2015年05月12日

白菊ほたる「プロデューサーさん、私の担当を辞めて下さい」

※ちょっと閲覧注意かも?













モバP(※以下P表記)「どうしたんだ急に?」



ほたる「お願いです……私の担当を辞めて下さい……」



P「急にそんな……一体どうしたんだ?アイドルを続けるのが辛くなったのか?それとも、俺のやり方が何か嫌だったか?」



ほたる「いえっ、それは違います……!」



P「じゃあ、一体どうして?せめて理由だけでも教えてくれないか?」



ほたる「それは……」



P「それは?」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1431010696



ほたる「プロデューサーさんが、私と一緒にいることで不幸な目に遭ってるからです……」



P「はぁ?何言ってるんだ?」



ほたる「プロデューサーさんが、私のせいで不幸な目に遭うのが辛いんです……! だからお願いです。私の担当を辞めて下さい……!」



P「いやいや、だから何言ってるんだよ。俺はほたると一緒に居て不幸な目に遭ったことなんか一度も無いぞ?」



ほたる「いいえ、遭ってます。それに何度も……」



P「いやだから、当の本人が否定してるのになぁ……じゃあ例えば、俺がどんな不幸な目に遭ったっていうんだ?」



ほたる「このあいだの事なんですけど……──」





──

───

P「よし、じゃあ今度の撮影の打ち合わせするぞ」



ほたる「はい、お願いします」



P「うん、それで今回の衣装はだな……」



ほたる「はい……ん……は……ふぁ、ふあっ……」



ほたる「……ふあぁぁっっくちゅいっ!!」



ほたる「ずびっ、ずびばぜん……!ぎゅうに大ぎな゛ぐじゃみが……んっ」ズルッ



P「……」ビッショリ



ほたる「はわわっ……!私がくしゃみしたせいで、プロデューサーさんが私の唾と鼻水でビショビショになっちゃいました……」



ほたる「うぅ、すみません……私なんかと一緒にいるから……」



───

──





ほたる「──……って事がありましたよね?」



P「あー、あったなー」

ほたる「不幸ですよね?」



P「不幸じゃないよ」



ほたる「不幸ですよ」



P「不幸じゃないって」



ほたる「不幸ですって」



P「俺が不幸じゃないって言ってるんだから、不幸じゃないよ」



ほたる「……プロデューサーさん……!」キュン



P「ほら、不幸じゃないってわかったら、この話は終わりで良いか?」

ほたる「……!」ハッ



ほたる「……いえっ、駄目です!他にも不幸な目に遭ってるんですから」



P「無いって言ってるのになぁ……例えば?」



ほたる「はい、この前の事なんですけど……──」





──

───

ほたる(今日暑いなぁ……口の中がネバネバして気持ちわるい……何か飲む前に給湯室で口をゆすいでうがいしてこよう)スタスタ



ほたる「えっと、私のコップは……あった」



 ジャー



ほたる「ん……グシュグシュグシュ……ぺっ」



ほたる「ん……ガラガラガラ……ぺっ」



ほたる「ふぅ、スッキリした……ん?」



ほたる「流し台の中に誰かのマグカップが……気付かなかったな」



ほたる「私が出した水が入っちゃったし、洗わないと……」



 ガチャッ!



ほたる「ん?」クルッ



P「はぁはぁ……おっ、ほたるか、はぁ、お疲れ……はぁ、はぁ」



ほたる「お疲れ様です。大丈夫ですか?疲れてるみたいですけど……」



P「あぁ……はぁ、ちょっと急ぎで回らないといけない所があってな、はぁ……またすぐいかないと……それより、はぁ、ちょっと水……」



P「俺のコップは……あっ!俺のマグカップが流し台に……なんか既に水が入ってるけどもうこれで良いや」



ほたる「えっ?あっ、待って下さい、それは……」



P「んぐっんぐっんぐっ……ぷはぁー!」



ほたる「はわわっ……! 私が口から出した水をプロデューサーさんが飲んじゃいました……」



ほたる「うぅ、すみません……私なんかと一緒にいるから……」



───

──





ほたる「──……って事がありましたよね?」



P「あー、あったなー」

ほたる「不幸ですよね?」



P「不幸じゃないよ」



ほたる「不幸ですよ」



P「不幸じゃないって」



ほたる「不幸ですって」



P「俺が不幸じゃないって言ってるんだから、不幸じゃないよ」



ほたる「……プロデューサーさん……!」キュン



P「ほら、不幸じゃないってわかったら、この話は終わりで良いか?」

ほたる「……!」ハッ



ほたる「……いえっ、駄目です!他にも不幸な目に遭ってるんですから」



P「無いって言ってるのになぁ……例えば?」



ほたる「はい、この前の事なんですけど……──」





──

───

─某スタジオ・楽屋─



ほたる(ふぅ……疲れたぁ……あ、着替えなきゃ……)



ほたる(今日も暑かったなぁ……こんな日に限って衣装の靴がブーツなんて、やっぱりついてないなぁ……)



ほたる(これ絶対、足の臭いスゴイことになってるよね……消臭スプレーかけないと帰りにプロデューサーさんの車乗れないよね)ヌギヌギ



 ムワッ



ほたる(う゛っ……予想以上にキツい……これは靴下も脱いで、足に直接と靴下と両方かけないと……)ヌギヌギ



 ツーン



ほたる(うぅ、自分の足とは思いたくないぐらい臭い……早くスプレーを……)



 ……カサッ…



ほたる「ん? 今何か動いて……きゃっ!? ゴキブリっ!?」ビクッ ポイッ



ほたる「あっ!靴下投げちゃ──」



 ガチャッ



P「すまんほたる!急に打ち合わせが入って、悪いけど急い──」パサッ



ほたる「はわわっ……! 驚いて投げた靴下がプロデューサーさんの顔に……しかも一番臭う爪先部分が丁度鼻先にかかっちゃいました……」



ほたる「うぅ、すみません……私なんかと一緒にいるから……」



───

──





ほたる「──……って事がありましたよね?」



P「あー、あったなー」

ほたる「不幸ですよね?」



P「不幸じゃないよ」



ほたる「不幸ですよ」



P「不幸じゃないって」



ほたる「不幸ですって」



P「俺が不幸じゃないって言ってるんだから、不幸じゃないよ」



ほたる「……プロデューサーさん……!」キュン



P「ほら、不幸じゃないってわかったら、この話は終わりで良いか?」

ほたる「……!」ハッ



ほたる「……いえっ、駄目です!他にも不幸な目に遭ってるんですから」



P「無いって言ってるのになぁ……例えば?」



ほたる「はい、この前の事なんですけど……──」





──

───

ほたる(やっと取材終わった……取材中にお茶飲み過ぎちゃった……早くお手洗いに……でも動いたら……!)プルプル



P「ん?ほたる?どうしたんだっ?どこか悪いのか!?」



ほたる「……ぁ、ぇと……ぅ……」プルプル



ほたる(どうしよう……! おしっこ我慢してるなんて恥ずかしくて言えない……それにちょっと気を抜いたら……もう……!)



P「腹が痛いのか!?すまん気付かなくて!直ぐに医務室に連れて行ってやるからな!」ガバッ ダダダッ



ほたる(!?……揺れがっ…!)



ほたる「ぁっ……!プロ、デューサ、さっ………!」



P「待ってろ!すぐに着くからな!……っとぉ!?すみません!!」ダダダッ ダンッ!



 ガクンッ



ほたる(!!……あっ……!)ブルッ



ほたる「……ひっく……ぅっ……プロデューサーさん……ぐすっ……すみませぇぇん……!」ショワァァァ



P「ほたる!?泣いて……えっ」



ほたる「ふえぇぇ……! プロデューサーさんに、ひっく、抱っこされながら……えぐっ……漏らして、プロデューサーさんも濡れちゃいましたぁ……」ジョワワァァ



ほたる「ふぐっ、すみません……私……ぐす、なんかとっ、一緒にっ、いるからぁぁ……」ボロボロ



───

──





ほたる「──……って事がありましたよね?」



P「あー、あったなー」

ほたる「不幸ですよね?」



P「不幸じゃないよ」



ほたる「不幸ですよ」



P「不幸じゃないって」



ほたる「不幸ですって」



P「俺が不幸じゃないって言ってるんだから、不幸じゃないよ」



ほたる「……プロデューサーさん……!」キュン



P「ほら、不幸じゃないってわかったら、この話は終わりで良いか?」

ほたる「……なんで、ですか……?」



P「ん?何がだ?」



ほたる「……私が前にいたプロダクションのマネージャーさんやプロデューサーさん達は、似たような事が続いたら、皆不幸だって言って私から離れていってしまいました……」



P「そうか……」



ほたる「何でプロデューサーさんは、こんな不幸な目に遭いながら私と一緒に居てくれるんですか?」



P「だから何度も言ってるだろ?不幸なんかじゃないって」



ほたる「それが何でなんですか……!?どう考えたって不幸じゃないですかっ……どうしてなんですか……!?」

P「それはな……ほたるを愛してるからだ」



ほたる「えっ……!?」



P「ほたるを愛してるから、どんな目に遭ったって不幸だなんて思わない。ほたると一緒なら、俺はどんな事だって幸せだって思えるよ」



ほたる「プロデューサーさん……」



P「ほたる……後3年待っててくれないか?」



ほたる「え……?」



P「後3年……それまでに、俺は必ずほたるをトップアイドルにしてみせる……そして16になったらその時は……」



ほたる「……」



P「……俺と……結婚してくれ」



ほたる「……!」ブワッ



ほたる「……はいっ……!」





















HAPPY END



20:30│白菊ほたる 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: