2015年06月30日

渋谷凛「ロックなあの娘の誕生日」




―――事務所







凛「ねえ、プロデューサー。ちょっと相談したいことがあるんだけど」





P「ん、なんだ? 仕事のこと?」



凛「ううん、そうじゃなくて……もうすぐ李衣菜の誕生日でしょ?」



P「あぁ、覚えてるよ。……あ、もしかしてなにかプレゼントしてやりたいってことか?」



凛「ふふ、話が早くて助かるよ。それで、プロデューサーにも協力して欲しいんだ」



P「もちろん! 李衣菜のためならなんだって用意するぞ」



凛「あ、大丈夫。プレゼントはもう決めてあるんだ」



P「へぇ、どんなのだ?」





凛「うん、プロデューサーをリボンで縛っt」



P「却下」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1435336200



凛「なんで」ムスー



P「なんでじゃない。凛は俺をなんだと思ってるんだ?」



凛「大切な私達のプロデューサーだけど」



P「その大切なプロデューサーを縛るってどういうことだよ!」



凛「ちゃんとちょうちょ結びにするから大丈夫だよ」



P「いや縛り方の問題じゃなくて」



凛「プロデューサー、わがまま」



P「あぁもう! とにかく却下だ却下!」

凛「せっかく李衣菜に喜んでもらおうと思ったのに……」シュン



P「う……。そ、そんなに落ち込むなって。もっと別のもの考えればいいだろ?」



凛「……例えば?」



P「ヘッドホンとかギター用品とか、いろいろあるだろ」



凛「じゃあプロデューサーにヘッドホンを付けt」



P「俺抜きで頼む」



凛「…………」



P「ほっぺ膨らますなよ……」

凛「なんでプロデューサーじゃだめなの?」



P「むしろなんで俺じゃなきゃだめなの?」



凛「さっきも言ったけど、大切なプロデューサーだから。李衣菜もきっとそう思ってる」



P「む……」



凛「最近は忙しくて、一緒にいられる時間も少なくなってるから……」



凛「李衣菜にプロデューサーとの時間をあげたいんだ。……そんな理由じゃ、だめかな……?」



P「凛……。そういうことなら、俺もちゃんと時間をとって――」





凛(あわよくば私も混ざって李衣菜と二人でプロデューサーとデートしたい」



P「心の声が漏れてるぞこら」

凛「しまった……もう少しでいけると思ったのに」



P「くそぅ、演技力レッスンがこんなところで悪用されるとは」



凛「ふふ、成果が出たね。もっと頑張らなきゃ」



P「頑張る方向が違う!」



凛「とにかく、李衣菜の誕生日は時間空けといてね」



P「プレゼントはどうするんだよ」



凛「だからプロデューサーをりbごめんなさいそんなに怖い顔しないで」ガタガタ





がちゃり





李衣菜「おはようございまーす。今日もロックに頑張るぞー」





凛「あ」



P「お、おうおはよう李衣菜」



李衣菜「あ! 凛にプロデューサー、おはようございますっ」



凛「う、うん、おはよう……」



李衣菜「? どしたの凛?」



凛「な、なななんでもないよ」



李衣菜「ふふ、変なの」





P「……ええいもう直接なにが欲しいか聞くぞ!」



凛「ちょっ、プロデューサー……!」

P「李衣菜。もうすぐ誕生日だけど、なにか欲しいものあるか?」



李衣菜「へ? ……あー、そういえば。あはは、忙しくて自分の誕生日忘れてました」



凛「李衣菜、当日オフだよね? だからぷrむぐぅ」



P「凛は黙ってなさい」



李衣菜「欲しいものかぁ……。んー、凛やプロデューサーから貰えるものならなんでも! ……と言いたいですけど」



P「え――」





李衣菜「『おめでとう』って言ってくれるだけで、すごく嬉しいです。二人の言葉がなによりのプレゼントですから!」

凛「……りーな…………」ジーン



李衣菜「あれ、なに変な顔してるの凛。あはは」



P「……それだけでいいのか?」



李衣菜「それで充分です。凛はもちろん、プロデューサーだって相当忙しいでしょ?」



李衣菜「今こうしてお話ししてるだけでも嬉しいんですから。へへへ♪」ニパー



P(天使がいた)



凛(ぐすん)

李衣菜「ま、久々のオフってだけで、正直プレゼントなんですけどねー。いっぱいギター触ろっと♪」



凛「……り、李衣菜。あのさ」



李衣菜「ん、なに凛?」



凛「私もその日、オフだから……その、一緒に遊ばない?」



李衣菜「あれ、そうだったの? うんっ、もちろんいいよ!」



凛「……! それなら李衣菜の家に行っていいかな……? 李衣菜のギター、久しぶりに聞きたいから」



李衣菜「おっけー! へへ、最高の誕生日になるよ。凛、ありがとうっ」



凛「……うん♪」

P「……それじゃ、俺も夜は時間空けようかな」



李衣菜「え?」



P「ご飯くらいなら、どこでも連れて行ってあげるよ。それくらいさせてくれないか?」



李衣菜「……へへ。じゃ、お言葉に甘えて! いっぱい食べて、いっぱいお喋りしましょうっ」



P「ん、ドンと来い!」



李衣菜「へへへ、デートですねプロデューサー♪」





凛「……あの、私は?」



李衣菜「え? 来るの?」



凛「えっ」

凛「…………」ムスーッ



李衣菜「じょ、冗談だって凛。凛も一緒に決まってるでしょ? 機嫌直してよ〜」



凛「……知らない。李衣菜きらい」



李衣菜「凛ってばぁ――」



凛「ふんっ――」





P「ふふ、いつもどおり仲が良いなぁ」







おわり



相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: