2015年04月08日

モバP「クールなあの娘が甘えてくる」

楓「しゃー」



P「どうしたんですか?」



楓「荒ぶる鷹のポーズ、です。」





P「はあ。」



楓「ふしゃー」



P「あの…どうしたんですか?」



楓「荒ぶる高垣のポーズ、ふふっ。」



P「は、はあ…」



楓「」ピトッ



P「な、なんですか、急にくっついてくるなんて。」



楓「甘える高垣のポーズ、です…♪」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1427327189



蘭子「プロヴァンスの風よ!我に新たなる魔力を与えよ!」



P「魔力なあ…でも新しい衣装も来てないし蘭子向けの仕事もないんだよなあ。」



蘭子「つまり我は未だ新たなる覚醒の時を迎えられんと言うのか!?」



P「まあ、今までの魔力に磨きをかけてくれ。」



蘭子「な、ならば!貴様を生け贄にして我の魔力を高めることにする!」



P「生け贄!?」



蘭子「」ぎゅっ





凛「プロデューサー、おつかれ。」



P「ライブ終わりなんだから凛の方が疲れてるだろ。」



凛「楽しかったからそんなに疲れてないよ。どうだった?今日のライブ。」



P「ああ、今日はいつもよりも良かった気がするな。なんかご褒美でもやろうか。」



凛「じゃ、じゃあ、頭撫でて…いや、やっぱりいいよ。」



P「なんだ、謙虚だな。あ、ちょっとこっち来てくれ。」



凛「ん?なに?」



P「今日もお疲れさま。」ナデナデ



凛「ん…///」





加蓮「プロデューサー、この前のライブどうだった?」



P「ああ、いい出来だったよ。ファンからの反応も良いみたいだしな。」



加蓮「じゃあさー、ご褒美欲しいなー?」



P「ん?なんだ?俺金ないからあんまり大したもん買えないぞ?」



加蓮「凛にもお金かけてないでしょ?」



P「?」



加蓮「私も頭撫でてほしいなー?」



P「なんだそんなことでいいのか?」ナデナデ



加蓮「///」





奈緒「プ、プロデューサー!」



P「ん?どうした奈緒?」



奈緒「こないだのライブなんだけどさ!」ソワソワ



P「あー、良かったぞ。ネットの評判も良いしファンからのメールも増えてるな。」



奈緒「そ、そうか!」ソワソワ



P「まあ、次も頑張ってくれ。」



奈緒「おう!任せてくれよな!」ソワソワ



P「…」



奈緒「…」ソワソワ



P「…奈緒、凛も加蓮も自分でおねだりしたからな?」



奈緒「…!」



奈緒「あ、あのさ…ご、ご褒美に頭ナデナデしてほしいなあ…なんて…///」



P「そこまで言われちゃしょうがないな。」ナデナデ



奈緒「あああー!///や、やっぱり恥ずかしい!もういい!///」





小梅「プ、プロデューサーさん…」



P「どうした?」



小梅「あ、あの子がね…机にいると、危ないって言ってる…」



P「え?」



小梅「わ、私と二人でソファーにいた方がいいって…」



P「そうか…じゃあ隣失礼するぞ。」



小梅「うん…いいよ…」



小梅「えへへ…隣同士…」ニコニコ





李衣菜「プロデューサーはロックに大切なものはなんだと思う?」



P「うーん、難しいなあ…やっぱり魂とかそんなんじゃないか?」



李衣菜「なるほどねー。」



P「李衣菜はなんだと思う?」



李衣菜「私はね!愛だと思うんだよね!」



P「お、いいこと言うなー。」



李衣菜「でもさー、私最近愛が足りてないんだよねー?」



P「ほう?」



李衣菜「と言うことでプロデューサー!愛して!」



P「仕方ないなあ!」ぎゅーっ





美波「…」ペラ



P「…」カタカタ



美波「…あっ。」



P「…?どうした?何かあったか?」



美波「いえ、雑誌の占い1位だったので♪」



P「おー、ほんとだ、『気になるあの人と近づくチャンス到来!』かー、さすが女性ファッション誌って感じだなー。」



美波「プロデューサーさんって何月生まれでしたっけ?」



P「俺は…あ、12位だなー。『南の方に運気アップの秘訣あり!』かー。」



美波「!」



P「ま、こういうの気にしてると仕事にならんしなー。」ハハハ



美波「プロデューサーさんっ。ちょっとこちらで休憩しませんか?」



P「ああ、まあ、いいけど…って隣か?」



美波「はい♪」



P「向かいじゃなくて?」



美波「はいっ。きっと『みなみ』に近いほど、運気が上がりますから♪」





ありす「プロデューサー、相手が嫌がっているのに下の名前で呼ぶことはセクハラになることもあるそうですよ。」



P「そうか、気を付けるよありす。」



ありす「だから橘と呼んでください。それがもうセクハラまがいなんですよ。」



P「そうか。スキンシップもよくないと言うよな。」



ありす「当たり前です。それくらい常識ですよ。」



P「じゃあ俺の膝に座るのやめてくれる?セクハラになるぞ?」



ありす「私もプロデューサーも嫌がってないのでセクハラにはあたりません。心配しないでください。」





P「千枝、なんで膝の上に座ってくるのかな?」



千枝「ありすちゃんもプロデューサーさんの膝に座ったって聞いたので…」



P「ああ、そんなこともあったな。あの後ちひろさんにすごく怒られたんだぞ。」



千枝「じゃあ、千枝は悪い子なのでプロデューサーさんをもっと困らせちゃいますっ。」ぎゅーっ





雪美「…♪」



P「雪美。」



雪美「…なに…?」



P「当たり前のように人の膝の上に座るのはやめような?」



雪美「千枝も…ありすも…やってた…。二人だけ…ずるい…」



P「あれは二人とも勝手に座ってきただけだぞ。」



雪美「じゃあ…私も…勝手に座る…」



P「はあ…仕方ないなあ…」





P「晴は座んないの?」



晴「は?何の話だよ?」



P「え?ありすとか千枝とか雪美とか。最近晴くらいの子が俺の膝の上に座ってくるんだけど。」



晴「はあ?!なんだよそれ!やっぱりロリコンじゃねーか!」



P「いや、俺勝手に座られる側だから。ロリコンじゃねーから。」



晴「どうだか?」



P「しかし、晴は膝の上座んないのか。残念だな。」



晴「……別に、座んねーなんて言ってないだろ。」



P「ほら、空いてるぞ。」ポンポン



晴「ちょ、ちょっとだけだからな!」ストン



P「可愛いなあ。」ナデナデ





周子「おなかすいたーん。」



P「カップ麺でいいならそこの棚に入ってるから食っていいぞ。」カタカタ



周子「昨日食べたーん。」



P「じゃあコンビニで弁当でも買ってきな。」



周子「一昨日食べたーん。」



P「はあ…しょうがないな、この書類片付けたらなんか食いに行くか。」



周子「おなかすいたーん。」



P「あと5分で片付けるから



周子「おなかすいたーん。」



P「…分かったよ、今から行くぞ?」



周子「やったーん♪」





文香「……」ペラ



P「へー、ファッション誌か。文香にしては珍しいの読んでるな。」



文香「あ!Pちゃーん!はぴはぴしてゆぅ?ふみか、Pちゃんとはぐはぐすゆととーってもはぴはぴするにぃーっ☆」ぎゅっ



P「」



文香「あ、あの…『引っ込み思案なあなたはきらりん語でイメチェン!』とあったのですが…///」



P「ああ、なるほどな。」



P「でも、はぐはぐしろとまでは書いてないぞ?」



文香「あっ…」



文香「は、はぐはぐしたのは…私がしたかっただけ…です…///」



おわり



23:30│モバマス 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: