2015年06月03日

あやめ「シュウチシン?」モバP「左様!」




※モバマスSS











浜口あやめ(シュウチシン……周知心?周囲の事を知る心を養う事でしょうか?)





モバP「……あぁ、まず先にあやめ、お前に聞かないとといけない事がある」





あやめ「? はい、なんでしょうP殿?」





モバP「あやめのライブ衣装の事なんだが、何か思う所はないか?」





あやめ「いえ、特には……あ、でも」





モバP「なんだ、言ってみろ」

















あやめ「とても忍者らしくて素敵だといつも思います!」 パァァ





モバP(無言で顔を覆う音)





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1433072596







モバP「違う、そうじゃない……そうじゃないんだ……」 ズーン





あやめ「むむ、違うとは一体?」





モバP「……あやめ、俺はあやめの担当になってからずっと思ってた事がある。あやめは周りの子より……」





あやめ「……?」

















モバP「羞恥心がない!!というか無防備すぎる!!」





あやめ「……へっ?」







モバP「分かってたけど自覚症状なさそうだなぁ……」 トオイメ





あやめ殿「む、無防備とはどういうことでしょう?不詳あやめ、忍ドルとして常に周囲に気を配りいつ如何なる時も万全の体制で動ける様……」 アセアセニンニン





モバP「違うそうじゃない(二度目)」





モバP「そうだな例えばさっき言った衣装だが……結構、あー……風通しの良い衣装ばっかだろ?」





あやめ「はいっ!忍は身軽な衣装が一番故、しっかり忍としてのコンセプトに沿った実に良い衣装です!」





モバP「……あんまりこれ言いたくないんだけど、露出多すぎて恥ずかしいと思わない?」

モバP(こんな事言って嫌われないかな俺)





あやめ「なんのなんの!ちょっとしたお色気要素もくノ一の嗜みですので!少し目を引くくらいで丁度良いかと!」 フンスッ





モバP(あぁダメだこの子)







モバP「そうだな、衣装はわかった。だが私生活の方ではどうだ?自分を無防備だと思った事はないか?」





あやめ「特にありませんが……逆にP殿はお心当たりが?」





モバP「あぁ、例挙げてった方がわかりやすいか……よし、じゃあ例えば……」





〜〜〜〜回想中〜〜〜〜







モバP「よーし、裏での打ち合わせも終わったしあやめの仕事振りでも見ていこう。トークバトルショーの応援役だがどうだろう……」





あやめ「フレー、フレー!」





モバP「お、あやめ!元気に応援してるじゃ……」





モバP「」





モバP(そこには懸命に、汗を迸らせながら最上級の笑顔で応援するあやめの姿があった)





モバP(忍ドルを自称する彼女らしいアクティブな動きで元気に跳び回り、力溢れる応援をしているが……)



















モバP(動きがアクティブすぎてパンチラ乱舞状態になってるぅぅぅ!!)





モバP(そりゃあんな衣装であんだけ動きゃそうなるわ!!いやチア衣装だしアンダースコートだろうからパンツじゃないし恥ずかしくないんだろうけど限度あるだろ!!カメラさんもちょっと反応に困ってんぞ!!)





モバP(……後でディレクターさんに頼んでちゃんと映像編集してもらわなきゃ) シロメ





〜〜〜〜回想終了〜〜〜〜





モバP「……なんて事はありました」





あやめ「」





あやめ「……はっ!い、いえいえ!飽くまで仕事の一環ですしおそらくそういうニーズもありますし、わたくしも覚悟はしてます!それに今のは私生活ではありませぬ!」





モバP(でも絶対自覚はしてなかったよね)





モバP「まぁそうだな、じゃあ私生活の例を挙げるか。例えば……」





〜〜〜〜回想中〜〜〜〜







モバP「えー本日は取材も兼ねがてらあやめと仁美を連れて鮎のやな漁体験に来てまーす」





モバP「仁美は少し体験してみた後は捕まえた一匹の鮎を串焼きにしてる最中です」





あやめ<ニンニンキャッキャ





モバP「あやめについては一心不乱に鮎の掴み取りの練習をしてますが」













あやめ「P殿ー!一緒にやってみましょうよー!」 トテトテ





モバP「よし少し待て」





モバP(水に濡れて服がスケスケじゃねぇか!!!!)





モバP「あーいや、俺はスーツで来ちゃったし遠慮しとくよ。あと風邪ひいちゃうからちゃんと体拭きなさい、ついでに着替えなさい?」





あやめ「あやめは大丈夫です、動いてれば体も温まりますし風邪も引きません!それにまだ鮎取りを極めておりません故!」 ニンニンッ





モバP「やだ逞しいこの子」





あやめ「しかしP殿は一緒に鮎取りはできませんか……」 シュン





モバP(うっ……なんだこの罪悪感)

モバP「あー、でも少しくらいなら袖巻くって濡らさない様にすれば……」





あやめ「いえ、仕事着が大事な事は重々承知しております故!あやめは一人で修業にいそし……お、っとと、あれっ」 ツルッ





モバP「!!危ないっ!」





バシャーン





モバP「いてて……」





モバP(あやめが浅瀬の岩場で滑って転びそうになってしまった……なんとか滑りこめたがスーツがずぶ濡れだ……)





モバP(一応着替え持ってきてて助かったな……あの状態のあやめとやな漁はまずかったから黙ってたが) フニュン





モバP(って、あれ?)













あやめ「あたた……転んでしまいました……」





モバP(あやめのお尻が眼の前にあるんですが何コレ。水で濡れてラインがクッキリ出てるのと濡れた太ももとか脚も艶めかしくて色々マズい)





あやめ「……って、P殿!?大丈夫ですか!?」





モバP「あぁ、平気だ。あやめも頭打ったりどこか捻ったりしてないか?特に大事なかったら色々ヤバいからどいてくれると嬉しい(切実)」





あやめ「だ、大丈夫です!それよりもP殿少々お待ちを!」 ピューン







あやめ「お待たせしましたP殿!」 ズザァー





モバP「あぁタオル持ってきてくれたのか。ありがとう」





あやめ「なんのこの程度!それよりもP殿、早く拭かねば風を引いてしまいます!」 アセアセゴシゴシ





モバP「うわっ、ってあやめ、自分で拭けるから大丈夫だ、な!」





モバP(びしょ濡れの美少女に自分の体拭かせるのはなんか青少年的なアレソレがマズい!!)





あやめ「あぁ、着替えがないのにこんなに濡れてしまって……あやめの所為です、すいません」 アセアセアセ





モバP「いやあやめの所為ってか俺の所為でもあるから大丈夫だ……ってどこ拭いてるの君!?」









あやめ「へ?い、いえP殿のズボンが濡れてしまってるので……」





モバP(だからってあやめが屈みながら俺の腰回りを中心に対面式に拭くのはアウトォォォォオ!!)







モバP「おいあやめ、マジで自分で拭けるから……ヘクシッ!」





あやめ「!あぁP殿クシャミが……!そ、そうだ!」













カチャカチャッ





モバP「!!!?!?!?!??」





モバP「ちょっと待てあやめマジでストップ!!ってか何してるのホント!?」

モバP(ベルトに手をかけて外そうとしてませんかぁぁぁ!!Pのpがこんにちわしちゃうんですけどぉぉぉ!!?)





あやめ「こ、このままでは風邪を引いてしまいます!かくなる上はズボンを脱いで火の前で乾かしましょう!丁度仁美殿が鮎を焼くために火を焚いてます!」 カチャカチャ アセアセアセアセ!





モバP(らめぇぇぇぇぇ俺の暴れん棒が暴かれちゃうのほぉぉぉぉぉ!?)





モバP「絶対にノゥ!!!」 チョップ!!





あやめ「きゃんっ!?」ベシッ





あやめ「な、なんでチョップするんですかP殿!?」





モバP「ズボンくらい自分で脱げるから!後そう言えば荷物の底にいざという時用の着替え忍ばせてたの思い出したから!後で着替えればいいから!」





あやめ「へ、そ、そうなのですか?」 キョトン





モバP「そうそう、だからもう気兼ねなくやな漁できるぞー もうこんな濡れたら後どう濡れても関係ないからなー」 ヤケクソ





あやめ「そうですか!それなら全力で鮎取りを楽しみましょう!沢山とりますよー!」 パァァァァ





モバP(ちょろい、てかちょろすぎてこの子本当に心配だわ)





※この後滅茶苦茶鮎取った







〜〜〜〜回想終了〜〜〜〜





あやめ「」





モバP「あとはそうだな……」





あやめ「まだあるのですかっ!?」 ガーン!







〜〜〜〜回想中〜〜〜〜





モバP(モバPです。現在あやめと一緒に立ち寄った団子屋さんでひと休憩中です)





あやめ「んー、やはりお団子はみたらし団子が一番ですね!」モグモグ





モバP「そうか、よかったな。あん団子もなかなか美味いぞ」 モグモグ

モバP(時代劇に出てきそうな古風な団子屋に寄れて大層ご満悦の様子です。それにしても)





あやめ「んー……」





モバP(上着はタンクトップ一枚だけって薄着すぎません?)





モバP(しかもあやめと俺とで座高差あるせいで常に見下ろす形になる!!長椅子で隣に腰掛けてるあやめ見ると自然に胸元まで目に飛び込んでくるんですけど!!いぢめですか!!)





あやめ「……あの、P殿」





モバP「はいィ!どうした!?」



モバP(しまった不穏な視線を察知されたか!?)





あやめ「少しだけあん団子を味見させて頂いてもいいでしょうか?」





モバP「お?お、おう勿論、好きなだけ食っていいぞ」



モバP(一瞬焦った……) ハラハラ





あやめ「えへへ……かたじけないです、それでは……」





あやめ「あーん……」





モバP(what's?)







モバP(担当アイドルがお団子欲しいと言い出したと思ったら目の前で目を瞑って口を開いて待ちの体制に入りました。あーんしろと言うのか)





モバP(……えぇいままよ)





モバP「ほれ、あーん」





あやめ「あむ……ふふ、おいふぃでふね♪」 アムアム





モバP(……まぁ信頼して貰ってると思えば悪い気はしない、むしろ好まs)













あやめ「それではお礼代わりにP殿も、どうぞ!はい、あーん」





モバP(ふぁっ!?)







モバP(いや、あーんをするんならともかくされるのは恥ずかしい!)





モバP「い、いやあやめ、それは流石に悪い……」 アトズサリ…





あやめ「まぁまぁP殿、そんな事言わずに!あやめとP殿の仲ではないですか!」 ズイッ





モバP(座ったまま前傾姿勢になるなぁぁぁ胸元ガバガバじゃねぇかぁぁあああ!!)





モバP(ってかタンクトップでブラ紐見えてないからもしかしてとは思ったけどこの子ブラ着けてなくね!?肌色の部分しか見えないってか桜色の部分まで見えそうなんですけど!!!)





あやめ「ほらーP殿ー!あーん♪」





モバP(この15歳児わかってやってるんじゃねーだろうな!?畜生ナムサン!)



モバP「あ、あーん……」 モグッ





あやめ「ふふー、こちらも美味しいでしょう♪」 ニパニパ





モバP「おうそうだな」



モバP(色々テンパって味わかんねぇや)



















あやめ「……おや、P殿。少しじっとしてて下さい」





モバP「ん、どうしt」 ピトッ ツツー





モバP「」





あやめ「んーっ」 ペロリ チュッ





あやめ「お弁当がついておりましたよ♪はい、これで綺麗になりました!」 ニンッ!





モバP(口元と唇についてたみたらしを指で拭われたと思ったらそれを食べられてしまいました もうなにこの子 あかん)





モバP「」





〜〜〜〜回想終了〜〜〜〜





モバP「とまぁこんな所です」





あやめ「」





モバP「……まぁ全部が全部気をつけろとは言わない、天真爛漫で活気溢れて明るいのがあやめの良い所だ」





あやめ「……」





モバP「ただな、まぁその……担当Pというか一人の男として、普段もあぁだと色々と心配になるんだ。あやめはアイドルだし可愛いからな、あんまりその、無防備すぎると誰かがやましい事をしてこないかとすごく不安になる」





あやめ「…………」





モバP「だからこれからは多少は気をつけてくれると俺としても安心できるんだ……あやめ?」





あやめ「…………」シュー





モバP「あやめ?おーい、大丈夫k」 ノゾキコm





あやめ「イヤーーーッ!!///」 ボンッ! バキィ





モバP「グワーーーーッ!!!」 メシャッ







あやめ「はっ!P殿すいません!!つい無意識に!」 アセアセ





モバP「いてて……おう、腰の入ったいい右だった」





モバP「……まぁそんな訳で、今度から少しだけ意識して行動してみてくれ。意識するだけでも少しは違ってくるだろうし」





あやめ「……うぅ、精進します」 シュン





モバP「うん、まぁあやめは頑張り屋だしやればできる子だ、俺は信じてるぞ」





あやめ「……!はいっ!不詳あやめ、P殿を落胆させぬよう精進致します!」 パァァァァァ





モバP(やっぱこの子ちょろすぎ)





モバP「うん、いい意気込みだ。それじゃあ話はここまで!お疲れさん!」





あやめ「はいっ!失礼します!」 トテトテー ピタッ





あやめ「……あの、P殿」





モバP「うん?どした?」





あやめ「あの、あやめが色々無防備な所はよくわかりました。でも」















あやめ「あやめはP殿になら、あやめのそういう所を見られても、構いませんよ……?」





モバP「」





あやめ「………で、では、失礼しますっ!///」 テレテレニンニンッ























モバP「」





モバP「」 ムラッ





モバP「素数かぞえなきゃ(必死)」





―おわれ―



21:30│浜口あやめ 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: