2015年07月27日

真美「赤ちゃん……出来てるって……」P「えっ」


真美「…………」





P「…………」







P「えっ……嘘……」





真美「………本当」





真美「パパが、調べた結果出来てるって……」





P「…………」





真美「…………」





P「………その」





P「お父さんの……様子は?」





真美「………………」





真美「正直、凄く怒ってる……」





P「………………」





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1433908340





真美「……そんで、今すぐに医務相談室に連れて来る様に……って」





P「………………」





P「……わかった、あの部屋?」スクッ





真美「……うん」こくんっ





P「………………」スタスタ





真美「………………」スタスタ





P「……ここか」ピタッ





真美「……うん」





P「……入る前に真美、聞きたいことがある」





真美「……何?」





P「……真美は、どう思ってるんだ?赤ちゃん……」





真美「……………」





真美「……出来たなら、責任もって産まないとダメだよ……絶対」





P「………………」





P「真美は、大人だな……まだ中学生だってのに……」





真美「普通……だよ」





P「…………」





P「スーッ……ハーッ……」





P「………よしっ」



















P「………失礼します」ガラガラッ





真美父(以下、父)「………………」





P「………あの……」





父「……座れ」





P「えっ?」





父「さっさと座れと言ってるんだ……」





P「…………はい」ストンッ





父「…………」





P「…………」





父「どういうつもりなんだ……?」





P「…………」





P「……その……相手の方とは、真剣に付き合ってて……」





P「それでその……もちろん、結婚の事も、責任も……」





父「だったら、段階ってものがあるだろぅ!!!」バンッ!





P「っ!!」ビクッ!!







父「ふざけるなよ!このォッ……!!」シュッ!!





P「痛ッ!!」パンッ!!





真美「!!」ガラッ…





真美「待、待って!!ビンタするだなんて……」バッ





父「真美!お前は入って来るんじゃない!!」





真美「み、見過ごせるわけないじゃん!!」





真美「姉ちゃんには、お腹に赤ちゃんがいるんだよ!?」





父「ふん!もうそんな不良娘など、お前の姉でも、私の娘でもない!!」





父「双海家から出て行け!!」





P「……………」フルフル





真美「P姉ちゃん……大丈夫?」なでなで





P「う、うん……ありがとう、真美」





父「……………」





父「誰なんだ……相手は」





P「え……」





父「お前を孕ませた、相手だ!!」





P「…………」





P「社……長」





父「…………何?」





P「ウチの事務所には……社長しか男はいないでしょ……」





父「……あいつか……!」キッ!





父「……お前達は、家に帰ってろ」タタタ…





真美「あっ……行っちゃった……」





P「…………」















ーーー

ーーーーーー

ーーーーーーーーー





ーーーーーーーーー

ーーーーーー

ーーー









父「…………この事務所か」





父「失礼する!!」バンッ!!





貴音「ッ!!」びくぅっっ!!





父「…………」





貴音「ご、ごほっ、ごほっ……」えほっえほっ





父「……食事中にすまないが、社長はいるか?」





貴音「あ、あちらの部屋が社長室です……こほっ」えほっ





父「……ありがとう」スタスタ













貴音「…………」





貴音「おでんらぁめんが、少し零れましたね……」





貴音「…………」シュン















父「失礼する!!」ガチャッ





響「うぎゃぁっ!」ビクッ





響「び、ビックリしたぁ……」ドキドキ





父「……社長はいるか?」





響「社長?今、出掛けてて……それで、自分は部屋の掃除を頼まれたから……」





父「………そうか」





響「……多分、もうすぐ戻って来ると思……います」





父「では、待たせてもらう……」





響「は、はぁ……」





父「…………」





響「…………」





響(うぅ……社長、なかなか帰ってこない……)





響(なんか、気まずいぞ……)















ガチャッ





響&父「!!」





美希「あふぅ……眠いの……」





父「……違うか」





響「……え?キミは……?」





黒井「もどったぞ……部屋の掃除、ご苦労だった」





父「……!!」





黒井「ふふふ……響ちゃん、紹介しよう。この子は今日から入った新たな961プロの……」





父「……その前に、大事な話がある」スクッ





黒井「ムッ?貴様は……」





父「双海家の父だ」





黒井「……双海?双海と聞いて連想するのは……」





黒井「765プロとかいう弱小事務所アイドルの双海亜美、双海真美だが……」





黒井「その父親が何の用かね?」





父「……もう一つ、何か大事な事を忘れてないか……?」





黒井「…………あぁ」





黒井「そういえばウチの事務所にも確か居たなぁ……」





黒井「一晩付き合っただけで彼女面する、双海の名のつくプロデューサーが……」ニヤァ…





父「っ!!」





父「……こ……この野郎!ウチの娘をよくもぉっ!!」チャキッ!





響「わ、わぁ!サバイバルナイフ……!」





父「死ねえぇぇぇぇぇぇ!!」タタタッ!





P「待って!!お父さん!!」バッ





父「っ!!」ピタッ!





P「お願い!話を聞いて!」





父「どくんだ!でなければ、お前も殺してこいつも殺す!」





P「この人は本当はいい人なの!!口下手なだけで!!」





父「こんな奴の子供なんぞ、ロクな子じゃない!!どくんだ!でなければ、お前もろとも殺すぞ!!」





P「どかない!この人は殺させない!!逃げて!黒井さん!!」





父「このぉっ……分からず屋があぁ!!」ブンッ!





P「キャアァッ………!!」







ーーー

ーーーーーー

ーーーーーーーーー





ーーーーーーーーー

ーーーーーー

ーーー









P「わあぁッ………!!」ガバァッ!!





P「はぁ……はぁ……」





P「ここは……俺ん家……」チュンチュン…





P「……な、なんだよ……ふざけんなよなぁ……」ガクッ





P「はぁ……………」ボー…





P「……ふぅ……気分が落ち着いたわ」





P「ったく、本当ビビらせやがって……何でナイフ持ってんだよ……シュール過ぎんだろ」ブツブツ





P「あんなので刺されたら、死ぬっつーの……はぁーあ」ブツブツ





P「さて……とりあえず、そこら辺でも散歩してみるか」





P「……じゃあな、真美。いつまでも俺の近くで泣いてるんじゃないぞ」





P「双海家を、亜美と母さんと父さん……あと、黒井さんをよろしく頼むな」





























18:30│双海真美 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: