2015年07月30日

モバP「奈緒、あの映画のタイトルなんだっけ?」


神谷奈緒「どの映画だ?」



P「ほら、あの幽霊が見える男の子と心理学者のアレだよ」





奈緒「あー…ブルース・ウィリスのやつだよな」



P「そうそう。もうちょっとで出てきそうなんだけどな…」



P「し、し…シックス……」









奈緒「シックスナインだ!」



P「え…」











SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1437651367



奈緒「うん!絶対そうだよ!」



奈緒「すっげー聞き覚えあるし!」



P「いや…あの…それは…」





奈緒「シックスナイン!!」





P「な、奈緒!あまり大きい声でそれを言うのは…」



奈緒「いやー、すっきりした!」



奈緒「あの映画おもしろいよな!」



P「あ、うん。そうなんだけど…」



奈緒「久しぶりに見たくなってきたな」



奈緒「こんど一緒に見ようぜ!」



P「うん。それはいいんだけど…」



奈緒「ふふ、約束だぞ!忘れるなよ!」



P「いや、あの、だから…」





奈緒「ふんふんふふん♪」



渋谷凛「奈緒、ご機嫌だね。どうしたの?」



奈緒「お、凛!」



奈緒「ふふ、Pと約束したんだ!」



凛「なんの約束?」



奈緒「シックスナイン見る約束だよ!」



凛「……」







凛「は?」

奈緒「なんか話の流れでな」



奈緒「ふふふ、今から楽しみだなぁ」



凛「……」



凛「奈緒とプロデューサーってそういう関係なの…?」



奈緒「ん…?」



奈緒「あ…!」



奈緒「べ、別にそんなんじゃねぇよ!」



奈緒「こ、恋人とかじゃなくても、

一緒に(映画を)見たりすることぐらいあるだろっ!!」



凛「……」



凛「…プロデューサーって平気でそういうことする人だったんだ」



凛「プロデューサーがそんな人なわけないぜったい違うなにかの間違いこれは夢なんだ現実じゃない大丈夫…」ブツブツ



奈緒「と、とにかく、わたしとPはそんなんじゃないからな!」

奈緒「まったく…わたしとPが恋人だなんて…」



奈緒「で、でも…2人で映画ってそういう風に見えるのかな…」



奈緒「……ふふ」



奈緒「な、なに笑ってんだよ!わたし!」



奈緒「別にPとそんなんなっても嬉しくなんか…!」



北条加蓮「なに1人で騒いでるの?」



奈緒「のわっ!!」



奈緒「か、加蓮!驚かすなよ!」



加蓮「奈緒が勝手に驚いたんじゃん…」



加蓮「…それよりさ、なんか凛の様子が変だったんだけど何か知らない?」



奈緒「凛が…?」



奈緒「さっき話したときは普通だったけどな」



加蓮「なに話したの?」



奈緒「いや、Pとシックスナイン見る約束したって話を…」



加蓮「え!?!?!?!?」



奈緒「ん、なんだ?加蓮知らないのか?」



奈緒「シックスナインはなぁ…」



加蓮「知ってるから説明しなくていい!!」



加蓮「あ、いや、し、知らないけど…説明しなくていいから!!」



奈緒「???」

加蓮「というかPさんと一緒にって…」



加蓮「え!!」



奈緒「な、なんだよ」



加蓮「奈緒とPさんってそういう関係だったの!?」



奈緒「ち、ちげーよ!」



奈緒「そういうんじゃなくても、一緒に見たりするだろ」



加蓮「な、なんか奈緒が急に遠くに行っちゃった気分……」



奈緒「……?」



奈緒「……凛も加蓮もなんか変だったな」



奈緒「うーん…」



奈緒「映画一緒に見るのってそんなにあれかな…」



奈緒「わかんない……」



奈緒「とにかくレンタルしてくるか」

〜レンタルショップ〜





奈緒「見当たんないなぁ…」





奈緒「あ、すいません」



店員「はい。どうされました?」





奈緒「あの、シックスナインってどこにありますか?」



店員「は、はい!?」



奈緒「シックスナインです。シックスナイン」



店員「あ…えっと……」



奈緒「シックスナイン置いてありませんか?」





店員「いえ…その…こ、こちらにあると思います」



奈緒「ども」

奈緒「こんな奥にあったのか」



奈緒「まあ、ちょっと古い映画だしな」



奈緒「えーっと……」



奈緒「って!!」



奈緒「ここ、アダルトコーナー…!!///」



奈緒「こ、こんなとこに置いてあるの?///」







奈緒「ん?あれって……」



奈緒「……っ!///」



奈緒「し、しししシックスナインって!!!///」



奈緒「……」



P「あれ、奈緒どうした?」



P「なんか元気ないな?」





奈緒「Pのバカヤロー!!!」





P「!!!」



奈緒「シックスセンスじゃんか!!///」



P「あ」



P「い、いや、俺は止めようとしたんだが…」



奈緒「分かってたならちゃんと止めてくれよ!!」



P「す、すまん」



奈緒「凛や加蓮にも言っちゃったんだぞ!」



P「え、マジ?」



奈緒「2人になんて言えばいいんだよ……」



P「まあ、2人なら分かってくれるよ」



P「むしろ、そこで気づいてよかったじゃないか」





奈緒「……レンタルショップ行った」



P「え……?」



奈緒「店員さんに聞いちゃった……」



P「うわ…」



奈緒「あああああ!もうあのお店使えないいぃ!///」



P「ご、ごめんな」



奈緒「もう…なんでもいいよ……」





ーーーー





加蓮「…おもしろかったね」



凛「うん。意外な結末だったね」



奈緒「だろ?すごくいい映画なんだよ!」



P「うんうん。いい映画だった」



加蓮「それにしても、映画のタイトル間違えるなんて…」



凛「奈緒ってけっこう天然?」



奈緒「な、ち、ちげぇよ!///」



加蓮「ふふ、はいはい」



P「いやぁ、誤解が解けてよかったな!」



凛「元はと言えば、奈緒の間違えをちゃんと止めなかったプロデューサーが悪いんだよ?」



奈緒「そ、そうだよ!」



加蓮「お詫びにPさんは私たちにスイーツ奢ってよね」



P「えっ!」





奈緒「とびっきり高いやつ奢ってもらうからなっ!」



おわり





20:30│神谷奈緒 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: