2015年08月27日

まゆ「愛してますよ」モバP「まゆ……」

P「悪いが、そこをどいてくれないか……」



まゆ「ダメですよぉ、プロデューサーさん」



まゆ「今まゆが此処から離れたら」





まゆ「プロデューサーさんが他の皆と会えるじゃないですかぁ」



まゆ「まゆ、そんなのは嫌なんですよぉ」



まゆ「ですからプロデューサーさん」



まゆ「愛してますよ」



P「…………」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1398008113



まゆ「この後の用事も、無いんですよねぇ……」



まゆ「だったら、今日はずーっと過ごせますよねぇ」



P「ずっと事務所の玄関を塞いでたら……」



まゆ「だってちひろさんは、今日は珍しくお休みじゃないですか」



まゆ「だから今はプロデューサーさんが、事務所の鍵を持っているんじゃないですかぁ」



まゆ「明日の朝まで一緒に居られますね」



まゆ「愛してますよ?」



P「…………」

まゆ「ひょっとしてプロデューサーさん、まゆの事が嫌いですかぁ?」



P「……そんな事は無い。大事に思っている」



まゆ「大事かどうか、じゃなくて好きかどうかを聞いているんですよ?」



P「……嫌いじゃない」



まゆ「likeじゃなくて、まゆが欲しいのはプロデューサーさんのloveですよ?」



P「……好きだ」



まゆ「うふふ……嘘は吐いてませんよねぇ?」



P「……ああ、好きだ」



まゆ「だったら、証拠が欲しいです」



P「っ……」

P「証拠って…俺は何をしたら良いんだ」



まゆ「別に指輪が欲しいとか、そういう訳じゃ無いですよ?」



まゆ「『まだ』必要じゃないだけです」



まゆ「もしもプロデューサーさんから貰ったら、とても嬉しいですけど」



P「…………」



まゆ「そうですねぇ、まゆにキスをしてくれますか?」



まゆ「それとも抱き締めてくれますか?」



まゆ「他の女と話さないって、誓ってくれますか?」



P「……言葉でも良いか?」



まゆ「ええ…言うだけじゃなくて、ちゃんと約束してくれるのなら…」



まゆ「その代わりもしも破ったら…分かってますね?」



P「…………」

P「俺は、まゆの事が好きだ」



まゆ「うふふ」



P「俺が好きなまゆを、絶対にトップアイドルにしてみせたい」



まゆ「まゆとしては、プロデューサーさんが居るならそれで……」



P「だから、絶対に手を出さない」



まゆ「…………」



P「アイドルとして、絶対に成功させる」



P「だから、俺は」



まゆ「あらぁ?」



P「っ……」



まゆ「おかしいですねぇ、プロデューサーさん」



まゆ「『絶対に手を出さない』……まるで」



まゆ「他の女には、もう手を出したみたいに」



まゆ「聞こえますねぇ……」



P「…………」

まゆ「手を出してたんですか?」



P「…………」



まゆ「黙って押し通せるだなんて、プロデューサーさん……」



まゆ「まゆを見くびらないで下さいよ?」



P「っく……」



まゆ「誰ですか?」



P「……聞いて、どうする」



まゆ「うふふ……プロデューサーさん」



まゆ「質問しているのはまゆなんですよ」



まゆ「質問に質問を返すのは良くないんですよ」



まゆ「……誰、ですかぁ?」



P「…………」



まゆ「…………」



P「……適わないな、まゆには……悪かったよ……」

P「俺が、手を出したのは……」



まゆ「…………」



P「……まゆ以外の、全員だ」



まゆ「へぇ……えっ?」



P「すまなかった……俺はプロデューサーとして失格だな」



まゆ「いや、ちょっと待って下さい」



P「どうしたまゆ…安心しろ、お前には手を」



まゆ「いえ、プロデューサーさん?手を出したのって」



P「全員だ」



まゆ「全員…?」



P「全員だ」

まゆ「えーと、その…凛ちゃんや卯月ちゃんは……」



P「抱いた」



まゆ「っ……川島さんや高垣さん」



P「抱いた」



まゆ「……あの、もしかしたらトレーナーさんも」



P「兄弟全員抱いた」



まゆ「も、もしかしたらみりあちゃんやありすちゃん」



P「そいつらだけじゃない、仁奈や薫も抱いた」



まゆ「あ、あのっ、ひょっとしたらちひろさん」



P「もう一度言うぞ、まゆ」



P「俺はお前以外のアイドル全員からトレーナーさんから事務員まで」



P「……全員に手を出して、抱いたんだ」



まゆ「…えぇー……」

P「……だが安心しろ、まゆ」



P「お前は絶対俺の威信と魂と心と一軍全員フリトレ1本放出を賭けて」



P「絶対に手を出さない」



P「……それが、お前の事が好きな証拠で……構わないか?」



まゆ「プロデューサーさん……何言ってるんですかぁ……」



まゆ「誰が、誰が最初にプロデューサーさんをたぶらかしたんですか?」



まゆ「一番最初に抱いたのは誰ですか?」



まゆ「答えて下さい。早く、さぁ、答えて!」



P「……そうだな……確かあれは…半年前の事だった……」



まゆ「えっ…その日から一日一人以上で……」

P「男という生き物はな、まぁどうしようも無い所もある訳だ」



P「ちょうどその日は要するに溜まってて、朝からむらむらしていた」



P「それでも仕事はしなければならない」



P「だから俺は普段よりスタドリの摂取量を抑えてなんとか仕事をこなして…」



まゆ「…………」



P「その日、ちひろさんは外で食べると言っていたが、昼休み中に早引けすると連絡が来た」



P「事務所の中には誰も居ない」



P「それに、アイドルの私物が色々置かれていて……」



P「俺は今こそ処理すべきだ、と……」



P「そこで俺は……」



まゆ「誰と出会ったんですか?」



P「……いかにも形がそれっぽい」



P「キノコを見付けた」



まゆ「えっ」

P「今思うとどうかしてたんだと思うよ」



まゆ「え、いや、ちょっと」



P「触ってみると結構柔らかくて、これはいけるって思って」



まゆ「プロデューサーさん、ね?あの、ちょ」



P「……早速俺はトイレにそのキノコを…いや、きの子と名付けた彼女を」



P「……おっと、まだまゆは18歳じゃないからこれ以上は駄目だな」



まゆ「プロデューサーさん」



P「安心しろまゆ。その後美味しく頂いたから誰にも気付かれてない筈だ」



P「……これが、俺が初めて事務所の女を抱いた話だ」



まゆ「キノコを…?」



P「きの子を」

まゆ「…つまり、プロデューサーさんが初めて手を出したのは、人間じゃなかったんですねぇ…?」



P「そんな事を言うんじゃない…キノコだとしても彼女はとても良いものだった」



P「どれだけ激しくても何も言わずに、素直に受け止めてくれて……」



まゆ「…………」



P「……俺は変態だろ?抱いた女を食っちまうだなんて……」



まゆ「いえ、その……もっと別の問題が……」



まゆ「……ああもうっ、次…キノコの次には、一体誰に手を出しちゃったんですか」



P「……確か、次は……凛」



まゆ「!」



P「の飼い犬」



まゆ「!?」



P「が連れ込んできた友達らしい雌の野良犬だったな……」



まゆ「!!!!?!??」

まゆ「あ、え、プロデューサーさっ、えっ、えっ?」



P「何か騒がしいなって思ったら、どうにも盛ってるみたいで」



P「ここは一つ俺が鎮めてやろうかなと……」



まゆ「いやいやいやいや、おかしいですよぉ」



P「そうだな…俺も鎮めなきゃならない義務感としてだから、急いでたんだ……」



P「ちゃんとシャワーを浴びさせて身体を洗ってから抱くべきだったっ……」



まゆ「犬ですよねぇ!プロデューサーさんが抱いたのは犬ですよねぇ!?」



P「……ああ、確かに犬さ」



P「だが、メスとは言っても目の前で困っている女が居たら」



P「……助けるのが男の役目って奴だろう?」



まゆ「……いや、プロデューサーさん、プロデューサーさーん?」

P「惜しむらくはアフターケアが完全だったかは微妙だった所だ」



P「ティッシュで拭いたが、帰った時に嫌な感じがしてなかったかな……」



まゆ「つ、次!次は一体誰と!」



P「次か…確かその日は、ぴにゃこら太が俺の股間を焼き焦がさんばかりに凝視して来て……」



まゆ「人間!人間で最初に手を出した人間は!」



まゆ「いい加減にしないと、まゆも怒りますよぉ!」



P「人間、かぁ……この宇宙船地球号に住んでる生き物達の中で」



P「人間というひとくくりで物事を見るのは、少し視点が狭過ぎるんじゃないかな」



まゆ「…………」



P「……人間というひとくくりで物事を」



まゆ「聞こえてますよぉ?」



まゆ「まーったく、プロデューサーさんはいけない子ですねぇ」



まゆ「まゆも驚きましたよぉ……」



まゆ「それで。プロデューサーさん?」



まゆ「一体誰を、抱きました?」

P「……だから、きの子だ」



まゆ「人間で一番最初に抱いたのは?」



P「……この地球船宇宙号で」



まゆ「誤魔化さないで下さい?」



まゆ「……時間はたーっぷり有るんですからねぇ?」



まゆ「さぁ、誰ですか?誰を抱きましたか?誰が誘ったんですか?誰を誘ったんですか?」



まゆ「はっきり答えて下さい?」



P「…………まゆ……申し訳なかったと思っている」



まゆ「うふふふふ……証拠で表して欲しいんですけどねぇ……」

P「……まずは、その、言い訳になるかもしれないが……」



まゆ「…………」



P「まゆ……お前のお母さんは、今でも二十代と言っても十分通用する」



まゆ「ふぁっ!?」



P「それからお前のお父さんはとても寛容で優しかった」



P「嬉々としてカメラを回してくれた」



P「お前にもその大らかさを持ってくれとは言わないが」



P「……正直に言えなくてすまなかった……でも本当に良かった」



まゆ「」

まゆ「……はっ!?な、ななな、何言ってるんですかっ!?」



まゆ「ままままさか、ぷ、プロデューサーさんとっ、ママとっ、パパとがっ」



P「まゆはあの時仕事だったから有る意味で仕方無かったんだよな……」



P「せめて菜々さんや薫の様に親子二人一緒に……」



まゆ「ええええええ!?」



P「もしくはかな子と愛梨みたいに親子二人のペアで……」



まゆ「え、えっ、えっええええっ」



P「……悪いな、まゆ」



P「こんなに不器用な男で……」



まゆ「いい加減にして下さいよぉぉぉ!?」

まゆ「まゆが聞きたいのは誰を!事務所の中で誰を抱いたかって話ですよぉ!」



まゆ「それが何でっ……早く教えて下さい!誰を一番最初に!誰を!この事務所のアイドルの中でぇぇ!」



P「……悪かったよ、まゆ」



P「実を言う俺だって覚えてないだけだったんだ」



P「それをこんな風に、お前以外のアイドルを抱いちゃったとか」



P「アイドルの母親も大体抱いちゃったとか」



P「この事務所だけじゃなくて765プロや876プロのアイドルも抱いちゃったとか」



P「……そうして、がむしゃらに手を出して、範囲を広げまくって」



P「気が付けば、誰から手を出したのか、自分の事務所なのに覚えちゃいない」



P「そんな不器用なんだから、俺は」



P「お前に教えられないんだ……誰もすごい良かったのは覚えてるけど……」



まゆ「     」

P「……そんな俺だが、こればかりは絶対に誓う」



P「まゆを、愛してる。まゆを、絶対に手を出したりはしない」



P「必ず清らかな身体のまま、トップアイドルにしてみせる……」



P「これが、俺としての決意で、約束で」



P「まゆの事を愛している、証拠だ」



P「……こんな不器用な俺の事を、まゆ……愛してくれて、ありがとう」



P「だから、どいてくれるか……」



P「……その、夜には14歳組全員が……」



P「いかん、まゆは18歳じゃなかった…その、特別レッスン的なのがあるから、な?」



まゆ「……プロデューサーさんの……」



P「ん?」



まゆ「……プロデューサーさんの……馬鹿あぁぁっ!」

――――――



ちひろ「あれ、プロデューサーさん、どうしたんですかその傷?」



P「いやぁ、ちょっとまゆにですね」



ちひろ「え、まさかまゆちゃんを?18歳じゃないのに……」



P「誤解ですよ。ただ、迫られたんでちょっと誤魔化しただけです」



ちひろ「うふふふ…それにしてもまだ踏ん切りが着かないんですかぁ?」



P「ええ、やっぱり本人を前にすると何と言いますか…緊張しちゃいますからね」



ちひろ「それにしたって、流石にやり過ぎじゃないですか?」



P「でも練習は何度やってもし過ぎる事は無いですから…皆も乗り気ですし、段々物真似の質も上がってますし」



P「……それにしても昨日は中々凄かったなぁ」



P「発明家ままゆ、邪気眼ままゆ、胸フェチままゆにカワイイままゆ、中二ままゆ……」



ちひろ「何時になったら、本物のまゆちゃんとそうした事が出来るんでしょうねぇ……」



P「そうですねぇ……今はこれで精一杯ですよ……」

P(あの日、ムラムラしていた俺が見付けたのはまゆのリボンだった)



P(そのリボンと全く同じリボンを買った。あまりに本物は刺激的だから)



P(最初は、リボンをキノコに巻き付けて、その次は犬に着けて)



P(まゆに似ていたから、次はまゆの母親に……)



P(他のアイドルにも、リボンを着けさせてから抱いてやる)



P(それでも、まゆ本人を抱いたりするのはまだ先だろう)



P(トップアイドルになって、夢を叶えさせてやるんだ)



P(その時になって、まゆが18歳以上になってから……)



P(改めて言ってやろう。俺は一番、まゆを愛しているのだと)ポパピプペ-



P「薫?今度はJSままゆとママさんままゆ達って感じでやってみたいんだけど……」







終わり



12:30│佐久間まゆ 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: