2014年02月03日

モバP「ウサミンパワーって何ですか?」

菜々「プロデューサー、ナナの買い物に付き合ってもらっちゃってすいません……」

P「いいんですよ。アイドルの頼みを聞くのもプロデューサーの仕事の内です」

菜々「ありがとうございます♪」


P「そういえば菜々さん聞きたいことがあるのですが」

菜々「何ですか?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1390748914

P「ウサミンパワーって何ですか?」

菜々「え?」

P「いや、菜々さんよくウサミンパワーって言ってますけど、それが具体的にどういう物なのかな―って思いまして」

菜々「あーそういえば話したことありませんでしたね」

P「教えてくれるんですか?」
菜々「はい。別に秘密にしているわけでもないですしね。プロデューサー、ウサミンパワーっていうのは……」

P「……え?」

菜々「プロデューサーどうしたんですか?」

P「あのトラック……こっち突っ込んできますよッ!?」

菜々「え?」
ブオオオオ!!



P「居眠り運転かよ!?クソッ!菜々さん!逃げ……ッ!」

菜々「プロデューサー!!」





ドオオオオン!!
―きゃああああ!!?

―だ、誰か早く救急車を!!

―お、おい……あれは……

―おい、嘘だろ!?

―トラックを女の子が片手で……!?
P「な、菜々さん……?」

菜々「プロデューサー……」






菜々「これが、ウサミンパワーです」








P「な、菜々さん……ッ!」
加蓮「ハァ…ハァ……」

P「加蓮!加蓮!大丈夫か!?」

加蓮「ご、ごめんPさん……体調、悪かったのに隠して無理しちゃって……」

P「お前の体調が悪いのに気づかなかった俺が悪いんだ……ッ!早く!救急車はまだですか!?」

スタッフ「まだです!どうやら事故で道が渋滞しているみたいで!!」


P「クッソォッ!加蓮、加蓮!」

加蓮「は、はは……ごめんなさい……Pさん……」

P「誰でもいい!加蓮を助けてくれッ!!」






菜々「お任せください!」






P「な、菜々さん……?どうしてここに……?」

菜々「Pさんの声をキャッチしてウサミンパワーでぴょーんと飛んできました!それよりも、加蓮ちゃん!」

加蓮「ハァ……ハァ……な、菜々さん……?」

菜々「待っててください!今、助けますから!……ミミミン!!」ピカー!

加蓮「ん……」
P「ひ、光が加蓮を包んで……」

加蓮「ん……ん?あ、あれ……?体、楽になってる……なんともない」

菜々「ふー!なんとかなりました!」

P「か、加蓮大丈夫なのか!?」

加蓮「うん。前よりも元気なくらい」

P「よ、よかった……ほんとに良かった……そうだ、菜々さん!今のって!?」








菜々「これも、ウサミンパワーですよ」








P「な、菜々さん!!」

社長「ああ……事務所の資金難でこのままでは……」

P「社長!?どこかから融資を受けることは出来ないのですか!?」

社長「それができたら苦労は……」

ガチャ

ちひろ「社長!メイド喫茶の最大手USMNコーポレーションから融資の提案が来ました!!」

社長「何!?いったい何故大企業のUSMNコーポレーションがうちのような零細事務所に……」



P「ほんとうになんで……」

菜々「……」

P「ハッ!?まさか……?」

菜々「プロデューサー」






菜々「これも、ウサミンパワーです」










P「な、菜々さん!!」グッ

P「そ、そんな!?急にウチのアイドルは使えないだなんてどういうことですか!?」

『と、とにかく無理な物は無理なんだ。すまないね』ガチャ

P「うう……いったいどうして……」

ちひろ「もしかしたら、大手事務所からの圧力かもしれません……あそこは黒い噂が絶えませんからね……」
P「ウチのアイドルだって素晴らしいのに、こんなことで……ッ!」

ちひろ「どうしましょう……え?Pさん!て、テレビ見てください!!」

P「こんな時にいったいどうしたんですか……え?」


 『大手事務所の代表、法人税法違反と所得税法違反罪で刑事告発』

P「こ、これって……」

ちひろ「大手事務所は黒い噂はあっても今まで決定的な証拠は出ていなかったのに……」

菜々「……」

P「ハッ!?も、もしかして菜々さん……」

菜々「プロデューサー」






菜々「ウサミンパワーです」








P「な、菜々さーん!!」ウッヒョー!

『巨大隕石地球に接近!』



ちひろ「隕石は地球への衝突コースをたどっているようです……」

P「どうしようもないんですかね……」

ちひろ「世界中がなんとかしようとしたみたいですけど……」

P「こうなったらせめて穏やかに最期の時を……」

菜々「……」

P「菜々さん……?」

菜々「プロデューサー……」
 ギュッ

P「な、菜々さん急に抱きついたりしてどうしたんですか……?」

菜々「……」スッ

P「菜々さん……?」

菜々「ハアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!」ゴゴゴゴゴゴゴ……
P「う、うわ!?なんだこの揺れは!?」

ちひろ「地球の終わりがもう来たんですか!?」

菜々「ウサミンパワー解放!!!」バァーン!!

P「うわああ!!?」






菜々「……」シュインシュインシュイン




P「な、菜々さん……その姿は……?」

菜々「プロデューサーさん……これが、」




  



菜々「超ウサミン星人です」







P「超ウサミン星人……?」

菜々「プロデューサー……」フワァ

P「飛ん……ッ!?って菜々さんどこへ……!?」

菜々「プロデューサー。ナナは、この地球に来て、守りたい人たちを、大切な人たちを見つけました」

P「菜々さんあなたまさかッ!?」

菜々「その人達を守るためなら、何も怖くありません」

P「菜々さんッ!!」

菜々「だから、待っててください。必ず戻って来ますから」
P「菜々さん……ッ!俺は……いつだってあなたに守られてばっかりで……ッ」

菜々「プロデューサー……ナナをアイドルにしてくれたこと、一生忘れません……」

P「菜々さん……ッ!!」

菜々「みんなを……あなたを守るためにウサミンパワーが使える……こんなにうれしいことはありません……」
P「ちゃんと……戻って来てくださいね……?俺……待ってますから!!」

菜々「はい……だから、行ってきますご主人様♪」

P「……行ってらっしゃい、菜々さん」




ギュイイイイイイイイン……





















ドオオオオン……





P「いつだったか……こうやって、菜々さんと一緒に買い物に行ったことがありましたね」

菜々「ありましたねー。あの時はPさんを誘うの凄く緊張したんですよ?」

P「あの時はまだ、菜々さんと結婚するだなんて思ってもいませんでしたよ」

菜々「ナナは……いつかPさんとこういう関係になれたらいいなぁって思ってましたよ?」


P「そうだったんですか?なんていうか……実は俺、鈍感だったんですかね?」

菜々「実はじゃなくて鈍感でしたよ!」

P「ははは……すいません。そ、そういえば!」

菜々「話題変えましたね?」

P「ここで、俺がウサミンパワーって何ですか?って聞いたの覚えていますか?」

菜々「あーそんなこともありましたね」

P「結局、俺がわかったことは、ウサミンパワーは凄いって事だけでしたね」

菜々「ウサミンパワーは神秘の力ですからね!」
P「俺たちがこういう関係になれたのも、もしかしたらウサミンパワーのおかげかもしれませんね」

菜々「そうとも言えますね」

P「え?」

菜々「だって、」








「ウサミンパワーは愛の力ですから♪」








―終―
あなたがこのSSを読んでくれたこと、それもウサミンパワーです。

読んでくれた方々ありがとうございました。

23:30│安部菜々 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: