2015年04月30日

楓「美女戦士ネグリジェムーン」

楓「あがりですっ」←1位



レナ「勝てなかったかーほんと楓は大富豪だけは強いわね」←2位



美優「5回戦で全部2位だったレナさんも十分凄いですけどね…」←3位





菜々「その分下の方の争いはひどいですけどね…っとこれで上がりです!」←4位



留美「くっ…全ゲーム通して2もジョーカーも1回も使えないなんて…」←ドベ



レナ「それで? 1位は何を命令するの?」



留美「まあこのメンバーなら飲み会の代金肩代わりとかでしょ」



楓「いえちょっと面白いことが思い浮かんだんですよ」



レナ「えー あんまりハードなのはやめてよねー?」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1429179599



楓「美少女戦士セーラームーンってあったじゃないですか」



美優「いきなりどうしたんですか?」



菜々「ありましたねー私ももちろんうさぎちゃんに憧れてました! ……いえ再放送でみたんですけどね!?」



レナ(あっこれヤバそう…逃げる準備しとこ)コソコソ



楓「あれにかけて美女戦士ネグリジェムーンとかどうですか?」



留美「また楓が変なコト言い出したわね…どうですかって何が?」



楓「何がというか私達が」



留美「…私達がなんなの?」



楓「やりませんか?」

留美「何を?」



楓「ネグリジェムーンを」



留美「よくわからないわね……美優と菜々さんはレナを捕まえておいて」



美優「え? は、はい」ガシッ



菜々「わかりましたっ!」ガシッ



レナ「ちょっ!? いやこれ今のうちに逃げましょうよ!? ほら美優も一緒に!」ジタバタ



留美「その場合散るのが今話してる私だけになりそうだし、こうなったら一蓮托生よ」



菜々「そもそも最初に罰ゲームで1位の人は何でも命令できるって言ったのはレナさんじゃないですか!」



美優「『ギャンブラーとしてそろそろ負けられない』って…私達も反対しなかったですけど…」



レナ「だってこのメンツならお酒とかその辺だったと思ったのよ! 反対しなかったってことは皆もそうだったんでしょ!?」

留美「それでも…楓が強いって時点でこうなる可能性を考慮していた私達に非があるわね」



楓「罰ゲームはすげー無茶…ふふっ」



レナ「今この子自分ですげー無茶とか言ったわよ」



美優「あの…考え直したりなんかは…」



楓「しないです」キッパリ



レナ「今ならあれよ? 向こう5回の飲み会代肩代わりとかでもいいわよ?」



楓「……それでもしないです」



菜々「いやでもほら…そうだ衣装! 衣装が無いですよ!」



楓「こんなこともあろうかとちひろさんに許可はとってあります、でもネグリジェは少ないので夜っぽいので妥協しましょう」



留美「すでにやる気満々なのね…」ハァ…

楓「もう配役も決まってるんですよ」



レナ「凄い暴君っぷりね」



美優「まさに大富豪の王者ですね…」



楓「まずネグリジェジュピターがレナさん」



レナ「心の準備とかさせてくれないの!?」



留美「暴君だからね」



楓「ネグリジェヴィーナスが美優さんでネグリジェマーキュリーが留美さん」



留美「なんかここまで髪の長さで決めてる感があるわね」



美優「あ…でも私は子供の頃ヴィーナスちゃんが一番好きだったからちょっと嬉しいです…」



留美「美優、あなた流されてるわよ」

菜々「あとはマーズとムーンですか…ナナはやっぱりウサギちゃん派だったんですが…」



留美「菜々さんもなんだかんだ言いつつノリノリね」



レナ「ここまで来たらノッたほうが楽しそうだけどね」



美優「それでどっちがどっちをやるんですか?



楓「それはですね…」











楓「まず菜々ちゃんが敵の女幹部です」





『敵の女幹部!!??』

菜々「ひ、ひどい…ナナだけ敵役なんて…」



楓「大丈夫ですよ、一人でセーラー戦士全員を追い込めるぐらい強いキャラですから」



菜々「そういうことじゃないですよぉ!」ウルウル



楓「だって敵がいないと物語が出来ないじゃないですか」



レナ「確かに敵役いないと物語が始まらないけど…」クスクス



美優「というか物語って…もしかして結構ちゃんとやるんですか?



留美「もうさっさとはじめてさっさと終わらせましょう……で? 楓はどっちなの?」



菜々「やりたいって言い出すぐらいですしやっぱりムーンですか?」













楓「いえ私はタキシードマスクをやります」





『タキシードマスク!?』

_____



___



_





女幹部・ナナ「フッハッハー! とうとう追い詰めたぞネグリジェムーン共ー!!」ヤケクソ



ネグリジェジュピター・レナ「くそームーンとマーズがいないこの時を狙って攻めてくるなんてー」



ネグリジェマーキュリー・ルミ「この私の頭脳を持ってしてもこの戦いで勝利する方程式が導けない……」



ネグリジェヴィーナス・ミユ「こ、このままじゃ全滅しちゃう…わ、私が食い止めるから皆逃げて……」ハズカシイ…



ルミ「ヴィーナス、恥ずかしがってないで割りきりなさい」



ナナ「逃がすかー! いでよ我がしもべたちよー!(しもべって誰!?)」

オオカミ・アツミ「ワオーン! エロい格好してるお山がいっぱいだぁー!!」



ヴァンパイア・ショウコ「ヒャッハー! 全員私の眷属にしてやるぜぇー!」



ネクロマンサー・コウメ「フフフ……みんな纏めてゾンビにしてあげる……」



ファラオ・スズホ「ミイラになりたいのは誰とー!?」



オニムスメ・ナターリア「ワルイコはイナイカー!」



狩人・ノノ「帰りたいんですけど……」







ナナレナルミミユ(聞いてない…というか多い!)

??「まてぇーい」



ナナ「誰だっ!?」



??「揃ってないところを狙って襲撃し大軍で各個撃破を狙う…人それを外道と言う!」



ルミ「ああやって聞くと全く外道じゃないわね」



レナ「むしろ堅実な作戦よね」



ミユ「ちょっ愛海ちゃんだめ、はなれ……ひゃあっ……レナさん留美さん無視ないで助けて……あああぁぁぁ……」



レナ「ヴィーナス、素に戻ってるわよ」



ナナ「ええい名を名乗れ!」



タキシードカエデ「私は悪を切り裂く一輪の薔薇…タキシードカエデ!」



ナナ「タキシードカエデだと!?」

レナ「タキシードカエデさまー助けに来てくれたんですかー?」



カエデ「泣いているばかりでは何も解決しないぞ、ネグリジェ戦士達よ」



ルミ「そうじゃなくて何人か倒して欲しいんだけども」



カエデ「元気出せネグリジェ戦士達! 私は元気な君たちが大好きだ!」



ミユ「あの、せめて、ずっとくっついてる愛海ちゃんをどうにか……ふあぁぁっ!!」ビクビク



カエデ「どんな不利なときでも絶対に諦めないことだ……さらばだ! また会おう!」アデュー



ナナ「え!? 帰るんですか!?」



ノノ(私もついでに帰ろう)

『……』



レナ「どうするのコレ」



ルミ「知らないわよ…」



ナナ「え、えーっと…じゃあしもべたちよ、突撃……?」



ヒャ…ヒャッハー…? トリアエズオソエバイーノカ?



レナ「これストーリー的には覚醒とかして倒すほうがいいのかしら?」



ルミ「どうでしょうね…でも多勢に無勢だし仲間の一人はもうアレだし負けてもいいんじゃない?」



アツミ「ウヒヒヒヒ…コレはお芝居、私は悪役…楓さんに頼まれたんだからしょうがないよねー」モミモミサワサワ



ミユ(アレ)「」ビクンビクン



レナ「仕方ないか」



ルミ「じゃあせーの」





ヤーラーレーター……

_



___



_____



楓「楽しかったです」ツヤツヤ



留美「あなたはアレでよかったのね…」



菜々「と言うかやっぱりナナ悪役の必要なかったじゃないですかぁ!」



レナ「まああれだけ誘ったんなら誰か一人にボスをやってもらえばよかったわね」



美優「私は…すごく疲れました……」ゲッソリ



レナ「愛海ちゃんにずっともまれ続けてたものね…」



菜々「愛海ちゃんの犠牲になったんですね…これ見ると絶対にやられないポジションでよかった気もします」



留美「助けたらうつって来そうだなんて思ってなかったわよ?」



レナ「それこっちにも流れ弾来るからやめてよ」

菜々「でもこれで罰ゲーム完遂ですよね」



美優「うう…もう終わりですか…? よかっ…た……」ガクリ



留美「美優が散ったわ」



レナ「尊い犠牲だったわね」



楓「皆さん皆さん、それはそれとしてもう一回罰ゲーム付きでやりませんか?





レナ「……ぜっっっっったいにやらないけどなんで? やっぱりタダ酒が惜しくなったの?」







楓「いえ今度は劇場版とかやってみたいなって」



『絶対やらない(やりません)』









ちひろ「こんな感じの動画が『偶々』社内を撮影してたら『偶然』撮れちゃったんだけどどうですか?」



モバP「言い値で買います」



ちひろ「まいどっ」











相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: