2015年07月28日

ちひろ「プロデューサーとの意思疎通が不可能になった」


"事務所"





ちひろ「………」カタカタ





ちひろ「………」



ちひろ「………よしっ」





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1432288266





ちひろ「プロデューサーさん、次のライブの資料できましたー」



P「キンダガートン・コップ」



ちひろ「………」



P「………?」



ちひろ「…はい?」



P「団鬼六」



ちひろ「…………ふざけてるんですか?」



P「ク、クイックルワイパー!!クイックルワイパー!!」



ちひろ「………」





ちひろ「………」



P「…………つ、佃煮ぃ……」



ちひろ「………ふざけてる訳じゃないんですね?」



P「血便!!」



ちひろ「………」



P「………」



ちひろ「…………一応、蘭子ちゃん呼んできます」



P「スムージーな香り」



ちひろ「………」





蘭子「一体何事か」



ちひろ「呼んできました」



P「マイク・タイソン」



蘭子「はぁ!!!!!!???」



ちひろ「蘭子ちゃん落ち着いて!!キレたい気持ちは分かるけど!!ここは抑えて!!」



蘭子「…っ……」



ちひろ「………だ、大丈夫…?」



蘭子「………その無礼を赦そう」



ちひろ「……はぁ、よかった…」



P「樹木希林」



蘭子「………」ブチッ



ちひろ「あっ」





P「カムチャッカ半島……」ボロボロ



蘭子「我関せずっ……!」



ちひろ「あーあーもう……」



P「襟裳岬………」







蘭子「………翠の者」



ちひろ「………」



蘭子「………翠の者…?」



ちひろ「……えっああ私ですね!緑ですもんね!何でしょうか!」



蘭子「…我が下僕に何が起こった?」



ちひろ「…それが…私にもさっぱりで……」



蘭子「ふむ、そうか……」チラッ



P「………トマトピューレ?」



蘭子「………」





蘭子「不可視なる悪魔の所業か?」



ちひろ「うーん…でもこんな事になるウイルスなんて、聞いたことないし…」



蘭子「…如何にも……」



P「K2」



蘭子「………過労では?」



ちひろ「それが一番あり得ますねー…」



ちひろ「次のライブに向けて、今は休日返上で働きまくってるから…」



蘭子「………」





蘭子「……御意」



ちひろ「えっ」



蘭子「我に、その身を委ねよ」コツ…コツ…



ちひろ「ちょっ、蘭子ちゃん…?」



蘭子「………」コツ…コツ…



ちひろ (……何する気だろう…)





蘭子「………」



P「………」ビクッ



蘭子「………」



P「………オーラルケア……」ビクビク



蘭子「………」



P「……オーラルメソッド……」ビクビク



蘭子「………」







P「オーラルセッ」



蘭子「えいっ」ドサッ



P「対面座位!!!??」



ちひろ「対面座位!!!??」





蘭子「どうだ、プロ…我が下僕よ……」



蘭子「癒されるであろう……?」グイッグイッ



P「…お、面長……!!」



ちひろ (……何あの腰使い……///)







蘭子「…我の、ひ、秘部と……」



蘭子「聖なる角が…こすられてっ…!」グチュ…



P「デニーズ……デニーズ…!!」



ちひろ (……すごい光景……///)





蘭子「……ぐぅ……っはぁ…!!」グチュ…グチュ…



蘭子「…まだだ…耐えろっ…!!」



P「……大崎さん!!」ビクッビクッ



ちひろ (……誰だろう……///)







蘭子「我が、波動に…合わせて…!」



蘭子「…果てるのだッ……!!」グチュッグチュッ



蘭子「…ッ…あっ…イ……!!」



P「怪音!!怪音!!怪音!!」ビクッビクッ



ちひろ (……うわぁ……///)





蘭子「あッ………!!」ビクンッ!!





P「ディスカバリーチャンネル…!!」ビュルビュルッ





ちひろ「………!!///」





蘭子「…は、ははっ…イッちゃった…」ガクガク



P「……お値段……据え置き……」ビクッビクッ



ちひろ「うわー……うわー……///」



蘭子「………ッッ……」ガクガク



P「……リカルデント……」ビクッビクッ



ちひろ「すごいの見ちゃ……ってあれ?」



P「……味付け海苔……」ビクッ



ちひろ「………」







ちひろ「治ってない………」



P「……ディジュリドゥ……」



蘭子「……っん……」ビクッ





ちひろ「蘭子ちゃんは仮眠室に運んでおきました」



P「天津甘栗」



ちひろ「うーん…これからどうすれば…」



P「わら半紙」





<ガチャ





凛「お疲れさま」



ちひろ「おー!」



凛「えっ?」



P「志茂田景樹!」



凛「えっ?」





ちひろ「ということで、この人を治してほしいんです」



凛「なるほどね…」チラッ



P「頼むよ志茂田景樹」



凛「チラ見したら『頼むよ志茂田景樹』って言われたけど」



ちひろ「そんな事言う訳ないじゃないですか」



凛「本当に?」



P「ドン・フライ」



凛「ん?」



ちひろ「今のは『ドン・フライ』って言ったんですよ」



凛「聞こえてるよ」



P「頼むよ志茂田景樹」



凛「一回切り刻んでみよっか」スーッ



ちひろ「凛ちゃんだめっ!!彫刻刀おろして!!!」





凛「ふーっ…ふーっ…!」



ちひろ「これはよく耐えた凛ちゃん」



P「…ま、ま、満月ポン……!」



ちひろ「彼も謝ってるみたいだから、許してあげて?」



凛「これが…謝ってる…?」



P「セザール世田谷松原……!!」



ちひろ「ほら、ね?」



凛「………」







凛「………分かったよ」



P「バイセクシャル!!」



ちひろ「ふふっ♪」





凛「で、どうすればいいの?」



ちひろ「…まあそこは…凛ちゃんの思う様に…」



凛「その丸投げたるや凄まじいものを感じるね」



ちひろ「ごめんなさい……」



凛「別にいいよ」



凛「自分のプロデューサーは、自分がどうにかしなきゃいけないから」



ちひろ「かっこいい……」



P「赤蒼鉛筆……」



凛「ちょいちょい馬鹿にしてるの気づいてるから。泳がせてるだけだから。私を見くびらないでね」



P「…AirMac…!」





凛「じゃあ、早速」



P「め、夫婦岩…」



ちひろ (凛ちゃんが動いたっ……!!)



凛「………」







凛「……プロデューサー」



P「………?」





凛「いつも私たちのために頑張ってくれて」



凛「ありがとう」



P「……!」



ちひろ (そうきたか…!)





凛「私、愛想ないし、こんなこと言うキャラじゃないけど」



凛「心の中では、いつも思ってる」







凛「ありがとうプロデューサー」



凛「私を、私たちを、こんなに大きなステージへ立たせてくれて…って」



凛「本当に…感謝してるんだ」





凛「……月並みな事しか言えなくてごめんね」



凛「でも、この気持ちは絶対に」



凛「ありふれた感情なんかじゃ、無いから」



凛「約束するよ」







P「………」ツー…



ちひろ (そりゃ泣くよなぁ……)





凛「……どうだった?」



ちひろ「最高でした」



P「……美乳……」



凛「あ、ありがとう…」



ちひろ「だいぶ効いてましたよ」



凛「そっか、良かったよ」



ちひろ「……治ったかどうかは分かりませんけど…」



凛「別に治ってなくてもいいよ。今までの感謝を言えただけで、十分だから」



ちひろ「治ってなくてもいいのか…(困惑)」



凛「だって…意思疎通をできなくても…」



ちひろ「ん?」







凛「私たちは、繋がってるから…!」



ちひろ「カッコいい……!!」



P「仮性包茎……!!」







おしまい



何かごめんなさい



一瞬でも見てくれたらありがとう





相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: