2015年07月06日

モバP「芳乃お姉ちゃん」


モバP(以下P表記)「んー……どうしたもんかなぁ」



ガチャリ





芳乃「そなたー、本日も良いお日柄にて―」



P「おお芳乃おはよう、丁度良かった。誰か来ないかなと思っていたんだ」



芳乃「ほー、何か悩み事でしてー?」



P「まあ悩み事というかちょっと困ってるところかな」



芳乃「ではわたくしが解決して見せましょー」





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1435878173





芳乃「してー、話すがよくー」



P「ああ、実は急に出なきゃいけなくなったんだが仁奈がそろそろ来る頃でな……」



P「都合悪くちひろさんも出てて事務所に人がいなくなってしまうところだったんだ」



芳乃「ふむー、それで留守を任せる者を探していたのですねー」



P「そういうこと。急で悪いんだけど仁奈と一緒に留守番頼まれてくれるか?」



芳乃「そなたの力になれるなら喜んで―。任されましょー」



P「ありがとな、今度改めてお礼するよ」



芳乃「いえいえー、お気になさらず―」



P「っと、そろそろ行かなきゃ。じゃあ面倒みてやってくれ、よろしくなー」



芳乃「気をつけていってらっしゃいませ―」





芳乃「さてー、一息つくのでしてー」



芳乃「……」テクテク



芳乃「……」カチャカチャ



芳乃「……」コポコポ



芳乃「……」ズズー



芳乃「ほー……休まりますわー……」



芳乃「……」



ガチャリ



仁奈「おはようごぜーますプロデューサー!」



芳乃「おやー仁奈殿ー、おはようございますー」



仁奈「芳乃おねーさん!おはようごぜーます!」





仁奈「あれ?プロデューサーはどこにいやがりますか?」



芳乃「急用ゆえー、今は出かけているのでして―」



仁奈「えー!?せっかく仁奈がきやがりましたのにー……」



芳乃「あのかたにも都合があるのでしてー、お戻りになるまで少しの辛抱をー」



仁奈「むー……わかったでごぜーます!仁奈お留守番するですよ!お留守番は慣れてるでごぜーます!」



芳乃「そのようにー。わたくしと一緒にあのかたの帰りをまちませー」



仁奈「芳乃おねーさんと一緒なら寂しくねーですね!」



芳乃「ええー。ほらー、仁奈殿もこちらへおいでー」



仁奈「はーい!」





仁奈「芳乃おねーさんはなにをしてやがりましたか?」



芳乃「今はお茶を頂いていたところでしてー、よければ一緒にどうかとー」



仁奈「いただくでごぜーます!」



芳乃「ではお茶を淹れましょー」



芳乃「……」カチャカチャ



芳乃「……」コポコポ



芳乃「どうぞー」



仁奈「ありがてー!いただきまーす!」



芳乃「少し熱いので一旦冷ましてー……」



仁奈「あちちっ」



芳乃「ああー、今お水を―」





仁奈「ベロがちょっぴりひりひりするですよ……」



芳乃「今度はわたくしが冷ましてあげませー」



芳乃「ふー、ふー……このくらいでよろしいかとー」



仁奈「いただくでごぜーます」



仁奈「……」ズズー



仁奈「ほぅ……」



芳乃「いかがでしてー?」



仁奈「なんだかすごく落ち着くでごぜーますね」



芳乃「温かなお茶には心を落ち着かせる作用がありましてー、心体ともに休まるかとー」



仁奈「ぽかぽかするでごぜーます」



芳乃「心を籠めて淹れましたゆえー」





仁奈「……」ズズー



仁奈「はふぅ……♪」



芳乃「……なでなでー」



仁奈「わっ、芳乃おねーさん?」



芳乃「仁奈殿はこの頃とても頑張っているようでー」



芳乃「先の赤ずきんでも立派な狼を演じていましてー」



仁奈「えへへ、狼の気持ちになってがんばったでごぜーます!」



芳乃「ええー、とても良き働きかとー」



芳乃「しかしそれだけでは足りずー、休めることも大切なことでしてー」



芳乃「こうしてゆるりと過ごしー、のんびりとしませー」



仁奈「お仕事は楽しーです、だから精一杯がんばるですよー」



芳乃「そのようにー」





仁奈「……」ズズー



芳乃「……」ズズー



仁奈「ふああ……」



仁奈「なんだか眠くなってきたでごぜーます……」



芳乃「温まってきたのでしょー」



芳乃「わたくしが膝を貸すのでー、ひと眠りするのがよいかとー、さー」



仁奈「そうするでごぜーます……」



仁奈「芳乃おねーさんもあったけーでごぜーますねー……」



芳乃「ふふー、なでなでー」



仁奈「くぅ……」



芳乃「なでなでー」



芳乃「ゆっくりお休みなさいませー」



芳乃「……ふあ」



芳乃「……疲れをとるのは大事なことでしてー」



芳乃「わたくしもー、あの方が戻るまで少しの休息を―……」





ガチャリ



P「いやー、ごめんな留守まかせちゃって……ん?」



仁奈「くぅ……くぅ……」



芳乃「すぅ……すぅ……」



P「……」



P「天使と女神かな?」



P「っと、二人とも起きろー。おーい」



仁奈「んー……ふああ」



芳乃「……」パチリ



芳乃「そなたー、お帰りなさいませー」



P「ただいま、留守番ありがとな。仁奈の面倒も見てくれてたみたいだし」



芳乃「いえいえー、礼には……おやー」



P「ん?どうした」



芳乃「わたくしを呼ぶ声が聞こえたのでして―、向かわねばー」





芳乃「ではいってくるのでして―」



P「おう、いってらっしゃい」



ガチャリ



P「相変わらず不思議だなあ……」



仁奈「あれ?芳乃おねーさんは……」



P「お、仁奈おはよう。今丁度出ていったところだよ」



仁奈「む、そうでごぜーますか。お礼いいそびれちまいました」



P「何かしてもらったのか?」



仁奈「お茶を一緒に飲んだですよ!おかげで仁奈は元気100倍でごぜーます!」



P「お茶でか……?まあいいか、じゃあこれから仕事だけどがんばるか!」



仁奈「がんばるですよー!」





〜街中〜



芳乃「むー……」



芳乃「……」テクテク



こずえ「ふわぁ……」



芳乃「おやー、こずえ殿でしたかー」



こずえ「よしのー……?」



芳乃「ええー、芳乃でしてー。わたくしをお呼びになったでしょうー?」



こずえ「んー……わかんないー」



芳乃「そうですかー」



芳乃「何故このような街中にー?」



こずえ「おひるねしててー……おきたらいたー……ふわぁ」



芳乃「ほー、そうでしたかー」





芳乃「帰り道はわかりましてー?」



こずえ「ふわぁ……わかんないー」



芳乃「では共に事務所へ戻るのでして―」



こずえ「うんー……しゅっぱつー」クウ



芳乃「おやー」



こずえ「おなかー……すいたー……」



芳乃「起きてすぐはお腹が空くものゆえー」



こずえ「ふわぁ……」



芳乃「それではなにか小腹を満たすものを買いに参りましょうかー」



こずえ「たべるー……」





芳乃「何にいたしましょうかー」



こずえ「ふわぁ……」



芳乃「おやー、たいやきが売っていましてー」



こずえ「たいやきー……すきー」



芳乃「では買いに向かいませー」



こずえ「ふわぁ……」



芳乃「むー、種類がたくさんありましてー」



こずえ「なやむー……」



芳乃「わたくしは餡子にいたしましょー」



こずえ「こずえはー……かすたーどー……」



芳乃「ではそのようにー」





芳乃「少々行儀は悪いですがー、歩きながら食べることにしませー」



こずえ「ふわぁ……」



芳乃「手をこちらにー、繋いでまいりましょー、ほらー」



こずえ「うんー……はむ」



芳乃「いかがでしてー?」



こずえ「あまあまー……」



芳乃「わたくしも一口ー……甘く美味かなー」



芳乃「餡子も食べてみましてー?」



こずえ「たべる―……」



芳乃「ではどうぞー、あーん」



こずえ「あー……はむ」



芳乃「いかがでしてー?」



こずえ「おいしー……」



芳乃「それはなによりー」





こずえ「よしのもー……たべるー……?」



芳乃「いただきましょー」



こずえ「あーん……」



芳乃「はむ……おおーこれはー」



こずえ「おいしー……?」



芳乃「ええーとてもー」



こずえ「よかったー……」



芳乃「こずえ殿は優しき心を持っていましてー、なでなでー」



こずえ「えへー……」





芳乃「あっという間に食べ終えてしまいましてー」



こずえ「おいしかったー……」



芳乃「ええー、事務所にも丁度つきましたねー」



こずえ「ただいまー……」



ガチャリ



芳乃「おやー、誰もいないようでしてー」



芳乃「あの方は仁奈殿の付き添いでしょうかー」



こずえ「ふわぁ……」



芳乃「疲れましてー?」



こずえ「ねむいー……ふわぁ」



芳乃「では仮眠室でゆっくり休みませー」



こずえ「うんー……」





芳乃「風邪をひいてはいけませんのでー、毛布をかけるのでしてー」



こずえ「ふわぁ……」



芳乃「ではよく寝つけるよう子守唄をー」







芳乃「ねーんねーんーこーろりーよー おーころーりーよー……」





芳乃「ぼーうやーはーよーいこーだー ねんーねーしーなー……」







こずえ「くぅ……」



芳乃「なでなでー、よき夢をー」



芳乃「……安らかな寝顔でしてー」



芳乃「見ているこちらも眠くなるようなー……」





ガチャリ



P「戻りましたー」



P「誰かきてるかな……ん?」



こずえ「くぅ……」



芳乃「すぅ……」



P「……」



P「天使と女神だな」



おわり



17:30│依田芳乃 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: