2015年04月14日

モバP「最近の泰葉がゆるすぎる件」

泰葉「そうですか?」



悠貴「そうなんですかっ?」



清美「そうなんでしょうか…」





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1428561414



P「お前たちは最近の泰葉しか知らないからな」



清美「はあ…。昔の泰葉さんってそんなに荒んでいたんですか?」



泰葉「そ、そんな事はないですよ?」メソラシ



悠貴「今の泰葉さんからだと想像出来ませんねっ」



P「最初の頃の泰葉は『今更あなたに教わる事なんてありません』って無表情で言ってきてな…」



泰葉「そ、それはっ!」



P「まだまだ駆け出しだった俺の心はそりゃあもう深く抉られたもんだ…」



清美「今はどちらかと言えばしょっちゅうプロデューサーに相談しているイメージですが…」



泰葉「だ、だって、芸能界の事は多少心得がありましたし。アイドルになるからって何が変わるとも思いませんでしたし…」ゴニョゴニョ

P「ちなみにこれが最初の宣材写真」ピラッ



泰葉「何で持ってるんですか!…あっ!ダメです!見ちゃダメです!」



清美「これは…」



悠貴「えっ?これ泰葉さんですかっ?」



泰葉「あああああ///」



P「な?そんな顔で『一人で出来ます』とか言われたら何も言えないだろ」



悠貴「た、確かにっ…」



清美「なんだか初めて会った頃のありすさんに似てますね」



P「そうなんだよ。ありすは予想以上にちょろかったからよかったんだけどな。まあそれも泰葉のノウハウがあったからかもしれないけど」



泰葉「ノウハウってなんですか!?」



P「撫でて褒めて甘やかす?」



清美「犬じゃないんですから…」

P「清美、花見ライブで泰葉に何か言われてたよな」



清美「はい。重要なのはみんなで楽しむ事だと。とても的確なアドバイスでした」



悠貴「それ、私も教わりましたっ。自分が楽しんでやればファンの方にも通じるんだってっ!」



P「そうそう、それな」ニヤニヤ



泰葉「…………」プクー



悠貴「あれっ?どうしたんですかっ?泰葉さんっ?」



P「『重要なのはファンの方が楽しめるかであって、自分が楽しむ必要があるんでしょうか?』」



清美「えっ?」



P「成長したな、泰葉」ナデナデ



泰葉「うう…。知りません!」プイッ

P「だからこそ、最初のライブの後、楽しかったって言って貰えた時は嬉しかったけどな」



泰葉「Pさん、なんで今日はそんなに意地悪なんですか?いぢめですか?」



P「俺が一回でも泰葉に意地悪をした事があるか?」



泰葉「わりとしてますよね」



清美「バレンタインの時に泰葉さんの作ってたチョコ横からつまんで怒られてましたよね」



P「あるぇー?」



泰葉「ふふっ。形勢逆転ですね♪」



P「ぐぬぬ。『私のチョコ欲しいですか?』とか『めいっぱい気持ちを込めてます…』とか言われたら我慢出来るか?」



悠貴「そんな事言ってたんですかっ!?」



泰葉「言ったような…言ってないような…」



清美「言ってましたね。気持ちを云々は確かに聞きましたし」



泰葉「清美さん!?」

P「まあ俺も色々考えて仕事をやらせてたんだけどな」



泰葉「考えて?」



P「どうすれば泰葉の眉間のシワをなくせるか、ってな」



泰葉「し、シワなんてありますか!?」サッ



P「今はもうないけど」



清美「確かにこの写真見るだけでそれは分かりますね」



P「顔は笑ってるけど明らかに作り笑顔だからな」



悠貴「それで、どうやったんですかっ?」



P「ん?ああ。取り敢えず正反対の奴らと組ませるようにしたんだよ。しゅーことかキャシーとかフレデリカとか」



清美「失礼ながら、真面目になるのか馬鹿馬鹿しくなる顔ぶれですね」

P「あとは桃華や薫と組ませてみたり」



泰葉「子供のお世話なんてはじめてで戸惑いました…。どう接して良いものか分からなくて」



清美「ですが、よく一緒に居るのを見ますよ?」



悠貴「そうですねっ。仲良さそうにしてますし、ちょっぴり羨ましいですっ」



泰葉「ふふっ。最初は構えすぎていたんだと思います。素直になって一緒に遊ぶだけで良かったんですよね」



P「そんなこんなで徐々に柔らかくなっていってな」



清美「なるほど。泰葉さんにも歴史あり、ですね」



P「ウチのアイドルの中でも最初と今じゃあ良い意味でかなり変わった奴の一人だろうな」

清美「ただ、それだとファンの方も戸惑うんではないですか?初期の泰葉さんが好きだった方もいるかもしれませんし」



P「そこは大丈夫。泰葉には伝家の宝刀があるから」



泰葉「え?そんなのあるんですか?」



悠貴「泰葉さんさえ知らない伝家の宝刀ですかっ?」



P「ちょいちょいやってるんだけどな『いえいっ!』って」 



泰葉「はうっ///それは…」



悠貴「あっ!確かに泰葉さんがそれをやると会場が凄く盛り上がってますっ!」



泰葉「だって、Pさんがやれって言うから…」



P「最初は盛り上がりすぎて泰葉自身も戸惑ってたくらいだけどな」



清美「泰葉さんのファンはそれを見たくてライブに来ている、と」



P「多少はあるだろうな。俺もその一人だし」



泰葉「えっ!?」

P「最近だと仕事中に居眠りしたりな」ククッ



悠貴「メルヘンアニマルですねっ。あの時の泰葉さんは一日中ねむねむでしたねっ」



泰葉「た、たまたま撮影の前にドールハウス作ってたら熱中しちゃって…」



P「昔はそんな事絶対なかったのにな。それどころか『プロ意識が足りません!』とか言いかねなかった」



泰葉「うっ…。否定しにくいです…。でも、私もアイドルの前に一人の女の子で…」



P「そうだな。泰葉は可愛い可愛い一人の女の子だよ」ナデナデ



泰葉「あっ、ふにゃ…」エヘヘ



悠貴「泰葉さん、幸せそうですっ」



清美「超☆だらしない顔ですが」

P「今年の正月にはすっかり毒気も抜けて、ファンからは『若返った?ていうか幼くなった?』って言われてたくらいだから」



泰葉「初めて聞きましたよ、それ」



清美「昔からのファンは感慨深いでしょうね」



P「ファンからしてみればもはや親兄弟の心境だろうしな」



悠貴「泰葉さん、あの時とっても輝いてましたっ」



P「茄子を暴走させない歯止め役に付けたのに、一緒になって悪ノリしかねなかったけど…」



泰葉「た、楽しかったから良いんです!」プイッ



P「はいはい」クスッ

P「そうだ、泰葉」



泰葉「なんですか?次はどんな辱めを受ければ良いんですか?」



P「悪いんだけど、今日の仕事ついていけなくなったから」



泰葉「…………えっ」



清美「うわっ。まるで世界の終わりみたいな顔…」



悠貴「泰葉さんっ!?」



P「冗談だけど」



泰葉「……っ!……!……!」ポカポカ



P「な?」ハイハイ



清美「流石にちょっと依存しすぎじゃないでしょうか?」



P「ちょっと甘やかしすぎたのは否めないかな」



清美「それは事務所に来た時からわかってはいました」



悠貴「泰葉さん、いつからプロデューサーさんのお膝に乗ってたんですかっ?」



P「来た時から」



清美「あー…」



悠貴「あーっ…」



P「な?」



清美「はい…」

P「最近の泰葉がゆるすぎる件」



泰葉「そうですか?」キリッ



悠貴「そうですねっ」



清美「そう思います」





終わり



20:30│岡崎泰葉 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: