2015年06月29日

川島瑞樹「わかるわ」

モバP(※以下P表記)「何がですか?」



瑞樹「プロデューサー君の事ならなんでもわかるわ」



P「なんでも、ですか?」





瑞樹「ええ。なんでも、よ」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1433327047



瑞樹「疲れてるみたいね」



P「いやいや、大したことないですよ」



瑞樹「隠しても駄目よ……言ったでしょ?プロデューサー君のならなんでもわかるって」



瑞樹「ここの所、残業続きみたいね」



P「ははは、いやまぁ……でも、忙しいのは皆が売れてる証拠ですから、嬉しい限りですよ」



瑞樹「だからと言って無理は駄目よ……プロデューサー君に何かあったら、困るのはアイドルの皆なんだから。わかるわよね?」



P「……はい、そうですよね。肝に銘じておきます」



瑞樹「わかればよろしい。ふふっ」

瑞樹「わかるわ」



P「何がですか?」



瑞樹「プロデューサー君の事ならなんでもわかるわ」



P「なんでも、ですか?」



瑞樹「ええ。なんでも、よ」

瑞樹「はい、コーヒー」コトッ



P「あぁすみません、ありがとうございます。あれ?ブラック……」



瑞樹「いつもはカフェオレだけど、残業が続いたり仕事が忙しい時、眠たい時なんかはいつもブラックで飲んでるでしょ?」



P「知ってたんですか?」



瑞樹「言ったでしょ?プロデューサー君の事ならなんでもわかるって。このくらい当然よ」



P「すごいですね。それじゃ、いただきます」ズズッ



瑞樹「どうかしら?上手く淹れられたと思うんだけど」



P「ん……うまいです。ちょうど俺の好みの濃さですね」



瑞樹「良かった、うふふ」

瑞樹「わかるわ」



P「何がですか?」



瑞樹「プロデューサー君の事ならなんでもわかるわ」



P「なんでも、ですか?」



瑞樹「ええ。なんでも、よ」

瑞樹「駄目よ、そんな不安そうな顔をしてたら……」



P「え、そんな顔してましたか……?」



瑞樹「他の人は誤魔化せても私にはわかるわよ」



P「……そうですか……」



瑞樹「そんなに不安なの?」



P「いえ、あいつの実力なら大丈夫な筈です……それでもやっぱり、もし落ちてしまったらって考えると……本人もやりたがっていましたし……」



瑞樹「それなら、尚更あなたは信じて自信満々で待ってあげなくちゃ。その子や他の人達が駄目だって思っていても、あなただけはね」



瑞樹「あなたが不安に思っていたら、その子も不安になっちゃうわよ?」



P「……そう、ですね」



瑞樹「そうよ。大丈夫、あなたがついてたんだもの。もっと自信を持って」



P「……はい、ありがとうございます」



瑞樹「どういたしまして」 

瑞樹「わかるわ」



P「何がですか?」



瑞樹「プロデューサー君の事ならなんでもわかるわ」



P「なんでも、ですか?」



瑞樹「ええ。なんでも、よ」

瑞樹「ふふふっ、だらしない顔」



P「あ、あれっ? そんなにやけてました?」



瑞樹「ええ、それはもう」



P「あはは……恥ずかしいとこを見せちゃいましたね」



瑞樹「受かったのね、わかるわ」



P「はい! 大きな仕事でしたし本人もやりたがってましたから、合格発表を聞かせるのが楽しみですよ!」



瑞樹「そう、それは良かったわね! 早く本人が来ると良いわね」



P「はい! あぁ、早く来ないかなー……」



瑞樹「もう、子供みたいにはしゃいじゃって……ふふっ」



P「あはは、すみませんつい」

瑞樹「わかるわ」



P「何がですか?」



瑞樹「プロデューサー君の事ならなんでもわかるわ」



P「なんでも、ですか?」



瑞樹「ええ。なんでも、よ」

瑞樹「珍しいわね」



P「え?」



瑞樹「『今日の営業先、行きたくねぇなー……』って顔してる」



P「……わかりますか?」



瑞樹「言ったでしょう? プロデューサー君の事ならなんでもわかるって」



瑞樹「あそこでしょ? あの面倒臭いオジサンがいる所でしょ?」



P「ええ、まぁ……でもあそこはいつも大きな仕事をもらってますし、お世話にはなってますからね」



P「俺ひとり嫌な思いをするだけで、皆が輝いていけるなら安いものですよ」



瑞樹「そう……いつも私達のためにありがとう」



P「いえ、これが仕事ですから。大したことないですよ」



瑞樹「それでもよ。ありがとう」



P「……どういたしまして……いや……こちらこそ、そんな風に言ってくれてありがとうございます」

瑞樹「わかるわ」



P「何がですか?」



瑞樹「プロデューサー君の事ならなんでもわかるわ」



P「なんでも、ですか?」



瑞樹「ええ。なんでも、よ」

瑞樹「どうしたの? 何か悩み事?」



P「え……あ、いや別に」



瑞樹「何度も言ったでしょ? プロデューサー君の事はなんでもわかるって。何か悩んでるって事はわかってるわ」



P「ぅ……はい」



瑞樹「なんだか言いにくそうね……良いわ、愚痴ぐらい聞くから、今日終わったらちょっと飲みにでも行きましょう」



P「あ、いや……」



瑞樹「どうしたの? 今日は特に忙しくないし、そろそろ終わりでしょう?」



P「いや、そうなんですけど……」



瑞樹「じゃあ何? それとも、私とは飲みに行きたくないのかしら?」



P「いえっ、そんな事は……!」



瑞樹「ふふっ、じゃあ良いわよね? 行きましょう?」



P「……そうですね。行きましょうか」

瑞樹「わからないわ」



P「何がですか?」



瑞樹「プロデューサー君の考えてる事が」



P「……わからないんですか?」



瑞樹「ええ。わからないわ」

瑞樹「なんでかしらね。凄く言いたいのに、けど知られたくない……のかしら」



瑞樹「さっきから私が聞いても曖昧に誤魔化すだけで……一体どうしたの? 何を考えてるの?」



P「……本当にわからないんですか?」



瑞樹「ええ、わからないわ」



P「……そうですか……」

P「いつも、細かい事や皆がわからない事も瑞樹さんだけはわかってくれてたんですが……」



P「……一番わかって欲しい事は、わかってくれてないんですねぇ」



瑞樹「……プロデューサー君が何を言いたいのか、全くわからないわ」



P「……」



P「瑞樹さん」ギュッ



瑞樹「……! え、何で手を……」



P「いつも……俺がどうしたいか、どうしようとしてるのか……何を思ってるのか……」



P「細かい事から大事な事まで、なんでもわかってくれた瑞樹さんの事を……瑞樹さんの事が……」



瑞樹「……今、やっとわかったわ……」



瑞樹「……でも、プロデューサー君も私の事をちっともわかってくれてなかったし……」



瑞樹「やっぱり一番大事な事は、あなたから聞かせて欲しいわ」



P「……俺は瑞樹さんの事が好きです。」



P「俺と……付き合ってもらえませんか」



瑞樹「ええ……私の方こそ、これからもよろしくね」



P「……はい!」





















おわり



20:30│川島瑞樹 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: