2015年08月06日

喜多見柚「前髪より!」工藤忍「愛を込めて」岡崎泰葉「てっ…てーてっててーてー」


P「……」



泰葉「てーてっててー……」





泰葉「…あう…」ぷしゅう



P(けむりが)



柚(泰葉チャンっぼーっとしてたらダメだよ!ほら続き続き)コソ



泰葉「あ、う、うん」



泰葉「…て、てんてててんてんてんてん。てんてててんてんてん……」



P「なんだこれ」



忍「どうPさん!」



P「なにが?」



泰葉「うーあーうー」



P「泰葉がこわれた」





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1437718291





ぺちぺち





柚「あう」



忍「あう」



P「俺をいじめの共犯にでもするつもりか」



柚「い、いじめじゃないよー」



忍「仲良しだよー」



泰葉「テンテテテンテンテンテン テンテテテンテンテンテン……」テンテテ



P(目が死んでる)ドコガ?





泰葉「……」テンテテー



泰葉「はっ」



P「あっ復活した」



泰葉「あ、いえ、あの、プロデューサー、私、決していやなわけでは…」



P「よしよし。この二人は甘やかさなくてもいいんだぞー」



柚「ぱっつん界の黄金銃こと喜多見柚ちゃんだよっ」



P「なに言ってんだ」



忍「手投げナイフこと工藤忍です!」



P「地味だけど楽しいやつ」



泰葉「あっえっと、えっと」



P「やらなくていいぞ」



泰葉「ぼ、ぼうだんチョッキこと」



P「やらなくていいから」





P「また新しいキャッチフレーズか」



忍「そんな感じ」



柚「柚発案だよ!」



P「やっぱりかー」



柚「その目はなにかなっ」



泰葉「てーてっててーてーてっててー♪」



P(意外と気に入ってるのか…)





P「というかぱっつんしてるのに前髪よりってなんか変じゃないか?」



柚「サヨナラした前髪サンにも敬意を示すという深い意味がねー」



P「ぜったい今思いついたろ、それ」



忍「そうだったんだ」



P「ほら見ろ」





P「意味も聞かずによくやってたなぁ」



忍「ふふ。でもほら、アタシの台詞はなんだか普通に素敵だし」



P「確かに」



柚「むっ、それは盲点だったカモ。忍チャンずるいー」



忍「ふははー」



P「悪役みたいな笑い方だな」



柚「愛を込めーて」



忍「はーなたばをー」



P「息ぴったりだな」



泰葉「ふふふーんーふーふふふふーんふー」



P「泰葉は喋っちゃダメ縛りでもしてるのか…?」



泰葉「そ、そういうわけでは……続きの歌詞が、その…」ゴニョ





柚「でも泰葉チャンはこの感じすっごく可愛いからねー」



忍「ねー」



泰葉「ど、どの感じ?」



P「確かに」



泰葉「えっプロデューサーまで」



泰葉「ど、どの感じですか。教えてください」ユサユサ



P「ぐえ」



柚(カワイイ)



忍(かわいい)





柚「Pサンもやる?」



P「やめて。前にも恥ずかしい思いしたの思い出すからやめて」



柚「前髪より!」



P「聞けよ」



忍「愛を込めて」



P「感情のこもった素敵な言い方だな」



泰葉「てーてっててーてーてっててー」



P「やるんだ!?」





P「……」



柚「わくわく」



忍「わくわく」



P「……」



P「?」



泰葉「……」ワクワク



P「う…」



P「……」



P「て、…テンテテテンテンテンテン テンテテ」



柚「やったー!」



忍「わーい!」



P「その反応はそれはそれで恥ずかしいからやめてください」



泰葉「……」



P「ん」





泰葉「……」クス



泰葉「ふふ、ふふふ」



P「……はは」



P「ぷっ、ははは」



泰葉「ふふふふ」ニコニコ



忍(泰葉ちゃんとPさん、楽しそうだね)コソ



柚(うんうん。やったね!)



忍(ね)ヘヘー



柚「でも二人だけで笑ってるのずるい禁止!おしまい!どかーん」



P「いってえ!」



忍(あ、柚ちゃんだ)プフ



柚「はいっ柚は黄金銃だからPさんおしまいーげーむおーばー」



P「なんだその理屈子どもか」



忍(柚ちゃんだ)プププ



泰葉「…」



忍「?」



泰葉「あっ、えっと」サッ



泰葉「わ、私はぼうだんチョッキだから効かないよ?」



忍「泰葉ちゃんそれすっごい可愛いなにそれ」



泰葉「えっあれっ」





忍「ふふふ」ニマニマ



泰葉「…うー」プクー



泰葉「……」プヒュ



泰葉「…ありがとう、忍ちゃん」



忍「へ?」



泰葉「私は、こんな風にふざけるのは、楽しいけど」



泰葉「自分からはできないから」



忍「……」



忍「ふふ。そこまで考えてないよ。アタシもそうでもないし」



忍「柚ちゃんのおかげかも」



泰葉「うん。そうだね」



柚「ばきゅーん!」



忍「わぷ」



泰葉「?」





柚「はいっ忍チャンもおしまい!あとは泰葉チャンだけだ!」



忍「……。もーっ」



忍「もー。でもふざけすぎはやっぱり禁止!えいっ手投げナイフっないふっ」



柚「あれっし、忍チャンどうしておこってるの?あわわわ」



泰葉「……」クスクス



P「楽しそうだな」



泰葉「あ…はい。えへへ」ニコ



P「おっと。今俺はモーションセンサー爆弾だから近づかない方がいいぞ」



泰葉「あ、はい」クスクス





泰葉「プロデューサーも、楽しいですか?」



P「ん?ああ。けっこうな」



泰葉「よかったです」



P「うん」



忍「あれ?そもそも柚ちゃんって、黄金銃なら一度しか攻撃できないんじゃ?」



柚「あっばれた」



P「よし。忍、泰葉、まずは一緒に柚をやっつけるぞ」



忍「了解!」



泰葉「はい。私はぼうだんチョッキ。守ります」



柚「えっちょっと待ってずるいよ三対一はずるいよー!に、逃げるが勝ちかもっ」



忍「あっ待てー」



泰葉「待てー」



P「はいそこ爆弾。ぴっと」



柚「うわーんいじめだよー」



おわりん







08:30│モバマス 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: