2015年02月12日

前川みく「ソーラン節?」

みく「って、あの?」



P「そうだ!あの!ソーラン節だ!」



のあ「そう…。それはつまり、私達が頂へと達する資格を得たという事ね」





みく「は?」



P「その通りだ!このライブが終った時、お前達は名実ともに………トップアイドルだっ!」



みく「え?」



アーニャ「おー…血が滾りますね」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1422721085



みく「待って。色々待って」



P「どうしたみく?まさか怖気付いたのか?」



みく「いや、怖気付くって言うか…えっと…ソーラン節?」



P「そうだ!かつて北海道で行われた鰊漁の際に歌われていたと言われるあの!」



アーニャ「子供の頃から何度も聴かされてきましたね」



のあ「そして、ソーラン節を演るという事はすなわちトップアイドルの証」



P「会場はもちろんアリーナだ!」



みく「えっ?アリーナ?ソーラン節で?」



のあ「ふっ…当然ね」



アーニャ「血沸き肉踊りますね」フフッ

みく「ねえ、これドッキリ?ドッキリかにゃ?」



アーニャ「みく、その冗談は面白ないです」



のあ「全くね。例え冗談でも、アイドルである私達がソーラン節を侮辱するなんて有り得ないわ」



みく「あ、うん。ごめんにゃ」



P「これからライブ本番まで地獄の特訓が待っている!行けるな!」



のあ「その先にある栄光を思えば容易いわ」



アーニャ「粉骨砕身頑張ります」



みく「地獄の特訓?ソーラン節で?」



のあ「みく、貴女はどれだけソーラン節を侮辱すれば気が済むと言うの?」



みく「はい、スイマセン…」

マストレ「これから本番まで私がつきっきりでお前達のレッスンを行う!一切の妥協は許さないのでそのつもりで!」



のあ「任せなさい!」



アーニャ「ダー!」



みく「…はい」



マストレ「前川!声が小さい!」バシッ!



みく「ふにゃっ!…はいにゃっ!」サスサス



マストレ「気合を入れろ!お前たちが目指すのは何だ!」



みく「トップアイドルにゃ!」



のあ・アーニャ「ソーランM@STER!」



みく「………え?」



マストレ「前川ァ!」



みく「ええー?」

三人「ヤーレンソーランソーランソーランソーランソーラン」



マストレ「ハイ!ハイ!」



マストレ「アナスタシア!声が小さい!波音に掻き消されるぞ!」



アーニャ「はい! ニシン来たかと鴎に問えばぁ!」



のあ「 わたしゃ立つ鳥波に聞け!」



マストレ「高峯!そんな腕回しじゃあ網なんざ引けないぞ!」



のあ「……っ!」



みく「ちょーいやさえーんやさーのー」



マストレ「ドッコイショ!ドッコイショ!」



マストレ「前川!もっと腰を落とせ!そんなんじゃあ荒船に立っていられないぞぉ!」



みく「にゃっ!」

P「どうですか?三人の様子は?」



マストレ「ああ、君か。ふむ……甘く見て六割と言ったところか」



P「なるほど……」



マストレ「だがココではこれが限界だろうな」



P「ならやはり行く必要がありますか」



マストレ「あの日高舞も765プロも通った道だ。避けては行けまい」



P「そうですね……お前たち!」



アーニャ「はぁ…はぁ…?」



のあ「……………?」



みく「ふにゃーーー……?」



P「合宿だ!」



のあ・アーニャ「!」



みく「?」

みく「Pチャン、合宿ってどこ行くのにゃ?」



P「決まっているだろう」



アーニャ「ソーラン節の故郷」



のあ「北海道…ね?」



P「そうだ!」



みく「行ってなにするの?」



P「分かってるだろ?」ニヤリ



みく「うん?」

みく「寒いにゃ………」ガタガタ



アーニャ「みく、気合いが足りません」



みく「なんでアーニャンはそんな薄着で平気なのにゃ?」



アーニャ「気合いです」



のあ「ふっ……ならば、私も負けてはいられないわね」バッ



みく「二人共元気だにゃー」ブルブル



P「船が出るぞ!乗り込め!」



のあ・アーニャ「はい!」



みく「ホントに行くんだ…」



P「ではお願いします!」



漁師「おーう!」

漁師「オラァ!アイドルだからって容赦はしないぞぉ!」



アーニャ「はい!」



のあ「望むところよ!」



みく「みくは手加減してほしいにゃ…」



漁師「そろそろ最初の網に着くぞ!」



みく「あー……寒いにゃ…」



漁師「準備しておけぇ!」

漁師「どうした!全然網があがってないじゃないか!」



アーニャ「すいません!」



のあ「まだまだよ!」



みく「お魚臭いにゃ…」



漁師「ソーラン節はどうした!お前らは何しに来たんだ!」



のあ「当然!」



アーニャ「網漁です!」



みく「えっ?」



アーニャ「歌います!」



のあ「声と魂を合わせるのよ!」



みく「はーい……にゃ」

漁師「お前ら、今日までよく耐えたな!」



アーニャ「親方!」



漁師「厳しいことも言ったが、お前らはもうどこに出しても恥ずかしくない立派な海の漢だ!」



のあ「はい!」



みく「みくは女だにゃ…」



漁師「行ってこい!漁師の心意気とソーラン魂は確かに渡したぞ!」



のあ・アーニャ「ありがとうございました!」



みく「…したっ」

マストレ「ふっ…その目、どうやら合宿で一枚も二枚も剥けたようだな」



アーニャ「はい!漁師の魂とソーラン節の何たるか、全て親方から教わりました!」



みく「アーニャン、キャラ変わってるにゃ…」



のあ「今の私達ならば、全てを魅了するなど容易いわ」



マストレ「その意気だ!さあ!お前達なりの完成したソーラン節を私に見せてみろ!」



アーニャ・のあ「はいっ!」



みく「はーい」

P「お前たち、今までよく頑張った!泣いても笑っても今日で全てが決まる!」



アーニャ「やるべき事は全てやりました!」



のあ「覚悟しておきなさい。このライブが終わった時、貴方はトップアイドルのプロデューサーよ」



P「ふふっ。頼もしいな!」



みく「結局最後までノリ切れなかったにゃ…」



P「どうしたみく!元気がないぞ!」



みく「きんちょーしてるからだにゃ」



アーニャ「緊張は不要です。私達ならば!魂を奮い立たせるのです!」



みく「にゃー…」

P「それと、紹介しておこう」



三人「?」



P「本日お前たちのバッグダンサーをつとめていただく、関東裸会の皆さんだ!」



裸会「答!(アンサー!)」



みく「あ…あんさー?」



アーニャ「是非もないです!宜しくお願いします!」



のあ「盤石の布陣ね」



みく「うぅ…男臭いにゃあ…」



P「さあ、舞台は全て整った!行ってこい!そして魅せてくれ!お前たちのソーラン節を!」



三人「はい!」

ジリリリリリリリ…バシッ!



みく「……………」ボーッ



みく「……………」ボーッ



みく「…………夢かぁー」ハァーッ







おわる



20:30│前川みく 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: