2015年04月14日

ありす「プロデューサーはもう少しキリっとするべきです」




〜次の日〜







P「ですから、ありすさんの助言のように……」



ありす「違います」



P「これからはキリッと、常識のある言葉遣い、人に敬意を払うように」



ありす「違うんですっ!」



P「……わかりました」



ありす「どう考えてもわかってませんが、聞かせてください」



P「まず呼び名を変えろ、ということですね。橘さん」



ありす「なっ」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1427362233





P「確かにこれまで、配慮が足りませんでした。気を付けますので……」



ありす「どっ、どうして……」



P「では橘さん、レッスンの時間がおしています、参りましょうか」



ありす「あ、あのっ、プロデューサー」



P「どうかしましたか?」



ありす「……そのっ、私は」



輝子「あ……P、台本、知らないか、私の……」



P「おうそこだぞ、机置いといた」



ありす「っ!」



ありす「なんで……」



輝子「……ん……あ、ありす……?」



ありす「……名前で、呼ばないでください」



P「輝子、ダメだぞ……橘さん、すみません。気を付けさせますから」



輝子「う、うん……ごめん……」



ありす「…………構いません。行きましょう、プロデューサー」



P「はい」



輝子「い、いってらっしゃい」



P「今日のレッスンはですね」ブロロロ



ありす「……」



P「橘さんは昔と比べ表情がずっと豊かになりましたし、今度はそれをより…」



ありす「私は無愛想でしたか」



P「……そういうことでは」



ありす(……自覚はありました)



ありす(それでも最近は……だった、のに……)



P「つきましたよ橘さん……橘さん?」



ありす「……すみません。考え事をしていました」



P「そうですか。悩み事なら相談をしてくださいね」



ありす「そうですね……プロデューサー」



P「はい」



ありす「今日のレッスンは……一人、ですか?」



P「いえ、合同で……」



ありす(合同、誰が……)



P「とにかくレッスン場に入りましょうか……お?」ガチャ



幸子「もう、遅いですよ! ボクをこんなに待たせるなんて!」



ありす「!」



P「おう、すまんすまん」



幸子「全く、ボクのプロデューサーなんですからもう少しキリッとして貰わないと」



P「ああ、それは注意されてな、気を付けようと思ってるんだ」



幸子「まったく、仕方ありませんね……おや、橘さん? どうしたんですか?」



ありす「……いいえ、別に。早くレッスンを始めましょう」



幸子「そうですか……じゃあ、まずはストレッチからですね」



幸子「じゃあゆっくり押しますね!」グイッ



ありす「んっ……」



幸子「……! 橘さん、や、柔らかい……なかなかやりますね……」



ありす「……」





P『ありす、今日はな……』





ありす「橘、さん……」



幸子「でもボクだって柔軟は毎日……あ、あれ、どうかしましたか?」



ありす「なんでも、ありません。次はこちらが押す番ですね」



ありす「ありがとうございました幸子さん、交代しましょう」



幸子「……」



ありす「どうかしましたか?」



幸子「橘さん。強がりもカワイイですけれど、素直になったほうがもっとカワイイと思いますよ?」



ありす「何の話ですか。急すぎます」



幸子「なんとなくですよ。何か悩んでいませんか?」



幸子「なんならこのボクが相談にのってあげてもいいんですよ!」



ありす「……」



ありす「それなら、一つだけ……」



幸子「! ふ、フフン、なんですか? なんでも来てください!」



ありす「幸子さん、私を呼び捨てにしてみてもらえませんか……?」



幸子「へっ?」



幸子「え、えっと……あ、ありす……?」



ありす「……」



幸子「あ、あの。橘さん??これはいったい」



ありす「呼び捨てで、とお願いしたはずです」



幸子「う……ありす」



ありす「はい」



幸子「これで、いいんですか?」



ありす「……もう少しお願いします」



幸子「……ありす」



ありす「……ふふ」



幸子「笑わないでくださいっ、ボクだって凄く違和感がっ」



ありす「いえ……やっぱり私は……」



ありす(あの人に呼んでもらえるから、私はこの名前を……)



幸子「た、橘さん……!? なっ、なんでっ、泣いて……!」





―――







P「あり……橘さん!」



ありす「……」



P「幸子から……連絡がありました。急に泣き出したと……大丈夫ですか?」



ありす「大丈夫に、見えますか?」



P「いえ……ですが、体調を崩しただとか……」



ありす「……そうですね。崩れちゃいました。ぐずぐずです」



P「担当アイドルの不調も見抜けない自分を情けなく思います、本当に申し訳ない……」



ありす「……まだ言うんですか」



P「まだ?」



ありす「プロデューサー……いえ、Pさん」



P「ぴ、Pさん?」



ありす「ええ、Pさん、Pさんです、幸子さんにはそう呼ばれてますよね」



P「それは……そうですが、しかし」



ありす「しかしじゃありません。誰か一人だけを特別扱いするのは論理的ではないと思います」



P「……それなら、幸子……いえ、輿水さん側にも――」



ありす「どうしてそうなるんですか。Pさんと、幸子さんはいい関係ですよね?」



P「でも……」



ありす「……わかりました、分かってくれないなら私はPさんのこと呼び捨てにします」



P「え」



ありす「ぴ、Pを困らしてやるんですからっ!」



P「きゅ、急に何を」



ありす「それくらいっ!……それくらい呼び名って、特別なんです……Pさんが今、困ってるくらい」



P「……」



ありす「ね、P……さん。私のことを呼んでください」



P「……ありす」



ありす「はい」



P「ありす」



ありす「はいっ」



P「ありす」



ありす「はいっ!」



P「……ごめんな」



ありす「許してあげません。まだまだ足りないんですから」



ありす「これからもっともっと呼んで貰わないと……ですからね、Pさん」



P「その、Pさんっていうのは、続投なのか?」



ありす「ダメですか……?」



P「うっ」



ありす「……P?」



P「わ、わかった! わかったそれでいい!」





―――







P「仕事いこうか、幸子、ありすー」



ありす「はい。呼びましたか」



P「うん、しご……あの」



ありす「呼びました、か?」ギュッ



P「……ありす。離れてくれ」



ありす「Pさんはワガママですね」



P「うんうん、わかったから。ありす」



ありす「えへへ」



幸子「……」



P「……ん? どうしたんだ幸子」



ありす「Pさん、行かないんですか?」



P「おい、手を引っ張るなって」



幸子「て、手を繋っ……ぴ、Pさん!」



P「ん、なんだ幸子」



幸子「……Pさんはもう少し、キリッとするべきですよ!」



P「なるほど……ありすにも言われたな……」



幸子「だ、だったらわかりますよね? ねっ」



P「ああ……いや。はい」



幸子「フフーン、だったら」



P「以降気を付けさせていただきます、輿水さん」



幸子「えっ」







おわり



22:30│橘ありす 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: