



紗南「…………はぁ」



モバP「ん、なんだよ。ため息なんか吐いて」



紗南「いやぁ、やっぱりPさんはPさんだなって」

モバP「なんだよそれ。ところでそろそろ昼だが、昼食はどこで食べるか決めてあるのか?」



紗南「いいや、近くにあるところで適当にって思ってたから」



モバP「そうか、ならちょっと行きたいところがあるんだが、そこでいいか?」



紗南「うん、全然いいよ」



モバP「わかった。じゃあ少しだけ歩くぞ」

モバP「よし着いた、このカフェだ」



紗南「うわ、高そうなんだけど」



モバP「見た感じはな、でも結構リーズナブルで味もいいんだ。デートとかの時はこういうところでちょっと見栄張んないとな」



紗南「へぇ、Pさんは来たことあるの?」



モバP「大学時代にちょくちょくな。通ってた大学がすぐ近くなんだ」



紗南「近くの大学って…………結構いい大学じゃん!?」



モバP「ははは、意外とすごいんだぞ俺は。どうだ、尊敬するか?」



紗南「あーでも、そういうの言われるとちょっと」



モバP「冗談だよ冗談」

カランコロン



イラッシャイマセー



モバP「おー久しぶりだなー、全然変わってないや」



紗南「落ち着いた雰囲気だねー」



モバP「取りあえずランチセット頼むけど、紗南もそれでいいか?」



紗南「うん、Pさんに任せるよ!」



モバP「オッケー、じゃあ飲み物選んどけ。店員さん」



モバP「ランチセット2つにアイスコーヒーと」



紗南「オレンジジュースで!」



紗南「…………」



モバP「どうかしたか?紗南」



紗南「いや、あたしあんまりPさんのこと知らないなーって思って」



モバP「そりゃあ、普段は仕事してるんだからプライベートとかは見せないしな」



紗南「そうだけど、なんて言うか……いつもと違う顔してるPさんが当たり前のようにいるっていうのがなんかモヤモヤするんだよね」



モバP「よくわかんないけど、色んな面を使い分けるのが大人ってもんだからしょうがないとは思うぞ?」



モバP「仕事中の俺もプライベートの俺も、今こうして紗南とデートしてるのだって全部俺なんだから」



紗南「それが大人かー、ずるいなぁ」



モバP「そうか?俺からしたら自由に遊んだりできてる紗南くらいの子の方がずるいって感じるけどな」



紗南「いやPさんだって中学生時代があったでしょ」



モバP「いやー、うちの場合は親が厳しくてな。それこそ教育ママでな、俺がこのカフェ使ってたのだってほとんど勉強にだったからな」

紗南「あーそれであの大学に。あれ、でもなんでプロデューサーなんてやってるの?そんな学歴があるなら有名企業とかにも行けたでしょ」



モバP「あー、それにはいろいろあってな…………」



紗南「あ、なんかごめんなさい」



モバP「別にいいよ、思い出したくないことを思い出しただけだから」



紗南「…………………あ、じゃあさ。今まで女性と付き合ったことないの?」



モバP「強引な話題展開だな。てかあると思ってんのか?」



紗南「思ってないけど、でも気になるじゃん」



モバP「普通はデート中には他の女の名前は出すなみたいになるからな?」

オマタセシマシター



モバP「おっ、来たな」



紗南「おー、おいしそうだね!」



モバP「だろ?さて、いただきます」



紗南「いただきます!ん、おいしい」



モバP「そりゃ良かった。そういえば、女の子とつき合ったことはなかったけど意外と女子との仲はよかったんだぞ?」



紗南「どういうこと?」

モバP「高校時代は結構女子と仲良くてな、よく向こうからも話しかけてくれたんだよ。まあ多分、勉強を教わるためだったんだろうけど」



紗南「………………」



モバP「大学時代にはこの店に女子と二人で来たこともあったんだけどな。勉強教わりたいって言ってた割りにちらちらこっち見てくるし集中してなかったみたいだけど」



紗南「…………はぁ」



モバP「どうした、またため息か?」



紗南「……PさんはやっぱりPさんなんだね」



モバP「なんだよそれ、さっきも聞いたけど流行ってんのか?」



紗南「別にー。てかPさん、その娘が自分のこと好いてるって考えたりしなかったの?」



モバP「流石にそんな悲しい勘違いはしないだろ。そういうのはモテたくては必死なやつがする勘違いだぞ」



紗南「…………なんかもういいや、埒あかないよ」



モバP「? それよりもうそろそろ食い終わるだろ、次の場所までは歩いてくか?」



紗南「次の場所わかるの?」



モバP「そりゃ紗南といったらあの場所しかないだろ」



紗南「……ヘヘっ、さすがPさん。あたしのことよくわかってるね。腹ごなしに歩いてくのもいいんじゃない?」



モバP「わかった、じゃあ喋ってないでさっさと食え」



ーー

ーーーー



アリガトウゴザイマシター



紗南「Pさんが連れてくるだけのことはあったね」



モバP「そうだろ?で、行くのは事務所の近くのところでいいのか?」



紗南「そうだね、結構色んな筐体置いてあるし」



モバP「なら十分くらいで着くかな」



紗南「あ、じゃあそれまでPさんのこと色々教えてよ!」



モバP「興味あるか、そんなの?」



紗南「そりゃあるよ、Pさんのことよく知らないなーって実感もしたし」



モバP「ならいいけど、つまんないぞ?」

紗南「Pさんのことが知れるならつまんなくたっていいよ!」



モバP「じゃあ話すけど、まずは生い立ちから……」



紗南「学生時代からでいいよ」



モバP「そうか?じゃあ高校時代の話な。高校時代はもう毎日のように勉強させられてな、学年一位も珍しくなかったな」



紗南「へぇ、じゃあPさんやっぱり頭いいんだね!」



モバP「そこそこな。高校時代はかなりつまんなかったけど、親友とかもいたしキツいわけではなかったよ」



モバP「で、そのままあそこの大学に進んで高校時代よりは自由のある生活は送れていた」



紗南「あれ、Pさんってどんな人だったの?」



モバP「ん、そこ気になるか?」



紗南「むしろそっちを聞きたかったんだけど」



モバP「そうか、悪かったな。俺の性格ねぇ…………淡々とした性格だったかな。うわ、思い出してみたけどこんな友人欲しくないな」



紗南「え、そんなに?今のPさんからしたら信じられないよ」



モバP「だろうな。まあ変わり始めたのは大学時代なんだけど」



紗南「へぇ、じゃあ続き聞かせてよ!」



モバP「そうだな、まずはちひろさんと会ってからだな」



紗南「ちょっ、ちょっと待って!ちひろさん!?」

モバP「どうかしたか?」



紗南「いやいや、なんでそこでちひろさんが出て来るの!?」



モバP「いや、大学時代に親と喧嘩して講義サボったことあったんだけど、そこでちひろさんに偶然出会ったんだよ。今の事務所に入ったのもそれがあったからだ」



紗南「へぇ、話してくれてもよかったのに」



モバP「そこにも色々あったんだよ…………思い出すのもイヤになるようなこととかも」



紗南「ああ、それでさっき言い澱んだんだんだ」



モバP「まあとにかく、そこら辺から今の性格に近づいてったわけだよ」



紗南「結構大幅に変わったね」



モバP「そうか?自分のことだとあまり変化がわかんないんだよな…………っと、見えてきた」



紗南「ホントだ、早かったね」



モバP「そうだな、ってわけでこの話終了!」



紗南「あっ、また今度話聞かせてね!」



モバP「時間があったらな」



ーー

ーーーー



モバP「というわけで、ゲーセンに来たけど」



モバP「いつぶりだろうなぁ、ここ来たの。紗南をスカウトして以来だと思うけど」



紗南「あー、それなら1年とちょっと…………」



モバP「どうした?」



紗南「いや、あたしたちってまだ出会ってそんなに経ってないんだよね」



モバP「そうだな、それに毎日会ってるわけでもないから実質1年も一緒に過ごしてないだろうな」



紗南「そっかー……」



モバP「だったらその分一緒に濃い時間を過ごせばいいだろ。さて、まずは格ゲーでもやるか?」



紗南「…………うん!」

紗南「…………」win



モバP「…………」lose



紗南「……Pさん、さすがに弱すぎない?10連敗って」



モバP「仕方ないだろ、最後にやったのだって1年近く前なんだぞ」



紗南「いや、あたしに負けるのはまだいいとして…………コンピューターにまで負けるってどういうことさ」



モバP「…………次だ、次行くぞ」



紗南「あ、誤魔化した」



モバP「次はリズムゲームだ、リズムなら自信はある」



紗南「ホントに?ならあれでスコア対決しよ!」

モバP「ほっ、はっ、やっ、はぁっ!」



紗南「ちょっとPさんうるさいよ!」



モバP「ほっ!仕方っ、ないだろっ、最近まともな運動、してなかったんだから、はっ!」



紗南「それにしても声がでかい!」



モバP「じゃあっ、なんでっ、ダンスゲームをっ、選んだっゲホゲホッ!」



紗南「ああもういいよ!キツいならやめなよ!」



モバP「これくらい、クリアできなくてっ、何が大人だっ!」



紗南「もう意地張んないで、ほら、やめなよ!」



モバP「こなくそぉ!」



紗南「見てるこっちが恥ずかしいから!」

紗南「ほら、Pさんはここで休んでて。なにか飲み物買ってくるよ」



Pさん「はぁ……はぁ…………すまない……」



紗南「スポドリでいい?」



Pさん「ひぃっ!ス、スタドリなら十分買ったじゃないですかちひろさん!?」



紗南「ちょっ!Pさんホントに大丈夫!?」



モバP「あ、ああ、紗南か。すまない、スポドリでいいぞ」



紗南「じゃあ行ってくるよ」



モバP「はぁ、体力つけないとな……」









モバP「……ん、あれは」



紗南「Pさんお待たせ!はいこれ」



モバP「ん、おお紗南。ありがとう」



紗南「どうかしたの?」



モバP「いや、あそこにいるのってさ」



紗南「あっち?あっちはDCDがある方だよね…………ん?」



モバP「やっぱりあれって光と麗奈だよなぁ」



紗南「あ、やっぱり?」



モバP「一応声でもかけとくか」

モバP「おーい、光」



光「ん?おお、Pに紗南じゃないか!」



麗奈「あんたたちここでなにしてんのよ?」



モバP「それはこっちのセリフだ……って言いたいところだが、おおかたそれをしにきたんだろ?」



光「ああ、○ンバライドだ!」



紗南「麗奈ちゃんは?」



麗奈「アタシはコイツがついて来いって言うからついてきただけよ」



モバP「さすが麗奈、面倒見がいいな」ニヤニヤ



麗奈「そこ、ニヤニヤしない!てかアタシの方が年下でしょう!?」



紗南「麗奈ちゃん結構年少組からの評価いいんだよね」



光「その通りだ、麗奈は実は良い奴なんだ!」

麗奈「アンタまで止めなさいよ!そ、それより結局Pたちはなんでここにいるのよ!」



モバP「ああ、俺たちは今デートしてるんだ」



光「デッ、デートだと!?」



麗奈「…………P、アンタ遂に」



紗南「あー!違う違う!あ、あたしの演技の練習してるだけたから!」



モバP「そうだ、恋愛観を学んでるそうだ。それ以前に俺はロリコンでもなんでもないからな」



光「な、なんだ、そういうことだったのか」



麗奈「へぇ…………光、あっち行くわよ」



光「え?だけどアタシはまだガンバ○イドが……」



麗奈「いいのよそんなのまた今度でっ!」



モバP「おー、やっぱり麗奈は気が利くよな」



紗南「うわぁ、なんか逆に恥ずかしい……」



モバP「んで、次はどうする?UFOキャッチャーなんてデートみたいじゃないか?」ニヤニヤ



紗南「もうっ!あんまりからかわないでよ!」



モバP「ははは、すまんな。紗南が可愛くてつい」



紗南「…………なんでPさんはそういうことを素で言えるのかな、ギャルゲーの主人公みたい」



モバP「それ誉めてんの?貶してんの?」



紗南「どっちも、半々くらい」



モバP「でもそういうゲームの主人公ってモテるんだから俺はそうでもないだろ」



紗南「ここまで来るとイヤミだよね」



モバP「え、何が!?」

>>45

申し訳ない

なかなか時間が作れなかったのでだらだらと書くはめになってました

今から残りの分を投下します

ーーーー

ーー





モバP「いやー、年甲斐もなくはしゃいでしまったな」



紗南「下手だったけどね」



モバP「……それは言うな」



紗南「まあでも、楽しかったよ!ありがと、Pさん!」



モバP「お前も随分はしゃいでたな、仕事もあのテンションでこなしてほしいもんだ」



紗南「うっ……」

モバP「まあ、楽しめるように今度またゲームの仕事を取ってきて……そういえば、恋する女の子の気持ちは分かったのか?」



紗南「気持ち?……あ、ああ、うん、もちろん!」 



モバP「絶対忘れてたろ、後半のノリが友人と遊んでるようなノリだったし」



紗南「な、ならPさんももっと彼氏らしく振る舞ってくれてもよかったじゃん!」

モバP「そうだな、もっとお前が女らしくなったら考えてやってもいい」



紗南「言ったね!だったら絶対Pさんを攻略して今の発言を後悔させてあげるから!」



モバP「おう頑張れよ。言っておくがこっちも何人ものアイドルをプロデュースしてる身なんだ、そうとう目が肥えてるからちょっとやそっとじゃ靡かないからな」



紗南「ハードモードってとこかな、ゲーマーの腕がなるよ!」



モバP「んで、夕食はどうする。直接寮に帰って食べるか?」



紗南「あ、どうしようかな……Pさんはどうするの?」



モバP「1人なら適当にコンビニでなんか買っていくけど」



紗南「…………じゃあさ、もうちょっとデート続けようよ。それで、一緒に夕食も」



モバP「……そうだな、なら大人が行くような高級なレストランにでも連れてってやろう」



紗南「えっ!?いやそれはさすがに敷居が高いというか……」



モバP「ははっ、冗談だよ。そうだな、ファミレスとかでいいか?」



紗南「うん、いいよ!Pさんと一緒なら楽しいから!」

ーーーー

ーー





モバP(その後、紗南の演じたキャラのPVの再生数は他のキャラのPVに比べて大幅に伸ばした)



モバP(紗南が表現したまだ少し幼い恋愛観がそのキャラとマッチしていたそうだ)



モバP(それが転じて紗南はそのゲーム会社の広報部に気に入られたようだ。それは担当のプロデューサーとしては嬉しい限りだ)



モバP(ただ困ったことに、紗南とデートしたと聞いたアイドルたちが何かと理由を付けてデートに誘ってくるようになった)



おわり



17:30│三好紗南 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: