2015年03月25日

ちひろ「日菜子ちゃんを避けているらしいですね」

P「……」



ちひろ「否定しないんですか?」



P「……まあ、はい」





ちひろ「どうしてですか! 日菜子ちゃんが可哀想、というかプロデューサーさんも大人げないですよ!」



P「大人げなくはないと思うんですが」



ちひろ「だまらっしゃい! 理由はっ!? 理由は何なんです!」



P「それが俺にもよくわからなくて……」



ちひろ「理由もなく避けてたんですか!?」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1426861894



P「そりゃあ避けないと痛いですし」



ちひろ「あなたのその行いに日菜子ちゃんが傷ついてるとは思わないんですか!?」



P「えー……でも」



ちひろ「とにかく、普段通りに接してあげてください。プロデューサーさんにそんな態度を取られたら仕事にも影響を及ぼしかねませんよ」



P「いえ、だから俺は避けてるんですけどね。日菜子もなかなかしつこくて」



ちひろ「ん?」



P「え?」



ちひろ(つまり、日菜子ちゃんの猛、もとい妄アピールをかわすために態度を冷たくして避けてたってことなのかしら?)



P(あの日たまたま日菜子とぶつかった時からなんだよな、妙に俺の死角に入ってくるというか。何故か俺とぶつかりたがってる節がある)



ちひろ「えっと、でももう少しやり方があると思うんですよ。いきなり突き放すようなことされたら可哀想じゃないですか」



P「突き放す? どちらかといえば突き飛ばしそうになって危ないからそうしてるのですが」



ちひろ「ん?」



P「え?」

ちひろ「プロデューサーさんは日菜子ちゃんと距離を置くために避けてるんですよね?」



P「そうですね。なるべく距離を空けてますけど」



ちひろ「それでも、日菜子ちゃんに迫られる?」



P「迫るというか、気付いたらそこにいたみたいな」



ちひろ「ふぅん……? 日菜子ちゃんも大胆になりましたねぇ」



P「大胆不敵過ぎて怖いですけどね。どうしてこうなったのか」



ちひろ「それはほら、ね? 前からそんな節ありませんでした?」



P「節!? 日菜子はそんなことするような子じゃなかった、と思いたいですが」



ちひろ「もう、プロデューサーさんは相変わらず鈍いんですから」



P「俺が……鈍い……?」



ちひろ(わかってましたけど、アイドルからの好意にまるで気付いてないようで。鈍感過ぎますよ)



P(運動神経が鈍いからぶつかりかけてるとでも言うのか……? それより何だよ節って、俺にぶつかり稽古でもしたがってた日菜子なんか知らないぞ!)

ちひろ「でもやっぱりこのままじゃいけないと思うんです」



P「え、ええ。俺もそう思ってはいるんですが」



ちひろ「時にはドーンと身構えてみるのもいいんじゃないですか?」



P「ドーンと身構えたら日菜子が吹っ飛びますって」



ちひろ「そ、そんなに日菜子ちゃんってすぐ理性を失う子でしたっけ?」



P「最近の行動で言えば理性的とは言いづらいですかねえ」



ちひろ(うーん、ここは私が仲裁した方がいいのかも? 万が一ってこともなくはないし)



P(日菜子がどんな理由で俺にぶつかりたがってるのかさえわかればなあ……)



ちひろ「よし、今から日菜子ちゃん呼んで話し合いましょう! 私もついてますから、何とか丸く収めてください」



P「……そうですね。俺一人よりちひろさんが居てくれた方がいいかもしれません。お願いします」





P「……」



日菜子「……」



ちひろ「では、始めましょう。プロデューサーさん?」



P「……日菜子。俺の言いたいことはわかるな?」



日菜子「はい……」



P「どうしてあんなにぶつかってくるような真似をしたんだ? 危ないじゃないか」



日菜子「それは……その」



P「お前はアイドルで、俺はプロデューサーなんだ。何かあってからじゃ遅い、俺はアイドルにわざわざ痛い目にあってほしくないんだよ」



日菜子「……」



ちひろ(そんなに日菜子ちゃん猛、もとい妄アタックをかけてたのかしら? でもこの世界、恋愛はご法度なのよね)



P「……理由を、聞いてもいいか?」



ちひろ(いや、そりゃあなたを慕うあまりでしょうに)



日菜子「言わなきゃダメ、ですか?」



ちひろ(言いづらいわよね……でもここは心を鬼にしないと)



P「ああ。これはお前のためでもあり、俺のためでもあるんだ」



ちひろ(他に言い方ありそうなものだけど、仕方ないか)



日菜子「……Pさん。日菜子、もう我慢出来なくて、止まらなくなっちゃって……」



ちひろ(日菜子ちゃん、夢見る少女そのものみたいな子だものね。この男は日菜子ちゃんの気持ちなんて欠片ほども察してないんでしょうけど、私にはわかるわ!)



日菜子「一度だけでいいんです。日菜子のわがまま、聞いてくれますか?」



ちひろ(さぞつらいでしょうね、心なしか声が震えて聞こえるもの……)



P「……そしたら、理由を話してくれるのか?」



ちひろ(この期に及んでまだ何もわかってないの?)



日菜子「約束します。だから……!」



ちひろ(日菜子ちゃん……)



P「わかったよ。一度だけだ。なるべく優しくするから」



ちひろ(ちょ、何言い出してるんですかこの人!?)



日菜子「もう一度あの時のようにしてくれたら、日菜子はもう何も望みません!」



ちひろ(日菜子ちゃんまで!? もしかしてすでに一線越えてるの!?)



P「そうか。じゃあ、早く済まそう」



ちひろ「ちょ、何を済ますんですか何するつもりなんですか!!」



日菜子「ちひろさん」



ちひろ「は、はい!」



日菜子「少しの間だけ、静かにしてて貰えますか?」



ちひろ「えっ、あの……はい」

P「……いくぞ」



日菜子「……」コクッ



ちひろ(えっ、何? 私は今から何を見せつけられるというの? 止めるべきなの? でも日菜子ちゃん真剣みたいだし……あわわわ、二人とも立ち上がって――)



ちひろ(そのまま寄せ合うように――お互い首を明後日の方向に向けながら――え?)





ドンッ





P「わっ」



日菜子「きゃっ」ポフッ











シーーーーーーーーン......









P「……これでいいのか?」



日菜子「も、もう少し余韻を……むふふ♪」















ちひろ「…………」



ちひろ「えっ、なにこれは」

P「で? どうしてそんなに俺とぶつかって尻もちつきたがってたんだよ」



ちひろ「????」



日菜子「むふぅ〜、あの時からこのシチュエーションの妄想が止まらなくってですねぇ♪ 妄想してるうちについつい実体験を重ねようと体が勝手に」



P「なんだそんなことか。始業式の日に遅刻してパン咥えながら走ってたら転校生とぶつかった、みたいなあれだよな」



日菜子「それも考えはしたんですけど〜、そっちより日菜子はこのまま足を挫いたりしたところをですねぇ? 治療するために颯爽とお姫様抱っこで運んで貰えたらなぁ〜って」



P「なるほど。そういう王子様的な展開を期待してたと」



日菜子「むふふ♪ でも本当に怪我したら大変ですし、さすがにもう自重します〜。Pさん、日菜子のわがままに付き合ってくれてありがとうございました、それとすみませんでし――」



P「よっと」ヒョイッ



日菜子「ひゃあっ!?」



P「乗り掛かった船だ、ついでにその妄想を実体験してけ。怪我はしてないけど、まあせいぜい家まで送るよ。車までこのままいこうか」



日菜子「えっ、えっ、あれっ? 日菜子、いつの間にか日菜子ワールドにカムバックしてる?」



P「王子様なんてガラじゃないけど勘弁な。さ、いくぞ」



日菜子「!?!? あっ、あのっ! この後もですね、色々妄想し尽くしてて出来ればそのまま日菜子を――」



P「わかったわかった、続きは二人きりになってから聞くから――」











シーーーーーーーン......











ちひろ「????」

後日



ちひろ「……」ムスッ



P「いい加減、機嫌直してくれませんかねえ。そもそも何に怒ってるんですか?」



ちひろ「怒ってるんじゃないです!」



P「怒ってるじゃないですか……」



ちひろ「……はぁ、まぁ何と言いますか。取り越し苦労? 空回り? もう私は自分が恥ずかしいですよ」



P「何でちひろさんが自分を恥じているのかわかりませんが、とりあえず日菜子のことはおかげさまで解決しました」



ちひろ「そのようですね! ……ま、杞憂に終わるならそれが一番良かったのかもしれませんけど」



P「杞憂?」



ちひろ「えぇ、まさか日菜子ちゃんがプロデューサーさんに愛の告白でもするんじゃないかと思っちゃいまして」



P「あれっ、ああそっか。言ってませんでしたね」



ちひろ「?」



P「俺と日菜子、前から付き合ってますよ」



ちひろ「」



P「いやあ、照れますね。もちろんみんなにはバレないようにしようって決めてたので、ちひろさんにその辺サポートして貰えるとありがた、あり、ち、ちひろさん?」









そこには心の底から一匹の鬼と化したちひろがおったそうな





めでたしめでたし



20:30│喜多日菜子 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: