2014年01月13日

P「初音ミクって知ってるか?」 春香「えぇ!?」

春香「ぷ、プロデューサー・・・・・・知らないんですか?」


P「恥ずかしい話なんだが・・・全く知らないんだ」


アイドル達「」ヒソヒソ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1351634328

P「確か高校生で髪が長くて、色んな歌を歌ってるんだよな?」

春香「え、ええ」

P「この前、紅白に出るとか聞いたから、どんなアイドルなのか調べたんだが・・・」

あずさ「調べたんですね」

P「どこのアイドル事務所にもいないらしい・・・・・・皆、知らないか?」


春香(い、言えない)

あずさ(こんな純粋なプロデューサーに)

響(初音ミクが二次元の人物なんて・・・)
千早「プロデューサー!!」

P「お、千早は知ってるのか?」

千早「確かに彼女の歌は凄いです」

P「ほぅ・・・そうなのか?」


千早「この前初めてカラオケに行きました。は、初音さんの曲かなり上位にランクインしてました!」

P「千早と並ぶくらい歌が上手いのか・・・」フムフム

亜美(兄ちゃん・・・ミクがいると思ってる)

美希(さすがの美希・・・も笑いを堪えられないの)
伊織「っ!ちょっといいかしら?」

春香(さすがに堪えられきれなかった伊織ちゃんが・・・)

真(真実を伝えに行った・・・)

P「ん?伊織も知ってるのか?」

伊織「当たり前よ。小学生でも知ってるわ」

P「そんなに有名なのか・・・」

伊織「いい、初音ミクは!!」

伊織「初音ミクは・・・・・・ネギが大好きなの!!ネギを振り回すくらいね!」


春香(言ったー!!しかもネギ!)
P「なるほど・・・ネギか」

伊織「わ、わかったかしら?」



P「ああ、偏食なんだな、わかった」

伊織「へ?」

P「朝飯にジャムを食べる女子がいるくらいだからなー」フムフム


春香(だ、ダメだ)

貴音(完全に現実にいると・・・信じています)
小鳥「どうやら私の出番ですね」ガタッ

真美(真打ちキター)

響(さすがのプロデューサーも)

春香(真実を・・・知る・・・時!)

P「小鳥さん?」

小鳥「初音ミク・・・・・・私は神曲「メルト」なら歌えます」

美希(語りだしたの)

小鳥「プロデューサー・・・・・・残念なんですが」
P「残念?」

小鳥「彼女は・・・ネットアイドルなんです!!オタが大好きな!!」


春香(言ったー!ストレートに!)
P「なんだ・・・ネットアイドルでしたか」

小鳥「そうです!!」キリッ


P「ならスカウトしてもいいですね、よかった」


アイドル&事務員
「」ポカーン



社長「ん?どうしたのかね?」
P「あぁ、今から初音ミクさんを探し出してスカウトしようと・・・」

社長「なにを言ってるんだね?初音ミクはパソコンソフトじゃないか?」

P「え?」
社長
「ほら、私の時代遅れのケータイにも曲は入っているぞ」カチャ

・センボンザクラー


P「」


社長「もしかして本当にいると思ったのかい?」



その後しばらくプロデューサーはアイドル達と会話が減ったとか減ってないとか・・・

おわれ!

17:30│アイマス 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: