2015年04月29日

伊織「追跡調査をするわ」

P「よし!コレで今日の仕事は終了、っと」ッターン



小鳥「えっ、もうですか?」



P「えぇ、隙間時間に少しずつ終わらせてましたから」





律子「なんだか最近調子良いですねプロデューサー殿。何かいいことでもあったんですか?」 



P「ん?別にそんなことはないぞ。じゃあすいませんが、お先に失礼します」



小鳥「お疲れさまです」



P「〜♪」ガチャ バタン





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1428735358



伊織「……帰ったわね?」



律子「えぇ。ほぼきっかり定時よ」



伊織「で、皆はどう思ったかしら?」



千早「えぇ、やっぱり少しおかしい気がしたわ」



響「うーん、何ていうか、最近プロデューサーはすごい忙しいハズなのに仕事も定時に終わらせてるし……」



伊織「そうね。少し元気すぎると思うわ」



律子「でも、元気なら別にいいんじゃないかしら?仕事も捗るし」

 

響「そ、そうだな。自分はプロデューサーが元気の方が嬉しいぞ」



伊織「甘いわよ二人とも」



千早「そうね。こればかりは」



響「?何か悪いことでもあるのか?」

千早「じゃあ我那覇さん、まず状況を整理してみましょう。プロデューサーは最近どんな様子なのかしら?」



響「うーん、そうだな……仕事がすごく忙しいのに元気だぞ」



伊織「他には?」



響「えっと……なんか帰るときいつも楽しそうだな……あと最近帰るのが早くなったぞ」



伊織「これだけ言ったらもう思い付くんじゃない?律子」



律子「まさか……プロデューサー殿に、恋人ができたとか」



千早「そうです。最近のプロデューサーの様子を見る限り、その可能性は充分に有り得ます」



響「か、彼女……で、でもプロデューサーに限ってそんなこと……」



伊織「無い、何て言いきれるのかしら?あんなんだけどあいつだって男なのよ?」



響「うぎゃー!そんなのダメだぞ!」



律子「あぁ、それで、例の話に繋がるって訳ね」



千早「はい」



響「例の話?」



伊織「プロデューサーを追跡調査するのよ。まぁいわゆる尾行ね。響にはまだ言ってなかったかしら」



響「尾行……?どうしてそんなことするんだ?」



千早「我那覇さん、ちゃんと今の話を聞いていたのかしら」



響「えっ」



律子「そうよ。プロデューサー殿に彼女ができたかもしれないのよ?」



響「普通そんなことで尾行したりしないと思うぞ?……でも、確かに気になるかも」



伊織「ほら、さっさと行くわよ。あんまり長いこと話してると見失っちゃうから」



P「〜♪」



伊織「居たわよ!」



律子「本当ね。すごい楽しそうだわ」



千早「このあと彼女に会いに行くのかしらね」ギリギリ



響(みんなが怖い)



響「あ!喫茶店に入ったぞ!」



伊織「そうね、変装用の道具も持ってるし、少し遅れて入りましょうか」





イラッシャイマセー



千早「この辺ならプロデューサーからは見えにくくて私たちからは良く見え……ハッ!?」カチーン



律子「と、突然固まってどうしたのよ」



千早「あ、あれを見てください」



伊織「あれ?あれって、あいつと……!?」カチーン



響「男だな」



律子「」



P「……が……なんだよ」ハッハッハ



武内P「ですが……で……なのでは」



間島P「ハハハ、相変わらず……武内」





律子「プロデューサー殿と……背が高くて怖い顔の男一人、あともう一人は……なんだろう、何でかわかんないけど頭がアルファベットのPに見えるわ、目が疲れてるのかしら」



伊織「いや……私もPに見えるわ」



響「自分もだぞ」



千早「そしてもう一人の方は……何人か殺していそうな目をしていますね」



響「ま、まさかプロデューサー殿、犯罪に手を染めて……!?うぎゃー!そんなのダメだぞ!」



律子(でも、あの人どこかで……どこだったかしら)



伊織「まぁ、ここからだと遠すぎてあまり聞こえないかもしれないけど、どんなことを話しているか聞いてみましょう」





間島P「で、どうなんだ、仕事。順調なのか?」



武内P「お陰様で……」



P「でもすごいっすよね、大学の三人だけのサークルの三人全員がアイドルのプロデューサーなんて」



間島P「いやぁ、俺のいた頃は一人だったからな、そのあとPが入ってきて、また一年後に武内が入ってきたから潰れずに済んだものの」



武内P「ですが…あの後新入部員が入らず、潰れました」



P「えっ!?潰れたのか!?」



間島P「そりゃ潰れるって、昆虫料理研究会なんて」ハッハッハ



武内P「好きだったんですが……」(首の後ろに手を当てる仕草)



P「そういえば間島先輩はどこの事務所で働いてるんですか?」



間島P「そ、それは……ほら、パラレルワールド的な」



武内P「……何を言っているのでしょうか」



間島P「そ、そんなことよりあの話はどうなったんだ?765プロライブシアターがどうとか」



P「あー、勿論進んでるよ。皆には内緒だけどな」



武内P「また……強力なライバルになります」



間島P「その場合Pはシアターに移籍になるのか?」



P「えぇ、まぁ移籍になるとといえば移籍になりますけど、今の皆のプロデュースも続けますから、新しいプロデューサーとかを雇うことはありませんよ」



武内P「ブラック、ですね」



P「ハハハ、まぁ確かにな。でもここだけの話、給料は結構あるんだぞ」



間島P「じゃあ引き抜きには応じてもらえそうもないな!有能なんだが」ハッハッハ



P「褒めてもなにもでないですからね!」



伊織「良く聞こえなかったけど、『アイドルのプロデューサー』って言ってたのは聞こえたわ」



律子「私はなんとか『移籍』と『秘密』っていう言葉だけ」



響「自分は『ブラック』ってのと『引き抜き』ってのが聞こえたぞ」



千早「私は『新しいプロデューサー』ってだけ……」



伊織「この事から考えると……そうね」



千早「あの二人はブラック企業に嫌気が指したプロデューサーを引き抜きに来てる他事務所のプロデューサーで、プロデューサーはその話を承諾して、皆に秘密で移籍の準備を進めてる、とか」



響「た、確かにそれなら新しいプロデューサーって言ってたのも辻褄が合うぞ!」



律子「そうよ!あの強面の人、どこかで見たことあると思ってたけど、346プロのシンデレラプロジェクト担当のプロデューサーだわ!」



伊織「346プロ!?凄い大手じゃない!」



響「そんな!自分、プロデューサーがいなくなっちゃうなんてやだぞ!」



千早「あっ、頭がPの人、先に帰るみたいよ」



響「今はそれどころじゃないさー!」



千早「あ、出ていくみたいよ。追いかけましょう」



律子「えっ!?もう!?私まだパンケーキ食べ終わってないわよ!?」



伊織「はぁ!?何やってんのよ!竜宮小町のプロデューサーなんだからしっかりしなさいよ!」



響「あっ、もう出てっちゃうぞ!どうしよう…」



伊織「ハァ……こうなったら三人で行くわよ!律子、会計頼むわね!」



律子「えっ!?ちょ、ちょっと!」



伊織「レンタルショップに入っていったわね」



千早「追いかけましょう」



ウィーン イラッシャイマセー



響「いたぞ!プロデューサー達だ!」



P「先週……アイドル……」



武内「…シンデレラ……」



響「やっぱり良く聞こえないぞ……」



千早「プロデューサー達が選ぶまで見てまいしょう」



伊織「あっ、CDコーナーで立ち止まってCDを選んでるわよ」



響「なぁ二人とも!この前のやよいの単独ライブDVDが一本だけ残ってるぞ!」



伊織「なんですって!?」



千早「それは見逃せないわ!」





─数分後─

伊織「って!こんなことやってる場合じゃないのよ!」 



響「はっ!そうだった……よかった、プロデューサー、ちょうど今選び終わったみたいだぞ!」



伊織「じゃあ何を借りたのか見に行くわよ!」



響「この棚だな」



伊織「今この棚からなくなっているCDは7枚。1枚は876プロの『HELLO!』、後はどれも346プロのものよ。ニュージェネレーション、CANDY ISLAND、ラブライカ、*(アスタリスク)、凸レーション、そして神崎蘭子。どれもあの大男が担当しているシンデレラプロジェクトのアイドルよ」



千早「詳しいのね……だけど、コレで本当に移籍の説が濃厚になってきたわね」



響「あっ!プロデューサー達が出てっちゃうぞ!」



伊織「そうね!早く後を追いましょう」



千早「待って水瀬さん!今ここを離れたら……」



伊織「ハッ!……そうね」



響「どうしたんだ?早く追いかけないとプロデューサーが……」



伊織「後一本しか残っていないやよいのDVDが誰かに借りられてしまうかもしれないのよ!?それでもいいの!?」



響「それはダメだ!自分、早くそれを見たくてたまらないぞ!……でも、プロデューサーの事も心配だし……」



伊織「そうね……とはいえ、今レジにはものすごい行列。悠長に待っていたら見失っちゃうわ」



三人「……」



千早「私が残るわ」



響「えっ!?」



千早「どうして思い付かなかったのかしら。私が列に並んでDVDを借りる。その間に二人がプロデューサーを追いかける。そうすれば解決するわ」



響「そうだけど……でもそんなことしたら千早が!」



千早「いいの!……本当は、私だって一緒に行きたいわ。何かを得るときは、でも、何かを犠牲にしないといけないものよ」



響「でも……」



伊織「わかったわ」



響「伊織!」



伊織「ここでずっと言い合っていたら、それこそあいつを見失うことになるわ。千早には悪いけど、私たちは先にいかせてもらいましょう」



響「伊織……」



千早「ありがとう、水瀬さん」



伊織「……行くわよ!響!」ダッ



響「伊織……涙が……」



伊織「うるさいわよ!」



響「千早!絶対追い付くんだぞ!絶対だからなっ!」ダッ





千早(優、これで……これで良かったのよね……)



伊織「いたわ!プロデューサーよ!」



響「やっと追い付いたぞ……」

 

伊織「そうよ!こんなところで見失ったら、犠牲になった二人に申し訳ないわ!」



響(律子は自滅だけど……)



響「というか、あの二人はどこへ向かってるんだ?」



伊織「……この道の先には、ホテル街があるわ」



響「ホテル街!?まさかプロデューサー……」



伊織「これはちょっと状況が変わってきたわね……追いかけましょう」



響「そうだな、走るぞ!」ダッ



伊織「ってちょっとあんた!前!」



響「ふぇ?」



ドカーン☆

??「イテテ……」



響「ごっ、ごめんなさい!!」



??「アハハ、へーきへーき!」



??「美嘉、大丈夫?」



美嘉「うん、平気平気……私よりこの子が……ってあれ?あなたってもしかして我那覇響?」



響「そ、そうだぞ?そういうあなたは……」



美嘉「私は城ヶ崎美嘉。こっちは渋谷凛」



凛「よろしく」



響「ん?城ヶ崎美嘉と渋谷凛ってたしか……」



伊織「シンデレラガールズね。ということは、あんた達も自分のプロデューサーを追いかけてたって訳?」



凛「うん。そうだけど……あんた達、も?」



響「うん、そうだぞ。今346プロのプロデューサーと一緒にいるの、自分達のプロデューサーなんだ!……今のところ」



凛「へぇー……じゃあ……」ゴゴゴゴゴゴ



響「うぇ!?なんだか目が怖くなったぞ!?」



凛「プロデューサーは渡さないよ」



伊織「渡さないって……それはこっちのセリフよ!」



美嘉「ちょ、ちょっと二人とも……って、こっちのセリフって?どう言うこと?」



〜状況説明中〜



凛「じゃあ、お互い自分のプロデューサーが引き抜かれると思ってた、って事?」



伊織「みたいね。でも多分、プロデューサーは346プロに引き抜かれるんだと思うわ」



凛「どうして?」



伊織「だってさっきのレンタルショップで借りてたの、346プロのCDだったもの」



凛「それなら、765プロのライブDVDも借りてたけど。たしか……高槻やよいちゃんの」



伊織「えっ!?……ということは」



凛「まだどっちかには希望が残ってるってこと……だね」





美嘉「きょ、今日はやよいちゃんいないの?」ボソボソ



響「今日は早めに帰ったらしいぞ」ボソボソ



美嘉「そ、そうなんだ……」シュン



伊織「って!そんなこと言ってたら見失っちゃったじゃない!」



凛「ほんとだ、こんなところで言い合いしてる場合じゃないね」



響「どうしよう……」



凛「プロデューサー……」オロオロ



伊織「とりあえず先に進みましょう」



美嘉「だね!プロデューサーの後ろ姿だったら、絶対に見間違えな



武内P「呼びましたか?」



美嘉「」



凛「」



武内P「水瀬さんと、我那覇さんですね」



伊織「ヒッ、はい」



響「じじじ自分我那覇響だぞ!」



P「おいおい武内、怖がられてるぞ」ニヤニヤ



武内P「……」(首の後ろに手を当てる仕草)



伊織「あ、あんた!何してるのよ!」



P「何してるってのはこっちのセリフなんだが……」



響「プロデューサー、765プロ辞めちゃうのか?自分そんなのやだぞ!」ポロポロ



P「うぇえ!?なんだ!?どうして泣くんだ響!?」



武内P「先輩……女の子を泣かせたら駄目ですよ」



凛「プロデューサー、あんたも……移籍なんかしないよね……?」



武内P「移籍……ですか?」



P「ハハハ、なるほど、それで俺たちをつけてたってことか」



伊織「えっ!?あんた、気付いてたの?」



P「あぁ、誰かまではわかんなかったけど、喫茶店入る前からつけられてるなーって思ってて。それで喫茶店から出たら気配がもう一個増えたから何事かと思ったよ」



美嘉「それが私たちだね」



P「追い払ってやろうぜって話になって回り込んだんだ」



伊織「そんなことやって、本当に危ない人だったらどうすんのよ!」



凛「いや……多分大丈夫なんじゃない?ほら、私たちのプロデューサーって……」



武内P「……」ゴゴゴゴゴゴ



響「た、確かに……」



伊織「じゃ、じゃあ二人はどういう関係なのよ!」



武内P「Pさんが、大学のサークルの先輩です」

凛「サークル?」



美嘉「プロデューサー、運動やってたの!?」



伊織「私も、そんなのはじめて聞いたわ」



武内P「いえ、運動ではないのですが……」



響「じゃあ、あのP頭の人もそうなのか?」



P「P頭……って間島さんか。間島さんは俺の一個上の先輩で、同じサークルだった。」



凛「じゃ、じゃああのとき喫茶店で話してた話は?ブラック企業だとか、移籍するとか……」



P「あぁ、それはだな……実は、765プロ事務所でライブシアターを作ることになってだな!俺がこれからそこのシアターを運営していく事になるから、移籍って言う言い方を使ったんだ」



響「じゃあ、自分たちのプロデューサー辞めちゃうのか!?」



P「いや、そんなことはないぞ。新しくアイドルが増えるらしいから、ちょっとだけ皆にかけられる時間は減るかもしれないけどな」



美嘉「えっ!?じゃあ、765プロのプロデューサーさん、一人で運営とプロデュース全部やるってこと!?」



P「あぁ。そういうことになる。それで、武内が」



武内P「ブラック企業ですね、と言いました」



伊織「じゃあレンタルショップで346プロのCD借りてたのはなんなのよ!」



P「あぁ、あれか?あれはな、喫茶店でどっちのアイドルの方が凄いみたいな話になっちゃってな。それで『お互い聞いてみて決めようぜ』ってことになったんだ」



凛「じゃあその……ホテル街に来たのは?」



武内P「自分達のサークル……昆虫料理研究会なんですが、その時から通ってる料理屋がここを抜けた先にありまして」



美嘉「昆虫料理!?」



伊織「確かに海外旅行行くと良く見かけるけど……」



P「あそこのバンブーワームがまた美味いんだ!お前らも食べてみるか?」



武内P「自分はコオロギが……」



凛「い、いや……いい」



響「自分完璧だけど、さすがにそれは遠慮するぞ……」





伊織「じゃあ最近楽しそうだったのは?」



響「仕事終わらせるのも凄い早かったぞ?」



P「あぁ、それか。それはな……」



武内P「実は、346プロと765プロ合同の冠番組の製作が決定しました。ゴールデン二時間枠です」



凛「えっ!?」



美嘉「スゴっ!でも、それならなおさら仕事しないといけないんじゃ……」



P「あぁ、だから今仕事してるんだよ」



四人「えっ?」



武内P「偶然、自分と先輩が番組に一番か変わる立場でして」



P「話し合って方針を決めてくれって言われたから、話し合ってたんだ。ついでに間島さんも呼んで、視聴者としての意見を聞きながらな。社長も大変だろうって普通の事務的な仕事は音無さんに回してくれたらしい。大仕事だし、そりゃ楽しくもなるさ」



響「なるほど……」



伊織「じゃあ最近元気だったのは……」



P「これだ!」エナドリ



美嘉「あっ!」



凛「それは!」



P「そう!346プロの売店で良く売っているエナジードリンクだ!本当は結構するんだが……」



武内P「ちひろさんが……安く譲ってくださるので。いつも助かっています」



凛(あれ、売り付けられてるんじゃなかったんだ)



美嘉(あれ、安く売ってくれてたんだ)



P「765プロからももうじきスパークドリンクってのと、飴を発売するらしい」



武内P「飴ですか……双葉さんが喜びそうです」



凛「ねぇ、それで、さっき言ってた冠っていうのは……」



武内P「あぁ、その件ですが、司会に渋谷さんと水瀬さんを使うのがいいんじゃないか、という話になりました。」



P「勿論他の皆にも出てもらうことになるけどな。一人一人がコーナーをもって、週にいくつかずつやる、みたいな感じになりそうだ。生っすかが週を跨いでるイメージだな」



伊織「そ、そう……あんた達、この伊織ちゃんを司会に選ぶなんて、見る目あるじゃない!にひひっ!」



凛(幸子と同じタイプ?)



響「んがー!また無茶なことさせられる気がするぞ!!」





〜数ヵ月後〜



伊織「今週のコーナー!1つ目ははこちら!」デデン



凛「『美嘉姉のモテカワ☆着せ替え人形!』」



凛(あの後、プロデューサーが移籍することもなく、無事番組が始まった)



伊織(765プロにはシアターができて、新しく40名くらいのアイドルが入って、アイツはかなり忙しくなったみたいだけど……)



美嘉『お店を1つ貸し切って、毎週ゲストとお人形役の娘を着せ替えちゃうこのコーナー!今週のゲストはー……』



真『まっこまっこりーん!菊地真でーす!』



凛(この番組もシンデレラプロジェクトも人気が急上昇、シアターの宣伝にもなって一石二鳥だって言ってたし)



美嘉『そして今日の着せ替え人形はこの二人!』



莉嘉『やっほー☆りかだよ☆』



響『うぎゃー!やめてくれー!真は!真はいやだー!』



伊織(なにより良かったのは、たくさん友達が増えたことかしらね!)



凛(これからも楽しくなれそう。ありがとう、プロデューサー!)



おしまい



相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: