2015年07月03日

大和亜季「この手に限る♪」

のんびりと書いていきます



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1434597919



チュンチュン...









亜季「ん〜...」パチッ



亜季「朝...?」



亜季「......」



亜季「しまった!遅刻...」



亜季「...じゃなかった、今日はオフでしたね...」



亜季「う〜ん...焦って損したであります...」グググ...





P「すぅ...すぅ...」





亜季「......」





ギュッ





亜季「ん〜♡」ギュウウウウウウ

P「むぅ...」



亜季「ふふっ♪」チュッ チュッ チュッ...



P「亜季...」



亜季「おはようございます、P殿♪」



P「今何時だ...?」



亜季「お待ちを、えーっと...7時です」



P「なに!?ヤバい!遅刻...」



亜季「お待ちください、今日は休みですよ?」



P「あっ、そっか...そうだった...」



亜季「ふふっ、私と同じ反応でありますね♪」



P「むぅぅ...起きたら仕事に行くのはもはや習慣だからな...」



亜季「まったく...P殿は働きすぎです...」



P「その通り...今も死ぬほど疲れてるよ...」

亜季「無理しすぎですよ?」



P「お前が原因なんだぞ?」



亜季「私がですか?」



P「このおっぱいで俺を誘惑するからだ」モミッ



亜季「ふふっ、たまにはゆっくり休んでください♪」チュッ



P「そうだな...」



亜季「P殿...んむっ...」



P「亜季...」



亜季「ちゅっ...ちゅっ...んっ...」



P「休むんじゃなかったのか?」



亜季「その前に...朝の運動です...んっ...」



P「なるほど...」



亜季「疲れてる方が...よく眠れますからね...ちゅっ...」



P「亜季...」



亜季「P殿...」



ブロロロロロロ...







P「...何の音だ?」



亜季「さあ、なんでしょうね...」



P「清掃車じゃないのか?」



亜季「今日は火曜日ですよ...?」



P「いや、確か曜日が変わってたはずだ、ゴミを出しに行かないと...」



亜季「ん〜...」ギュッ



P「亜季、離してくれ、動けない」



亜季「ほっとけばいいのでは...」



P「ダメだ、早くしないと行っちまう、ほら離せ」



亜季「行ってしまうのですか...?」



P「すぐに戻る、だから待ってろ」





P「おーい!待ってくれ!ちょっとー!おーい、待ってくれー!」





亜季「むぅぅ...仕方ないですね...」



亜季「じゃあ、私は朝ごはんの準備でもしましょうか...」モゾモゾ...



亜季「あれ、パンツがない...どこに置いたかな...」



亜季「まあいいか...今さら見られて減るものでもないですし...」

−−−−−−





P「ふぅ...ただいま」



亜季「間に合いましたか?」



P「ああ、行ったかと思ったよ、でも待っててくれたみたいだ」



亜季「ならよかったです♪あっ、Tシャツ借りてるであります」



P「別にいいぞ」



亜季「ふふっ、どうです?グッときますか?」



P「...なにがだ?」



亜季「裸でブカブカのTシャツを1枚だけ着れば男心をそそられると、美紗希殿が...」



P「あー、そういうことか...」



亜季「むぅぅ...なんだか反応がよくありませんな...やはり似合っていないのでしょうか...」



P「まさか、すごくそそられるぞ」モミッ



亜季「あははっ、くすぐったいであります♪」



P「なに作ってるんだ?」



亜季「サンドイッチです、今できますからもう少し待っていてください」



P「サンドイッチね...中身はなんだ?」



亜季「ふふっ、知らない方がいい♪」



P「キツいジョークだ...」



亜季「食べたらシャワーを浴びましょう、昨夜はだいぶ汗をかきましたからな」

シャアアアア...





亜季「ちゅっ...んっ...ちゅるっ...♡」



P「亜季...シャワーを浴びるんじゃなかったのか...?」



亜季「もちろんです...ですからP殿を洗って差し上げているのです...こうやって...♡」



P「うおっ...」



亜季「すごいですな...ゆうべもあんなにしたのに...もうこんなに...♡」



P「亜季のおっぱいは最高だ...」



亜季「P殿...そろそろ私も...」



P「ああ...」



亜季「P殿は...そのままでいてください...私が動きます...から...んんっ♡」



P「ぐぅぅ...」



亜季「ふふっ...まるで鋼鉄みたいに...硬いです...♡」





亜季「あっ...♡」

−−−−−−







P「あー...」グッタリ...



亜季「はぁ...」グッタリ...



P「シャワー浴びてスッキリしようと思ったのに...」



亜季「逆に疲れてしまいましたね...」



P「...亜季のせいだぞ?」



亜季「なっ!?わ、私のせいでありますか!?」



P「お前がいつまでたっても離れないから...」



亜季「そ、それを言ったらP殿こそ...」



P「いや、亜季が...」



亜季「P殿が...」







P「...やめようか」



亜季「ええ...」



P「二人ともやりすぎだったってことで...」



亜季「そういうことですな」

P「亜季、今日はどうする?」



亜季「うーん...P殿と買い物に行こうと思ったのですが...」



P「買い物?」



亜季「ええ、サバゲーの道具です、ですが...そういう気分ではありませんね...」



P「じゃあ...今日は一日のんびりしてるか?」



亜季「家の中でですか?」



P「ああ、いつもは外に出かけてるからな、たまにはインドア系の過ごし方をしてもいいだろ?」



P「映画観たり、ゲームしたり、特に何もせずゴロゴロしたり...」



亜季「ふむ...あまり健康的とは言えませんな...」



P「嫌か?」



亜季「...いえ、賛成です」



P「おっ、いいのか?」



亜季「昔の私なら賛成しなかったでしょうな」



亜季「でも、今はP殿がいっしょです!P殿といっしょならきっとどこでも楽しいと思いますから!」



P「...お前は変わったな、昔はそんなじゃなかったが...」



亜季「ふふっ、P殿に目覚めさせられたのです♪」



P「それじゃ、今日は思いっきりのんびりするか!」



亜季「イエッサー!」

−−−−−−







ズダダダダダダ!





『ソマートンへようこそ!』







P「おー...」



亜季「やっぱりカッコイイですなぁ」



P「まったくだ、なんでヒットしなかったんだろうなこの映画?」



亜季「おもしろいと思うのですが...」



P「なんかあれだな、歳を取ったらちょっとクリント・イーストウッドに似てるな」



亜季「クリント・イーストウッドって誰です?」



P「...亜季?」



亜季「冗談です!言ってみただけです!」



P「ふーん...」



亜季「ほ、本当ですよ?」



P「だといいが...それにしてもこの映画に出てる女優さん美人だな」



亜季「P殿はこういう女優さんが好みなのですか?」



P「まあ、嫌いじゃないな」



亜季「ふむふむ、なるほど...」



P「でも、亜季の方がもっと好みだ」



亜季「P殿...」



P「おっぱいも亜季の方が大きいしな」



亜季「ふふっ、まったくP殿は♪」チュッ

バン! バン! ズダダダダダ...







P「......」



亜季「...んっ」



P「ん〜...」



亜季「...あの、P殿」



P「なんだ?」



亜季「さっきからずーっと私の胸を触ってますが...飽きないのですか?」



P「いや、全然飽きない...」



亜季「そ、そうですか...」



P「嫌か?」



亜季「いえ...ですがその...映画に集中できなくて...」



P「じゃあやめるか」スッ...



亜季「あっ...」

P「んっ、どうかしたか?」



亜季「えっと...」



亜季「......」





ギュッ!





P「んむっ...」



亜季「ちゅっ...ちゅっ...んっ...」



P「...ぷはっ、映画に集中できないんじゃなかったのか?」



亜季「...P殿はいじわるです」



亜季「映画はもうスタッフロールになりましたから...」



亜季「今度はこっちに集中してください...」



亜季「んっ...ちゅっ...んんっ...♡」

−−−−−−





ジュー ジュー...





亜季「フンフン♪」



P「いい匂いだな、今日はなんだ?」



亜季「オムレツです、それも特大のですよ」



P「本当か?亜季のオムレツは大好物だ、ちょうど腹も減ってるしな」



亜季「すぐにできますからね!あっ、お皿出しといてもらえますか?」



P「了解だ、ほらよ」



亜季「どうも」



P「......」





ギュッ





亜季「んっ...どうしたのですか?」



P「いや、なんとなく...」

亜季「P殿...今料理をしています、危ないですよ?」



P「わかってる、でもちょっとだけだ」



亜季「んっ...」



P「亜季...」



亜季「んんっ...ダメです!」グイッ!



P「おっと...」



亜季「P殿、私がこの世でただひとつだけ我慢できないのは、オムレツを作ってる最中に邪魔をしてくる輩です!」



P「お、おう...」



亜季「そういう輩のせいでせっかくのオムレツが台無しになる!わかっていますか!?」



P「はい...」



亜季「...P殿にはおいしいオムレツを食べて頂きたいのです」



亜季「だから、おとなしく待っていてください」



P「ああ、わかった、ゴメンな」







亜季「その代わり...食べ終わったあとでしたら、いくら抱きついても構いませんから...」



−−−−−−







亜季「P殿、洗い物終わりました」



P「あぁ...」



亜季「眠いのですか?」



P「まあな...」



亜季「食べてすぐ寝ると牛になりますよ?」



P「わかってるよ...だけど...ふわぁ...」



亜季「むぅぅ...なんだか眠そうなP殿を見ると私まで...あふっ」



P「亜季...」



亜季「わかっています、ほら...どうぞ♪」





ポフッ





P「あ〜...」



亜季「どうでありますか?」



P「最高だ...亜季のおっぱい枕...柔らかくて...あったかくて...」



亜季「ふふっ、すごく気の抜けた顔ですね」



P「ちょっと寝る...」



亜季「どうぞ...私も少し仮眠を取ります...」



P「起きたらゲームするか...」



亜季「そうしましょう...」





P「くぅ...」



亜季「すぅ...」







亜季「んっ...」



亜季「ふわぁ...よく寝た...」



亜季「おっと...2時間も寝ていたとは...」





モミッ!





亜季「んんっ!」



P「むにゃ...」



亜季「P殿...」



P「くぅ...くぅ...」モミモミ...



亜季「もう...また寝ぼけて...」



P「ん〜...」





ギュッ





亜季「赤ん坊みたいですね...んっ♡」

−−−−−−







カチカチカチカチ...





P「亜季、敵そっちいった!」



亜季「了解!お任せを!」



P「二手に分かれるぞ、油断するな!」



亜季「おりゃああ!出てこいクソッタレェェェ!!」



P「おお!一気に四人も倒した!」



亜季「ホント戦争は地獄だぜ!フゥハハハーハァー!!」



P「おい亜季!囲まれてるぞ!早く逃げろ!」



亜季「えっ、ウソ...わっ!わっ!あっ...やられた...」



P「亜季...やっぱりお前トリガーハッピーの傾向があるな、何かに夢中になると周りが見えなくなる」



亜季「むぅぅ...お恥ずかしい限りで...」

P「まっ、亜季らしいと言えば亜季らしいけど...」



亜季「...それは誉めているのですか?」



P「誉めてる誉めてる」



亜季「自分でもわかっているのです、改善しなくてはと思っているのですが...」



P「いいんじゃないか?そのままで」



亜季「しかし...」



P「亜季ができないことは俺がフォローするから、お前は自分の思った通りにするといいよ」



亜季「P殿...」



P「ほら、もう一回やろう、少しは亜季のキルレシオ上げないとな」



亜季「ええ、背中はお任せします!」



P「おう、もちろんだ」



亜季「えへへ、P殿がバディになってくれるならば、なにがあっても安心ですね!」

−−−−−−







チャプン...





P「ふぅ...晩飯も美味かった」



亜季「ふふっ、ありがとうございます、褒めて頂いて光栄です」



P「ああ...」



亜季「P殿、今日はどうでしたか?」



P「そうだな、悪くない一日だったと思うぞ」



P「のんびり起きた後に朝飯食って、シャワー浴びながらエッチして、映画観ながらエッチして、ご飯食べた後に昼寝してからゲームやって...」



P「...うん、悪くないな」



亜季「ふふっ♪」



P「...なあ亜季」



亜季「なんでしょう?」



P「俺たち、初めて会ってから結構経つよな?」



亜季「ええ、まあ...」



P「お互いの良いところも悪いところももう大体わかってるし...」



亜季「そうですね」



P「だからさ、ひとつ提案なんだけど」





P「敬語、やめないか?」

亜季「敬語を...やめる?」



P「ああそうだ」



亜季「ということはつまり...」



P「普通に話してくれればいいんだ、地元の友達と話すみたいに」



亜季「そ、それは...うーむ...」



P「ダメか?」



亜季「だ、だってP殿は年上ですし...失礼です...」



P「今さら気にするなよ、もうそんなこと気にするような間柄じゃないだろ?」



亜季「し、しかし...親しき仲にも礼儀ありと...」



亜季「...というか、なぜそんなことを言いだしたのですか?」



P「うーん...なんていうかな...」



P「...亜季はさ、周りからはタフな女だとか、女軍曹みたいなイメージを持たれてるけど...」



亜季「まあ確かにそうですね」



P「実際のところは普通の女の子で、可愛いところもいっぱいあるんだ、その辺は俺が一番よく知ってるし」



P「だけど亜季は自分がどういう目で見られてるのかわかってるから、自分のイメージを守ろうとしてて、いつもキャラクターを崩さないだろ?」



P「それはまあいいんだけど...なんかこう、疲れるんじゃないのかなって」



P「軍人らしい言葉づかいとか、態度とかさ」



P「だからせめて、俺の前では力を抜いて、素のままの亜季でいて欲しいと思ったんだ」

亜季「素のままの...私?」



P「そうだ、軍曹じゃなくて、ただの女の子としての亜季をな」



亜季「うーん...」



P「嫌か?」



亜季「い、いえ...ですが...その...」



P「なんだ?」



亜季「い、今までずーっとこのキャラクターで通してきたので...」



亜季「素の私を見せるというのは...なんだか...」



P「恥ずかしい?」



亜季「...はい」



P「なんてことはないだろ、実家で両親と話すような感じで話してくれればいいだけだ」



亜季「か、簡単に言わないでください!き、急に言われても...」



P「じゃあ練習するか、まず『殿』は禁止だ」



亜季「だ、ダメなのですか?」



P「当たり前だ、お前自分の親にそんなこと言うか?」



亜季「で、ではなんとお呼びすれば...」



P「呼び捨てでいいよ、ほら呼んでみろ」



亜季「ぴ...ぴ...」





亜季「P......さん?」

P「さんはいらないぞ?」



亜季「だ、だって...難しいであります...」



P「その『であります』も禁止だ」



亜季「ええ!?これもダメですか!?」



P「もちろんだ、もっと砕けた感じでいいんだよ」



亜季「く、砕けた感じと言われても...」



P「うーん、ちょっと言いにくいんだが...あれだよ」



亜季「あれ?」



P「エッチした後みたいな感じで...」



亜季「え、ええっ?」



P「自分じゃ気付いてないかもしれないけど、エッチの後の亜季はふにゃーってしてて言葉づかいも...」





亜季「う、うわぁぁぁ!」ザブンッ!





P「あっ!風呂の中に潜ったってダメだぞ亜季!こら出てこい!」

−−−−−−







P「亜季、電気消すぞ?」



亜季「は、はい...」





パチッ





P「ふぅ...」



亜季「うぅぅ...」



P「どうした亜季?風呂から上がってからずっと黙ってるけど...」



亜季「い、いえ別に...」



P「そんなに難しいか?敬語やめるの」



亜季「む、難しいというかなんというか...」



P「なんだよ?」



亜季「気恥ずかしいのです...ずっとこの喋り方だったのですから...」

P「考えすぎだって」



亜季「変ではありませんか?」



P「変じゃないよ」



亜季「うーむ...」



P「まあ...そんなに嫌ならやらなくてもいいけどさ」





亜季「......」ギュッ





P「んっ?どうし...」





亜季「P...」





P「亜季...?」





亜季「えっと...その...」



亜季「い、今はまだ恥ずかしいですが...じゃない」



亜季「恥ずかしい...けど...」



亜季「れ、練習する...から...」



亜季「ちゃんと...素のままで...Pに好きって言えるようにするから...」



亜季「だから...もうちょっと待ってて...ねっ?」

P「......」



亜季「や、やっぱり変...でありますか?」





ギュッ





亜季「ひゃっ...んんっ!」



P「すげぇ可愛い...」



亜季「ぴ、P殿...?」



P「亜季...もっと言って...」



亜季「そ、そんなこと言われても...」



P「言わないとこうだぞ...」



亜季「んっ...んんっ♡やぁ...♡」



P「どうだ?」



亜季「...ふふっ、そんなんじゃ全然...ダメ...♡」



亜季「もっとボディランゲージで愛情示してくれないと...言わない...♡」



P「...よし、じゃあその通りにしてやる...」







亜季「んんっ...♡」

−−−−−−







「ヘイヘイ女だ、悪かねえぜ」



「あんな美人も参加してんのか、今回のサバゲーイベントは...」







亜季「いやー、こんなに大勢いるとは!楽しみですね、P殿?」



P「あぁ...」



亜季「どうしたのです?元気がありませんよ?」



P「だってサバゲーなんてやったことないからさ、不安なんだよ」



亜季「大丈夫です、P殿はFPSゲームが上手ですから!似たようなものです!」



P「全然違うと思うんだけど...」



亜季「やれやれ...仕方ないですね、では...」





「んっ、なにする気だ?」



「俺たちになんか見せてぇんだろ」



「へへっ、ストリップかな?」





ギュッ!





P「っ!!お、おい亜季...」





亜季「P、いっしょに頑張ろうよ♪いっぱい頑張ったらゴホービあげるから♡」





P「お、おう...」



亜季「ふふっ、やる気出ました?」



P「...うん、なんかその気になってきた」



亜季「ふふっ、この手に限りますな、P殿をその気にさせるには♪」



P「...お前、本当はもう抵抗ないんじゃないのか?俺に敬語使わないの...」



亜季「さあ、どうでしょうね?」





「はーい!参加者の皆さんは集合してくださーい!」





亜季「ほらP殿、行きましょう!」ギュッ



P「ああ、そうだな」







亜季「頑張ってください、私が惚れ直すくらいに!」







おわり



21:30│大和亜季 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: